オリンピックの旗手

毎日、毎日オリンピックの報道だらけで、食傷気味です。その上、私の大好きな国ノルウェーは不振です。だいたいいつもそんなに強くないのですが、今回はとくに目立ちません。

唯一、心を動かされたのは、開会式のノルウェー旗手がアフリカ系女性だったことです。彼女の名はルース・カシリエRuth Kasirye。重量あげの選手で、ウガンダに生まれ、ノルウェーに移住して10年ほどだということです。

ノルウェーは国として多人種社会を目指し、移民女性の差別撤廃を推進していますが、それを象徴するかのようなニュースにとても心躍りました。

開会式がTV放映された夜、家にいたのですが、体調が悪く早く休んでいました。「ノルウェーの番で、女性の旗手だから起こそうと思ったけどやめた」と、家族が後で教えてくれました。それを聞いて「なんで起こしてくれなかったの」とぼやいた私でした。

さて、この北京オリンピックで、女性が旗手を務めた国は63国でした。えーと何パーセントでしょう。ちなみに、トリノ・オリンピックで女性が旗手を勤めたのは37カ国でした(46.3%)。

選手のほうは、11196人中、女性選手は4746人で42%と、もちろん史上最高の参加率です。

http://www.norwaypost.no/cgi-bin/norwaypost/imaker?id=181240
http://www.olympic.org/uk/organisation/missions/women/full_story_uk.asp?id=2742
http://www.olympic.org/uk/news/olympic_news/full_story_uk.asp?id=1708
[PR]
# by bekokuma321 | 2008-08-16 16:18 | ノルウェー

進むパパ・クオータ

ノルウェーでは、子どもの育児のため、休暇をとる父親がさらに増えている。10人中6人までが6週間以上の育児休暇をとって、赤ちゃんと日夜ともにいることを選んでいる。1999年の2倍だという。

ちなみにノルウェーには、給料の80%をもらい、1年間、育児休業を取得できる法律がある。さらに、男性に育児に積極的に参加してもらう趣旨でつくられたパパ・クオータという制度もある。これは男親だけしかとれない。

女性が結婚しても出産しても、仕事をつづけられる社会には、こんなしかけがあるのだ。

参考
http://www.aftenposten.no/english/local/article2578162.ece
■パパ・クオータについては『ママは大臣パパ育児』(明石書店)に詳述されている
[PR]
# by bekokuma321 | 2008-08-08 16:33 | ノルウェー

ノルウェーにはイスラムからの移民も多い。子どもの頃、北イラクからノルウェーに移住した二人の姉妹Nafeesah Badrkhan と Susan Badrkhanも、そうだ。

彼女たちは、成長し、イスラムの伝統にのっとって、数年前から頭部を覆う布(ヒジャブ)を使い始めた。ところが、ノルウェーでの暮らしにヒジャブはどうもしっくりこないという悩みを持ちはじめたという。

そこで、コスチュームとファッションデザインを専攻した二人は、自分たちでノルウェー式ヒジャブをデザイン。スカンジナビアに住むイスラム女性たちに需要が高いと踏み、商品化へと駒を進めた。まずはインターネット・ショッピングで販売する計画だという。

ノルウェー式ヒジャブをかぶったアフテンポステン紙の二人を見たら、1枚買いたくなってしまった。(写真が素敵!)
http://www.aftenposten.no/english/local/article2567441.ece

ノルウェーのイスラム女性については
http://www.antirasistisk-senter.no/english/news/hijab_debate_norway.html
http://kilden.forskningsradet.no/c18375/artikkel/vis.html?tid=18412
[PR]
# by bekokuma321 | 2008-08-02 01:54 | ノルウェー

グレイシア

目の前にあるグレイシアの絵葉書を見て、グレイシアを見に行きたくなりました。

グレイシアとは万年氷。ノルウェーのソグネフィヨルドのグレイシアがすごいらしいです。だいぶ前、ノルウェーを訪問したとき、すぐそばを車で移動しました。「止めて」とお願いして、しばし鑑賞。遠くの山頂に見える白い部分です。昨夏、グレイシアに登ったノルウェーの女ともだちから、絵葉書が届きました。女性が登っている写真でした。トイレの中の壁にはっています。そしてトイレにはいるたびに来年こそ、登ろう!と祈っています。

c0166264_2345859.jpg

グレイシアに行ってみたいならhttp://www.jostedal.com/

Fem-Newsらしからぬ投稿でした。
[PR]
# by bekokuma321 | 2008-07-29 23:05 | ノルウェー

ロビイスト登録制か

7月初め、首相や閣僚に面会したロビイストや利益団体について情報を公表しなかったため、ノルウェー政府は批判にさらされた。

その後、議会と行政府にロビーをする団体を登録制にする議論が出、学者たちは大賛成。ロビイング情報を完全に透明にすることそ、民主主義を強化し、汚職を防止するという論理だ。ところが、その責任省の大臣が登録制は必要ないと反対している。

この結末はまだ不明。ロビイストの登録制が通ったのか、通らなかったのか。通ったとしたら、どういうふうに制度化されたのか、ぜひ知りたい。

http://www.aftenposten.no/english/local/article2535792.ece
[PR]
# by bekokuma321 | 2008-07-27 01:27 | ノルウェー