タグ:女性ゼロ議会 ( 65 ) タグの人気記事

女性議員の割合@福岡県

福岡県に女性議員はどのくらいいるのか。

福岡県大野城市の松崎ゆり子議員が送ってくれた情報によれば、県内の全市町村の平均は12%だ。最も女性議員の多い志免町でも14人中4人、28.57%と、30%に満たない。

男性議員しかいない「女性ゼロ議会」は、嘉麻市、篠原町、久山町、芦屋町、鞍手町、東條村、大任町、赤村、上手町の9つ。中でも嘉麻市は、人口37000人、議員数18人。立派な議会の会議場に座る市民代表がオール・メンには、何か異様な感じさえする。

c0166264_20443482.jpg
      ▲福岡県男女共同参画センター「あすぱる定期便」 2017年9/10月号

c0166264_21563226.jpg
    ▲福岡県嘉麻市議会はオール・メン。市ではただひとつの「女性ゼロ議会」(写真は同市HP)

 
 福岡県の男女共同参画センター「あすぱる」がまとめた県内の女性議員数をお送りします(上図)。

 福岡県では「女性ゼロ議会」が9つ、1人しかいない「紅一点議会」は20もあります。女性議員が1ないしゼロの議会は、全60自治体中29、すなわち約半分に上ります。

 私は、6月議会で「候補者男女均等法」について質問しました。候補者は男女50-50が目標であることにこだわりました。啓発や人材育成に市が力入れてくれるのではないか、と期待しています。

 福岡県内では、女性議員を増やそうという草の根の動きもいくつかあります。I(あい)女性会議」では昨年は「みずほ塾」、今年はバックアップスクールが開催され、新人女性2名が挑戦予定です。
 個人的にも、来年福岡県の女性議員20%を目標に、うごめいています。

 体調に気を付けて頑張りましょう。

 ――松崎ゆり子@福岡県大野城市





「女子力は政治力!」@北九州市ム―ブ 

直方市の女性たち

女性ゼロ議会の直方市訪問




[PR]
by bekokuma321 | 2018-08-23 22:01 | その他

女性議員の割合@富山県

富山県に女性議員はどのくらいいるのか。

522日の読売新聞(写真)によると、富山県議会を含めて県内15市町村の全議員302人のうち女性は26人、8.6%しかいない。議会の9割以上を男性が占めているのである。

氷見市、入善町、船橋村の3つは、男性議員しかいない「女性ゼロ議会」だ。


ところが、同紙記事を送ってくれた山下清子さんによると、あろうことか、最近、富山県の「女性ゼロ議会」は4つに増えた。85日の選挙で、朝日町が「紅一点議会」から「女性ゼロ議会」に転落したのだ。


こうした憂うべき実態を変えようと「候補者男女均等法」が施行された。

しかし、同紙によると、富山県議会39人中30人を占める自民党の上田英俊幹事長は、「各支部の意向があり、県連が勝手に性別だけで決めることはできない」。県の幹事長が支部に責任転嫁するとは。まったく情けない。


c0166264_18340723.jpg

▲読売新聞朝刊 2018.5.22 富山版



「候補者男女均等法」は理念法といわれますが、法律を私たち自身が活用することが大事だと思います。富山県の女性議員数について、読売新聞5/22朝刊富山版を送ります。これによると、「女性ゼロ議会」は、111村の3つです。
 ところが、最近、「女性ゼロ議会」が3つから4つに増えてしまいました。

数は少ないように見えますが、合併によって自治体の数自体が少なくなってしまったという前提があるので、安心はできません。

それぞれが住んでいる自治体で、独自に調査したり、行政職員に依頼して調査をしてもらったり、新聞記事などの各地の情報をお待ちしています。全国各地で女性議員の数を話題にしたりして、若い世代に女性議員を増やすことを呼びかけていきましょう。
       ――山下清子(高岡市民、シャキット富山)



c0166264_18584944.jpg
  ▲富山県朝日町は2018年8月選挙で「女性ゼロ議会」に(写真は同町HPより)

