人気ブログランキング |

<   2019年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

世界165カ国は出していた(注)。しかし、その中に日本はない。

何か? それは、第4回国連世界女性会議(1995年)で、採択された「北京宣言」ならびに「北京行動綱領」が、日本国内でどの程度守られてきたかをまとめた報告書である。

締切は、今年の5月1日だった。第64回国連女性の地位委員会が、来春、ニューヨークで開かれる。それに向けて、世界の国々が「北京行動綱領」や「北京宣言」をどの程度守ってきたかの基礎的情報としたいからだ。

国連のサイトには、アフガニスタンからジンバブエまでアルファベット順に並んでいる。国名をクリックすると、その国の進捗状況が書かれた報告書が出てくる。

ところが、日本、つまりJapanがあるべき「J」には、ヨルダンJordanしかない。10月末現在、日本政府は出していなかった(下図)。

内閣府の男女共同参画局(03-5253-2111)に何度か電話した。返事は「担当者が席をはずしている」「担当者はグループミーティングをしている」「こちらから電話をさせる」だった。

「北京行動綱領」は、女性差別撤廃に向けての重要な国際文書だ。「女性と貧困」「女性と経済」「女性と政治権力」など12分野について、現状とそれをどう解決すべきかが力強い表現でつづられている。「女性差別撤廃条約」とともに、日本を男女平等社会にするための、逃すことのできない国際基準だ。

日本政府は、実行はともかく、こうした文書は体裁よくまとめる、と聞いていた。しかし、そのまとめさえもないがしろにされているとは。安倍政権の「女性活躍~」とやらが、どの程度のものか、よーくわかった。


「北京行動綱領」報告書、日本政府は未提出_c0166264_20492802.jpg

【注:2019/11/1 国連に提出済の国の数を157カ国から165カ国に訂正・更新した。日本政府が今日急いで出したとしても、世界で166番目だ】




by bekokuma321 | 2019-10-31 21:57 | その他

「叫ぶ芸術」75回は、ノルウェーの移民、とりわけアジア・アフリカ移民女性のためにがんばっている団体のポスター。

何十年住んでいても、外国人には地方参政権すら与えない日本、3年住んだら地方参政権のある北欧諸国。その懐の広さに感心してしまう。だけど、その権利は闘いとったものだった。

I(アイ)女のしんぶん10月10日号より…。

北欧ノルウェーのマイノリティ女性たち(叫ぶ芸術75回)_c0166264_17293885.jpg

by bekokuma321 | 2019-10-31 17:50 | ノルウェー

白い百合、赤やピンクのバラの花束をかかえて笑う女性。背後には、額にはいった自民党安倍晋三総裁の写真。公明党代表の山口那津男代表の推薦状も見える。


女性は、河井案里参議院議員。20197月、参院選の広島選挙区で初当選した瞬間だ。文春オンラインに大きな写真が載っている。


河井法相(案里議員の夫)選挙違反疑惑で辞任_c0166264_11345681.jpg

驚いたことに1031日午前、この河井杏里議員の夫、河井克行法相が、辞表を提出した。7月の妻の選挙で、選挙を仕切った彼が、ウグイスさんたちに違法な金額の報酬を支払っていたらしい。


法相が違法行為疑惑で辞職とは。びっくり仰天だが、法相の辞任は、河井法相が初めてではない。


河井法相(案里議員の夫)選挙違反疑惑で辞任_c0166264_13545340.jpg

2014年、名前と顔が書かれたうちわを選挙区(台東区、荒川区、墨田区)で配って選挙違反と指摘されて辞任した松島みどり議員も法務大臣だった。うちわには、「法務大臣 衆議院議員 松島みどり」という文字、トレードマークの赤いジャケットを来た女性のイラスト、そして「働きます 日本のため 下町のため」とあった。「松島みどり」の5文字はことさら大きく目立つ。


数年前、法相だった金田勝年議員も選挙違反のにおいがプンプンしていた。罪状は、買収疑惑と、投票管理者の選挙運動禁止違反。証拠隠滅のため選挙区秋田2区の海に投げ捨てられたパソコンが、警察によって押収された、と報道されていた。


法務大臣が選挙違反とは、これは、もう絶望的だ。


選挙違反と知っていながら、なぜ、あの手この手で人の票を買おうとするのか。河井克行選挙事務所は、「裏帳簿」を作っていたというが、そのいじましい神経。なんでここまでするのか。その最大要因は、小選挙区制選挙であることだと思う。これまでも書いたが、また書く。


