ノルウェー政府が、父親を差別しているとして、国際機関から提訴されるもようだ。

ノルウェー王国大使館のトム・クナップスクーグ参事官から、ノルウェーの保育サービスの充実ぶりを聞いたばかりだ。

ノルウェーの育休は、給与100%で49週間、80%で59週間。このうち、母親、父親にそれぞれ10週が強制的に割り当てられる。それ以外は両親のどちらがとってもOKだ。ほかに希望する1~5歳の子の保育園は100%確保されていて、現在1~5歳の90%以上が保育園に通園している、という。

いったい、ノルウェー法制度の何が問題となのか。

報道によると、欧州裁判所は、ノルウェーの父親の親休暇権は母親と同一ではない、と結論づけた。

理由は、父親が育児休業を取得するには、子どもの母親が雇用されているか学生であるかという条件が必要だ。しかし、母親の育児休暇にはこうした条件は適用されない。欧州自由貿易協会 (EFTA)は、ノルウェーの育休法制度は欧州の男女平等指令に違反している、と言っているのだ。

この問題は、2015年以来、欧州裁判所で扱われ、ノルウェーの父親から「差別だ」との証言が何件か提供されたという。2016年からは、和解の場も設けられたものの、合意には至らなかった模様だ。

対するノルウェー政府は、ノルウェーの父親休暇の規則は欧州の男女平等指令を侵害しないと譲らない。家族問題や男女平等政策を推進する「ノルウェー子ども平等省」は、父親が育児休業をとっている間、女親がより多く働き続けるようにという趣旨の規定であり、ひいては職場における男女平等を促進することになる、と主張している。

hESA tar Norge til EFTA-domstolen for diskriminering av fedre
Agency takes Norway to European court for discrimination against fathers


c0166264_1212872.jpg
    ▲産まれたばかりの赤ちゃんのおむつを変えるパパ(オスロ)

c0166264_12124279.jpg
    ▲ベビーカーを自転車の後ろにつないで、サイクリングするパパ(オスロ)

c0166264_1213017.jpg
    ▲イチゴを口の中で小さくほぐしてから子どもにあげるパパ(ヘードマルク)
[PR]
by bekokuma321 | 2018-05-08 23:13 | ノルウェー

c0166264_22101493.jpg 2017年11月9日「グレーテ・ベルゲがたったいま亡くなった」というメールがノルウェーの友人から届いた。

ジャーナリストのグレーテがブルントラント首相付きの広報担当官に抜擢されたのは1988年。数年後、ノルウェーの子ども・家族大臣にと、首相から懇願された。小さな子どもを持つ、現役ママ大臣の登場だった。私は夢中で取材して『ママは大臣パパ育児』(明石書店)を書きあげた。

今では日本でも耳にするようになった「パパ・クオータ」は、グレーテが音頭とりをして進められた。「パパ・クオータ」とは父親も育児休業をとるように誘導する公的政策だ。

またジャーナリストだったグレーテは、新鮮な言葉をいろいろ駆使して、意識改革にも力を入れた。

右のポスターは、彼女が男女平等大臣だった90年代後半のもの。子ども・家族省と男女平等オンブッドと男女平等審議会の3機関が手を携えて作成した。

ポスターを見ていると、今でこそ世界トップクラスの男女平等国ノルウェーだが、そこにたどりつくまでには国をあげて”女性運動”に頑張っていたのだなあ、とわかる。

ド派手な黄色のシャツにジャラジャラ・アクセサリーをつけた厚化粧の金髪女性が「私はフェミニストなんかじゃないッ」と叫ぶ。

ところが彼女は次に「でも、なぜ?」とつぶやく。「でも、なぜ昼休みの電話番はいつも女なの?」(1行目のノルウェー語の訳)

2行目からのノルウェー語は「叫ぶ芸術 ポスターで見る世界の女たち」をどうぞ。
[PR]
by bekokuma321 | 2017-12-13 22:43 | ノルウェー

