4月20日、東京で「選挙を変えれば暮らしが変わる ♪モノトーン議会からオーケストラ議会へ♫」が開かれた。

ノルウェー、ニュージーランド、韓国の代表たちは、自国の選挙制度と女性の進出などについて熱っぽく語った。下記は、宮城から参加した伊藤由子議員の寄稿。

●ノルウェー●
クオータ制は政党には規制されていない
「クオータ制は、男女平等に不可欠か」。ノルウェーのトム・クナップスクーグさん(ノルウェー王国大使館参事官)から、参加者にこんな疑問が投げかけられた。

確かに現在に至るまで、ノルウェーの法律では政党にクオータ制は強制されてはいない。1978年に男女平等法が成立して、10年後の1988年、その男女平等法が改正されてクオータ制が導入された。しかし、それは政党にではなく、公的委員会など行政レベルに対してだった。

1993年には父親の育児休暇制度が導入された。父親がとらないと無効になることから、育児休業の父親への強制となり、「パパ・クオータ」と呼ばれている。

彼の「実は、政党にクオータ制がなくても政党は男女平等が実現しているところがある」の発言には、このようなクオータ制の歴史あるのである。

最初の発言「男女平等の進展は、女性だけではなく両性の生活が充実すること(育休はどちらがとってもいいなど)」は、新鮮であった。

高い投票率は投票しやすい環境から
2017年の国政選挙の投票率は78%、しかも女性の国会議員の割合は41.4%を超えたと報告。一因として、投票しやすい環境がととのっているからとし、病院や公的機関の殆どで投票が可能であり、18~19歳の投票率も75%であると紹介した。 

選挙の場所や時間については、日本でも高校生や働く女性たちからも声があり、地方自治体でも取り組める例として、実現したいと思った。

ノルウェーでは2008年にすでに企業の女性役員は、4割という目標を達成している。また現在、連立政権の3政党の党首は女性であると言ったが、これらは男女平等をめぐる息の長い戦いの成果であると感じた。

●ニュージーランド●
小選挙区制をやめて比例代表併用制にしたNZ
ニュージーランドのテサ・バースティーグさん(駐日ニュージーランド大使館一等書記官)は、現首相は女性で、3人目の女性首相であり、最高裁の裁判長も女性、国会議員の38.3%が女性であると言った。

1996年、小選挙区制をやめて小選挙区比例代表併用制を導入した際、女性議員は21%から29%になった。比例代表制を導入したことによって、政党の候補者名簿で選挙をすることになった。女性は、政党内の候補者リストに名前が載ればよく、選挙区で闘わなくてよくなったことが女性議員増につながった、と話した。

女性を迎え入れる環境を
37歳の女性首相は、6月から6週間の育児休暇をとり、後に復帰するという。また2人の女性が国会で授乳している姿を映像で紹介した。これには、熊本市議会の女性議員はじめ、結婚・出産・育児など現在進行形の女性議員にとっては、心強い話だったのではないか。今後、日本で、選挙法を変えることを考えると同時に、進めるべき環境整備について確認できたと思う。

私は、バースティーグさんの「比例代表制の候補者リストに変わっただけでは女性議員は増えない。女性を迎えいれる環境がないと女性は立候補したいと思わない」という言葉が胸に沁みた。まさしく「議会が魅力的な場所なら」と、友人に言われたことを思い返していた。

●韓国●
比例区にクオータ制を導入した韓国
韓国のキム・デ・イルさん(大韓民国大使館参事官兼選挙官)は、2000年にクオータ制を導入して、小選挙区では30%を女性とすると決められたものの違反しても罰則はなかったため、増えなかった、と話した。しかし、現在は、比例区に50%のクオータ制が罰則付きで強制されているので、女性議員が増えた。

また政党が、女性候補者を公認すると国から政党に補助金が出るようになったと語った。儒教の国柄のせいもあり、自主性に任せては変わりにくいので、罰則は効果的と語った。

女性議員増で偏見がなくなってきた
クオータ制の効果は、女性議員の数の増加に表れているが、質的な変化もみられるようになったとの発言は、非常に興味深かった。

議会内の政治的文化が変化し、女性関連政策や国民全体の安全政策などが増えてきたことや、議長並びに委員長といった役職に女性が就任したり、女性高官の割合がアップしたこと、さらに女性政策を企画する「女性家族省」が設置されたという報告があった。何よりも、政治分野における女性に対する偏見が払しょくされたと明言した。

