人気ブログランキング |

タグ:ノルウェー ( 664 ) タグの人気記事

c0166264_17275179.jpg

■2割の支持で5割の議員

7月23日の東京新聞によると、自民党は、参院の選挙区で「絶対得票率」(注)の2割以下しか支持されてない。それなのに、選挙区の自民党議席は5割を超えた。

投票率が低かったこともあるが、小選挙区制だからだ。こんなにも民意を反映しない結果を出す選挙制度に怒りを覚える。あらためて、「小選挙区制は非常に悪い制度である」(石川真澄)。

■重いハンディキャッパー2人当選

そんな中でうれしかったのは、比例区でれいわ新選組の候補2人が当選したことだ。「これぞ比例代表制選挙のたまもの」とひざをたたいた。


6月末、たまたま木村英子さんの会見を聞いた。赤ん坊の頃大けがして手足が不自由になり、脳性麻痺で首から下が動かせない。「19歳ではじめて地域で生きることを選んだ」「私の同級生の仲間の障害者達は皆いま施設にいます。施設に50年も、いる人もいます」と言った。介護サービス充実政策を訴える、これ以上ない候補者だ。

公示直前に、山本太郎党首は、ALS患者のふなごやすひこさんが1番、木村英子さんが2番で、2人は「特定枠」だと発表した。特定枠とは、政党が決めた「優先的に当選させたい候補」のことだ。参院比例制の新ルールだ。

さて、ここで、北欧をはじめヨーロッパ諸国がとる”本来”の比例代表制選挙をちょっと。

■支持する政党の候補者リストを選んで箱に入れるだけ

ノルウェーでは、選挙の半年前に、選挙区の政党が決めた候補者リストを選挙管理委員会に出す。候補者リストは形を整えられて、投票用紙そのものとなる。だから、投票用紙には、政党名と、その党の候補者名が1番からズラリと印刷されている(写真下)。

有権者は、投票ブースに並んでいる全政党の候補者リストから支持する政党1枚を選ぶだけ。とってもシンプル、とっても簡単。

とはいえ投票者に候補者の順番を変える余地は残されている。候補者リストの空欄にチェックを入れたりするのだ(写真下)。だけど、国政では候補者リストが変更されることはほとんどない。地方議会選でも、それほど多くない。なぜなら、支持する政党の投票用紙(=候補者リスト)を変更せずに投票箱に入れる人が多いからだ。


■政党が決めた候補者リスト順に当選する

投票が終わったら、各政党の得票率にほぼ比例して、まず政党の議席数が決まる。3人だと、1番、2番、3番の候補が当選する。「特定枠」などという優先枠ではない。

つまり、北欧の比例代表制の候補は、日本のほぼ「特定枠」候補といえる。候補者個人が必死に票を獲りに行くのではない。政党が決めた候補者リストの上位に載れば、育休中でも病気療養中でも当選する。だからノルウェーには、国会に身体障がいの女性がいたし、サーメ出身や移民系議員がいる。県議会には、脊髄性筋委縮症SMAの男性議員がいる(写真最下)。 

■もしも「特定枠」がなかったら

一方、日本の比例代表制は違う。参院選の比例区では、個々の候補者が全国各地から1票でも多く票を勝ち取ったかで、当落が決まる。

もしも、「特定枠」がなかったら? ふなごさんも木村さんも全国遊説や連呼やらの過酷な選挙戦を戦い抜かなければならなかっただろう。「ふなごやすひこ」「木村英子」と書いてくれる人を一人でも多く見つける、これが選挙だからだ。たとえ山本太郎党首でも、立候補をすすめなかったと思う。

山本党首は、2人を当選させるため3番になった。北欧の選挙では、票を伸ばすために、著名な党首や党員を当選圏外(リストの下のほう)に登載することがよくあるが、それだ。山本党首の周りにはこうした北欧の選挙に通じている人がいたと思う。

たとえば、2014年、スウェーデンの新党フェミニスト党からEU議会議員が1名当選した。彼女はロマ人系のマイノリティだった。その時、カリスマ党首グードルン・シューマンGudrun Schyman は当選圏外に名前を載せていた。


