「運動を始めて足かけ8年。この日をどんなに待ってたか。ホッとしました。何回かふられて、そのたびにこんな当たり前の法律さえ国会は通さないのか、と悔しい思いをしました」

矢澤江美子さん(八潮市議)は声を弾ませた。

今日5月16日、参議院本会議で、「政治分野における男女共同参画推進法」がやっと可決成立した。選挙で候補者の男女比率を均等にするよう政党に努力義務を課す法律だ。衆議院ではすでに4月に可決された。

矢澤さんは、「Qの会」で運動を続けてきた。Qの会とは「クオータ制を推進する会」の略称で代表赤松良子さん。女性運動家や学者でつくる市民運動団体で、同法案の成立を求めてロビー活動をしてきた。矢澤さんは続ける。

「まずは、全会一致で成立した、この法律を多くの人に知らせなくては。私は地方議員ですから、自分の住む町で、行政に対して、質問という形で、付帯決議にある選挙の候補者や議員の男女別の調査をさせ、それを広く広報させるよう、どんどん押していこうと思います」

女性議員が誰もいない男性だけの議会「女性ゼロ議会」ではどうすればいいのか。荒川区議の瀬野喜代さんは、「女性ゼロ議会」である奈良県桜井市に女性議員を増やすため、桜井市まで足を運んでは話し合いを続けてきた。この4月には奈良の友人たちと公開セミナーを企画した。

「女性議員を増やそうというセミナーをしようとしたら、『政治的な集会はやってほしくない』と公的施設から言われたことがあります。でも、このような法律ができたのですから、『女性議員が誰もいないのはおかしい、女性議員が少なすぎるからなんとかしよう』ということに、国の法律がお墨付きを与えたことになります。この法は努力義務にすぎなく政党がどの程度女性候補増やすかは不明ですが、女性候補者増にはずみをつけるツールにはなります」

矢澤さんは、全国フェミニスト議員連盟(代表日向美砂子、樋口のり子)の世話人でもある。同連盟は1992年の創立以来、長年にわたって女性議員増によって男女平等社会をつくろうと運動を続けてきた。

「全国フェミニスト議員連盟は、長年、『女性ゼロ議会をなくそう』という運動をしてきました。ますますこの運動が重要になります。他団体も、どんどんこういう動きをしていく必要があります」

c0166264_16363869.jpg
 ▲「政治分野における男女共同参画推進法」成立を喜ぶ全国フェミニスト議員連盟のメンバーたち(2018・5・16 国会前)(矢澤江美子提供)

参院内閣委員会 政治分野における男女共同参画推進法案採決
2018年5月15日
(Youtube)
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」宣言
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」序
「政治分野における男女共同参画推進法案」可決 (衆議院の可決)
女性議員増法案、成立ならず
6月15日「女性議員増やそう法案を成立させよう集会」へ
推進法成立を求める国会議事堂前マーチ
政界への女性進出を促す法案、国会へ
地方議会に女性議員を (NHKニュース2017.4.15)
意見書あいつぐ「増やせ女性議員、なくせ女性ゼロ議会」
底なしの政治腐敗と女性議員
案内:4月15日「なくそう!女性ゼロ議会@群馬」
来年こそ「政界への女性推進法」を
女性議員増めざして制度改善を (全国フェミニスト議員連盟による「要望書」)
[PR]
by bekokuma321 | 2018-05-16 16:50 | その他

c0166264_23273920.jpg女性を議会に増やそうという法律は、今国会での成立はならなかった。脱力感でいっぱいだ。しかし、落ち込んでばかりいられない。

日本の国会(下院)における女性議員率は世界193カ国中164番目(IPU)。全町村の3分の1が「女性ゼロ議会」。誰が見てもおかしい。そんなスキャンダラスな事態を変えなくては。全国フェミニスト議員連盟など多くの女性団体を束ねる連合体「Qの会」(代表赤松良子)が主導して、まずはクオータ制をめざした。

マスコミにはむろん、政府や全党の国会議員にあの手この手で働きかけた。市民向けの集会やデモも企画・実行した。地方議会から「成立を」との意見書提出にも、女性議員たちはがんばった。

いつの間にか法案は、与野党による妥協の産物ゆえ「平等」が「均等」に変えられた。歯のない番犬のような理念法に反対する議員などいるはずがない。きっと成立するーー。ところが、おおかたの予想に反して、待てど暮らせど審議される内閣委員会にかけられることはなかった。そして、とうとう6月18日、第193回国会は幕を閉じた。