小選挙区比例代表並立制の比例枠に限ってだが、候補者リストは男女交互で一番は女性というクオータ制は、女性議員増をもたらし、ひいては国民の投票行動に変化をもたらしたという韓国の話は、私たちのめざすところであり、具体的なモデルだ。

3カ国の講演後、会場からは、議員が病気や他の理由で出席が叶わない場合の代理制度などについて意見交換が行われ、実りの多いシンポジウムとなった。

2018.4.28 伊藤 由子(宮城県加美町議会議員)

c0166264_1204498.jpg
 ▲3カ国のスピーチの後、会場からの質問に答える韓国のキム参事官。逐次通訳のため時間がかかり、さあこれからというところで終わった(4月20日、東京ボランティア・市民活動センター。撮影富山達夫)

国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」序
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」ノルウェー
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」韓国
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」ニュージーランド
[PR]
by bekokuma321 | 2018-04-30 12:45 | その他

1984 年、クリスマスイブ。

女たちは、国がつくろうとする男女雇用機会均等法に反対し、自分たちでつくっ た法案をバトンに入れて、労働省まで走った。「女だからは許さない」、「職場も家庭も男女平等 に」…。30年後。女たちへのセクハラや差別はなくなったか? 仕事と家庭を両立できるようになったか?

●5月27 日(日)14:30~16:30
●東京ウィメンズプラザ 視聴覚室 (東京都渋谷区神宮前 5-53-67 渋谷駅から徒歩 12 分 表参道駅から徒歩 7 分)
●ドキュメンタリー映画「たたかいつづける女たち ~均等法前夜から明日へバトンをつなぐ」 (2017 年/71 分/監督 山上千恵子)
●参加費 500 円 (どなたでも参加できます。お気軽にどうぞ)

ゲスト 高木真紀子(銀行勤務・働く女性の全国センター会員。「私は均等法 第 1 世代。法制度に疑問や批判がいっぱいあります」)

c0166264_13142715.jpg


ドキュメンタリ映画「たたかいつづけるおんなたち」上映活動をしたいかたへのノウハウ
映画『たたかいつづける女たち~均等法前夜から明日へ』
試写会『たたかいつづける女たち』
姉妹よ、まずかく疑うことを習え
ビデオ工房AKAME DVDリスト「生き方」
Sister wave_山上千恵子監督の3作品
日本はどんなに早くても世界98番目
[PR]
by bekokuma321 | 2018-04-29 13:22 | その他

4月20日、東京で「選挙を変えれば暮らしが変わる ♪モノトーン議会からオーケストラ議会へ♫」が開かれた。

ノルウェー、ニュージーランド、韓国の代表たちは、自国の選挙制度と女性の進出などについて熱っぽく語った。スピーチ内容を要約して、国ごとに紹介する。

■ニュージーランド「比例代表併用制導入で変わったニュージーランドの政治」
(講師:テサ・バースティーグ一等書記官、通訳:ロイド久美子Policy Adviser)

c0166264_12245379.jpg

ニュージーランドは、1996年、小選挙区制から「小選挙区比例代表併用制」(MMP)に変えた。併用制選挙を解説した、わかりやすいビデオがある。

ビデオ: MMP (Mixed Member Proportional)  

有権者は、「支持政党」と「選挙区の代表」の2種類の投票をする。国会の議席配分は、政党の得票割合と同じ割合になる。たとえば、労働党が50%をとったら、労働党は、国会の全120議席の50%すなわち60議席に決まる。選挙区で当選が30人だったとしても、残り30議席は、労働党の候補者リストから選ばれる。

なぜ小選挙区制から、比例代表併用制に変えたか。主な理由は、小選挙区制のもとでは、政権を握る政党の大きな政治権力に対して、国会のチェック&バランスが十分できなかった点にある。女性やマイノリティが少なかったことが主たる理由ではない。

次に女性議員について。世界で初めて女性に参政権を付与したわが国を誇りに思う。女性議員は80年代から増え続け、いま歴代最高の38%である。37歳の女性首相は、6月から育休にはいる。赤ちゃん連れの女性議員が国会で授乳したり、国会議長が女性議員の赤ちゃんを議長席で抱っこしたこともあった。