バカ殿様たちの再生産装置

以上のように比例区枠でさえ、日本の選挙制度は、問題だらけだ。何より日本の選挙の最大の問題は、ごっそり死に票を生む小選挙区制がメインだということだ。衆院選はむろん、参院選さえ、小選挙区制がかなりある。小選挙区制では1票の格差も解消されるはずもない。いつまで、このバカ殿様たちの再生産装置を続けるつもりだろう


c0166264_15483430.jpg


c0166264_15572706.jpg




【注】絶対得票率は、投票に行かない人を含む全有権者に対して、その党がどのくらい票をとったかを示す。

【写真最上:2019年7月20日、渋谷駅頭での立憲民主党比例区・佐藤かおり候補の選挙運動。有権者に名前を書いてもらって票を獲得しなければ当選にむすびつかないのに、「べからず選挙」ゆえ候補者名は小さな白い布1枚のみ。ポスターもはれない。これでは大組織や世襲など三バンがないと難しい。佐藤かおり候補は惜敗】
【写真下:ノルウェーの国政選挙で使われた投票用紙。1番の候補は育休中で選挙運動はしなかったが当選した】


by bekokuma321 | 2019-07-24 17:46 | 北欧

七夕の日の午後3時半から、飯塚市で、こんな集いがあります。お気軽にご参加ください。託児つき、手話通訳つきです。


c0166264_07362761.jpg

by bekokuma321 | 2019-07-07 07:40 | ノルウェー

今日71日から、ノルウェーでは事前投票が始まる。地方選挙の投票日は99日だから、2か月以上も先だ。


日本の場合、「期日前投票」は、議員の種類によって異なっていてややこしいが、ほんの数日間からせいぜい2週間程度と短い。だからノルウェーの、この長さを聞いた時には、「ウソだろう」と信じられなかった。


ノルウェーは、国会議員選挙と地方議会選挙のどちらにも「事前投票」と呼ばれる制度があり、基本的には8月から1か月間だ。しかし、前々から北極近くのスヴァールバル諸島およびヤンマイエン島で働いている人たちや、海外で暮らす人たちは、71日から投票ができるようになっていたらしい。


それが、ある時から国内の人も、「特別な必要性」を申し出ることによって、71日からの投票が可能になったのだという。


だいたいの人は、従来通り8月からが多いのだという。とはいえ、有権者が特に必要ならば、2か月前から投票できるようなサービスを整えていることに、この国の民主主義にかける強い意志を感じる。



c0166264_23104269.jpg



c0166264_22452175.jpg

【写真:いずれも、オスロ市内に設けられた2017年国政選挙における事前投票所】



by bekokuma321 | 2019-07-02 23:03 | ノルウェー

c0166264_08150838.jpg

614日、三井マリ子さんの講演会「投票率80% ノルウェーの楽しい選挙」に行ってきました(注)。立ち見の人も出る盛況ぶりでした。演題を意識してか、いつものちょっと早口の語り口調にジョークを頻繁に交えながらの楽しい三井講演でした。


首相が女性、国会議員の4割が女性という憧れの国ノルウェーの選挙の様子を20年以上視察してきたマリ子さん。その実際の選挙の様子を写真で見ていると、国全体が選挙をお祭りのように取り組んでいると感じました。

なにより羨ましいと感じたことは、そのお祭りに、小学生から加わっていることです。授業で政党の選挙公約調査をするとか、「子ども選挙ソング」もあって、子どもの時から政治をタブー視しない、むしろ馴れ親しむ環境が作られているのです。こうして民主主義が育つ土台が作られているのだなあと思いました。

次にお店で売られているお菓子。お菓子の包装にも選挙ムードを盛りあげる工夫がされています。人気のお菓子の包装に「あなたはどちらに投票する?」「赤?」「青?」とお祭り気分です。ノルウェーでは政権がいくつかの政党でつくられていて、赤は左派連合、青は右派連合だというのです。

