c0166264_09275736.jpg


ドキュメンタリ映画『たたかいつづける女たち~均等法前夜から明日へのバトンをつなぐ』の上映会&三井マリ子さんトークライブが、「怒れる女子会@越谷」主催で開催された。


映画は、1985年男女雇用機会均等法が作られた時のお話。政府が出した案では本当の意味での女性の労働権の確立につながらないと、自分たちで男女平等法をつくり労働省へ提出する女性たちの戦い。歴史の教科書に載らない物語を山上千恵子監督が21世紀に蘇らせてくれた。


三井さんは、映画のハイライトである抗議デモ「イブ・リブ・リレー」の発案者である。リレーの萌芽は北欧にあった。北欧のデモに参加したイギリス人が帰国後、英国で似たような抗議をした。その英国のデモに参加したアメリカの友人が、留学中だった三井さんに話してくれた。その体を張った表現方法に心打たれた三井さんは、帰国後、仲間に紹介したら、「いいじゃない!」と。バトンの中にみんなで作った「男女平等法」を丸めて入れ、想いをリレーでつなぎ、労働省に提出した。


結局は国会の勢力図により平等法は実現しなかった。法案の立役者赤松良子さんの「ホントはもっといいものが作りたかった」「国会の場に女性がたくさんいたら判断は変わっていたかも」から悔しい思いが伝わってきた。


では、女性議員がたくさんいたら変わるのだろうか。わが吉川市を見ると疑問も残る。吉川市の議会は、20人中735%が女性だ。選挙後はかなり注目をあびた。

昨年、文部科学省の男女共同参画学習課が男女共同参画室に格下げ案が出された。当時、私は議会で「存続と拡充、組織的位置づけの強化を求める意見書」を出した。男女平等を訴え続けた歴史の重み、しかも男女平等はまだまだ道半ばであり、課から男女共同参画という言葉を無くすことはできない、と力説した。意見書は可決され、吉川市議会より文科省に提出された。


実は、この意見書に女性議員3人が反対したのである。“女性の敵は女性”という常とう句をぬぐい去れなかった一幕であった。


一方、114日の「怒れる女子会@越谷」には多くの男性の参加があった。理解と応援の姿勢を示す男性は今も昔もいる。問題は男であるか女であるかよりも、ジェンダーバイアス(性による偏見)がかかった考え方にあるのではないか。女性議員の比率を半分にすることは当然だが、偏見をいかに取り除いていくかの努力が必要だと私は思う。


闘ってきた女性たちがいたからこそ今がある。荒野を切り開いてきた先輩女性たちから受け継いだバトンを、私たちはブルドーザーで地ならしをし、次に渡していかなくてはならない。


岩田 京子(埼玉県吉川市議会議員)


我慢から交渉へ 臨時職員の闘い(怒れる女子会@越谷)

女たちのバトンは続いてる(怒れる女子会@越谷)


c0166264_13283920.jpg

   ▲三井講師(左)と、「バトンを受け取って走ります」とランニング姿の松田典子議員



c0166264_09442057.jpg

▲司会の檜垣貴津子さん(左)と「怒れる女子会@越谷」で奮闘する山田裕子議員




[PR]
by bekokuma321 | 2018-11-08 09:56 | その他

c0166264_22320159.jpg


小松サキ子さんは、80年代から23年間、越谷病院の臨時職員だった。非正規がどんな働き方を強いられていたか、どう闘ったのかーーー貴重な経験を話してくれた。

114日、ほっと越谷で開催された「たたかいつづける女たち」上映会&トークに先約のため参加できなかったという、小松さん。今76歳だ。


小松さんが、越谷病院の臨時職員に採用されたのは40代のころ。栄養課に配属になった。「ピーマンを洗ったり、玉ねぎの皮をむいたり…」。


1
年で手術室に移動になった。手術室勤務の正規の看護職が、保育のほうに移動しなければならなくなったからだ。それまで正規職員がしていた仕事を臨時で埋めたのである。


「今でも覚えていますよ。面接をした課長は、『食器洗いも、オペ室の機械洗浄も同じだ』と言ったんです」


臨時職員は3ケ月更新だった。小松さんは更新を続けて、手術室に看護助手として13年間、その後、診療材料倉庫に10年間務めた。


感染症患者の手術も多かった。「オペ後の片づけ、器具の洗浄や消毒が主な仕事でした。放射線のフィルムの出し入れを担当する臨時職員の話も聞き、『私たちのからだは、いったいどうなるの?』と、心配がつのりました」。


