橋下徹大阪市長の「慰安婦は必要だった」発言に対する憤激は内外で高まっている。当然だ。

ここに来て、橋下市長の太鼓持ちが現れ出した。維新の会の西村真悟議員は、その1人。しかも彼の発言は、これ以上愚劣極まりない表現はないといえるほどひどい。

西村発言は、読売新聞が報道した。それをコピペしたので、参照を(↓)。

安倍晋三、西村真悟、橋下徹らは、日本最大の右派政治集団「日本会議」につらなる政治家である。彼らは改憲をもくろみ、民法改正に反対し、男女平等を忌み嫌う。たとえば、夫婦別姓は家庭崩壊・社会破壊につながる、などというデマをとばし、夫婦別姓の動きを阻止してきた。いわゆるバックラッシュ議員である。

こういう議員に対して、国連は「政治家とマスメディアの一部に(慰安婦だった)被害者を貶め事実を否定する発言が繰り返されていること」に懸念し、「教育を行うこと、(慰安婦だった)被害者を貶めたり事実を否定する企てに対し反駁し制裁を科すこと」を勧告した。5年前だった。

しかし、国連の勧告など歯牙にもかけないのが、今の日本政府らしい。


●問題の西村発言● 
読売新聞 5月17日(金)19時32分配信ニュースより

【維新・西村議員除名へ、慰安婦問題で不適切発言】

日本維新の会の西村真悟衆院議員(比例近畿)は17日、国会内で開かれた
同党の代議士会で「売春婦はまだ日本にうようよいる。韓国人。大阪の繁華
街で『お前韓国人、慰安婦』と言ってやったらよろしい。戦いましょう」
などと発
言した。

維新の会の松井幹事長は、発言は極めて不適切だとして、同党から除名す
る考えを表明した。

発言は、いわゆる従軍慰安婦問題を巡る発言が米国などから批判されてい
る同党の橋下共同代表を擁護したもの。代議士会はメディアにも公開されて
いた。出席者の指摘を受け、西村氏はその場で発言を撤回したが、党内外
で批判が噴出、西村氏は「党に迷惑をかけた」と離党届を提出した。

(ゴチはFEM-NEWS)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130517-00001019-yom-pol

c0166264_131365.jpg◆米政府、橋下市長「慰安婦必要」は言語道断
http://frihet.exblog.jp/20217911/
◆大阪二コン、「慰安婦」写真展を中止
http://frihet.exblog.jp/18480545/
◆9月7日「写真展を中止しようとしたのは誰か」
http://frihet.exblog.jp/18416415/
◆石原伸晃議員、橋下徹市長とバックラッシュ
http://frihet.exblog.jp/18441393/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-05-17 23:30 | その他

大阪市議会の「大阪維新の会市議団」は、「家庭教育支援条例案」を5月議会に提案する方針を撤回した。

条例案の原案に対し、専門家や保護者から「科学的に誤り」「偏見を助長する」と批判が出たことが理由のようだ。大阪維新の会は大阪市議会最大会派。橋下徹大阪市長が率いる。

報道には、この条例案に関わった人として、高橋史朗・明星大教育学部教授、大阪維新の会の辻淳子市議会議員の名前が登場している。

さて、この高橋史朗は、「新しい歴史教科書をつくる会」を発足させた人物の一人。「教育再生地方議員百人と市民の会」の関係者でもある。伝統的子育てに固執し、男女共同参画施策を攻撃する講演を、各地で行っている。

たとえば、大阪府豊中市では男女共同参画条例案審議が始まる前に、条例反対の北川悟司豊中市議が関わる「男女共同参画社会を考える豊中市民の会」が、彼を講師によんだ。演題は、「子供があぶない!! ジェンダーフリーの正体」。彼の講演の後ほどなく、豊中市は条例案上程をやめた。

一方、辻淳子議員は、「教育再生地方議員百人と市民の会」の理事長。同会の前理事長は、北川悟司市議。

「教育再生地方議員百人と市民の会」は、教育への政治的介入をすすめる右派の全国組織。同会を中心にした行動は、最高裁で、地方自治体への陰湿な組織的圧力として、厳しく断罪された。

このような大阪の動きの背景は、三井マリ子+浅倉むつ子 編著『バックラッシュの生贄ーーフェミニスト館長解雇事件』に詳しい。

More
[PR]
by bekokuma321 | 2012-05-10 14:32 | その他