そして学校内で選挙運動をしたり、模擬投票をする高校生のスクールエレクションも楽しそうでした。

ノルウェーは選挙制度が比例代表制です。民意が反映されやすく、死に票が出ない選挙です。政党が選挙候補者名簿をつくって、それが投票用紙になります。

参加者から「比例代表では候補者リストの上位に気に入らない候補者がいるときはどういう対処法がありますか?」と質問。候補者リストの候補者名の横に空欄があって、当選してほしい議員には「1」と書くとか、気に入らない議員には「×」を書くことができる、と回答がありました。

実際、先日、ソマリアからの難民マリアン・フセインという女性が国会議員になったというのです。ノルウェーでは、国会議員にも育休や病休があって、その間、同じ政党の同じ選挙区の次点候補(代理議員)が国会議員を務めます。彼女は、政党の候補者リストでは5番目でしたが、選挙の結果3番目に上がったと推測されるとのことです。党が決めた候補者の順番を、投票によって変えることができるのも素晴らしいと思いました。

講演が終わって会場を出る方々の顔が明るく、「楽しかった」という声が聞こえてきました。他国の話でも楽しい話を聞くと、心が晴れやかになります。

山城 和代(東京都小金井市民)


c0166264_08151785.jpg


c0166264_08242592.jpg

【注】日本国民救援会東京都本部主催、ノルウェー大使館後援で開催された
【写真】1枚目は高橋三栄子撮影、他は匿名希望者撮影

by bekokuma321 | 2019-06-16 08:44 | ノルウェー

c0166264_17113270.jpg


ノルウェーの政治に新しい歴史がつくられた。つくったのは、マリアン・フセイン(32)。上の写真の右側に写っている女性だ。


彼女は先週、ノルウェー憲政史上初のソマリア系ノルウェー人国会議員として、国会で演説をした(写真は、国会ビデオよりキャプチャー)。


マリアン・フセインは、先週、休暇をとった左派社会党の国会議員の代わりに国会議員となった。ノルウェーでは、国会議員が大臣に就任すると、その国会議員の代わりに、同じ政党の同じ選挙区の代理議員が国会議員となる。権力の集中を避けるため、大臣と国会議員は兼務できないとされているからだ。そのほか病気休暇、育児休暇などをとる国会議員も珍しくないため、代理議員の登場は少なくない。


それにしても、マリアン・フセインとは何者なのか。いくつかのノルウェー報道からかいつまんで紹介すると、マリアンは、内戦と干ばつが続くソマリアからの難民だ。母親に連れられて兄弟7人は、すでにノルウェーに移住していた父親と再会。家族で住み始めたのもつかの間、父親は癌で死亡。


しかし、マリアンはノルウェーの公立校の普通のクラスにはいって普通の授業を受けることができた。ノルウェーの子と違っていたのは、ノルウェー語の特別補修だけだった。「とてもラッキーなスタートでした」と彼女は言う。その後、彼女は看護師資格を取得。オスロの児童福祉センターに勤務しながら、県会議員としても活躍する。


2017年の国会議員候補者リストを見ると、マリアンは、オスロ選挙区の左派社会党リストの5番目に載っている(写真下)。ノルウェーは比例代表制の選挙だ。投票の結果は、オスロ選挙区の左派社会党から国会議員に当選したのは2人。加算票(注)を多くとったためだろうが、マリアンは上から3番目だったと報道されている。つまり、彼女は代理議員第一番目だ。党内のだれかが免職になると、ただちに出番が回ってくるというわけだ。


初の国会演説をしているマリアンは、ダーク・ピンクのヒジャブで頭部をおおっている。イスラム女性がよくかぶるスカーフだ。「フェミニスト党である左派社会党の代表が、女性差別の象徴とも言われるヒジャブをかぶることをどう思いますか」と聞いてきたジャーナリストへの彼女の答えはこうだ。


「ヒジャブは小さいころから身に着けていて、私そのものです。私のフェミニスト観点から言えば、私の政治的考えを政治についてではなく、こんなふうにヒジャブに使わなければならないのは、実にうんざり、しますね。ノルウェーでは、どう考えどう行動するかで人を判断すべきであって、どんな服装をしているかではないのではありませんか。とはいえ、男性にもドレスコードがあるでしょ。職場で、スカート、いえ短パンをはく男性はいませんね(笑)」