ノルウェーの親友から「グレーテ・ベルゲがたった今、亡くなった」というメールが届いた。

グレーテ・ベルゲは、1991年、ブルントラント首相から懇願されてノルウェーの子ども・家族大臣に就任した。のちに世界の模範となったノルウェーの男女平等政策の多くは、彼女が陣頭指揮をとって進めたと言える。

c0166264_1944018.jpg

グレーテは乳がんだった。いったん治って職場に復帰したが、またがんが彼女に襲いかかったと聞いていた。再発の知らせが、こんなにも早く死の知らせに変わってしまうとは。63歳だった。遺された夫ペール・リッツラー(ジャーナリスト)と、2人の娘アンネとオッダに心からお悔やみを申し上げる。

グレーテ・ベルゲは、大臣就任以来、矢継ぎ早に家族政策の変革を打ち出した。まず、労働者の休暇などを定めた「労働環境法」を改正して、育休の日数を延長した。給与の8割が補償される育休が、1992年には44週に、93年には52週に延長された。無給なら3年間となった。1970年代はわずか18週だったことを知ると革命的進歩である。

さらに、日本で今ようやく政策のテーブルに載るようになった保育園の増設にも力をこめた。保育園に入りたい子がだれでもはいれるように、ノルウェー全土に6万か所の保育園建設を進めた。

でも、これは序の口だった。今では日本でさえ話題になる「パパ・クオータ」を世界に先駆けて法制化したのも彼女が大臣の時だ。1993年のことだった。

「パパ・クオータ」は、pappapermisjon を私が意訳して紹介したのだが、父親の育休取得率を上げるため、育休を父親のみに1か月割り当てるものだ。父親が会社の都合でとれないからといって母親に代われない。つまり「パパ専用」だ。パパがとれなかったら、その分の育休は無効になるばかりか休業補償もなくなる。グレーテ・ベルゲ大臣は、これを「愛の強制」と呼んでいた。男性が育児休業をとって家事育児の主たる担い手になることによって、男性が子育ての大切さに理解を示すようになる。これこそ究極の愛だと。

その結果は? 1994年まではパパの4%しか育休をとってなかったが、1998年には80%がとるように劇的変化をとげた。そして出生率が1.7から2.0近くにまで回復した。

ところが、第2子誕生が間近になった1993年暮れのこと、「グレーテはすぐ大臣をやめるべきだ」という声があがった。育休が保証されている国だとはいえ、現職の大臣がそれを実行できるかは大問題だった。夫妻は毎晩のように話し合って悩んだ末に、「1月から3月の3か月は母親が、その後9か月は父親がとろう」と決めた。

NRK(日本のNHK)のニュース報道ジャーナリストである夫・リッツラーが、9か月の育休をとったのである。そんな育休中の彼に私は取材を申し込んで、男性の育児・家事の必要性を聞くことができた。一部は「ジャーナリストの育休9か月」(毎日新聞社『男を消せ!ーーノルウェーを変えた女のクーデター』p48~p65)にまとめられている。

ペールのような男性が増え、現在ノルウェーは、男性の家事時間は世界で最も長く母親が世界で最も幸せな社会となった。

とはいえ、政権が変わり、現政権の子ども家族大臣は、「クオータ制反対です」と公言する進歩党(極右と言われている)出身のソルベーグ・ホルネだ。パパ・クオータも14週まで伸びることが予定されていたが、10週に戻された。2014年、グレーテ・ベルゲは、この政策変更をこう厳しく批判した。

「パパ・クオータが4週間減る、というだけの問題ではないのです。育児休業の根底が崩れようとしているのです。20年間、苦闘しつつ作り上げてきた政策であり、男女平等への道すじをつくる最強のツール、それがパパ・クオータなのです。この国の精神がゆらごうとしています。男女平等へのバックラッシュといえます。とても残念です」

しかし、グレーテ・ベルゲよ、あなたの掲げた炎は、世界中の多くのランナーに手渡されている。その証拠に最も近くであなたの男女平等政策を実践したペール・リッツラーはこう言っている(『男を消せ!』p65)。