女性議員の割合@埼玉県

千葉県の女性議員17.5%、女性ゼロ議会2つ

女性議員の割合@愛知県

富山から考える秋田の「政治とカネ」

ベアテ・シロタ・ゴードンと三井裁判



[PR]
by bekokuma321 | 2018-08-23 19:08 | その他

女性議員の割合@埼玉県

女性議員は、埼玉県の市町村議会にどのくらいいるのか。

埼玉県八潮市の矢澤江美子議員を通じて、最新の統計を入手した。女性議員は、1257人のうち256人。5人に1人は女性議員である。加須市、本庄市、三芳町は3割を超えた。

しかし、埼玉県には依然として羽生市のように14議席すべて男性という「女性ゼロ議会」が残る。滑川町、鳩山町、小鹿野町の3議会は、女性議員がたった1人の「紅一点議会」だ。

働くママや非正規職ウーマンの声を政策に反映させるためには、物事を決める場に女性の代表がいなくては話にならない。施行された「候補者男女均等法」は、男性偏重議会を変えられるのか。かけ声に終わらせないために、自治体や各県の政党、そして女たちよ、頑張ろう!

c0166264_11011591.jpg
▲埼玉県内市町村議会における女性議員数(矢澤市議作成情報をもとにFEM-NEWSが編集作成)

 全国フェミニスト議員連盟の矢澤江美子です。埼玉県では「みんなですすめよう男女共同参画」という冊子を作成し、県下の各自治体に配布しています。この中には、女性首長、町会自治会の役員の女性比率、防災会議の女性比率等などが自治体ごとに載っています。そのプリント版を、八潮市の人権男女共同参画課の職員が送ってくれましたので、それをデータにして一覧にしました。

 「候補者男女均等法」の参議院での付帯決議には、データの見える化を推進することが明文化されています。よって、男女共同参画局の方からも要請があると期待しています。でも、作成していない自治体は、まずは、市民団体や議員が率先して行政側に作るように要請していくと、重い腰をあげてくれると思います。
 議会に1人でも多くの女性議員をと願うみなさん、行政に女性の”見える化”に向けてもっと仕事をしてもらいましょう。
   
ーー矢澤江美子(八潮市議会議員)


c0166264_14562758.jpg
▲羽生市議会は男性のみ。行政の側にも女性は見えず、議場はまるで女人禁制のようだ。市の人口は55000人(同市ホームぺージより)


千葉県の女性議員17.5%、女性ゼロ議会2つ

女性議員の割合@愛知県





[PR]
by bekokuma321 | 2018-08-23 11:53 | その他

埼玉県で、男性だけの「女性ゼロ議会」は、羽生市だけとなった。前回調査したときは、東秩父村も女性ゼロ議会だったが、その後、2人の女性議員が誕生した。

相変わらず女性議員のいない自治体羽生市に、先日、全国フェミニスト議員連盟の矢澤江美子さん(八潮市議)と、6年ぶりで出向いた。

新宿から湘南ラインで久喜駅に。久喜駅から東武伊勢崎線に乗り換えて、1時間半。6年前に訪問したときも、猛烈に暑かった記憶があるが、今夏の暑さはたとえようがない。乗り換えでホームに立っているだけで汗が滝のように流れた。

羽生の住民に、羽生の土地柄や、候補がどんなふうに決まっていくのかの慣行、NPOの活動が活発なことや、次の選挙における女性候補の予想などを聞いた。

「昔から、地区ごとに男性が立候補することになっているようだ」「女性は政治や議会について話題にすることはほとんどない」「子育てや、健康づくりなど、女性のグループはいくつかあり、活発な活動をしている」「何か家族に問題が起こらなければ、市の窓口に相談に行くこともなく、市政に関心を持つことはないのでは」「市民の多くは、割と住みやすいところだと考えており、たいして不満を持っていない」「老朽化したゴミ処理施設をどうするかは政治テーマのひとつだ」

羽生市は、人口5万5千人。市政のテーマは、少子化や健康維持、学校の給食問題、ごみの出し方、離婚家庭の子どもの支援などだ。どれひとつとっても女性の暮らしに直結している。議会の半分に女性議員が座ってもいいくらいだ。