健康への影響という基本的問題だった。それに対して、病院の院長は、「どうせ、あんたたちが癌になるっていったって、60過ぎてなるんだから心配ない」と言った。婦長は「あなたたち、仕事があるだけありがたいと思ったほうがいい」と言った。「今ならパワハラでしょうが、何を言われても我慢するのが臨時職員だ」と思っていた。


しかし、越谷市には「臨時職員の組合」ができていた。その臨時職員の場から代表2人が、市職員組合の役員会議に出席できた。小松さんは、4時に勤務を終えて、いったん帰宅。子どもたちの夕食を済ませて、6時過ぎに戻って組合の会議に参加した。正規職員は、年休も夏休みもボーナスもあったが、「わたしたちは、そのたびに交渉しなければもらえなかった」


「正規の職員よりちょっと勤務時間を短くされているだけで、仕事はほぼ同じ。何年だったか、今頃の寒いとき。ボーナスをめぐって当局と話し合いをしました。交渉が決裂して、何度も話し合いを設けました。子どもたちに夕食を作らなければならないのに、ほおって、夜まで居座りました」


「そんなほしがるなら、首を切っちゃえ」のセリフは忘れられない。暴言をはいたのは越谷市市長(当時)だった。


臨時職の要求を市につきつける闘いは、労働組合がなければ不可能だった。「執行部の檜垣貴津子さんはもとより、委員長だった佐々木浩さんや山下弘之さんが耳を傾けてくれた」と、小松さんは言う。


女たち(=臨時職員)の我慢を、当局との交渉課題にした越谷市の労働組合。その先駆性は、もっと知られていい。

c0166264_13023975.jpg
▲映画上映後に語る山田裕子市議、三井マリ子元都議、松田典子市議(ほっと越谷)



[PR]
by bekokuma321 | 2018-11-07 14:08 | その他


c0166264_22303751.jpg

11月4日(日)、越谷市で、ドキュメンタリ映画『たたかいつづける女たち~均等法前夜から明日へバトンをつなぐ』を見て話し合う会があった。


男女雇用機会均等法は、1985年、国会で成立した。働く女たちの声は国会に届いたのか。世界をゆるがしたウーマンリブ運動の風を受けて、日本の女性運動、組合運動の中で、女たちはどう動いたのか。未公開の貴重な映像、現在進行形で裁判闘争をする女たちへのインタビューをもとにフェミニスト山上千恵子監督21世紀によみがえらせた。


越谷市では、怒れる女子会の山田裕子議員と松田典子議員、映画制作に協力した三井マリ子の3人で現状や今後について話し合った。

ここでは、司会をした檜垣貴津子さんの話をかいつまんで報告する(注)。


檜垣貴津子さんは、「映画で、闘っている女たちを見て、70年代後半に、越谷市立病院の臨時職員として雇われた看護助手たちが、組合結成に立ちあがった闘いを思い出しました」と、やや興奮気味に言った。


檜垣さんは看護師で市立越谷病院の正規職員、かつ越谷市職員労働組合の役員だった。当時、看護婦(女性だけだった)たちは、人手不足のため「バタバタ倒れる人が出た」。1978年、檜垣さんたちは「増員闘争って呼んでいたのですが、ストライキで、53人の増員を勝ち取ったのです」。その闘いの様子はNHKでも報道されたという。


並行して臨時職員も増えてきた。とりわけ、病院では、正規と同じ仕事をして、正規職の半分か3分の1の給料だった看護助手たちの不満がくすぶりはじめていた。労働組合に「余りにひどい。どうにかならないか」と窮状を訴えたのは、そういう女たちだった。


その1人が、お連れ合いの介護の合間をぬって参加し、会場から発言をして下さった。


1976年(昭和51)病院の看護助手募集に応募して採用されました。朝8時から午後4時半まで8時間労働でした。しばらくして、同じ仕事をしても、給料は正規の半分以下だと分かったんです」


医療事務の人や、検査技師など、臨時職員は増える一方で、100人以上になった。看護助手の女たちが火付け役となって「臨時職員協議会」が結成された。自治労傘下にはいって、当局と賃金や労働条件などを交渉する権利を勝ち取った。


檜垣さんは、最後にこう語った。


「『ああ、私たちは、ちょっと早目にやったんだな』と思いました。映画の女たち以前に私たちの闘いがあったのです。考えてみれば、そういう私たちだって、淡路島の病院の看護婦の闘争から学んだんです。実質的に、女たちの闘いのバトンは続いているような気がします」



【注】檜垣貴津子さんの話は、集会や2次会に加えて、電話取材による(FEM-NEWS編集部)。


c0166264_22320159.jpg
▲集会終了後に「たたかいつづけよう!」2018.11.4 ほっと越谷 (写真提供・山田裕子)




