人気ブログランキング |

タグ:女性ゼロ議会 ( 74 ) タグの人気記事

ただ一人の女性議員と親子傍聴室を見る(飯塚市)_c0166264_00004725.jpg


福岡県飯塚市は、今春、「女性ゼロ議会」の汚名を返上した。今、飯塚市議会には、28議席のうち1議席に女性議員が座る。金子加代さんだ。


金子さんにはハンディのある息子さんがいる。「ぽれぽれの会」という障がいを考える会をはじめいくつかの市民運動を通じて、市政とりわけ人権や福祉政策に強い関心を持つようになった。


4月の統一地方選に立候補。キャッチフレーズは「つぶやきを市政に」。社会的に弱い立場の人たちの声を政治に届けたいという気持をこめた。トップ当選だった。


6月、議会で初質問をした。DV(ドメスティック・バイオレンス)について、さまざまな角度から市の具体策をと追及した。「ちょうど、男女共同参画週間だった」ため、唯一人の女性議員として一層力がはいった。


先日、その飯塚市でノルウェーの男女平等政策についてお話する機会があった。参加していた人が「飯塚市議会には『親子傍聴室』があります。知人が赤ちゃん連れでそこで傍聴をすることができました。でも、赤ちゃんが泣きだしてしまったんです」と言った。


なぜか気になった。翌日、飯塚市役所の見学がてら、その「親子傍聴室」を見せていただいた。


そこはあまりにも狭く圧迫感を感じる空間だった。隔離室のような印象を受けた。議場を覗けるガラス窓はあるが、他はモノトーンの壁で覆われていた。ベビーカー用のスロープもなく階段だった。階段そばの手すりの上や窓枠は角が多く、子どもによっては背の高さでもあり、歩いたり動いたりしたら、怪我しかねないつくりだった。


赤ちゃんが、泣いて教えてくれたのではないかーーー

「当事者や当事者を代弁できる人の意見をとりいれて設計してほしい」

「バリアフリーはもちろん、今やユニバーサルデザインの時代ですよ」


そして、何より金子加代さんの出番が無限にあることを象徴しているようだった。



ただ一人の女性議員と親子傍聴室を見る(飯塚市)_c0166264_00430894.jpg




ただ一人の女性議員と親子傍聴室を見る(飯塚市)_c0166264_00011905.jpg




ただ一人の女性議員と親子傍聴室を見る(飯塚市)_c0166264_00010189.jpg



by bekokuma321 | 2019-07-16 00:32 | その他

速報「女性ゼロ議会をなくそう@杵築市」_c0166264_10181857.jpg


201975日、大分県杵築市公民館で、「増やそう女性議員、なくそう女性ゼロ議会」の集いがあった。


杵築市議会は「女性ゼロ議会」。議員18人は、全て男性である。4月の選挙には21人立候補したが、女性はひとりも出なかった。


元教員の上田健さんや、市民運動家の中山田さつきさん、商店を経営する賀来さんなどが、杵築市の実情を語った。


「杵築市の女性の多くは政治に関心がないようだ」

「人手が足りなく、商売が忙しくて、政治や選挙どころではない」

「杵築市の選挙で、女性は、2期連続して立候補もしていない」

「近くの中津市は、24人に28人が立候補して、女性議員は5人になった。杵築市でもと新聞投稿した。妻から『何もわかっていない、おへそが茶を沸かす』と言われた」

「杵築市に新しい図書館を実現する会、という会があって杵築市民の多くが参加した。その会は目的が達成されたので、解散したが、そういう市民の力はある」

「実は、この4月の統一選前に、女性候補者を擁立しようという動きはあった。しかし、諸般の事情で立候補に至らなかった」

「候補者は、やはり地域代表という慣行がある。自治会の代表もすべて男性。女性がなっているところは、男性が誰もいないため、やむなく、の結果だ(注)」

「城下町で、古い体質がある。女性が出ると叩かれる」

「でも、次の選挙ではかならず女性が出ると思う」


主催した全国フェミニスト議員連盟から参加したのは、池沢みちよ(千葉県船橋市議)、陣内泰子(前八王子市議)、小磯妙子(神奈川県茅ケ崎市議)、岡田ふさ子(名古屋、市民運動家)、三井マリ子(元都議)。なぜ女性議員が必要かや立候補した動機などを語った。