それなのに、審議決定する場に、女性議員が誰もいない(下写真)。なんという不条理。

来年の統一地方選には、市政の重要分野である子育てや教育に関わる当事者ーー子育て中の女性ーーから議員がもっと出るべきだ。それを進める責務が行政にもあると「候補者男女均等法」は言う。

c0166264_14562758.jpg
▲羽生市議会は男性のみ。行政の側にも女性は見えず、議場はまるで女人禁制のようだ。市の人口は55000人(同市ホームぺージより)

c0166264_1526015.jpg
▲羽生駅。気温37.9度

千葉県の女性議員17.5%、女性ゼロ議会2つ
「女性ゼロ議会」のみよし市に女性議員を!
女性議員の割合@愛知県
速報「女性ゼロ議会」長野県川上村訪問記
「候補者男女均等法なんて知らない」(長野県下諏訪)
長野県の女性ゼロ議会撲滅&女性議員増を求めて(岡田夫佐子)
案内「候補者男女均等法ができた!さあどうする?」
候補者男女均等法は我々が望んでることではない(長野県自民党)
「政治分野における男女共同参画推進法案」可決
徳島県北島町「女性ゼロ議会」脱出なる
4月7日(土)は奈良に行こう!
女性ゼロ議会をなくそう!(岐阜県関市)
藍住町長・町議会議長に謝罪要請(フェミ議連)
報告「なくせ女性ゼロ議会 増やせ女性議員@群馬」
政界への女性進出を促す法案、国会へ
今治市に女性議員誕生
女性ゼロ議会「栗原市」を訪問して
女性ゼロ議会、5議会にひとつ
サロン下諏訪にて女性と政治談議
女性議員日本一の影に女衆(おんなしゅう)あり!
アテネ宣言

【2018.7.24 更新】
[PR]
by bekokuma321 | 2018-07-23 15:12 | その他

千葉県に現在、女性議員はどのくらいいるのだろう。

市民ネットワーク千葉県の田中紀子木更津市議が調査した(下図)。田中議員は、女性議員増を目的に活動する全国フェミニスト議員連盟会員でもある。

千葉県内の市町村議員1166人のうち女性はわずか 204人で 17.5% だ。女性議員は5,6人に1人しかいない。男性議員だらけの「女性ゼロ議会」も長生村と御宿町、2つ残る。

c0166264_102837.jpg


c0166264_1073391.jpg
 
▲オール・メンの千葉県御宿町議会(同町ホームページより)

c0166264_10214366.jpg

   ▲オール・メンの長生村議会議員による村民向け報告会(同村ホームページより)
[PR]
by bekokuma321 | 2018-07-21 10:35 | その他

7月18日、愛知県みよし市の集会場で、「女性を議会に!ネットワーク 出前講座 in みよし」という会合があった。この、みよし市は、朝日新聞が7月11日に報じた愛知県内唯一の「女性議員ゼロ市」だ。人口は約6万人。

主催は、略称「議会ネット」と呼ばれる、市民と無所属・市民派議員の団体。代表は白井えり子日進市議会議員。名古屋周辺市町村の現職女性議員や、みよし市の元女性議員などが参加した。

同会会員岡田ふさ子さんから、会合の報告が寄せられた。岡田さんは全国フェミニスト議員連盟さみどりの会に属して、女性議員増に活動している。

―会合の内容は、この会は無所属市民派に限定しているため、なぜ市民派議員か、に始まり、議会になぜ女性が必要なのか、無所属市民派選挙はいくらかかるかなど。現職女性議員が作成したレジュメにそって、解説され、それに基づいて意見交換があった。

―「候補者男女均等法」施行を追い風に、「みよし市」を「女性ゼロ議会」から脱出させたい、との声がいくつもあがった。

―「最後は家族の反対にあった」(朝日新聞2018.7.11)ため、立候補を断念したみよし市の女性も参加していた。彼女を支援したいと言う人も何人かいて、「家族への接触、説得も含め、あきらめてはいない」という発言があった。

c0166264_13524547.jpg
 ▲人口6万人の愛知県みよし市の議会。まるで男子校の同窓会のようだ(写真は同市ホームページより)

