タグ:女性議員 ( 88 ) タグの人気記事

ドキュメンタリー映画「コスタリカの奇跡」を見た。

1948年に軍隊を廃止した中南米の小国コスタリカ。「兵士よりも教師を」と、軍事予算を社会福祉教育予算に回す道を選んだ。教育や医療は、北欧諸国と同様、無料だ。これこそ平等の基本のキだ。

画面には、平和への歴史をつくった大統領たちに加えて、教育や医療現場における女性たちの生き生きした言動が映し出される。コスタリカは平和だけでなく、平等への道を選んできたことがよくわかる。

現にコスタリカでは、女性議員は、国会の57議席中26議席、45.6%にのぼる。IPUの最新統計によると、世界第7位である。恥ずかしながら日本は世界第158位だ。

マッチョのラテン国家を男女平等に近い国に押し上げてきた要因は何だろう。

政治に関していえば、選挙制度が北欧諸国のような比例代表制であることに注目すべきだ。政党は、選挙の際、前もって候補者名簿(リスト)を決めて選管に提出する。政党は、候補者リストを作成する段階で40%のクオータ制をとるよう、法によって規制されている。選挙区は、これまた北欧と同様、複数定数制だ。コスタリカでは、1選挙区から4~19人だという。有権者は候補者ではなく政党を選ぶ。結果、どの政党からも女性が一定程度選ばれることになり、結果として女性率40%を超えることになる。

IDEAは、コスタリカの選挙に関して最新情報をまとめている。和訳して紹介する。

【2009年の法改正によって、国会は女性率を50%にすること、候補者リストの順番を厳格にすることが規定されて、2014年の国会議員選挙から施行された。

選挙法は、ジェンダーによるクオータ制に加えて、政党の内規は党内において男女平等の推進のための条項を規定しなければならないとしている。

1998年の選挙において、40%クオータ制が施行されたものの、選挙管理委員会は、それを満たさない政党の候補者リストを拒否せず受け付けた。それに対して数多くの団体から批判が起こった。

そこで、選挙最高裁判所は、1999年、クオータ法の解釈について次のような判決を下した。
1)候補者リストは、一方の性を少なくとも40%含める
2)候補者リストは、当選圏に少なくとも女性を40%含める
3)議席数は、前回の選挙における選挙区の政党得票数に従う】


c0166264_1131617.jpg


メキシコは正真正銘の候補者男女同数
[PR]
by bekokuma321 | 2018-08-13 11:12 | 中南米

女性議員の割合@愛知県

朝日新聞は、7月11日、愛知県の女性議員の割合を調査報道した。もっとも女性議員が多いのは、43.8%の東浦町議会。北欧並だ。

一方、県議会は、102人中女性はわずか8人。女性380万人の代表としてはあまりに少なすぎる。割合にして7.8%。全国平均10%を下回る。また県都名古屋市議会にも、女性議員は2割しかいない。

さらに男性議員のみの「女性ゼロ議会」は4市町村。たとえば62000人を擁するみよし市の議会は20議席だが、男性だけがズラリ(写真最下)。

記事を提供してくれたのは、岡田ふさ子さん。全国フェミニスト議員連盟さみどりの会など市民団体で、女性議員を増やす運動を続けてきた。岡田さんは、記事を見てこう思ったという。

「『候補者男女均等法』が施行されたおかげで、新聞社も本腰を入れて調査してくれるようになった。これまでベールに包まれていた、愛知県内の各議会の男女比が、わかりやすい一覧表になった。いかに、決定の場に女性が少ないか、一目瞭然!」

c0166264_8515053.jpg
 ▲朝日新聞愛知版2018.7.11


c0166264_9735.jpg
▲まるで女人禁制のような愛知県みよし市議会(同市ホームページより)

速報「女性ゼロ議会」長野県川上村訪問記
「候補者男女均等法なんて知らない」(長野県下諏訪)
長野県の女性ゼロ議会撲滅&女性議員増を求めて(岡田夫佐子)
案内「候補者男女均等法ができた!さあどうする?」
候補者男女均等法は我々が望んでることではない(長野県自民党)
「政治分野における男女共同参画推進法案」可決
徳島県北島町「女性ゼロ議会」脱出なる
4月7日(土)は奈良に行こう!
女性ゼロ議会をなくそう!(岐阜県関市)
藍住町長・町議会議長に謝罪要請(フェミ議連)
報告「なくせ女性ゼロ議会 増やせ女性議員@群馬」
政界への女性進出を促す法案、国会へ
今治市に女性議員誕生
女性ゼロ議会「栗原市」を訪問して
女性ゼロ議会、5議会にひとつ
サロン下諏訪にて女性と政治談議
女性議員日本一の影に女衆(おんなしゅう)あり!
アテネ宣言
[PR]
by bekokuma321 | 2018-07-15 09:03 | その他

c0166264_14562818.jpg
▲「I 女のしんぶん」(2018年7月10日号)叫ぶ芸術


上は、ベルギー政府肝いりでつくった、女性議員を増やそうポスター。

20年ほど前、ベルギーの女性議員はわずか9%だった。今の日本の衆院における女性率と同じだ。それを変えなくては、と「立候補者リストにおける男女の平等代表制の法律」をつくった。