「全国フェミニスト議員連盟」は、女性議員を増やそうと活動する市民団体。7月5日の集いは、杵築市に隣接する国東市の藤原真由美さんがネットワークを駆使して支援した。藤原さんは、国東市職を退職後、農産物の加工や流通をする「ぐらんま」を通して、女性高齢者のいきがいづくりを進めてきた。国東市自身、女性議員はたった1人しかいない。


【注:杵築市の女性は、議員ゼロ、行政管理職29人中1人、自治会長172人中4人(2019年3月調査)】


速報「女性ゼロ議会をなくそう@杵築市」_c0166264_10403940.jpg

【写真:上は杵築市公民館での集い。下は城下町の香りが漂う杵築市の街並み】



「女性ゼロ議会」脱出めざして_2019地方選




by bekokuma321 | 2019-07-09 10:31 | その他

まだ残る「女性ゼロ議会」(統一選後の長野県)_c0166264_18435354.jpg


長野県では、20194月の統一地方選前、「女性ゼロ議会」が15町村、20%もあった(注)。それが、今回、13町村、16.9%に減った。

選挙があったのは6村。その半数にあたる3村(川上村、南牧村、下條村)が「女性ゼロ議会」を脱出した。しかし、いずれも女性の数は残念ながら1人。引き続き「女性ゼロ議会」に甘んじた3村では、女性がそもそも立候補しなかった。

一方、女性議員が1人いた阿南町は無念にも「女性ゼロ議会」に転落した。12人の定数に立候補した14人全て男性だったのである。

結果、長野県の女性ゼロ議会は、4町村に、統一選からずれている9町村を加えた、次の13町村:阿南町、南相木村、北相木村、下條村、長和町、平谷村、売木村、玉滝村、麻績村、生坂村、高山村、小川村、栄村。

というわけで、長野県77市町村のうち「女性ゼロ議会」は、13町村、16.9%。選挙前、20%だったことを考えると、進歩した。とはいえ、候補者を男女半々にしようという「候補者男女均等法」施行後、初の大型選挙だった。政党や政治団体は、女性候補探しに必死になるべきだった。罰則がない法など守らなくてもいい、と思ったのだろうか。

今回の選挙で、女性ゼロ議会に立候補した女性はすべて当選したことを考えると、女性が立候補したら当選した確率は極めて高かった。政党や政治団体に猛省を促したい。


【注】長野県の「女性ゼロ議会」15町村は、「平成30年4月1日現在 市町村議会における女性議員割合<長野県県民文化部人権・男女共同参画調べ>」。その後から2019年4月までにあった変化は反映されていない。
【円グラフ:元となった統計数字は、長野県議会の毛利栄子議員にお世話になったことを感謝をこめて記します】


女性県議数をノルウェーと比べてみたら

村議会史上初の女性議員誕生(長野県川上村)
「女性ゼロ議会」脱出めざして_2019地方選  
「女性ゼロ議会」のみよし市に女性議員を!

補者男女均等法は我々が望んでることではない(長野県自民党)























































by bekokuma321 | 2019-05-20 19:25 | その他

村議会史上初の女性議員誕生(長野県川上村)_c0166264_21424190.jpg

2019年統一地方選が終わった。

朝日新聞によると、後半戦も投票率は軒並み低く、「戦後最低」だった。うちわけは、市長選47.5%、市議選45.6%、町村長選65.2%、町村選59.7%。

立候補者は、市区町村あわせて13922人。そのうち女性候補は2257人と、16%にすぎなかった。選挙結果における女性の割合は、市議選当選者の18.4%、区議選では31%と報道されている。 町村議会における女性当選者の割合は、把握できなかった。

これまで現地調査した「女性ゼロ議会」のうち、埼玉県羽生市岐阜県関市の両市には、女性グループ中心の支援によって女性議員が誕生した(注)。女性の切実な声を公的施策に反映していく大きな一歩となることが期待される。