女性を迎え入れる環境が用意されると、立候補したい女性は増える。ある一定割合(クリティカル・マスcritical mass)に達すると、さらに増える。国会議場の隣に授乳室が設けられているし、議員は、他の労働者と同じように育児休業をとれる。

比例代表併用制への移行によって、女性議員の数はジャンプした。比例代表制は、政党ごとの候補者リストというシステムをとるので、女性は、選挙区で闘わなくても、政党内でリストに載ればいいからである。

政党は、クオータ制を法で求められてはいないが、女性議員増を約束している。それは、女性候補を増やさない政党には、選挙で罰が下るからだ。女性議員増の出発点は、国民の要求運動(popular movement)なのである。

要するに、女性議員増は、比例代表併用制の果たした役割も大きいが、政党の力と国民の要求によるものだ。

【写真はニュージーランド大使館のテサ・バースティーグ一等書記官。撮影富山達夫】

(全国フェミニスト議員連盟と選挙改革フォーラムの共催)

国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」序
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」ノルウェー
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」韓国
女性に優しい政治をかなえる比例代表制選挙(NZ)
選挙制度は政治を根本から変えた(ニュージーランド)
[PR]
by bekokuma321 | 2018-04-27 14:01

4月20日、東京で「選挙を変えれば暮らしが変わる ♪モノトーン議会からオーケストラ議会へ♫」が開かれた。

ノルウェー、ニュージーランド、韓国の代表たちは、自国の選挙制度と女性の進出などについて熱っぽく語った。スピーチ内容を要約して、国ごとに紹介する。

■韓国「クオータ制とその実態を選挙制度から見て」
(講師:キム・デ・イル参事官兼選挙官、通訳:オ・ヨンテ在外選挙担当官)

c0166264_1411481.jpg

韓国にクオータ制が導入されて18年目になる。法改正された2000年の国会議論に私(キム選挙官)は立ち会うことができた。

女性団体やフェミニズムに賛同する男性たちは、男性より多い女性の人口に応じた代表すなわち女性議員は少なすぎるということに注目した。

儒教文化の国であり、保守系政治グループ政権だったので、女性団体は、政党の自主性に任せるだけでなく、法制化が必要だと運動していった。大別して、公職選挙法と政治資金法の2つが改正された。

国政選挙の比例区において、政党の候補者名簿の50%しかも奇数に、女性を入れることが義務化された。違反した政党の名簿は受け付けられない。一方、小選挙区においては、全公認の30%を女性にせよと政党に努力義務が課された。

地方選挙にもクオータ制があり、国会議員の選挙区を1単位として、そこに女性候補1名以上を政党は公認しなければならない。違反すると無効だが、政党が公認しても女性が受けない場合は適用されない。

政治資金も改正された。女性を一定割合公認した政党には国庫から補助金が出ることになった。加えて、政党への国庫経常補助金の10%を女性政治家育成発展のために使う、とされた。

結果だが、比例枠へクオータ制を導入した2000年当時は大きな変化はなく、違反した政党の候補者名簿は無効とする罰則ができてはじめて女性の割合が上がった。地方選挙は、2002年、女性はクオータ制をしいた都道府県にあたる選挙で増えたものの、市区町村にあたる選挙では増えなかった。後、クオータ制が基礎自治体にも適用されて、15.1%に増えた。

女性のクオータ制導入による変化は多い。
①女性代表数が増え、女性関連の法制度や法改正が増加するなどの質的変化 ②女性議員の専門性に対する評価の変化 ③女性議員の超党派的とりくみ ④議会の政治文化の変化 ⑤女性高官が増えるなど政府の変化 ⑥国民の投票行動の変化

「まず制度を変えてみよう!」とクオータ制を導入して18年目、女性は、国会で17%、地方議会で25%になった。

今後は、国政選挙の小選挙区において女性30%以上を強制に変えること、比例枠の定数を増やすことが必要だ。地方選挙でも選挙区の30%を女性にすることを強制にすべきだ。

【写真は韓国大使館のキム・デ・イル参事官兼選挙官。撮影富山達夫】

(全国フェミニスト議員連盟と選挙改革フォーラムの共催)