[PR]
by bekokuma321 | 2018-11-05 22:56 | その他

5月27日、ドキュメンタリー映画「たたかいつづける女たち」を観賞した。山上千恵子監督による「男女雇用機会均等法」成立前夜の女たちのたたかいを記録した映画だ。

同法の成立は1985年、翌86年より施行となる。当時35才前後だった私は、体調を崩し、長いトンネル生活を送っていた。社会への関心も失ないかけ、社会運動に懐疑的となっていた。この「男女雇用機会均等法」制定に至る動きも、どこか遠くの世界のことのように感じて過ごしていた。 

だから、私にとってこの映画は、当時の女性運動を、一から”お勉強する“教材となった。その頃抱いていた社会運動への負の感情を抱くことなく、素直に当時の社会運動を知ることができた。

私がトンネル生活をしていた間も、女性運動は連綿と続き、働く場の女性差別を撤廃するため、法制定運動に真正面から取り組んでいた女性たちがいたのだという感慨を抱いた。

「イブ・リブ・リレー」とは、なんとステキな命名であろうか。映画で山上監督が見せてくれたリレーが行われたのは1984年の12月、クリスマスの前。つまりクリスマス・イブだ。

世界的な潮流のウーマンリブ運動の思想を生かした「男女雇用平等法」(均等法ではなく)を、バトンに入れて、多くの女たちが、その手から次の手へと渡していく。まさに「女から女へ」だ。バトンを次の女に手渡すために、自分が担当した区間を責任を持って走り切る女たちの姿は、感動ものだ。

映画を見終えて、女性運動への信頼がさらにわいてきた。イブ・リブ・リレーで走った女たちの延長線上に今の私が立っているのだ、という誇りを感じることができた。いい教材だった。  

              
岡田 夫佐子(さみどりの会

c0166264_13134293.jpg
 ▲イブ・リブ・リレー。政府の雇用機会均等法案に反対してつくった男女雇用平等法案をバトンに入れて、女たちは走り続けた。映画「たたかいつづける女たち」より

かっこいい、鳥肌立った、背中を押された:映画「たたかいつづける女たち」
5.27上映会「たたかいつづける女たち」
ドキュメンタリ映画「たたかいつづけるおんなたち」上映活動をしたいかたへのノウハウ
映画『たたかいつづける女たち~均等法前夜から明日へ』
試写会『たたかいつづける女たち』
姉妹よ、まずかく疑うことを習え
ビデオ工房AKAME DVDリスト「生き方」
Sister wave_山上千恵子監督の3作品
日本はどんなに早くても世界98番目
[PR]
by bekokuma321 | 2018-06-07 13:23 | その他

5月27日、ドキュメンタリ映画「たたかいつづける女たち~均等法前夜から明日へバトンをつなぐ~」を鑑賞しました。働き方改革法案が衆院の委員会で可決された2日後のことでした。

「マタハラ」「セクハラ」の言葉も、均等法もなかった約30年前の女性たちの運動と、長時間労働や非正規など、今の課題とたたかう現代の女性たちを映像で繋いだ映画です。全国フェミニスト議員連盟が開催しました。

男女雇用機会均等法が制定されたのは1986年。私が生まれて間もないころの女性たちはどういう風に想いを伝えていたのかと興味津々でした。目にした映像には、しなやかでいきいきと輝いている女性たちが映っていました。

労働省(現在の厚労省)への要望書をリレーのバトンに詰め、「イブ・リブ・リレー」と銘打って女性たちが街中を走ったり、体を張ってハンガーストライキをしたり。彼女たちの体を張ったアクションと、語る言葉がかっこよすぎて、その迫力に鳥肌が立ちっぱなしでした。

また、会場にいらしていた山上千恵子監督が、上映後にこんなメッセージを観客に贈りました。

「たたかう女をマスコミは取り上げません。労働史にも入っていません。この映画も、女がたたかうことがテーマだから疎外され、上映があまり進みません。でも体を張ってたたかうことはすごく大事。なぜ、彼女たちはたたかうのかを理解したとき、それは自分事になり、自分たちが立ち上がるきっかけになっていきます」

聞いていて心が震えました。

c0166264_15322016.jpg働き方改革法は国会で成立してしまいました。しかし労働時間規制もあいまいですし、ジェンダーの視点も足りない。法律ができても私たちが改善を求めて絶えず行動を起こさなければ職場は変わらないということは、この映画と、映画の後の銀行員の高木真紀子さんのトークが教えてくれています。