FEM-NEWSによる長野県内の結果を報告する。

長野県で女性の割合が多かったのは、大鹿村37.5%(8人中3人)、松本市35.5%(31人中11人)、諏訪市33%(15人中5人)。3議会とも「クリティカル・マス」30%を突破し、国連のかつての目標数値に達した。

しかし、残念ながら、南相木村、阿南町、泰阜村(やすおかむら)は、「女性ゼロ議会」を脱出できなかった。無投票当選の自治体はカウントしていないため、「女性ゼロ議会」はもっと増えるだろう。

一方、有史以来、一度も女性議員が出たことのない川上村に、20194月、村議会史上初の女性議員が誕生した。

その快挙をなしとげたのは、大西たま子さん(66)。長年、保育士として働いてきて、退職後も子育て支援センターに週2回ほど勤務してきた。子育て支援のプロである。

川上村は、レタスで成功した裕福な村として知られている。女性たちの起業もさかんだ。しかし、「マケ」と呼ばれる同族組織が、政界への女性進出を阻んでおり、議会は男の牙城だった。

マケは、ふだん、あまり存在感が強くなくても、選挙になると、「何世代前の親戚だから・・・と、候補者のところに呼ばれる」ことがあるという。普段、マケは主として冠婚葬祭だが、選挙では、ひとつのマケから出てなくても、2,3のマケが統合されて“拡大マケ”となり、その“拡大マケ”から出た候補者を応援するようになるのだという。

その「マケ」の推薦を経ずに当選した現職の男性議員(共産党)が後継者を探していた。大西さんは「(自分が)出なくてはいけないのではないか」と、決意した。すでに3月半ばだった。大西さんは、「27年前、村に移住してきたので、村の人たちとのつきあいは濃くなかった」。今でも、「葬儀には参加できるが、近所の祝い事があっても声がかからない」という。

大西さんは、「マケ」について選挙に出るまではさほど気にならなかった。だが、選挙中に「ああ、これが聞いていたマケの選挙なのか」と思ったことがあるという。たとえば、「あなたを応援したいけど、うちのほうから出ているので、票は入れられない」と言われたり、「うちの地区から知人が出ているので応援できなかった」と電話してきたり・・・。

選挙運動中、大西さんは、「女性も議会に必要だ」という声を耳にし、さらに、男性よりも女性の「手振りが多かった」と感じた。「私が出たことで、次に女性が出やすくなるとうれしい。保育士だった経験を生かして福祉のニーズをすいあげて行きたい」と、初当選の喜びを語った。 

村議会史上初の女性議員誕生(長野県川上村)_c0166264_21425553.jpg
 ▲男性だけだった川上村議会の歴史は終わった
(写真は「2017川上村要覧」より)



【注】岐阜県関市の女性グループは「関市に女性議員を願う市民の会」。全国フェミニスト議員連盟「ゼロ撲」(女性ゼロ議会をなくそうという運動体)が関市で開いた話し合いをきっかけに生まれた。2017年夏以降、関市市民・片桐妙子さんを中心に定期的に集まってきて、今年の統一地方選への女性立候補につなげた】

【20190501 更新】


by bekokuma321 | 2019-04-30 22:27 | その他

「女性ゼロ議会」脱出めざして_2019地方選_c0166264_12442999.jpg
    ▲オ―ル男性の愛知県みよし市


「女性ゼロ議会」についてマスメディアが調査報道している。今年こそ“女性ゼロ議会撲滅”は、そう甘くないことがわかる。


共同通信配信記事によると、
定員20の愛知県みよし市と、定員14の大分県津久見市は、「無投票で『女性ゼロ議会』が決まった」。


愛知県みよし市

愛知県みよし市は人口約6万人。裕福な市だ。県議選はむろん、市議会議員の候補にすら誰も女性を出せなかった。みよし市内の公営掲示板には、20人すべて男性の顔、顔、顔。これでは、「政治は男のもの」と宣伝しているようなものだ。子どもの教育に絶対よくない(写真上、水谷いくえ元議員提供)。