世界の選挙は、「多数決制」と「比例代表制」の2つに大別される。「多数決制」では、有権者は支持する候補を選ぶ。1票でも多くの票を勝ち取った人が当選する。「小選挙区制」が代表的で、複数当選の「中選挙区制、大選挙区制」もこれにはいる(三宅一郎『投票行動』)。


対する「比例代表制」では、有権者が選ぶのは候補者個人ではなく、政党だ。だから選挙になると、わが党はこういう政策を持っていて、こういう社会にしたいなどと、政党同士の政策論争が続く。


比例代表制は、政党への支持の大小を決める選挙だ。大政党は大政党なりに、小政党は小政党なりに、獲得票に比例して当選者の数が決まっていく。誰が当選するかは、そのあとだ。北欧では、政党が前もって決めた「候補者リスト」の上の方から当選するが、有権者が入れる個人票も加味されるので、当選者決定には時間がかかる


強調したいのは、「小選挙区制では、候補者個人が顔や名前を有権者に売らなくてはならない」が、「比例代表制では、候補者個人が有権者に名前や顔を売る必要はない」ということだ。


候補者個人が選挙運動をする必要がないのだから、メロンやうちわで票を買収するなんて考えられない。そもそも、候補者個人のポスターも選挙事務所もチラシもいらない。


私が見た比例代表制の北欧では、移民難民家族の子ども子育て中のシングルマザー地球環境温暖化に怒る高校生も立候補していた。当選だってする。小選挙区制のわが国では当選はおろか、立候補すら困難な“身の丈”の人たちだ。


選挙違反は許せない。だけど、社会を構成する女性やマイノリティの代表を議会に送り出せないことは、もっと許せない。石川真澄が繰り返したように「小選挙区制は非常に悪い制度である」!


【写真上:選挙違反記事について弁解する河井法相。NHKテレビのキャプチャー】

【写真下:うちわ事件後、ネットオークションに出されたうちわ】


イラク移民の少女が国会議員有力候補になれる国




by bekokuma321 | 2019-10-31 11:59 | その他

11月24日(日)、愛知県豊橋市で「ノルウェーの楽しい選挙」についての集いがあります。

首都オスロの議会は、女性議員約40%、マイノリティ議員25%。いったいどんな人たちが立候補しているのか? 選挙運動は? 政党は? 若者たちは?

世界一の民主主義の国といわれるノルウェー(英エコノミストの研究機関調査)。この9月、地方選挙を取材してきた三井マリ子が、たくさんの写真といっしょにお話します。会場は、豊橋市民文化会館


案内「ノルウェーの楽しい選挙」(愛知県豊橋市)_c0166264_16010190.jpg


by bekokuma321 | 2019-10-28 16:34 | ノルウェー

 「政治家なんて、同じようなことをいくらでもやっている。たまたま一秀(いっしゅう)さんが狙われただけの話」


一秀さんこと菅原一秀議員の大臣辞任を報じる新聞の一文だ。選挙区(練馬区)で、菅原一秀後援会にはいっている女性の声だという(1026日、朝日新聞)。


そういえば、ワインだ、うちわだ、カレンダーだ、SMバーだ、キャバクラだ、と騒がれたのはそんな昔ではない。


小渕優子元経済産業大臣は、バス26台に有権者を乗せて明治座観劇ツアーをし、名前と顔入りの紅白ワインをばらまいていた。顔イラスト入りうちわは松島みどり法務大臣だった。数少ない女性政治家の代表と期待されていた2人だが、両人とも大臣を辞任した(なぜか議員辞職はしていない)。


菅原議員の大臣辞任は、今月17日に彼の公設秘書が、選挙区の支持者の通夜で「菅原一秀です」と香典(2万円)を渡したことが引き金らしい(10月31日号、週刊文春)。


日本の公職選挙法は、「べからず選挙」と言われるほど制約だらけだ。とくに新人候補には酷だ。しかし、菅原議員は新人ではない。彼は、区議、都議、国会議員と、数えきれないほどの選挙をかいくぐってきたベテランだ。「通夜会場で、秘書に現金を渡させたら選挙違反である」ことを知らないはずはない。


 菅原一秀辞任と小選挙区制選挙_c0166264_10452953.jpgしかも彼は、選挙区の大勢の支持者に高価なカニ、たらこ、メロン、すじこなどを季節ごとにせっせと宅配していたらしい。先日、週刊文春に書かれただけでなく、10年前、朝日にスクープされている。