「20世紀の家族革命は、19世紀の産業革命に匹敵するものです。21世紀には、男の領分が女に侵される恐怖感とか、罪の意識に悩む女とか、育休をとった僕がスポットライトを浴びるとかーーこういったことをあなたと話したことも笑い話になる日がくるはずですよ。きっとね!」

c0166264_1562493.jpg

【写真上:2011年、オスロの平等・反差別オンブッド事務所で執務中のグレーテ・ベルゲ元大臣。 下:1995年、グレーテ・ベルゲとペール・リッツラー宅の朝食テーブル。現職大臣グレーテ・ベルゲの朝食も子ども2人の世話もすべて夫だった。玄関にかかっていた表札は夫婦別姓、子ども家族省への通勤は大臣でも黒塗りの車ではなく公共の乗り物だった…】

世界一幸福な国ノルウェーの女性たち
World Happiness Report 2017
ノルウェーのワーキング・マザー
「ノルウェーが幸運なのはノルウェー女性がいるからだ」―首相
シングル・マザー、107倍の難関に合格
民主主義コンテスト 世界1はノルウェー、日本は20位
世界で母親がもっともハッピーな国ノルウェー
パパ・クオータ、7月1日から14週間に
父の日に
女性が働きやすい国、日本はブービー賞
ノルウェー、父親の育休14週間に
パパにもっと時間ができた!
ほらね、パパ・クオータはうまくいった!
■グレーテ・ベルゲ大臣やその男女平等政策について関心のある方は、以下をどうぞ。
「ママは大臣、パパ育児休業」(明石書店、1995『ママは大臣パパ育児』p232~246)、「ジャーナリストの育休九か月」(毎日新聞社、1999『男を消せ!--ノルウェーを変えた女のクーデター』p48~p64)
[PR]
by bekokuma321 | 2017-11-10 02:08 | ノルウェー

ノルウェーのキリスト教民主党党首が男性から女性にかわった。

理由は、党首が育児のため父親休業(パパ・クオータ)にはいったからだというから、これまたノルウェーらしい。

ノルウェーは、今回の人事変更で、主要8政党のうち5政党の党首が女性となった。主要政党とは、国会に議席を有する政党。地方議会もいれるとゆうに20は超える。

5政党とは、保守党、進歩党、自由党、緑の党、キリスト教民主党。残る3政党は、労働党、左派社会党、中央党だが、この3党は、すでに何度か女性を党首に冠したことがある。

ついでながらノルウェーは、現在、首相、経団連会長、労働者連合代表、最高裁長官という、政・財・労・法の世界のトップが全て女性である。

5 out of 8 Parties in Norway are Led by Women Now
Eriksen tar over KrF mens Hareide tar pappaperm
Hyller KrF-Hareide for åpenheten
連立の3政党党首全て女性
「ノルウェーが幸運なのはノルウェー女性がいるからだ」―首相

c0166264_22492425.jpg
▲2009年の主要政党党首。当時すでに7政党中4政党が女性。
[PR]
by bekokuma321 | 2016-04-06 22:59 | ノルウェー

なんて素敵なパパたち!

北欧から、480日間のパパ・クオータをとっている男性とその子どもたちの写真が届いた。題して「1年半の育児休暇をとっているパパたちの様子」 

こちら⇒This Is What It Looks Like When Men Are Allowed To Take 480 Days Of Paternity Leave

撮影者は、写真家 Johan Bävman。男性に育児休暇を奨励している世界の国々での子育てパパをドキュメントしているらしい。

子どもたちへの授乳、おしっこ、入浴、遊び・・・に苦闘して、苦笑して、安堵するパパたち。その真剣な顔、顔、顔が、なんともほほえましい。そしてとってもクール! 


ちなみに下は、私がノルウェー滞在中に撮影したパパ・クオータ中のパパと子どもたち。

c0166264_1212872.jpg
 ▲結婚パーティに参加中。産まれたばかりの赤ちゃんを抱っこしてそっとトイレに移動しておむつを変えるパパ

c0166264_1213017.jpg
 ▲朝食時。イチゴを1個ずつ口の中でグチャグチャにほぐしてから子どもの口に入れてあげるパパ

父の日に
女性が働きやすい国、日本はブービー賞
ノルウェー、父親の育休14週間に
パパにもっと時間ができた!
ほらね、パパ・クオータはうまくいった!
[PR]
by bekokuma321 | 2015-03-28 20:10 | 北欧