そもそも愛知県は、統一地方選前半の県議選で、女性県議8人から3人減の5人になってしまった。女性減員数で日本一である。女性3人減のうち、2人は共産党の現職だった。

中日新聞報道によると、「女性を議会に!ネットワーク」という市民団体が女性候補擁立の運動をしてきた。決意寸前まで行った女性もいたが、夫など家族の反対や、家事育児の心配などから立候補にまでいたらなかった。


一方、「女性ゼロ議会」脱出をめざす女性たちの動きも伝えられてくる。


長野県川上村

「女性ゼロ議会」を更新してきた長野県川上村には、朝日新聞によると、大西たまこさんが立候補した。


昨夏、90年代から「女性ゼロ議会」をなくそうと運動してきた全国フェミニスト議員連盟は、川上村を訪問。そこで「マケ」という集まりに代表される女性排除のしきたりを知らされた。しかし、共産党は「マケ」を飛び越えて候補を出してきており、その男性議員の後継者として大西たまこさんの立候補となった。川上村に住む女性Aさんは女性候補誕生に喜び、FEM-NEWSにこう話した。


「保育園の保母さんでした。うちの子どももお世話になりました。信頼のおける女性です。私もそうですが、村の人たちは共産党かどうかなど気にしていないようです」


岐阜県関市

岐阜県関市も「女性ゼロ議会」だ。そこに今回、武藤のりこさん(55)が無所属で立候補した。

2017
年、全国フェミニスト議員連盟など市民団体は、関市内で女性議員を増やそうという集いを持った。それに参加した片桐妙子さんを中心に「関市に女性議員を願う市民の会」が立ちあがった。以来、定期的に話し合いを持ってきた。今年になって、「ハ―ベストカフェ」を経営する武藤さんの日々の活動を耳にした片桐さんが、即、飛んでいき、武藤候補擁立へと女性の輪を広げていった。

関市のポスター掲示板には29人の顔が並ぶ。上段、右から4番目が唯一の女性、武藤候補。29人中1人は割合にしてわずか3%。男性のなかに埋もれてしまいそうだ(写真下方の上。片桐妙子提供)。



福岡県直方市

福岡県直方市も現在「女性ゼロ議会」だ。今回、公明党、共産党、無所属から3人の女性が立候補し、女性ゼロ議会脱出への道筋ができた。公営掲示板には23人中、3人の女性の顔が見える(写真下方の中央。藤田智子提供)。超党派で女性議員増をと願うポスターを自主的に作成して掲示した女性も現れた(写真下方の最下、「男女平等推進パリテの会@直方」提供)。女性ゼロから、一気に女性3人をめざす。


群馬県富岡市

最後に群馬県。一昨年4月、全国フェミニスト議員連盟などが「なくせ女性ゼロ議会 増やせ女性議員@群馬」を開催した。その群馬の「女性ゼロ議会」のひとつが富岡市だった。

富岡の製糸工場は明治の殖産興業政策のシンボル。日本の経済を支えたのは女性たちだった。その富岡市が「女性ゼロ議会」とは。なんとか女性候補をと富岡市の女性たちも運動を重ねた。

その富岡市でも、今回、
福祉施設施設長の三ツ木真由美さんが立候補した。

「女性ゼロ議会」脱出めざして_2019地方選_c0166264_13344961.jpg
     ▲紅一点の岐阜県関市

 
「女性ゼロ議会」脱出めざして_2019地方選_c0166264_19473885.jpg
    ▲女性ゼロから女性3人をめざす福岡県直方市


「女性ゼロ議会」脱出めざして_2019地方選_c0166264_20071859.jpg
   ▲「候補者男女均等法」を祝うポスターが貼られた直方市内


「女性ゼロ議会」のみよし市に女性議員を!