国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」序
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」ノルウェー
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」ニュージーランド
韓国総選挙 女性15.7%に
国際女性デー「クオータ制シンポジウム」
国際シンポジウム「世界は進む、日本は進まず」
初の「女性六カ国協議」開かれる
[PR]
by bekokuma321 | 2018-04-27 13:53 | アジア・アフリカ

4月20日、東京で「選挙を変えれば暮らしが変わる ♪モノトーン議会からオーケストラ議会へ♫」が開かれた。

ノルウェー、ニュージーランド、韓国の代表たちは、自国の選挙制度と女性の進出などについて熱っぽく語った。スピーチ内容を要約して、国ごとに紹介する。

■ノルウェー「世界で最も幸せな国の選挙制度」(講師:トム・クナップスクーグ参事官、通訳:仙波亜美広報担当官)

c0166264_11354627.jpg

ノルウェーは、労働界への女性参加が世界で最も高い国のひとつだ。それを可能にしている背景に、1~5歳の90%以上が保育園に通園し、父親に強制された育児休業(パパ・クオータ)を含む長い育児休業のシステムがある。

政治における女性割合は、大変高い。1913年の女性参政権以来、女性は、民主主義形成プロセスに参加につぐ参加をしてきた。昨秋の国政選挙の結果、国会議員の40%以上、首相・外務相・財務相を含む閣僚の半分、連立を組む3政党の党首3人全てが、女性となった。

女性の政治参加は、政治を変えてきた。保育や育児の改善、女性に対する暴力撤廃、合法的妊娠中絶などの権利は主に女性が勝ち取った。この進歩は、女性のみならず人々の可能性を解き放つことにつながっている。

女性議員増に選挙制度は「おそらく、関係があるだろう」。比例代表制選挙において、政党は、候補者名簿(リスト)に女性を載せやすいからだ。

クオータ制は、政党に強制されてはいないが、主な政党は、40%の性別クオータ制をとりいれている。クオータ制を導入しない政党でも、ほぼ男女同数を候補者名簿(リスト)に登載している。ほぼ全ての政党にある女性部や女性委員会が、男女平等をけん引する。

ノルウェーの選挙民は、候補者にではなく、政党の候補者名簿(リスト)に投票する。政党の得票数に比例して、政党の当選者が決まる。政党の得票率と国会の政党別議席割合は、ほぼ等しい。

投票率は約8割。ひとつには投票しやすい環境にある。解散がなく、投票日は9月初めの月曜と決まっている。投票日の何週間も前から投票できるし、病院や高齢者施設など公的施設で投票ができる。

投票権も立候補権も要件は全く同じで、国政選挙は、18歳以上のノルウェー国民で、ノルウェーに住民登録されていればいい。地方選挙では、有権者は、当選に影響を与える個人票を持ち、リストの候補者1人に1票、何人に加えてもいい。

【写真はノルウェー王国大使館のトム・クナップスクーグ参事官。撮影富山達夫】

(全国フェミニスト議員連盟と選挙改革フォーラムの共催)

国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」序
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」韓国
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」ニュージーランド
[PR]
by bekokuma321 | 2018-04-27 11:59 | ノルウェー

加計・森友改ざん事件、自衛隊の日報隠ぺい事件、財務次官のセクハラ事件…など問題が噴出する国会。この場に、女性はどの程度進出しているだろう。

国際比較に使われる衆院に、女性はわずか1割しかいない。一方、北欧ノルウェーは4割を超え、ニュージーランドは約4割、おとなりの韓国は2割に届こうとしている。

代表的な比例代表制選挙の国ノルウェーは、100年間、国会も地方議会も比例代表制である。

ニュージーランドは、1996年、国民投票で小選挙区制から比例代表併用制に変えた。

韓国は、日本と同じ小選挙区比例代表並立制だが、違うのは比例枠にクオータ制を強制していることだ。

4月20日、東京で、3カ国の大使館員が、選挙制度と女性議員増の関係についてわかりやすく報告した。そのスピーチを国ごとに要約して紹介する。要約は、それぞれのリンク先をクリックしてどうぞ。

1 ノルウェー「世界で最も幸せな国の選挙制度」 
 講師:トム・クナップスクーグ(ノルウェー王国大使館参事官)
 通訳:仙波亜美(同広報担当官)