不成立とわかった後の各紙の見出しとリード文などを下に紹介する(読売新聞には見当たらなかった)。報道によると不成立法案はわずか4本。その4本のうち、与野党全会一致にも関わらず成立しなかったのは「女性議員増法案」のみだった。真逆は、疑念だらけの共謀罪。委員会採決を飛び越して本会議で可決成立した。

世界193カ国中164番目は、女性国会議員率のランクだが、今国会のありさまは日本の政治そのもののランクに見えてしかたがない。

【朝日新聞:候補者「男女均等」持ち越し 全党合意法案、会期末の混乱影響 通常国会、事実上の閉会】

国会や地方議会の選挙で男女の候補者数をできる限り「均等」にするよう政党に努力を求める法案の今国会成立が見送られた。2月に全党が合意しながら、終盤国会の混乱で審議入りできず、16日に継続審議になった。関係者から落胆の声が漏れている。

女性議員を増やすことを後押しする初めての法整備。推進派の超党派の議員連盟で幹事長を務める野田聖子元自民党総務会長は16日「国会議員が少ないことを少しでも是正に導いていこうとする前向きな法案だったのに残念」と国会内で記者団に語った。(後略)2017.6.17

【東京新聞:女性議員増法案、先送りに 対立余波で内閣委2カ月「休業」】
国・地方議員の男女比を「均等」にすることを目指す政治分野における男女共同参画推進法案は、今国会での成立が見送られた。法案を扱う衆院内閣委員会の与野党議員が成立に積極的に動かず、同委は二カ月間「休業状態」となったためだ。国会終盤は、学校法人「加計学園」問題を巡る与野党対立が深まり、成立への機運が完全にしぼんだ。

十五日の参院本会議で「共謀罪」の趣旨を含む改正組織犯罪処罰法の採決が強行され、政治分野男女参画法案の成立見送りが確定した。女性議員増を目指す「クオータ制を推進する会(Qの会)」が同日国会内で開いた緊急集会で、法案づくりを進めてきた超党派議連の中川正春会長(民進)は「各党の駆け引きでこんなことになった」と陳謝。高木美智代副会長(公明)は「強い力で突破すべきだった」と振り返った。(後略)2017.6.17

【日本経済新聞:女性政治参画法案先送り 今国会、事実上の閉幕】
通常国会は会期末の18日を前に16日で事実上の閉幕を迎える。女性議員の増加を促す政治分野における男女共同参画推進法案のほか、違法民泊への罰則強化を狙いとする政府提出の旅館業法改正案などが審議時間が確保できず、成立は次の国会以降に持ち越す。党首討論は2000年の制度導入以来、初めて1回も開かれない異例の通常国会になる。

超党派の議連を中心に成立を目指した政治分野における男女共同参画の推進に関する法律案は、選挙で各党に男女の候補者が「できる限り均等」とする努力義務を課す内容。諸外国に比べても低い女性議員の比率を高める狙いだ。(後略)2017.6.16

【毎日新聞:<通常国会>法案成立率95.5% 昨年より6ポイント増】
事実上16日に閉会した通常国会では、政府が国会に提出した法案66本のうち、63本が成立した。成立率は約95.5%と、昨年の通常国会を約6ポイント上回った。(中略)

議員立法の、国政選挙などで候補者の男女比率を「均等」にする努力義務を政党に課す「政治分野における男女共同参画推進法案」は審議入りできなかった。会期末の「共謀罪」や加計学園問題などを巡る与野党対立が影響した。2017.6.17


c0166264_20345637.jpg
▲日本女性が初めて投票したのは1946年4月10日。その日にあわせて集まり、国会議事堂を背に「女性議員を増やそう」と叫ぶ女性たち(2017.4.10 写真提供伊藤正子
c0166264_21371223.jpg
▲「女性ゼロ議会」をなくそうと群馬県で開催された集会(2017.4.15 写真提供堀地和子

6月15日「女性議員増やそう法案を成立させよう集会」へ
政界への女性進出を促す法案、国会へ
地方議会に女性議員を (NHKニュース2017.4.15)
意見書あいつぐ「増やせ女性議員、なくせ女性ゼロ議会」
底なしの政治腐敗と女性議員
案内:4月15日「なくそう!女性ゼロ議会@群馬」
来年こそ「政界への女性推進法」を
女性議員増めざして制度改善を (全国フェミニスト議員連盟による「要望書」)
[PR]
by bekokuma321 | 2017-06-18 21:47 | その他