パパ・クオータが減る

ノルウェーの育児休業がゆらいでいる。

現在、ノルウェーは、子どもを出産したら、100%有給で46週間(または80%で56週間)の育児休業をとることができる。これとは別に12歳以下の子どもが病気になったら、100%有給で病気休暇をとれる。

46週間の育児休業のうち、14週間は父親だけしかとれない。パパは100%給料をもらって子育てにまい進できるのだ。つまり、パパにだけ割り当てられているため「パパ・クオータ」と呼ばれている。クオータは、英語quotaのことで、割り当てと言う意味だ(ノルウェー語はfedrekvote)。

c0166264_14513916.jpgところが、保守政権に交替したとたん、この寛大な休業政策にメスがはいることになった。

現男女平等大臣は、進歩党のソルベーグ・ホルネ(45歳)だ。彼女は、就任早々「私はクオータ制に反対です」と公言した。

最近、「14週間のパパ・クオータを10週間にします。父親がとれない場合、母親がかわってとれるようにします」と発表した。

「それぞれの家庭の選択にまかせたい」と。パッと目には柔軟になるようだが、働く女性たちには異議が多い。

「パパ・クオータ」は、1993年、世界にさきがけて、ノルウェーが法制化した。最初は4週間だった。

当時の男女平等大臣グレーテ・ベルゲは、これを「男性への愛の鞭です」と言った。男性が育児休業をとって家事育児の主たる担い手になることによって、男性が子育ての大切さに理解を示すようになる。これこそ究極の愛だと。

ノルウェーは、男女平等社会をめざし、あらゆる職場への女性の進出を、進めてきた。同時に、家事育児への男性参加を、パパ・クオータによって促してきた。成果が少しずつあがった。そして、現在、ノルウェーの男性の家事時間は世界で最も長く、女性が世界で最も働きやすい社会となった。

現在、平等・反差別オンブッド事務所で働く元男女平等大臣のグレーテ・ベルゲ(写真下)は、この政策変更をただちに厳しく批判している。

「パパ・クオータが4週間減る、というだけの問題ではないのです。育児休業の根底が崩れようとしているのです。20年間、苦闘しつつ作り上げてきた政策であり、男女平等への道すじをつくる最強のツールが、パパ・クオータなのです。この国の精神がゆらごうとしています。男女平等へのバックラッシュといえます。とても残念です」

c0166264_1944018.jpg


Nå skal mor få overta fars permisjon
世界で最も家事をしない男性は日本人
女性が働きやすい国、日本はブービー賞
男女平等大臣、クオータ制反対を公言
パパ・クオータ、7月1日から14週間に
ノルウェー、父親の育休14週間に
ノルウェー女性運動、バックラッシュに勝つ
Gender in Norway National Legislation
[PR]
by bekokuma321 | 2014-06-27 19:50 | ノルウェー

ノルウェーのどこを歩いても、父子の姿が飛び込んでくる。小さな子どもをあやしたり、おむつを替えたり、食事をさせたり・・・。

ノルウェーのパパには、有給で仕事を休んで、家で子どものめんどうを見る権利がある。パパ・クオータだ。それが、12週間から14週間へ延長される。1年ほど前に決まっていたが、今夏から、ついに実行される。

今年の7月1日から父親になる男性は、これまでより2週間も多い14週間、家にいて育児をする権利がある。7月1日以降にパパとなる男性の多くは、すでに休暇を申請しているという。6月30日が予定日のパパは、残念ながら12週間だ。

日本の場合、父親どころか、母親であっても育児休暇がとれず、泣く泣く職場を去る女性が多い。実際、第1子を出産後、働く女性の7割が退職する国だ。

一方、ノルウェーは、男女平等の徹底をめざし、あらゆる職場への女性の進出を進めてきた。それと同時に、家事育児への男性参加を、パパクオータの徹底によって促してきた。

だから、子どもを育てながら、女性は男性同様、働ける。先週、ノルウェーの友人の娘に、5人目の赤ちゃんが生まれた。5人の母は、フルタイムの仕事を辞める気など、さらさらない。

パパ・クオータは、男性の育児休暇制度のことで、職を有給で免除される。ノルウェー語では、パパ・パミッション(父親の免除)という。実子だけでなく、養子を育てる場合も、同じように与えられる。かくして、世界でもっともママが幸せな国はノルウェーとなる。