す・ば・ら・し・い!


c0166264_17302642.jpg

【注】ノルウェーの比例代表制選挙では、票を投じる人が順番を変える権利を持っている。上の候補者リストを見てほしい。当選してほしい候補者の左端にある空欄に「1」と書いたり、気にいらない候補者には右端の空欄にバッテン(x)をつけることができる。国会議員選挙で党の決めた順番が変わることはほとんどないと言われている。いま調査中だが、2017年選挙で5番目マリアン・フセインの左の空欄に「1」と書いた人が多かったと思われる。

Marian (SV) er første på Stortinget med hijab

Første norsksomalier på Stortingets talerstol – kritiserteregjeringen for

All adults in Norway have the right to free education—includingrefugees

Norway'best in Scandinavia' at integration

ノルウェーの移民政策

ヒジャブ着用をめぐる論争

ノルウェーのブルキニ論争

ヒジャブとオンブッド

難民体験学習をするノルウェーの若者

難民、ノルウェーと日本

ノルウェーの難民と“児童婚”

ソマリア移民女性「男女平等賞」受賞(ノルウェー)

子どもたちがはぐくむ平等と包括教育

ノルウェー国王のスピーチ録画、277万回再生される

難民受け入れと政治

難民問題

イスラム風刺漫画を擁護する女性作家


【更新 20190613 22:57】

by bekokuma321 | 2019-06-12 17:50 | ノルウェー

6月14日(金)午後6時半、御茶ノ水駅近くです。どなたでも、お気軽にご参加を。

c0166264_10171524.jpg

by bekokuma321 | 2019-05-26 10:21 | ノルウェー

c0166264_10282700.jpg

51日はメーデー。

ノルウェーの首都オスロのメーデーをかつて取材したことがある。派手な横断幕を持って元気に目抜き通りをデモ行進していた。子連れも多かった。


今年はどうか? ニュースをクリックしたら、
ブーナッド(Bunadで着飾った大勢の女性たちの列が続いていた。「51日のニュースに517日の写真が使われているのでは」と、目を疑った。


ブーナッドは、ノルウェーの伝統的な民族衣装だ。地方ごとにデザインや色や刺繍が異なっている。5月17日の憲法記念日や結婚式に着る晴れ着だ。労働者の日メーデーに着るひとは見たことがない。

記事を読み進んだ。間違いなく51日のメーデーの写真だった。ブーナッド姿のメーデー行進には、「ブーナッド・ゲリラ bunadsgeriljaen」というグループ名までついていた。


「ブーナッド・ゲリラ」にはわけがある。この何年間か、政府は、地方の合併政策を推進してきた。政府の方針だが、国会でも賛否が分かれている。地方議会には断固反対も少なくない。ノルウェーは60万人のオスロから7万人ほどのフィンマルク県までさまざまだ。コミューネ(市町村)となると、わずか数百人の自治体もある。


政府は合併して、効率よくしようと考えたが、小さな自治体の住民の多くは合併に反対し、病院や学校が近くになくなってしまうと、怒りをあらわにしてきた。今年に入って、北部のある女性が、ノルウェーのそれぞれの地方に独特のブーナッドを身につけて、地方からの反撃を示そうという斬新な戦術を出した。これが「ブーナッド・ゲリラ」である。


ネットでの呼びかけに呼応した人、一か月で35000人。またたく間にノルウェー全土に広がった。


「ブーナッド・ゲリラ」会員のカトリーネ・ホールは、ベルゲンから北部のヘルゲランに移住してきた女性で教員だ。心の底から怒っている声が聞こえてきそうな長い投稿を要訳して紹介する。

NRK, Chronicle 2019.5.7


「エルナ(首相の名)よ、ブーナッドの力を知っているか」

「地方をなくすことは、ノルウェーの伝統に真っ向から反することだ。だから、私はブーナッドを着る。着飾っているのではない。強い抗議の意志の表現だ」

「私はヘルゲラン地方に住み、ここの学校で教員をしている。それは私の誇りだ。生粋のヘルゲラン人も、新しく移住してきた人も、生徒も、難民も、みんなここを選んで住みつづけている」