速報「女性ゼロ議会」長野県川上村訪問記
「候補者男女均等法なんて知らない」(長野県下諏訪)
長野県の女性ゼロ議会撲滅&女性議員増を求めて(岡田夫佐子)
案内「候補者男女均等法ができた!さあどうする?」
候補者男女均等法は我々が望んでることではない(長野県自民党)
「政治分野における男女共同参画推進法案」可決
徳島県北島町「女性ゼロ議会」脱出なる
4月7日(土)は奈良に行こう!
女性ゼロ議会をなくそう!(岐阜県関市)
藍住町長・町議会議長に謝罪要請(フェミ議連)
報告「なくせ女性ゼロ議会 増やせ女性議員@群馬」
政界への女性進出を促す法案、国会へ
今治市に女性議員誕生
女性ゼロ議会「栗原市」を訪問して
女性ゼロ議会、5議会にひとつ
サロン下諏訪にて女性と政治談議
女性議員日本一の影に女衆(おんなしゅう)あり!
アテネ宣言
[PR]
by bekokuma321 | 2018-07-19 14:02 | その他

2018年7月6日、長野県の「女性ゼロ議会」川上村を訪ねた。レタスで成功した富裕な村として知られる。12人議員はすべて男性のみ。女性は候補にも出ていない。

役場の応接室で行政担当から、実情を伺った。

中島企画課長(男)、由井係長(男)、原男女共同参画担当(女)の発言を要約する:
「(女性議員ゼロの件)隔絶されてる地理的特徴から、外の情報がはいってこなかった。封建性が残る」
「(昔は嫁が来なかったという佐々木都さん(注)の話に対して)今は、川上村に魅力があり、外から嫁になる人が多いようだ。後継者不足はない」
「女性は出ていっちゃう。農家の後継者に女性しかいない場合もいるが、後継女性が、男性に負けないくらいやっている人は、知らない」
「(家族経営協定に対して)やっていない。そんなことするとギクシャクするのでは。うまくいっている。若夫婦、老夫婦という分け方はあると思うが、嫁に対して給与とか休暇とかということはない。まったく、うまく行っている」
「(DV、セクハラについて)デリケートな問題なので私どもは把握していない」
「(DVセクハラの中身ではなく窓口の有無は)保健福祉課が担当。窓口はあると思うが…」
「(男女共同参画計画・条例)つくってない」
「(男女共同参画施策について)元気づくり支援金を活用して、女性が参加できるイベントをした。外部から講師を呼んで、女性が女性を支援するもの。『もうそう会議』という名。こんなことをしていきたいねという女性の声を出し合った」
「川上村女性応援チームWAO ができた。よそからきた若いお嫁さんが中心」

c0166264_1158546.jpg


レストラン「樹木里(きぎり)」で村の女性たちから実情を伺った。そのポイントを要約する。

「子育てで忙しくて、村の議会に興味を抱くことはなかった。選挙がやってきても、男の人が出るもんだ、と見ていた。何か言ったところで何か変わるのかな、という思いはある」
「県外から川上村に嫁いで、一番びっくりしたのは『まけ』。親戚グループでつくる集団のことで、要するに苗字でまとまっている組織。昔から村にある。その『まけ』から今年は議員を出す、と決める。その『まけ』に女性がはいることは絶対ない」
「今年はうちの『まけ』から選挙に出るとすると、1000万くらいかかるらしい。立候補する人が用意する。選挙の前の飲み食いに使う。『まけ』の代表になるまでにカネがかかるということだ」
「(飲み食いや会合に)長靴をはいて行くと聞いた。長靴だと中にお金をいれてもらえるのだ」
「(議員は月16万1000円だ)初めて議員がいくらもらっているかを知った。けっこういい額ではないか。他人ごとだから、全然知らなかった」
「この『まけ』にオンナの人がはいることは絶対ない」
「何につけ、女性が出るという風習は、この村には絶対ない。女性が一歩出ることは絶対ない。子どもは男女別なく宝だ。でも、大人になって、嫁さんになったら夫に従うものだ、と観念している」
「葬式など行事も『まけ』が手伝う。葬式でも女性が後から食べたりする。お手伝いするのが女の人だから」
「男尊女卑大好きな村だ」
「農業の家の嫁の待遇が過酷だ。嫁は舅姑から、遊びに行ってはいけないとか言われる。農家の嫁というスタイルが確立していて、はずれると変な目で見られる。3世代同居もあり、昔はこうだったと、今の女性たち(嫁)の生活を制約しようとする」
「当主が座る場所や嫁が座る場所が決まっている。嫁の位置は決まっている。一番身分が低いのは嫁」
「夫が死んでも、長男が喪主になり、彼女は喪服も着られず平服で参加、葬式にも参加させてもらえなかったと聞いたことがある。川上村は8地区あり、その中でも封建的な地区ではそうだった」
「出る勇気が出ない。疲れるんです。ある会議に行って、相手の人が私に先にあいさつした。それを見た〇〇という肩書の男性が、私に『今度、〇〇に出たらいいじゃないか。女の〇〇に出てみやがれ』と言った」
「昔、この村では、郵便で新聞に投稿するとき、自分の近くのポストには入れないと聞いた。誰かに見破られないように」
「自殺された方が何人かいると聞いた」
「女性同士で、文句言ったり、愚痴をこぼしたり、しょっちゅう。それが外にもれて大騒ぎになった」
「父ちゃんをさしおいて何事かと言われる」
「お姑に止められたとも聞いた」
「男の人だけからの声を聞くと、農家がうまく行っているように思ってしまうのでは」