ベルギーの選挙は比例代表制。有権者は、候補者個人ではなく、政党を選ぶ。選挙に先立って、選挙管理委員会は、それぞれの選挙区の定数以上の候補者名を並べたリストを、政党に提出させる。政党は、このリストをつくる段階で、候補者の3人に1人を女性にしなければならなくなった。守らないと選管から候補者リストを突き返されてしまう。

こうしてベルギーは、現在、第一院における女性議員は38%、世界193カ国中21番目にまであがった。強制力のある法律や、上のポスターのような啓発キャンペーンなどなど、官民あげての力強い運動のたまものだ。

日本の女性議員はいまだに10%、世界で158番目! ベルギーに遅れること20余年、先月「候補者男女均等法」がやっとできた。20余年の遅れを取り戻せるか。
[PR]
by bekokuma321 | 2018-07-10 15:29 | ヨーロッパ

「聞いたこともない」「知らなかった」「どんな法律かわからない」

6月25日、長野県の下諏訪で、先月施行されたばかりの「候補者男女均等法」の勉強会があった。冒頭、元下諏訪町議の樽川通子さんが、「残念ながら、これが、わが町の声だ」と紹介した。

「候補者男女均等法」は、選挙の際の候補者をできるだけ男女同数にするよう政党などに求めた法律だ。この5月、国会で成立、施行された。何度もマスコミに載っていたので、よく知られているだろうと思ったが、甘かった。

こんな一般市民の無頓着を知ってか、長野県議会の自民党萩原清幹事長は「国で法律を決めて勝手にやっている話で、我々が望んでいることではない」とバッサリ。国民民主党の下沢順一郎幹事長は「やる気があっても気持だけではむずかしい」と消極的だ。2人の幹部の本音をスクープをしたのは、朝日新聞長野版 2018.5.25

長野県議会には女性議員は5人、わずか9%。市町村議会は10%~15%だ。男性議員だらけの「女性ゼロ議会」は11町村ある。嘆いていても女性議員は増えない。集まった人たちで、法律を読み合わせをして、内容を確認しながら、知恵を出し合った。最後に、長野県会の自民党や国民民主党に対して、法律を守ってほしいというような要望書を出そうと、皆で決めた。

このような会が、日本列島津々浦々で開かれるべきだ。女性たちから開催企画が出たら、行政や政党は必要なサポート(PR代、場所代など)を出すーーこうしたことも法は期待している。

c0166264_21352075.jpg
 ▲長野日報。2018.6.26

長野県の女性ゼロ議会撲滅&女性議員増を求めて(岡田夫佐子)
[PR]
by bekokuma321 | 2018-06-30 22:01 | その他

c0166264_22363184.jpg
 ▲Inter Parliamentary Unionによる2018年6月1日付け「国会議員(第1院)における女性の割合」ランキング


日本、世界193カ国中160位:女性議員率
[PR]
by bekokuma321 | 2018-06-28 22:39 | その他

4月20日に行われた国際シンポジウム「選挙を変えれば暮らしが変わる ♪モノトーン議会からオーケストラ議会へ♫」の講演録です。

c0166264_1114172.jpg


c0166264_11144921.jpg


c0166264_11154588.jpg


c0166264_11162218.jpg


c0166264_11165334.jpg

[PR]
by bekokuma321 | 2018-06-01 11:23 | その他

日本の女性議員率は、160位となった。世界の国会に女性議員がどのくらいいるかを比較してランキングを出しているIPUの5月1日の発表。対象となった国は193カ国。

前回は158位だったので、2ランク下がった。日本の最低ランキングは165位だったことがあるから驚くに値しないが、この”慣れ”がこわい。


c0166264_18205416.png


日本の国会議員女性率、世界で158番目
日本は世界165位(IPU9月1日)
日本の女性国会議員率、世界164番目
女性議員増法案、成立ならず
6月15日「女性議員増やそう法案を成立させよう集会」へ
「身を切る改革」どころか「民意を切る改革」
日本の女性議員率、世界189カ国中161位
日本の女性議員率、世界163位
世界で最も女性議員が多い国ルワンダ
[PR]
by bekokuma321 | 2018-05-31 18:24 | その他

c0166264_8272223.jpg
  ▲「候補者男女均等法」の成立を受けて全国フェミニスト議員連盟が出した宣言

c0166264_8342841.jpg
▲2018年5月16日、国会前で喜ぶ全国フェミニスト議員連盟。同連盟は1992年以来、クオータ制をめざして政党や世論に働きかけてきた。「候補者均等法」はクオータ制を退けたものの前進への小さな一歩となった(写真提供:伊藤正子)