「ノルウェー人はみんな平等のはずだ。時間とエネルギーを費やして、こうしてデモをして、私たちの存在を叫ばなければいけないなんておかしい」

「ここに住み続けることは、ここに住んでここの尊い価値をともに作り上げていくことだ。それができなくなるのだ」

「学び舎をなくすな、教員や看護師をなくすな、私たちの病院をなくすな、私たちの人間としての権利を奪うな。すでにいくつかのサービスはカットされている。それは人間としての尊厳を奪うことだ」

「エルナよ、私たちの側に立つチャンスは今だ。エルナも政府も私たちの選挙によって選ばれたのだ。私たちのために働こう」


力強い反撃表現に圧倒されながら、ほとんど議論のないまま合併してしまった日本を思い出した。日本の女性たちが合併の弊害に声をあげた例など、まったく報道されなかったのではないか。しかし、今でも、地方に行くと「合併していいことなんかない。投票所が近くになくて選挙にも行けない」「妊娠しても近くに産婦人科医師がいなくて不安」「合併して議員数が減ったため、女性議員がいなくなった」---こんな嘆きが耳にはいってくる。

世界一民主主義の国はノルウェーだと紹介したが、「ブーナッド・ゲリラ」のような運動こそが、ノルウェーを世界一におしあげている底力なのだろう。


【写真は、517日憲法記念日またの名を建国記念日に、ブーナッドを着て祝う少女たち。Helle Cheung提供】
【更新 2019.5.10,13
















by bekokuma321 | 2019-05-09 11:02 | ノルウェー

c0166264_15485150.jpg

民主主義度が世界で最も高い国は、またノルウェーと出た。

英誌『エコノミスト』の調査部門「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」による、「民主主義指数2018」(Democracy Index 2018 )である。2019年1月発表。

世界167カ国を、5つのカテゴリー別に、10点満点で採点したもの。

2018年のトップ5は、1ノルウェー(9.87) 2アイスランド(9.58) 3スウェーデン(9.39) 4ニュージーランド(9.26) 5デンマーク(9.22)。ニュージーランドを除いてあいかわらず北欧諸国の独壇場だ。


今年は、コスタリカが「欠陥のある民主主義」から、「完全な民主主義」へ仲間入りしたことや、5つのカテゴリーのうち、「政治参加」度が平均してあがったことによって、世界の民主主義度に落ち込みはなかった、と特記されている。その政治参加アップは、世界各国で女性が政界に増えたからのようだ。


トップから最下位まで全世界の国々が、「完全な民主主義」「欠陥のある民主主義」「ハイブリッド政治体制」「独裁政治体制」とグループ分けされている。北欧などは「完全な民主主義」に含まれるが、そこに住んでいる人は、世界のわずか4.5%にすぎないと解説されている。


日本は22位(7.99)。21位の韓国、23位のチリの間に位置する。「欠陥のある民主主義」の国だ。日本で選挙を実際に体験した私には、この数字でも、大甘すぎると思えるがどうだろう。


民主主義度をはかった5つのカテゴリーとは:


①選挙過程と多元主義electoral process and pluralism
「国会議員選挙、首相選挙、地方議会選挙が自由に公平に行われているか」「政党の政治資金の出し入れは透明であるか、かつ一般に受容されているか」など12項目

② 政治機能functioning of government
「自由選挙で選出された代表が政策立案にたずさわっているか」「国会が、他の行政機関よりも上位にある最高の議決機関であるか」など14項目

③ 政治参加political participation
「投票率」「少数民族や少数派があげた声が政策過程に反映されるか」「国会議員における女性の割合」「政党や政治団体への参加率」など9項目

④ 政治文化political culture
「安定した機能的な民主主義を支えることに世論は合意しているか」「議会や選挙を無視するような強いリーダー像を望んでいるか(筆者注:望む文化だと減点)」など8項目


