人気ブログランキング | 話題のタグを見る

イタリアの6、70年代の女性たち (5)_c0166264_09725.jpg
 
女性たちが、空き家を占拠したとき壁に書きなぐった落書き。当時の熱や息吹きが伝わってくる。

唯一読める左下のグラフィティは「ヘテロセクシュアル No」だと思う
# by bekokuma321 | 2007-07-22 01:02 | ヨーロッパ

イタリアの6、70年代の女性たち (4)_c0166264_0575922.jpg
 
空き家占拠したときの記念すべき落書・・・。
「あなたが、なんて人生は素晴らしいんだ、と言えるようになってほしい」――こんな訳だろうか。

ローマの女性センターの壁を飾る記録写真を撮影したもの。

もっとローマの女性センターについて知るには
「女性解放を記録・発展 ローマの女性センター訪問」
http://janjan.voicejapan.org/living/0707/0707219505/1.php
# by bekokuma321 | 2007-07-21 00:59 | ヨーロッパ

イタリアの6、70年代の女性たち (3)_c0166264_0524247.jpg
 
女性たちは、居場所を求めて空き家占拠をした。記念すべき日の晴れやかな表情、不安そうな表情・・・。ローマの女性センターを飾っていた記録写真を撮影したもの
# by bekokuma321 | 2007-07-21 00:55 | ヨーロッパ

イタリアの6、70年代の女性たち (2)_c0166264_0492338.jpg
 
「妊娠中絶の自由を」。大通りいっぱいに横断幕を広げて大デモンストレーション。ローマの女性センターの壁を飾っていた記録写真を撮影したもの

追記:
1970年代の女性運動の最大の課題は、「当時のイタリアでは禁じられていた離婚と中絶の権利要求」であった(早稲田大学出版部『イタリアの社会』 勝田由美「イタリア女性の現在」)。勝田によれば、ヤミ中絶は年間300万件。女性たちは、「自らの身体に関する自己決定権」と、「母性の名のもとに再生産労働を強要する社会構造からの解放」から、中絶の権利を求めて闘った。妊娠中絶が合法となったのは1978年。勝田は、この中絶法は、「法に定められた公立病院や診療所での中絶手術を認め、その費用は国の援助により無料とした」と紹介しつつ、「堕胎罪そのものが廃止されたわけではなく、指定外の医療施設での中絶は、依然として非合法である」と、問題点を指摘している。
# by bekokuma321 | 2007-07-21 00:48 | ヨーロッパ

イタリアの6、70年代の女性たち (1)_c0166264_0412977.jpg
 
スペイン広場Piazza di Spagnaの階段にすわり、女性解放を訴える。スペイン階段のトップに建てられたトリニタ・ディ・モンティ教会前には「女たちの革命!」と大きな横断幕。女性たちが教会を占拠したかのようだ。

スペイン階段といえば、映画「ローマの休日」で、オードリー・ヘップバーンがジェラートを食べながら歩いていた舞台としてあまりにも有名。そして、今は、すぐ前にのびるコンドッティ通りにかけて観光客がひしめく。

写真は、ローマの女性センター壁を飾っている、60年代、70年代のイタリア女性解放運動の記録写真を撮影したもの
# by bekokuma321 | 2007-07-21 00:45 | ヨーロッパ