c0166264_124797.jpg
 ▲全国フェミニスト議員連盟「女性ゼロ議会撲滅キャンペーン」のメンバー(20180706)

c0166264_2333215.jpg
▲「女性ゼロ議会」の長野県川上村村議会(「2017川上村要覧」 p27)

【注】佐々木都さんは長野県佐久市の老舗旅館「清集館」の女将。佐久に根をはって女性の地位向上に発言してきた。川上村で、かつて審議会員として働いたことがある。今回、全国フェミニスト議員連盟の「女性ゼロ議会撲滅キャンペーン」プロジェクトが企画した川上村訪問団に加わった。



候補者男女均等法は我々が望んでることではない(長野県自民党)
「政治分野における男女共同参画推進法案」可決
徳島県北島町「女性ゼロ議会」脱出なる
4月7日(土)は奈良に行こう!
女性ゼロ議会をなくそう!(岐阜県関市)
藍住町長・町議会議長に謝罪要請(フェミ議連)
報告「なくせ女性ゼロ議会 増やせ女性議員@群馬」
政界への女性進出を促す法案、国会へ
今治市に女性議員誕生
女性ゼロ議会「栗原市」を訪問して
女性ゼロ議会、5議会にひとつ
サロン下諏訪にて女性と政治談議
女性議員日本一の影に女衆(おんなしゅう)あり!
アテネ宣言

[2017.7.15 更新]
[PR]
by bekokuma321 | 2018-07-07 12:07 | その他

c0166264_6243927.jpg6月25日(月)、「候補者男女均等法ができた!さあどうする? 樽川通子さんに三井マリ子が聞く」と題した会合に名古屋から参加した。

会場は、JR下諏訪駅から歩いてすぐの食堂「サロンしもすわ」で、樽川通子さんが運営する。

「女性100年会議」のメンバー、「長野県長寿社会開発センター」の日本一の長寿社会への施策に取り組む方とか、「アートミーティングすわ」の方などに加えて、今井正子県会議員や周辺自治体の現職・元職議員、新聞2社の記者など、多彩な顔触れであった。

まずは「候補者男女均等法」を知らなかった、話題になることはなかった、との声があがったので、新聞のコピーや候補者男女均等法の要約が配布され、皆で読みあわせした。三井さんの簡単な解説があった。

長野県内「女性ゼロ議会」11町村に女性議員を誕生させるには、長野県議会に女性議員を増やすには、という難問に、樽川さんは、経験をもとに「女性議員を増やすことが大事だとアピールしてマスコミに報道してもらう、そして、女性議員を増やすための組織力」だと強調した。

次に地元長野県議会の自民党議員幹事長や、国民民主党幹事長による「候補者男女均等法」を無視するかのような発言を放置しないためにどうすればいいか、について意見交換した。

議会で質問をすることに加えて、市民として2人に発言撤回を求める「要請文」または、各政党に「公開質問状」形式で尋ねる、などがあがった。結論は、「集会参加者一同」として、「要請文」または「公開質問状」を出すという提案を、全員一致で決めた。

「だれか文案を書いて下さる人いませんか」との呼びかけに、間髪を入れず手をあげる人もいて、とんとん拍子に話は進んだ。長野は「長寿日本一」だけではない。樽川通子さんが、過去10年間に渡って取り組んできた女性議員を増やす活動が根をはっている、と感じた。有意義な会だった。

