人気ブログランキング |

タグ:女性議員 ( 112 ) タグの人気記事

日本は、世界193カ国のうち163番目。世界の国会(一院)に占める女性議員の割合の最新統計――20197月1日――である。


これは、政界の男女平等を考える上で、日本という国が世界でどんな位置にいるかを示唆する、重要な指標だ。「世界第3の経済大国」と豪語するが、その巨大な日本経済の分配を決める場が一方の性によって占められているのである。どんなふうに使われているか、予想はつく。そう、きわめて深刻だ。


日本と同様、女性議員が1割ほどしかいない国は、ナウル、ガンビア、コンゴ民主共和国、サモア、カタールなどだ。日本より少ない国は、わずか30カ国ほどしかない。そのなかで、G7だG20だとか、「金持ち国クラブ」(ダボス会議のこと)だとかに軒並みメンバー入りしている国は、日本しかおらず、これら30カ国の中では異彩を放っている。


その異彩を放つ金持ちクラブニッポンのカネで、こうした同じ悩みをかかえる以下の30カ国を集めて、「女性議員数最低クラブの改善をめざして」とか銘打った国際会議を開いたらどうだろう。参加者は、民間女性団体、労働者組織を含めた公労使、男女比6対4で。これら30カ国に共通の問題が浮き彫りになるだろう。




c0166264_09164725.jpg
▲IPUの世界女性議員率ランキング(2019.7.1)


【更新 20190814】


More
by bekokuma321 | 2019-08-04 10:40 | その他

c0166264_00004725.jpg


福岡県飯塚市は、今春、「女性ゼロ議会」の汚名を返上した。今、飯塚市議会には、28議席のうち1議席に女性議員が座る。金子加代さんだ。


金子さんにはハンディのある息子さんがいる。「ぽれぽれの会」という障がいを考える会をはじめいくつかの市民運動を通じて、市政とりわけ人権や福祉政策に強い関心を持つようになった。


4月の統一地方選に立候補。キャッチフレーズは「つぶやきを市政に」。社会的に弱い立場の人たちの声を政治に届けたいという気持をこめた。トップ当選だった。


6月、議会で初質問をした。DV(ドメスティック・バイオレンス)について、さまざまな角度から市の具体策をと追及した。「ちょうど、男女共同参画週間だった」ため、唯一人の女性議員として一層力がはいった。


先日、その飯塚市でノルウェーの男女平等政策についてお話する機会があった。参加していた人が「飯塚市議会には『親子傍聴室』があります。知人が赤ちゃん連れでそこで傍聴をすることができました。でも、赤ちゃんが泣きだしてしまったんです」と言った。


なぜか気になった。翌日、飯塚市役所の見学がてら、その「親子傍聴室」を見せていただいた。


そこはあまりにも狭く圧迫感を感じる空間だった。隔離室のような印象を受けた。議場を覗けるガラス窓はあるが、他はモノトーンの壁で覆われていた。ベビーカー用のスロープもなく階段だった。階段そばの手すりの上や窓枠は角が多く、子どもによっては背の高さでもあり、歩いたり動いたりしたら、怪我しかねないつくりだった。


赤ちゃんが、泣いて教えてくれたのではないかーーー

「当事者や当事者を代弁できる人の意見をとりいれて設計してほしい」

「バリアフリーはもちろん、今やユニバーサルデザインの時代ですよ」


そして、何より金子加代さんの出番が無限にあることを象徴しているようだった。



c0166264_00430894.jpg




c0166264_00011905.jpg




c0166264_00010189.jpg



by bekokuma321 | 2019-07-16 00:32 | その他

7月6、7日、全国フェミニスト議員連盟が毎夏開催しているサマーセミナーに参加した。今年は熊本市だった。


それに先立つ5日、「女性ゼロ議会」の大分県杵築(きつき)市を訪れた。杵築市は、2回連続して女性候補が出てない。


交流会に参加した杵築市民の中山田さつきさんは、夫が元杵築市議。彼の引退後、「夫の跡継ぎは私の信条に合わない」と自身の立候補は全く考えず、女性候補探しに動いてきたそうだ。市民をまきこんで運動をしてきた彼女の話を聞いているだけで、この人がいる限り、じき女性議員が誕生するだろう、と思われた。


さて、熊本でのセマーセミナーだが、初日は、「子供の声の代弁者は誰?」がテーマだった。プログラムは「発達障がい」「投薬被害」中心の内容で、子どもの声を政治に届けるための困難点や解決の糸口は見えにくかった。


翌日の「候補者男女均等法を徹底活用!」は、熊本市男女共同参画課の過去の説明に時間がとられ、候補者男女均等法への施策は聞けなかった。


「想像してみよう 女性50%の政治がつくる社会を」という横断幕が会場正面に掲げられていた。しかし、この大テーマとプログラム内容がつながらない、と私には思えた。


私自身は、受付や後片付けなど裏方をしつつ、発言もした。また、名前だけで顔のわからなかった会員の方々と親しく交流できて、うれしかった。


岡田ふさ子(全国フェミニスト議員連盟世話人)