まだまだ男性優位の偏ったパワーバランスの中で、女性たちが家や職場を変えるために声を出す、NO と言うには、いまだに大変な勇気がいると思います。私自身も、議会の中で自分を貫くことにくじけそうになることは日常茶飯事です。だけど、映画の中から、先輩女性たちは「あなただってできるわよ、頑張りなさい! バーン!」と私の背中を押してくれた、いや叩いてくれました(笑)。少し強くなれた気がします。

たたかう女は、かっこいい。私たちもあとに続きたい。私の住む埼玉県越谷市でもぜひ近いうちに上映会を行いたいです。

最後に、映像の中で三井マリ子さんたちが語っていたことばを、ずっと心に留めて、これからも活動をしていきたいと思います。

「大空のもとで堂々と、体を張って連帯すること」

「体で示し、顔を出してもの申す。恥も外聞もなく自分で行動を起こす」

映画会を開催して下さってありがとうございました。

山田 裕子(埼玉県越谷市議会議員)

c0166264_13142715.jpg


5.27上映会「たたかいつづける女たち」
ドキュメンタリ映画「たたかいつづけるおんなたち」上映活動をしたいかたへのノウハウ
映画『たたかいつづける女たち~均等法前夜から明日へ』
試写会『たたかいつづける女たち』
姉妹よ、まずかく疑うことを習え
ビデオ工房AKAME DVDリスト「生き方」
Sister wave_山上千恵子監督の3作品
日本はどんなに早くても世界98番目
[PR]
by bekokuma321 | 2018-06-06 13:59 | その他

c0166264_13142715.jpg


映画「たたかいつづける女たち」は山上千恵子監督のドキュメンタリ。約30年前、働きながら普通に生きられる社会に、と、雇用平等を求める女性運動があった。当時の貴重で稀有な映像と、「マタハラ」「セクハラ」「非正規」など現代の女性が抱える課題をむすびつけた映画。

上映後のゲストは、映画にも登場する高木真紀子さん(銀行員)。雇用機会均等法ができる頃、就職活動真っ最中の大学4年生だった。大会社に「総合職」「一般職」という2つのコース分けが登場した。高木さんは総合職をめざして銀行に入社。ところが…。

30年間、働きながら見えてきた「女だから」の理不尽な待遇。日本経済の根幹である銀行における女性のリアルを、現職銀行員が語ります。

どなたでも参加できます。お友だちやご家族連れでどうぞ!!

●5月27 日(日)14:30~16:30
●東京ウィメンズプラザ 視聴覚室 (東京都渋谷区神宮前 5-53-67 渋谷駅から徒歩 12 分  表参道駅から徒歩 7 分)
●ドキュメンタリー映画「たたかいつづける女たち ~均等法前夜から明日へバトンをつなぐ」 (2017 年/71 分/監督 山上千恵子)


ドキュメンタリ映画「たたかいつづけるおんなたち」上映活動をしたいかたへのノウハウ
映画『たたかいつづける女たち~均等法前夜から明日へ』
試写会『たたかいつづける女たち』
姉妹よ、まずかく疑うことを習え
ビデオ工房AKAME DVDリスト「生き方」
Sister wave_山上千恵子監督の3作品
日本はどんなに早くても世界98番目
[PR]
by bekokuma321 | 2018-05-20 15:39 | その他

1984 年、クリスマスイブ。

女たちは、国がつくろうとする男女雇用機会均等法に反対し、自分たちでつくっ た法案をバトンに入れて、労働省まで走った。「女だからは許さない」、「職場も家庭も男女平等 に」…。30年後。女たちへのセクハラや差別はなくなったか? 仕事と家庭を両立できるようになったか?

●5月27 日(日)14:30~16:30
●東京ウィメンズプラザ 視聴覚室 (東京都渋谷区神宮前 5-53-67 渋谷駅から徒歩 12 分 表参道駅から徒歩 7 分)
●ドキュメンタリー映画「たたかいつづける女たち ~均等法前夜から明日へバトンをつなぐ」 (2017 年/71 分/監督 山上千恵子)
●参加費 500 円 (どなたでも参加できます。お気軽にどうぞ)

ゲスト 高木真紀子(銀行勤務・働く女性の全国センター会員。「私は均等法 第 1 世代。法制度に疑問や批判がいっぱいあります」)

c0166264_13142715.jpg


ドキュメンタリ映画「たたかいつづけるおんなたち」上映活動をしたいかたへのノウハウ
映画『たたかいつづける女たち~均等法前夜から明日へ』
試写会『たたかいつづける女たち』
姉妹よ、まずかく疑うことを習え
ビデオ工房AKAME DVDリスト「生き方」
Sister wave_山上千恵子監督の3作品
日本はどんなに早くても世界98番目
[PR]
by bekokuma321 | 2018-04-29 13:22 | その他