下は、世界でもっともママが幸せな国ノルウェーで出会ったパパたち(撮影筆者)

c0166264_1212872.jpg
 産まれたばかりの赤ちゃんのおむつを変えるパパ

c0166264_12124279.jpg
ベビーカーを自転車の後ろにつないで、サイクリングするパパ

c0166264_1213017.jpg
イチゴを口の中で小さくほぐしてから子どもにあげるパパ

◆Fedre får to uker ekstra pappaperm
http://www.nrk.no/helse-forbruk-og-livsstil/1.11010402
◆Sliter mest med å få pappaperm
http://www.nrk.no/nyheter/distrikt/sorlandet/1.8406515
◆ママが世界一幸せな国はノルウェー
http://frihet.exblog.jp/17937821/
◆ノルウェー家族政策の礎を築いたカリン・ストルテンベルグ
http://frihet.exblog.jp/19135840/
◆ノルウェー、父親の育休14週間に
http://frihet.exblog.jp/18546716/
[PR]
by bekokuma321 | 2013-05-07 12:42 | ノルウェー

c0166264_23584772.jpgノルウェー連立政権は、パパの育児休暇(いわゆるパパ・クオータ)を14週に延長することを決定した。

今週、月曜日に公開された政府の次年度予算案に計上された。

パパ・クオータは、パパが育児休業をとらなければ、無効になる。ママが代わってとることはできない、というしくみだ。現在、両親に与えられる育児休暇のうち、パパ・クオータは12週間。今後、2週増えることになる。

これによって、親たちは、育児休暇を100%有給で49週間か、80%有給で59週間かのどちらかを選択できる。

このパパ・クォータが、ノルウェーで制度化されたのは20年ほど前の1993年。

ねらいは、男女ともに、子どもの親となった後も、仕事と家庭を両立できるようにすることだ。こうした長い育児休業と、充実した保育園のおかげで、ノルウェーの働く女性数は、ヨーロッパ各国の中で最も多い。それだけではない。出生率も1.9まであがった。

男性の育児休業を熱心にすすめてきたのは、労働党に加え、連立の一翼を担う左派社会党だ。左派社会党の新党首はアウドゥン・リースバッケン。日本にもファンの多いクリスティン・ハルヴォルシェン(女性)から代わった。

リースバッケンの妻は、前夫との間に連れ子のいる女性。彼は、子ども平等社会大臣就任中に、彼女との間に生まれた子どもを育てるため、4ヶ月間、育児休暇をとって世間をびっくりさせた。

育児休業をすべての働く人がとれるようにするには、もちろん財源がいる。しかし、子どもにとって最高の環境と、両親ともに(とくに女性)キャリアを続けられる環境、それに少子高齢化社会の改善につながるのだから、「なんのこれしき」だろう。

c0166264_22514338.jpg


◆SV vil gi far flere uker med pappaperm
http://www.vg.no/nyheter/innenriks/norsk-politikk/artikkel.php?artid=10046777

■ママが世界一幸せな国はノルウェー
http://frihet.exblog.jp/17937821/
■男性のおむつ替え
http://frihet.exblog.jp/17797386/
■パパにもっと時間ができた!
http://frihet.exblog.jp/16443970/

【写真上:リースバッケン著『自由、平等、そしてパパ』。大臣就任中に育児休業をとった彼が育児体験を書いた本。写真下:2012年夏のナイスショット。オスロの友人夫妻はパパがもっぱら育児。トイレの中でおむつをかえるパパ】
[PR]
by bekokuma321 | 2012-10-10 09:38 | ノルウェー

c0166264_23584772.jpgノルウェーの子ども・平等・社会相が本を出した。『自由、平等、そしてパパ』(仮訳)。

彼の名は、アウドゥン・リースバッケン。男女平等をすすめる国の男女平等の旗振り役だ。左派社会党のエースでもある。4か月間、育児休業をとって子育てに専念した自らの経験をもとに書いた。

フルタイムの親業体験をもとに、彼は「女性の賃金や地位の向上をすすめる男女平等政策は、男性がもっと子どもや人の世話にかかわる政策と車の両輪である」と確信したという(ノルウェー紙)。