【編集部注:サマーセミナー最終日に採択されたアピール文で、主催者のテーマと内容との関連が少しわかりかけたという人もいた。そのアピールは左下More参照】


c0166264_22210481.jpg



c0166264_22110217.jpg




More
by bekokuma321 | 2019-07-11 22:40

参院選の真っ最中だ。女性の立候補者は28.1%(370人中104人)。男女半々にほど遠い。


これでは、奇跡的に女性候補全員当選したとしても、国連が定めた最低ラインの30%など夢のまた夢だ。忘れてならないのは、この30%は「1995年まで」の到達目標だったことだ。


国際的潮流や、国連勧告を受けて、日本政府も「2020年までに30%」とささやかすぎる目標を掲げた。やっと「候補者男女均等法」も制定した。ところが、この法律、「罰則付き」でという女性団体の要望は捨て去られたため、政党は、候補者を男女半々にしなくても、政党交付金が削られるわけでもない。違法行為をしても何のお咎めもないのだ。


さて、世界には一院(下院)しかない国も多く、参院にあたる上院議員は選挙をしない国もあり、国会議員の女性割合は、一院で比較されてきた。その国会における女性割合の最新統計によると、1位ウガンダ、2位キューバ、3位ボリビア、4位メキシコ、5位スウェーデン。前回と同じだ。


そして、わが日本は世界164位! 163位のガンビアと165位のコンゴ(注)・サモアの間に鎮座する。このランキングは前回と変わらない。下に日本とそのお仲間の国々を掲げる。


IPUの4月1日付の調査。対象国は193カ国。


c0166264_18452556.png



【注:コンゴは2つあるが、コンゴ民主共和国のほう】


怒!日本の女性議員率世界164位(2019.2.1)

Percentage of Women

「身を切る改革」どころか「民意を切る改革」



by bekokuma321 | 2019-07-09 19:08 | ヨーロッパ

七夕の日の午後3時半から、飯塚市で、こんな集いがあります。お気軽にご参加ください。託児つき、手話通訳つきです。


c0166264_07362761.jpg

by bekokuma321 | 2019-07-07 07:40 | ノルウェー

最新の調査によると、日本の国会(衆院)における女性議員の割合は10.2%で、世界193カ国中164位と出た。前回の165位から1位あがった。IPI(列国議会同盟)による201921日付けの調査結果。


日本の164位は、162位のコンゴやガンビアと、165位サモアの間に位置する。



アジア諸国の平均は19.7%。東ティモール40%で15位、 ネパール32.7%で37位、フィリピン29.5%51位、ベトナム26.7%63位などだ。お隣の韓国は17.1%で120位。日本の女性議員割合の極端な低さが、アジア諸国の足を引っ張っているようだ。



出典はWomen in National Parliaments,IPU


c0166264_22243234.jpg
【更新 2019.5.18】


by bekokuma321 | 2019-05-17 22:50 | その他

c0166264_23073706.jpg



c0166264_23074571.jpg


2019年統一地方選が終わった。県会レベルで女性は割合にして10%ちょっとだった。人口の半分以上が女性なのに、県会議員の9割が男性! 著しい男性偏在といわずしてなんと呼ぼう。


この極端な男女格差を生みだしている元凶、それは選挙だ。


一方、選挙を経ても、男女比が人口と極端に変らない議会の国がある。北欧諸国だ。そのひとつノルウェーでは、女性議員は、全県会議員の42%を占める。

なぜこんなに違うのか。最大の理由は、ノルウェーは日本と異なり、比例代表制選挙だから。比例代表制は、女性やマイノリティを当選させやすい。


この、極端な男性偏在に加えて、無投票当選の増加、投票率の低下に次ぐ低下・・・日本の議会がこのままでいいと思う人は少ないはずだ。選挙制度を考え直すときがきたと思う。


【図表は、報道各紙の統計や下記リンク先の数字をもとに作成した】
Statistisk Sentralbyrå / Statistics Norway


民主主義度世界1はノルウェー、日本20位(2016)

絶望の小選挙区制選挙(2017衆院選)

市民に優しい選挙制度(ノルウェー)
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」





by bekokuma321 | 2019-05-03 16:04 | ノルウェー

c0166264_18402906.jpg

福井県坂井市の田中千賀子さん(写真)は、20年ほど前に議員に立候補した。


そもそもは、保育所で知り合った母親たちが「放し飼いの鶏のたまごを食べたい」と言いだしたことだった。「たまごの会」というサークルをつくって、ポケットマネーで鶏を買って、放し飼いを始めた。「たまごの会」は、たまごだけでなく、無農薬・有機農の野菜中心の食べものにこだわったり、生ゴミ減量にとりくんだり、学校給食のありかたを考えたり・・・。