選挙違反と知っていても、なおかつカネで人の票を買おうとする行為。それを性懲りもなく繰り返してきた神経。なぜ、こんなことを続けるのか。それは選挙が、小選挙区制であることと関係がある。 (続きは左下のMoreをクリック)





More
by bekokuma321 | 2019-10-27 11:27 | その他

富山市議会議員の不正は底なしのようだ。

昨日、1023日、富山市議会自民党の五本幸正と高見隆夫両議員は、「架空請求」と疑われた政務活動費370万円を返金した、と報道はいう。市民団体が議員らを提訴したので、どのみち嘘がばれるから、返金に至ったらしい。


事の発端は3年前にさかのぼる。


◆自民党ドンによる女性記者への暴力と政務活動費不正

2016年6月ごろ、フェイスブックの友人から、富山市議会のドンと言われる自民党中川勇議員が、北日本新聞の女性記者に暴力をふるったという報道が届いた。取材中の女性記者に、怒鳴って、押し倒して、取材メモを奪い取る・・・やくざ顔負けの乱暴狼藉ぶりだった。2か月後、中川議員は議員を辞職したと知って、セクハラ行為で辞職したのだろうと、思った。


ところが、中川議員の辞職は、政務活動費の不正が原因だった。領収書を偽造して政務活動費を懐に入れていて、その額、わかっただけで約787万円! 


◆市議14人ごっそり辞職

この大物議員の辞職を機に、次から次へと14人――自民12、民進2――が辞職した。富山市議会議員の4割近くが辞職するに至った。


富山市議会ばかりか、富山県議会でも自民1、民進2の県議の政務活動費不正受給が発覚。県議3人が辞職した。


◆民進党富山による政党交付金の不正使用

まだ続いた。今度は、民進党(当時)富山県連が、同党県議らが、政党交付金を6年間で少なくとも4525万円以上を不正に使っていた、との報道があった。不正をしたのは、県連代表坂野裕一県議と、元代表兼会計責任者の高田一郎市議の2人。庶民からしたら目を丸くするほど巨額だが、そもそも政党交付金が巨額である。民進党本部は2016年度だけで、約934千万円を国から受領していて、そこから富山県民進党に振り込まれたカネは、6年間で約1億5千万にのぼっていた。


当時、政党交付金の使い方に怒っていた私は、富山の事件に強い関心を抱いた。というのも、少し前に、政党交付金詐欺といえる被害にあって、裁判を終えたばかりだったのだ。 (続きは左下のMoreをクリック)


富山の政務活動費不正から思う民主主義_c0166264_22034406.jpg
         ▲豪華な富山市議会議場(富山市ホームページより)




More
by bekokuma321 | 2019-10-24 22:58 | その他

「弥縫策、びほうさく」。聞きなれない言葉だが、先日、高松高裁が参院選訴訟で出した判決にあった表現だ。


調べたら、一時逃れのとりつくろいのことをいい、抜本的改革とは正反対の意味らしい。裁判長は、「弥縫策」という珍しい用語で、一票の格差をなくすには大手術をしなくてはならないのに、バンドエイドをはっただけではないか、と批判したのである。


2015年、公職選挙法が改正されたものの、小手先の手直しに過ぎなかった。そこで、改正文の付則に、「2019年の参院選に向けて選挙制度を抜本的に見直し、必ず結論を得る」と明記された。


ところが、どうだろう。2018年の改正でも「抜本的に見直し」などしなかった。埼玉選挙区の定数を2つ増やしたどさくさまぎれに、1票の格差解消に関係のない比例区4増やした。しかも政党等が優先した候補が当選できるような「特定枠」を設けた。(特定枠の動機は不純だった。が、山本太郎が推す舩後・木村両氏の当選という「ひょうたんから駒」を生んだ。それには喜んだ)


しかし、である。人口231万人の宮城県も、78万人の福井県も、議員の定数は1人。人口に3倍もの差があるのに、国会には代表を1人しか送れない。1票の格差、実に3倍! いつまで、こんな「違憲状態」をつづけるつもりなんだろう。


参院選の選挙区は、1人区、2人区、3人区、4人区、6人区とあり、単純ではない(この複雑さに無理を通した「弥縫策」を感じる)。そもそも「47都道府県=47選挙区」だったが、2県で1つにされたため(合区)、45選挙区に減らされた。その7割以上にあたる32県は1人区、つまり小選挙区制なのである。