岡田夫佐子(全国フェミニスト議員連盟世話人、さみどりの会


c0166264_6373821.jpg


c0166264_6332457.jpg


c0166264_793552.jpg



【写真上:樽川通子元下諏訪町議。撮影三井】
【写真下1,2:「どうしたら候補者男女均等法を生かせるのか」と参加者。撮影岡林】
【写真下3:1999年3月全国一斉に行った「女性と政治キャンペーン」長野版。サロン2階に飾っていた思い出の写真。接写三井】
[PR]
by bekokuma321 | 2018-06-27 06:43 | その他

「候補者男女均等法」が国会でやっと成立した。

各地の政党幹部は、いったいどう考えているのか。

たとえば長野県。長野県議会の自民党議員は全員男性だ。朝日新聞(2018.5.25)によると、萩原清幹事長は、女性議員が誰もいないことを悪びれるどころか、法律をこうバッサリ。

「国で法律を決めて勝手にやっている話で、我々が望んでいることではない」「(女性に)積極的に出てもらいたいということはないし、特段の働きかけはしない。とにかく地方はそんなに簡単にはいかない」

また、長野県議会の国民民主党も女性議員はゼロ。下沢順一郎幹事長は「やる気があっても気持だけではむずかしい」ときわめて消極的だ。

長野県議会の女性議員は、56人中わずか5人。割合にして1割以下だ。世界193カ国中160位と烙印をおされた衆院における女性1割より少ない。

県議会ばかりではない。男性議員だけの「女性ゼロ議会」は12町村もある。

「候補者男女均等法」も施行された。政党こそ、男性偏重政治を反省し、改善のポーズぐらい見せてくれるはず、と思いきや、この堂々たる無反省ぶり。頭がクラクラしてしまう。


c0166264_12563180.jpg
 ▲「女性議員 県内は『輝いてる?』」朝日新聞 信州プラス 2018.5.25

【追記】朝日記事の筆者岡林佐和記者は長野県の市町村議会における女性率の高さに注目する。そして、その牽引力の一つとなった樽川通子元下諏訪町議による「女性議員をふやすネットワーク・しなの」の永年の活動を紹介している。

「政治分野における男女共同参画推進法案」可決
徳島県北島町「女性ゼロ議会」脱出なる
4月7日(土)は奈良に行こう!
女性ゼロ議会をなくそう!(岐阜県関市)
藍住町長・町議会議長に謝罪要請(フェミ議連)
報告「なくせ女性ゼロ議会 増やせ女性議員@群馬」
政界への女性進出を促す法案、国会へ
今治市に女性議員誕生
女性ゼロ議会「栗原市」を訪問して
女性ゼロ議会、5議会にひとつ
サロン下諏訪にて女性と政治談議
女性議員日本一の影に女衆(おんなしゅう)あり!
アテネ宣言
[PR]
by bekokuma321 | 2018-06-16 13:18 | その他

奈良県の女性議員は全体の約1割。奈良県内39市町村中18市町村は、女性議員が誰もいない。いわゆる「女性ゼロ議会」は、46%にのぼる。

世界で最も幸福な国々の多くは、国連によると、北欧諸国だ。元気ですごせるお年寄りがどのくらいいるか、困ったときのサポート体制はととのっているか、国民がどの程度政治を信頼しているかーーなどの基準で調査した。

こうした幸せな社会づくりに貢献しているのは大勢の女性議員だ。北欧ノルウェーは国会も地方議会も女性議員は約4割。「女性ゼロ議会」は1980年代に一掃され、暮らしの隅々にまで女性の視点がはいっている。

そんな北欧の暮らしを写真で見ながら、奈良県の女性議員を増やすヒントを探そう。奈良県出身の瀬野喜代さん(荒川区議)が、「ふるさとをもっと住みやすくしたい!」と企画した。

☆2018年4月7日(土)1400
橿原市役所分館コンベンションルーム(近鉄大和八木駅南口5分)
☆女性議員をふやす会 (問い合わせ:瀬野 080-3252-2061)

講師:三井マリ子(女性政策研究家、全国フェミニスト議員連盟世話人、元東京都議)
   瀬野 喜代(東京都荒川区議、全国フェミニスト議員連盟世話人、奈良出身)

c0166264_10493357.jpg


世界一幸福な国ノルウェーの女性たち (2017国連幸福度)
フィンランド世界一、日本54位(2018国連幸福度)
[PR]
by bekokuma321 | 2018-03-22 11:05 | その他