母親たちの悩みを解決につなぎ、提案を実現するためには、「議員になったほうがいい」と言われた。でも、お金はもちろん、カバンも看板もなかった。「たまごの会」が中心になってボランティア選挙をやろうと立候補を決意。初当選。それから三国町議2期、合併後の坂井市議4期目に至っている。


田中議員の活動は多彩だ。ふるさとの歴史を学ぶなかで「みくに龍翔館」の大切さを痛感。学芸員増員や館の改築計画について質問をした。病気になった子どもたちの保育サービス、一人暮らしのお年寄りへの給食サービスにも熱心に発言を続け実現させた。友人たちと市に「男女共同参画都市宣言」をさせる運動もした。


高齢者ケアや認知症対策を充実させるよう、行政にうむことなく要求してきた。と同時に、介護福祉の専門家たちや志を同じくする知人たちとNPO法人いってこさ」創設までこぎつけた(注)。いわゆる介護保険事業所だ。富山市の「おらとこ」(野入美津恵理事長)を参考にした。


今では、「いってこさ」には20人のお年寄りが集い、食べ、体を動かす。もちろん昼食は、地産地消にこだわる。料理大好きの料理人の手作りだ。国の介護政策の不十分さゆえ、課題は山積しているが、三国町になくてはならないサービス拠点となっている。また、女性たちの雇用の場となっていることも、忘れてはならない。視察した日も、若い女性たちが、体操選手のようないでたちで生き生きと働いていた。



「女性議員を増やそう、女性ゼロ議会をなくそう」と運動を続けてきた私は、統一地方選でも応援に駆け回った。だが、こういう女性候補でいいのだろうかと悩むこともあった。でも今回、田中議員の仕事ぶりをこの目で見て、「女性議員を増やそう」の意を一層強くした。



c0166264_18404912.jpg





▲丸テーブルをかこんで体操をするお年寄り



c0166264_18484654.jpg





▲「みんな残らず食べてくれます」と料理人はうれしそう



c0166264_18411862.jpg





▲オレンジ色の看板「いってこさ」は鮮やかで遠くからも目立つ



【注】正式にはNPO法人名は潮騒。平島恵美子理事長。施設であるデイハウス名が「いってこさ」(行こうの意味)。男性4人を含む16人が働く】
【2019.4.29更新】

by bekokuma321 | 2019-04-24 22:21 | その他

国際女性デーを2日後に控えて、最悪のプレゼントが届いた。


2019年11日づけ世界の女性国会(第1院)議員率ランキングだ。なんと、驚くなかれ、日本は、またまた下がって、世界193カ国中165番目である。スイスにあるIPU(列国議会同盟) が発表した。


この165位という数字は、実は初めてではない。2017年9月1日がそうだった。


このスキャンダラスな数字を決して忘れないために、下に掲げる。


c0166264_20274865.jpg


ずっとずっと下、もっと下(世界女性議員ランキング)

日本、世界193カ国中160位:女性議員率



by bekokuma321 | 2019-03-06 20:34 | ヨーロッパ

昨日、エチオピアは、男女ともにマラソンを制覇して日本中を湧かせた。だが、エチオピアには、もっとすごいことがある。


201938日、国際女性デーを祝って、エチオピア航空は、一航路を、何から何まで女性だけで運行すると発表したという。航路はアジスアベバからノルウェーのオスロ。


報道によると、パイロット、オペレーション、フライト・ディスパッチャー(全航空便プラン作成者。日本では運航管理者の国家資格を持つ)、積荷管理、ランプ運転、機内物流、安全・セキュリティ管理、ケータリング、航空交通管制など、すべての業務が男性抜きで行われる。


こうした動きに忘れてならない社会的背景がある。エチオピアは、大統領が女性それに内閣は男女半々さらに国会(第一院)議員における女性割合がとても高く、547人のうち212人、なんと40%近い。世界193カ国中18位だ(IPU)。


一方、恥ずかしくて小さな声でしか言えないが、女性国会議員率、日本のランキングは世界162位。エチオピアに、144も大きく大きくあけられている。マラソンの2国間格差とはくらべものにならない。


だからこそ、38日の国際女性デー、女たちよ、デモをしよう!! 


今年も全国でいろいろなイベントがあるが、東京は以下。主催はwomen's March


2日後の10日(日曜日)には渋谷ハチ公前で「増やそう女性議員」のイベントも


c0166264_09453603.jpg


Ethiopian Airlines Celebrate InternationalWomen’s Day with Flight Entirely Staffed by Women

Ethiopian Airlines to celebrate Int’l Women’s Day with Addis Ababato Oslo All-Women Flight

Ethiopian Airlines girl power on InternationalWomen’s Day




by bekokuma321 | 2019-03-04 10:04 | アジア・アフリカ