小選挙区制選挙は、選挙区から1人を選ぶ。この選挙制度の下で、1票の格差をなくすには、32県の人口がほぼ同じでなければいけない。宮城県と福井県の人口が同じになる、なんて、そんなことありうるだろうか。都会に人口が集中し地方の過疎化がやまないなど人口移動の多い、この日本で、どうあがいても無理、無理、無理、絶対に無理。


どうするか。すでに出ている改革案のように、選挙区を廃止して、全国を9つか10のブロックにして、比例代表制したらいい。これこそが、「抜本的見直し」である。それに女性議員増にもつながる。



1票の格差解消 小選挙区制では絶対無理_c0166264_17461734.jpg
▲あまりに少ない女性議員。新法を求めて国会前でマーチ(2017年)


参議院選挙制度に関する公職選挙法の一部改正

「身を切る改革」どころか「民意を切る改革」

女性議員増「比例代表制&多数定数選挙区で」

選挙制度は政治を根本から変えた(ニュージーランド)

比例代表制は女性や弱者が当選しやすい

30代女性首相を輩出したニュージーランドのシステム




by bekokuma321 | 2019-10-18 18:18 | その他

国際機関が、さまざまなテーマで世界の国のランキングをはじき出している。「女性・平和・安全インデックス(Women, Peace, and Security Index)」 を初めて公表したのは、ナショジオで知られるナショナルジオグラフィック。


こうした国際調査で上位常連は北欧諸国だが、これでも北欧5カ国すべて10位にはいっている。1位ノルウェー、2位スイス、3位フィンランド、4位デンマーク、5位アイスランド。


日本は、最良の国々でも、最悪の国々でもなく、29位だ。詳細を見ると、政府への女性の参加が低く、足を引っ張った。


このインデックスは、167の国々を、女性がどのくらい参加しているか、安心か、正義を認められているかの、3つの分野で調査したもの。2019年10月15日発表。



「女性・平和・安全インデックス 」1位ノルウェー 29位日本_c0166264_16372117.jpg

by bekokuma321 | 2019-10-17 16:53 | 北欧

エスター・デュフロ。2019ノーベル経済学賞3人の1人に選ばれた女性だ。長いノーベル賞史の中でも経済学賞を受賞した女性は2人目だという。しかも、まだ40代だ。


世界の貧困根絶への道を示したノーベル経済学賞_c0166264_00350256.jpg


受賞者3人の受賞理由は、「世界の貧困根絶のための有効な方法について新しい取り組みを生み出した」ことによるという。


1995年夏、北京で国連世界女性会議が開かれた。そこで出された国際文書の中に、「貧困は女性の顔をしている(Poverty has a female face)」という表現を見つけた。私は衝撃を受けた。あれから20余年。ノーベル賞をとった世界の貧困根絶――おびただしい数の女性たちが貧しさから脱け出す道筋だと信じたい。


英ガーディアン紙は、「おめでとう、エスター・デュフロ。世界はもっと多くの女性経済学者を必要としている」という見出しで彼女の受賞を讃える。記事の筆者Jill Priluckは、長年の女性への偏見を紹介した後に、こう結んでいる。


「経済学における、女性に対する長年の偏見、差別、過小評価こそが、なぜデュフォの受賞が偉大な前進であるかを示している。より多くの女性経済学者が彼女の跡に続くことを祈るばかりだ」


同じく英国のBBCは、エスター・デュフロから次のような言葉を引き出している。


「女性も成功することができる、女性も成功が認められるのだと示すことは、多くの女性には仕事の継続を励ますことになり、また多くの男性には、一人の人間として女性に尊敬の念を抱かせることになる、と思います」


どちらも、女性差別や女性の置かれている地位への深い洞察なしには書けない記事だ。


Congratulations,Esther Duflo. The world needs more female economists

Economics Nobel prize won by academics for tackling poverty

MIT economistsEsther Duflo and Abhijit Banerjee win Nobel Prize

ノーベル平和賞エチオピア首相と男女平等

女の怒りノーベル文学賞をぶっ飛ばす

ノーベル文学賞選定機関の女性蔑視

世界の男女賃金格差縮まらず

貧乏は性差別だ♪

選挙で、女性の貧困を変えよう!