⑤市民の自由civil liberties:「メディアは政治権力に支配されていないか」「労働組合を自由に組織できるか」「異なる政治的意見が公開で自由に議論できるか」など。


c0166264_16282349.jpg



民主主義コンテスト 世界1はノルウェー、日本は20位
民主主義度1位ノルウェー、23位日本

世界一民主的な国


by bekokuma321 | 2019-05-05 16:33 | ノルウェー


c0166264_18013107.jpg

129日午後、福岡市南区で開かれた「高齢社会をいかに豊か♡に生き抜くか?」に参加しました。主催した黒木まり子さん、お疲れさまでした会場は、ほぼ満席の状況でした。皆さん遠方からも来ていらっしゃったようです。


三井マリ子さん(写真)のトークは、ユーモアたっぷりでした。三井さんの撮影した写真を見ながらノルウェーの高齢者福祉を支える人たち、その仕事がどんなふうに行われているか、が中心でした。



ノルウェーでは地方自治体そのものが柔軟にものごとを決めて行って、とてもいいなぁと思いました。市長が二人の女性で分け合って仕事をしていたり、大学キャンパスの中に保育園があったり。



ノルウェーの市議会の審議は、日本のような議事堂ではなく、市役所のなかの普通の会議室を使っていたことにも驚きました。市議会議員はほとんど無給だということですが、本当に情熱と使命感のある人が議員の仕事するんですね。



小林榮子(日本熊森協会福岡支部 広報委員)



c0166264_17511433.jpg

  ▲主催した黒木まり子さんは講演時の写真を見ながら福岡市の高齢者対策を憂う



c0166264_17510339.jpg
えとう真美さんがかけつけて激励のあいさつ

c0166264_17431863.jpg


【写真最上:小林榮子筆者の動画より。他はFEM-NEWS撮影】



More
by bekokuma321 | 2019-02-18 18:41 | ノルウェー


c0166264_08393064.jpg

真っ赤なフード付きマントを着た大勢の女性たちが、雪の王宮を背にして立つーーーこんな画像がノルウェーから送られてきたのは、先月下旬。ノルウェーが新しい内閣を組閣したニュースとほぼ同時だった。


赤いマントは「侍女の物語 Handmaid's Tale」の侍女が着ている制服だ。カナダのマーガレット・アトウッドが85年に世に出した小説だが、テレビ化されて世界中で大人気に(上の写真はテレビ試写用動画を接写)。


舞台は、アメリカのキリスト教原理主義国家。「環境汚染、原発事故、遺伝子実験などの影響で出生率が低下し」ている。まるで、21世紀の今のようだ。そんな社会で、「数少ない健康な女性はただ子供を産むための道具として、支配者層である司令官たちに仕える『侍女』となるように決められている」(ウィキペディア)。子産み機械と化した「侍女」は赤い制服をまとわされ、侍女の養成学校で徹底的に訓練される。


21世紀のノルウェーの女性たちは、零下15度の寒さのなか、「侍女」に扮して、ノルウェーの新内閣に抗議をしたのだ。


2017年秋の総選挙後、ノルウェーではよくあることだが、少数政権だった。連立を組んでいた保守党と進歩党は、多数派政権とするため、 閣外にいたキリスト教民主党の取り込みをはかっていた。そして「妊娠中絶を制限する法改正」で手を打ったというのだ。


女性団体や運動家たちは、「私のからだ、私の権利、が脅かされている!」と、ただちに怒りを行動に移した。


そのたぐいまれなアイデアと迅速さに、感心しながら、40年前ノルウェーを二分した妊娠中絶合法化運動を思い出した。その時代に使われた貴重なポスターがこれ。時代は変われど、女たちの体をはってのアクションは変わらない。


c0166264_13380001.jpg

     第67回 私のからだ、私の権利、私の一票!(ノルウェー)



女性党首4人で平等と家族に重きを置く政治に(ノルウェー)

ノルウェー政権、34年ぶりに多数派に

ノルウェー女性運動、バックラッシュに勝つ




by bekokuma321 | 2019-02-13 14:16 | ノルウェー