c0166264_115388.jpg


祝!「政治分野における男女共同参画法」成立
参院内閣委員会 政治分野における男女共同参画推進法案採決
2018年5月15日
(Youtube)
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」宣言
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」序
「政治分野における男女共同参画推進法案」可決 (衆議院の可決)
女性議員増法案、成立ならず
6月15日「女性議員増やそう法案を成立させよう集会」へ
推進法成立を求める国会議事堂前マーチ
政界への女性進出を促す法案、国会へ
地方議会に女性議員を (NHKニュース2017.4.15)
意見書あいつぐ「増やせ女性議員、なくせ女性ゼロ議会」
底なしの政治腐敗と女性議員
案内:4月15日「なくそう!女性ゼロ議会@群馬」
来年こそ「政界への女性推進法」を
女性議員増めざして制度改善を (全国フェミニスト議員連盟による「要望書」)
クオータ制発祥の国ノルウェー(国際女性 No.27)
[PR]
by bekokuma321 | 2018-05-20 08:50 | その他

加計・森友改ざん事件、自衛隊の日報隠ぺい事件、財務次官のセクハラ事件…など問題が噴出する国会。この場に、女性はどの程度進出しているだろう。

国際比較に使われる衆院に、女性はわずか1割しかいない。一方、北欧ノルウェーは4割を超え、ニュージーランドは約4割、おとなりの韓国は2割に届こうとしている。

代表的な比例代表制選挙の国ノルウェーは、100年間、国会も地方議会も比例代表制である。

ニュージーランドは、1996年、国民投票で小選挙区制から比例代表併用制に変えた。

韓国は、日本と同じ小選挙区比例代表並立制だが、違うのは比例枠にクオータ制を強制していることだ。

4月20日、東京で、3カ国の大使館員が、選挙制度と女性議員増の関係についてわかりやすく報告した。そのスピーチを国ごとに要約して紹介する。要約は、それぞれのリンク先をクリックしてどうぞ。

1 ノルウェー「世界で最も幸せな国の選挙制度」 
 講師:トム・クナップスクーグ(ノルウェー王国大使館参事官)
 通訳:仙波亜美(同広報担当官)

2 ニュージーランド「比例代表併用制導入で変わったニュージーランドの政治」  
  講師:テサ・バースティーグ(ニュージーランド大使館一等書記官)
  通訳:ロイド久美子(同 Policy Adviser)

3  韓国「クオータ制とその実態を選挙制度から見て」  
  講師:キム・デ・イル(大韓民国大使館参事官兼選挙官)
  通訳:オ・ヨンテ(同在外選挙担当官)

c0166264_1153158.jpg
 ▲左からノルウェーの仙波広報担当官、同クナップスクーグ参事官、ニュージーランドのバースティーグ一等書記官、同ロイドpolicy adviser、韓国のキム参事官兼選挙官、同オ選挙担当官。(2018.4.20 東京ボランティア市民活動センター、撮影富山達夫) 

(国際シンポジウムは全国フェミニスト議員連盟選挙改革フォーラムの共催で企画運営された)

比例代表制は男女格差を縮める(世界経済フォーラム2017)
小選挙区制は女性の声を捨て去る
比例代表制は女性や弱者が当選しやすい
[PR]
by bekokuma321 | 2018-04-27 11:28 | ノルウェー

c0166264_2122414.jpgイタリアで、3月4日総選挙があった。反EUのポピュリズム政党「五つ星運動」が躍進したらしい。さて、女性議員は増えたのだろうか。

The Localによると、下院630人のうち女性議員は225人。史上最高の35.71%となった。

昨年、選挙法が変わっただけでなく、政党候補者リストの上部に女性40%のクオータ制を入れさせた結果だろうか。

イタリアは、単純な比例代表制だった。しかし、比例代表制での小政党乱立をさけて「政治的安定性」を得るためとかで、下院では、40%以上の得票の政党に過半数の議席を与えていた。いわゆる「ボーナス制」といわれるものだ。

それが今年から、議席の3分の2を比例代表制、3分の1を小選挙区に変えた。同時に「ボーナス制」も撤廃された。


最低の女性でも、男よりはいい
猿に変えられた黒人女性大臣の顔――イタリア
イタリア ボニノ大臣のシスターフッド
イタリアもノルウェーをモデルに?
イタリアの6、70年代の女性たち(5)
イタリアの6、70年代の女性たち(4)
イタリアの6、70年代の女性たち(3)
イタリアの6、70年代の女性たち(2)
イタリアの6、70年代の女性たち(1)
イタリアはパリタリア
ローマの女性センター
[PR]
by bekokuma321 | 2018-03-29 21:29 | ヨーロッパ