女性議員の割合@愛知県 

【更新 2019.04.20 21:00】



by bekokuma321 | 2019-04-20 14:03 | その他

今日は国際女性デー(2019.3.8)_c0166264_08364747.jpg


今日、38日は国際女性デー。女性が女性であることを喜びあい、女性差別の撤廃を誓い合う日。世界中でデモが行われる。


私の1枚は上の「怒!女性ゼロ議会」。日本の339議会は、今も男性議員だけ。全自治体の5つに1つが「女性ゼロ議会」だ。怒らずにいられない。この怒りをデザインしたのはMitsuart


東京では、午後6時、国連大学前(渋谷駅から歩いて10分)からスタートする。


今日は国際女性デー(2019.3.8)_c0166264_09453603.jpg




by bekokuma321 | 2019-03-08 09:08 | その他

麻生太郎と「女性ゼロ議会」_c0166264_20240137.jpg

麻生太郎と「女性ゼロ議会」_c0166264_20202609.jpg

麻生太郎と「女性ゼロ議会」_c0166264_20221112.jpg


我が家の今夜の夕食は、ほっけの干物の焼き物。焼きながら、麻生太郎が首相だったとき言ったという「ほっけの煮つけ」思い出した。


先月、その麻生太郎の選挙区、飯塚市と直方市に行った。麻生太郎の顔がそこここにあった。


直方市の交差点には、彼を頂点にして、現職政治家のポスターが並んでいた。なるほど、麻生太郎のようなゴリアテも、選挙区ではこうしてポスター張りをしているんだな、と感慨深かった。


飯塚市には、麻生商事の営むガソリンスタンドがいくつもあり、その看板に、自民党政党支部代表・麻生太郎のポスターが張られていた。市内芳雄町には、巨大な病院があった。遠くからも「麻生 飯塚病院」という表示が見えた。


「麻生 飯塚病院」は、100年の歴史を持ち、医師311人、看護師1038人をかかえ、一日2000人近い患者が訪れるという。病院は株式会社麻生が建てたもので、「麻生グループ」のひとつだ。麻生グループは、病院、介護福祉、学校、セメント会社、スーパーマーケットなど90社を傘下におさめる。


昨年、財務省福田事務次官のセクハラが明らかにされたとき、麻生大臣が放った侮蔑発言に私はのけぞった。だけど、彼の差別暴言は今に始まったことではない。何年も前から何度も繰り返されてきた。どうしてこれほど人をばかにし続ける一男性が衆議院選挙に13回も当選できるのか、不思議だった。


今回、選挙区に行って、彼の当選する"秘訣”をかいま見た。吉田茂を祖父に持つ世襲議員であり、「麻生城下町」の殿様なのだ。小選挙区制である限り彼の落選などありえないだろう。「次は息子が跡を継ぐらしい」と住民の一人が私に言った。日本の選挙は、家業を継ぐためにあるんだな、とふつふつと怒りがわいてきた。


麻生太郎の選挙区、飯塚市も直方市も、「女性ゼロ議会」である。これは決して偶然ではない。それを示すために、Moreに彼のこれまでの差別発言をまとめた。









More
by bekokuma321 | 2019-03-01 20:45 | その他

朝日デジタル2018.11.18に「女性ゼロ議会」の最新数字が出ていた。その記事を消えないうちに貼りつけておく。


◆全国の地方議会、「女性議員ゼロ」が約2割 青森は5割」◆


「1788ある全国の地方議会のうち、約2割にあたる349の市町村議会は女性議員が1人もいないゼロ議会だ。全議会の男女別議員数(2017年12月31日現在)に関する総務省のデータをもとに、朝日新聞が集計した。


前回の統一地方選(15年)を前に、朝日新聞が全議会から回答を得たアンケートでは、ゼロ議会は37921.2%)あり、女性議員の割合は11.7%だった(15年1月1日現在)。その後の3年間でゼロ議会は30減り、全体の19.5%に。女性議員の割合も12.9%に微増したが、依然として女性議員は少数にとどまっている。


ゼロ議会の割合が最も高く(48.8%)、女性議員の割合が最も低い(6.6%)のは青森県。ゼロ議会が一つもなかったのは大阪府だけだが、府内の44議会のうち6議会では女性議員が1人しかいない。都道府県議会でもゼロ議会はないが、山梨、香川、佐賀の3県では女性議員たった1人である。


女性議員の割合を都道府県別にみると、18県で1割に満たず、2割を超えたのは東京都神奈川県だけ。最も高い東京都でも26.9%だ。男女がほぼ半数ずつの人口比とは隔たりが大きい。