2 ニュージーランド「比例代表併用制導入で変わったニュージーランドの政治」  
  講師:テサ・バースティーグ(ニュージーランド大使館一等書記官)
  通訳:ロイド久美子(同 Policy Adviser)

3  韓国「クオータ制とその実態を選挙制度から見て」  
  講師:キム・デ・イル(大韓民国大使館参事官兼選挙官)
  通訳:オ・ヨンテ(同在外選挙担当官)

c0166264_1153158.jpg
 ▲左からノルウェーの仙波広報担当官、同クナップスクーグ参事官、ニュージーランドのバースティーグ一等書記官、同ロイドpolicy adviser、韓国のキム参事官兼選挙官、同オ選挙担当官。(2018.4.20 東京ボランティア市民活動センター、撮影富山達夫) 

(国際シンポジウムは全国フェミニスト議員連盟選挙改革フォーラムの共催で企画運営された)

比例代表制は男女格差を縮める(世界経済フォーラム2017)
小選挙区制は女性の声を捨て去る
比例代表制は女性や弱者が当選しやすい
[PR]
by bekokuma321 | 2018-04-27 11:28 | ノルウェー

c0166264_13533254.jpg




クオータ制発祥の国ノルウェー(国際女性 No.27)
[PR]
by bekokuma321 | 2018-04-19 13:51 | ノルウェー

2017年秋、北欧アイスランドで国政選挙があった。

アイスランドを含む北欧はすべて比例代表制選挙なので、いくつかの政党が交渉を重ねて連立政権をつくるのが普通だ。

今回は、第二党となった「左派緑の党」党首であるフェミニストのカトリーン・ヤコブスドッティルが首相に選ばれた。

首相は、「男女賃金格差禁止法」を今年2018年1月1日から施行した。なんと素早いこと! しかも男女同一賃金であることを証明できない25人以上の会社・公共機関には1日6万円近くの罰金が科されるのだという。

罰則のない理念法しか作れない日本とは大違いだ。「2022年に男女同一賃金の完成」が目標らしい。

この「左派緑の党」の前身は「女性党」だ。女性党があったころ、首都レイキャビクまで飛んで、女性党事務所を訪問した。そのとき私の目を射抜いたのが、このポスター。

ポスターのアイスランド語は何と言っているのだろう。「叫ぶ芸術:ポスターに見る世界の女たち」(I 女のしんぶん)をどうぞ。

c0166264_1803640.jpg


2017世界平和指数トップはアイスランド
アイスランド女性がいっせいに休んだ日
百田氏よ、恥を知れ! 

[PR]
by bekokuma321 | 2018-04-18 19:00 | 北欧

ショッキングなニュースが、スウェーデンから届いた。ノーベル文学賞を選考するスウェーデン・アカデミー初の女性事務局長サラ・ダニウスが、先ごろ辞任した。実は更迭のようだ。

世界に伝播し、女たちからの訴えが堰をきったように流れ出した#MeToo運動。ストックホルム在住のビアネール多美子さんの記事などによると、スウェーデンはとりわけすさまじかったと伝えられているが、それと関連する。

男女平等先進国の、しかもノーベル賞選考機関という権威の塊のようなところでさえ、女性が尊重されていない。男尊女卑の根深さにがくぜんとした。

サラ・ダニウスは、事務局長の座を去ったが、黙ってはいなかった。アカデミーの女性蔑視、なれ合い、身勝手さと闘ってきたことを文書で明らかにしたのだ。彼女の毅然たる表現に、心から敬意を表する。私も見習いたい。

「スウェーデン・アカデミーは、女性を貶める古臭い力関係や言葉に対してはっきり対峙する力であるべきだ」

「倫理は、最上壇に置かれるべきであり、ものごとを決める際、対立や守秘義務に関しては厳格なルールに従うべきである。犯罪や窃盗行為は起訴されるべきであり、法的執行機関に報告されるべきものである」