本のタイトルは、『自由、平等、兄弟愛 Liberté, égalité, fraternité』というフランス革命のスローガンを、もじったものだ。兄弟愛 fraternitéが、父親らしさfarskapに言い換えられている。

さらに彼は、来年から育児休業を男女に共通に12週間ずつとし、残りの20週間は2人で分ける法案を出すという。「パパ・ママ・クオータ」とひとまず訳してみよう。「男女平等は三位一体で」と語っている。

ノルウェーは、今夏、パパ・クオータを12週間に延長し、国内外を驚かせたが、今度の「パパ・ママ・クオータ」も仰天ものだ。反論も多い。しかし、ひとりでも多くの人が社会と家庭で平等にすごせるようにと、改革のたずなをゆるめない姿勢に頭が下がる。

アウドゥン・リースバッケンのサンボーはSiv Mjaaland 。シ―ヴは前夫(前サンボー)との間に息子レオン君(10歳)がおり、リースバッケンは娘オーロラが生まれる前に父親(義父)であったという。

■Mer likestilling med tredeling
http://sv.no/Forside/Siste-nytt/Nyhetsarkiv/Mer-likestilling-med-tredeling
■Slik blir den nye foreldrepermisjonen
http://www.dagbladet.no/2011/10/25/nyheter/audun_lysbakken/politikk/innenriks/likestilling/18750746/
■Lysbakken har gjort et mageplask
http://www.nrk.no/nyheter/norge/1.7400059
■Blir pappa i juni
http://www.ba.no/nyheter/article4779039.ece

■パパにもっと時間ができた!
http://frihet.exblog.jp/16443970/
■ノルウェー:パパ・クオータ12週間に
http://frihet.exblog.jp/15236278/
■ほらね、パパ・クオータはうまくいった!
http://frihet.exblog.jp/13531113/
[PR]
by bekokuma321 | 2011-10-28 23:59 | ノルウェー

c0166264_0542597.jpgノルウェーの育児休業が延長され、パパ・クオータは12週になった。

ノルウェー国会は、両親の育児休業期間を1週間延長することと、父親の育児休業の割り当て期間を現行の10週間から12週間に延長する事を可決した。 2011年7月1日以降に出生した子どもあるいは養子とした子どもの親が対象。

育児休業は、給与の100%が給付されて46週間だったが、47週間に伸びた。給与80%の場合は、56週間から57週間に伸びた。パパ・クオータ、すなわち父親の育児休業は10週間から12週間に伸びた。

アウドゥン・リースバッケン子ども・平等・社会大臣は(写真)、所属する左派社会党のメールニュースで、5月30日、次のように述べる。

「今週は、ノルウェーの父親と男女平等にとって歴史的な週となりました。赤緑連合が、2005年に政権をとったとき、パパ・クオータは5週間でした。つまり、7年間で6週伸ばしたことになります。

それだけではありません。パパ・クオータの期間より長く休暇をとる父親の数が非常に増えているのです。

歴史的にみると、1993年、すなわちパパ・クオータが導入される前は、わずか900人の父親しか育児休業をとってませんでした。それが、昨年は、45000人のパパが子どもと家ですごしています。

ノルウェーの男性は、ケアをすることを真剣にとらえ、女性も雇用主も、家で子どもとすごす機会を父親に与えることにポジティブである、とわかります。

しかし、父親休業に理解のない雇用主は、まだいます。ですから、まだまだパパ・クオータは必要なのです。クオータがあれば、男性社員は、父親休業をとりたいとき、上司の部屋で帽子を手に立ちつくさなくて済むからです」

大臣自身も父親の育児休業を取得し、最近政務に復帰した。

男女平等をつかさどる責任者は、自ら男女平等施策を実行することで、その言葉の説得力が増す。日本の男女平等大臣は与謝野馨だ。彼は、家庭でゴミを捨てているだろうか、料理や洗濯はどうだろう。

■Mer tid til pappa!
http://sv.no/Forside/Siste-nytt/Nyhetsarkiv/Mer-tid-til-pappa
[PR]
by bekokuma321 | 2011-06-09 00:57 | ノルウェー