5月に施行された「候補者男女均等法」は、国と地方の議会選挙で男女の候補者数をできる限り均等にするよう、政党に努力を求めている。来春の統一地方選で、女性議員の割合やゼロ議会の数がどう変わるか、注目される。」


日本の5自治体に1つは「女性ゼロ議会」_c0166264_16025650.jpg

  埼玉県羽生市を昨年訪ねた。5万5千人が住むが、男性ばかりの「女性ゼロ議会」。ここで保育や教育を含め暮らしにまつわる政策が決まる。


by bekokuma321 | 2018-12-29 15:43 | その他

氷見市に女性議員が誕生した。

これまで氷見市は男性議員のみの「女性ゼロ議会」。富山県内で女性議員がいない市は、この氷見市だけだった。
1028日に行われた選挙で、女性3人が立候補して、うち2人が当選した。

氷見市は、議員定数17人。今回20人が立候補した(現職13人、元職1人、新人6人)。当選したのは、現職・元職14人(全員当選)と新人3人。当選した新人3人のうち2人を女性が占めたことになる。


新人ながらトップ当選した屋敷夕貴さんは、無所属。学童保育支援員。氷見市の行政改革推進市民懇話会メンバー。婦人会会長として、お正月に手作りおせちなどをお年寄り宅に宅配する活動にとりくんできた、と報道されている。


もう一人の女性は穴倉陽子さんで、共産党。高岡市内のいくつかの小学校に勤務し、教職員組合執行部で活躍してきた。


「候補者男女均等法」成立後、政党がどれだけ女性候補を増やすか、注目されていた。しかし地方議会の場合は無所属が多く、はっきりしない。氷見市も、政党が、どれだけ法律順守に努力したか、どれだけ女性候補を増やそうとしたか、などは不明だ。


読売新聞(522日、下の写真)によると、自民党の富山県連は「各支部の意向があり、県連が勝手に性別だけで決めることはできない」などと逃げていた。


「安政の大一揆」から「越中の女一揆」へ


富山県氷見市「女性ゼロ議会」脱出_c0166264_17512033.jpg


by bekokuma321 | 2018-10-29 18:00 | その他

女性議員の割合@福岡県

福岡県に女性議員はどのくらいいるのか。

福岡県大野城市の松崎ゆり子議員が送ってくれた情報によれば、県内の全市町村の平均は12%だ。最も女性議員の多い志免町でも14人中4人、28.57%と、30%に満たない。

男性議員しかいない「女性ゼロ議会」は、嘉麻市、篠原町、久山町、芦屋町、鞍手町、東條村、大任町、赤村、上手町の9つ。中でも嘉麻市は、人口37000人、議員数18人。立派な議会の会議場に座る市民代表がオール・メンには、何か異様な感じさえする。

女性議員の割合@福岡県_c0166264_20443482.jpg
      ▲福岡県男女共同参画センター「あすぱる定期便」 2017年9/10月号

女性議員の割合@福岡県_c0166264_21563226.jpg
    ▲福岡県嘉麻市議会はオール・メン。市ではただひとつの「女性ゼロ議会」(写真は同市HP)

 
 福岡県の男女共同参画センター「あすぱる」がまとめた県内の女性議員数をお送りします(上図)。

 福岡県では「女性ゼロ議会」が9つ、1人しかいない「紅一点議会」は20もあります。女性議員が1ないしゼロの議会は、全60自治体中29、すなわち約半分に上ります。

 私は、6月議会で「候補者男女均等法」について質問しました。候補者は男女50-50が目標であることにこだわりました。啓発や人材育成に市が力入れてくれるのではないか、と期待しています。

 福岡県内では、女性議員を増やそうという草の根の動きもいくつかあります。I(あい)女性会議」では昨年は「みずほ塾」、今年はバックアップスクールが開催され、新人女性2名が挑戦予定です。
 個人的にも、来年福岡県の女性議員20%を目標に、うごめいています。

 体調に気を付けて頑張りましょう。

 ――松崎ゆり子@福岡県大野城市





「女子力は政治力!」@北九州市ム―ブ 

直方市の女性たち

女性ゼロ議会の直方市訪問




by bekokuma321 | 2018-08-23 22:01 | その他