「相続したものを守るために傲慢になってはいけないし、広い世界から距離を置いてはならない」

「党派的傾向は、現代には不要である」

「伝統がすべて保存に値するわけではない」

ことの発端は、アカデミーのメンバーである作家Katarina Frostensonの夫が、セクハラを繰りかえしていたと、女性18人が#MeToo運動で告発したことだ。アカデミーは、セクハラ疑惑男性の妻の留任を決めた。ところが、別のメンバー3人が、抗議の辞職に至った。こうした対応をめぐって、アカデミーに批判が寄せられていたのだという。

辞職した事務局長サラ・ダニウスのトレードマークは、ボータイブラウス。彼女の無念の辞職後、何人もの女性たちが(数人の男性も)ボータイブラウスをまとって、サラ・ダニウスへの支持を表明している。なんとも後味の悪い事件だが、女性同士の連帯の強さに、救いを感じた。


c0166264_2103266.jpg
 ▲2018年2月10日号のI女のしんぶんに報道された、スウェーデンの#MeToo運動。ビアネール多美子さんによる記事

'Not all traditions are worth preserving': ousted Swedish Academy head Sara Danius
Swedish Academy's first female head ousted after #MeToo scandal
De visar sitt stöd för Sara Danius med knytblus
セクハラやめろ!(スウェーデン)
セックス同意法(スウェーデン)
ノルウェー労働組合員736人、組織内のセクハラ文化を抗議 「恥と罪の意識を返却します」 #MeToo
ブルントラント元首相 セクハラ被害を語る
[PR]
by bekokuma321 | 2018-04-17 21:13 | 北欧

財務省福田淳一事務次官は、女性の記者に対してセクシャルハラスメントを繰返していたことがメディアで報じられた。

週刊新潮編集部が公開した録音テープによると、彼が二言目には、卑劣で卑猥で野蛮な言葉を使っては女性記者に言いよっている。被害者が断っても、まったく無視。またしつこく「胸触っていい?」「手しばっていい?」などと繰りかえす。

聞いてるだけで、鳥肌がたつ。こんな男性を相手に仕事をしなければならない環境に置かれた女性記者の辛さ。想像を絶する。

福田淳一事務次官は、財務省で働く人たち約7万人余りのトップに君臨する。支配構造の頂点にいる人間が、立場の弱い人間相手に、「これくらいどおってことない」とたかをくくっては性的言動を繰り返す。これはセクハラの典型だ。

本来なら、こんな事態に至るまで注意を怠った側である麻生財務大臣の責任を明らかにするべきだ。ところが、こんな報道があった後にあっても、麻生財務大臣は、自分の部下である福田淳一事務次官のセクハラ言動を調査もせず、処分もしないと言っているらしい。

こうした加害者を罰しない職場環境が、さらなるセクハラ被害を生む。怒髪天をつく思いだ。

私もセクハラを受けた経験があるが、セクハラは、働く女性の誇りや自尊心を深く傷つける重大な人権侵害であり、女性から働く意欲を奪う労働権の侵害である。確信を持って言える。

私が議員時代、同じ会派の男性議員は私にセクハラを繰り返した。大勢の幹部職員がいる常任委員会の席上でも卑劣な言葉を投げつけられた。ある時は、議会の廊下で身体を触られた。

しかし私の受けた嫌がらせは、私の手元に寄せられた膨大なセクシュアルハラスメントの事例に比べると些細なものだった。たとえば、大学教授から言い寄られて断ったとたんに職場を配転させられた非常勤職員、女性がたった一人の電気工事会社で日常的にわいせつな話を聞かされて我慢の限界を超えたので抗議したら即解雇された社員、仕事の打ち上げで飲み会に行って気分が悪くなったままホテルに連れ込まれ強姦されたあげく解雇された社員……。

あれから4半世紀。「女性活躍」などという空疎な言葉が日本に舞っている。女性に本当に活躍してほしいなら、働く女性の誇りや自尊心を傷つける人権侵害であり、女性の労働意欲を阻害する最大の要因のひとつ「セクシャルハラスメント」を根絶することだ。そう、福田事務次官はただちに公職を辞すべきだ。同時にその指導監督責任を怠った麻生大臣も、辞任すべきだ。

c0166264_21163971.jpg
   財務省ホームページ

【財務省のホーム―ページから財務省に意見を寄せられるので、上記をですます調にして送信した。財務省へ意見・要望を送るにはこちら
[PR]
by bekokuma321 | 2018-04-13 17:06 | その他