【写真はスウェーデン王立科学アカデミーによるノーベル経済学賞受賞者発表に使われた動画 より】







by bekokuma321 | 2019-10-17 00:45 | 北欧

1013日、上尾市コミュニティセンターで、三井マリ子さん「議会&選挙が変われば暮らしが変わる」 がありました。ノルウェーに関する三井さんのお話は、行動力や取材力による裏付けと説得力があり、いろいろなことを考えさせられました。

速報「議会&選挙が変われば暮らしが変わる」(上尾市)_c0166264_07514153.jpg

「素晴らしかった!!上尾にお出で頂き、本当に有り難かった!」――これは、講演4時間後、私の携帯にラインで届いたメッセージです。社会福祉法人桜樹会白ばら学園の学園長、矢崎操先生からでした。AAN(オール上尾市民活動ネットワーク 通称エーツーエヌ)のメンバーです。AANは、上尾市の市政・市議会を刷新しなければならないと考える方たちによるNGOで、講演会の主催者です。

三井さんは、民主主義の土台は「選挙制度」だと考え、世界一の民主主義の国とされているノルウェーの選挙を長年調査してきました。先月も、地方議会議員選挙の取材にノルウェーに行ってきたそうです。

三井さん撮影の写真を見ながら、ノルウェーでは、子どもたちから大人まで日ごろから政治や選挙に熱心にかかわっていることを知りました。小学生がラップで歌う「子ども選挙」、中学生による政党の選挙公約調査、高校生の「スクール・エレクション」、投票は候補者ではなく政党に入れる比例代表制、長い事前投票期間、「どちらに投票する?」という選挙バージョンのお菓子、etc

とくに高校の学校内で、全政党の候補者・代表による討論会、選挙運動、模擬投票が行われていて、その準備から進行まで生徒会が主催していることには驚かされました。

そんな高校生には、議員候補になる生徒も多く、「緑の党」から国会議員に立候補した高校生は「地球温暖化」活動に没頭しすぎて出席時間が不足して退学になったそうです。心配する三井さんに、彼女は「高卒資格は検定試験でとれますが、地球温暖化はそういかない」と強く訴えたそうです。ノルウェー版の「グレタ・トゥーンベリ」です。

奇しくも講演会は、史上最も激烈な台風に襲われた1012日の翌日でした。このことひとつ考えても地球環境に優しい自然エネルギーへのシフトが問われています。

21世紀の社会にふさわしい価値の創造とシステムの構築には、一人ひとりが行動することが必要です。一人ひとりが20世紀の価値観を問い直し、どちらを選択しどちらに進もうとするのかによって、私たちが真に求める改革が実現するか否かが決まるのです。今は、私たち人類の存続が左右される、まさにその時。そして、一人ひとりがいかに生きるかは、政治のあり方と密接な関係にあるのです。

しかるに、上尾市の投票率は、参議院選47%、県知事選34%、市議選37%です。上尾市民の最大多数派は「選挙に行かない派」!なのです。「これでいいの?」です。ちなみにノルウェーは投票率が高く、国会選挙78.2%、地方選挙65%だそうです。

私は三井さんと大学で出会い、青春時代をいっしょに過ごしました。今も、人類存続を左右する大問題に取り組んでいる三井さん。私も自分の専門領域で微力ながら力を尽くすつもりです。これからもよろしくお願いします。

日比 曉美(社会福祉法人桜樹会・白ばら学園第2こどもの家副園長)

速報「議会&選挙が変われば暮らしが変わる」(上尾市)_c0166264_07461059.jpg

【写真上:ノルウェー・オスロ市議会について説明する三井講師。市長、副市長、環境問題担当局トップ3人とも女性。しかも2人は移民系。市長など幹部は市議会議員から選ばれる】
【写真下:講演後の「学習・対話交流会」。4時半ごろまで質問や意見が相次いだ。進行役は渡辺繁博「埼玉自治体問題研究所」事務局長】 
写真提供は大友弘巳「上尾の図書館を考える会」事務局長(ブログ「まちウオッチング」

ユーチューブ(YouTube)もどうぞ:

https://youtu.be/iMGLg72mDhY(三井マリ子さん前半 講演会)
https://youtu.be/BQd39fCEhVA (三井マリ子さん後半 対話交流会)

(竹内和泉さん撮影。「1013日は、台風19号被害のため来れなかった方もいます。でも、YouTubeで見ることができます。多くの方にリンク先を伝えてください」と竹内さん)



by bekokuma321 | 2019-10-16 08:39 | ノルウェー