人気ブログランキング |

カテゴリ:ノルウェー( 661 )

ノルウェーの統一地方選は9月9日。選挙期間の定めはなく、「年から年中選挙」なのだという。

とはいえ、実際は夏休みが過ぎたころが本番。各地の市民が行き交う場所に、選挙小屋や選挙テントが誕生する。メディアにも政党や政党党首を扱う番組が目立つようになり、「選挙の季節到来」を告げる。

下は、オスロの目ぬき通りをカラフルに染める政党の選挙小屋だ。

日本の選挙事務所にあたり、政党のポスターや政策チラシが飾られている。ただし、ノルウェーは比例代表制で、1票は、候補者にではなく支持する政党に入れる。だから日本のような候補者個人の選挙小屋や選挙ポスターはない。あのうっとうしい選挙宣伝カーもない。あるのは、こうした政党ごとの選挙小屋。小屋の前では、市民との質疑応答が繰り広げられる。


c0166264_08422946.jpg
▲現在、オスロ市政の中核を担う労働党の選挙小屋。人気はいまいちだが、左派系の他党と連立を組んで、今回もオスロ市政を任されそうだ。

c0166264_08425890.jpg
▲オスロ議員を出せない中央党(元農業党)の選挙小屋。しかし人気上昇中で、今回は数人当選の予想。左側の子どもたちは「9年生(日本の中学生)です。学校の授業で政党の選挙公約を調査に来ました」と。


c0166264_08470763.jpg
▲保守党の選挙小屋。ここにも、子どもたちや市民が足をとめて話を聞いている。保守党は国会は与党で首相も出しているがオスロは野党。市長候補にパキスタン系の女性弁護士を立ててオスロ奪還を狙う。でも、世論調査によると難しそうだ。



c0166264_08414138.jpg
▲今朝(2019.8.20)の新聞の表紙を飾った「緑の党」。前回8.1%だったが、今回は15.2%」と躍進を伝える。緑の党は、最大党の労働党と連立を組んでオスロ市政を担っている。笑顔の女性は現在の副市長(ベトナム系ノルウェー人)。発言力がさらに増すだろう。






by bekokuma321 | 2019-08-21 09:54 | ノルウェー

c0166264_20111061.jpg

ノルウェーの統一地方選は9月9日だ。


以前、ノルウェーの親友マグニ(写真)と音楽会に行った。帰路、喫茶店に入った。マグニの友人3人も一緒だった。ノルウェー人4人のうち3人が「ええ、議員の候補になったことあるわ」と言った。議員に立候補したことのない1人は、「夫が議員。それに私の両親ともに市議会議員で、親戚にも議員が多い。私ぐらいパスしてもいいでしょ」と言った。


日本人の私の場合、友人にも家族にも親戚にも議員や立候補者は皆無に近い。ノルウェーでは、政治はごく身近なのだと思った。


そんなノルウェーで、この9月の地方選挙に立候補した人は? 統計局発表によると、市議会(日本のような市区町村の区別はない)の立候補者数は、54,254人。うち女性は23,258人で、43%にのぼる。


ノルウェーの人口は日本の30分の1ほどだ。ザックリ日本にあてはめると、候補者数は163万人、うち女性は70万人となる。日本の地方議会の立候補者は16000人程度なので、100倍以上の候補者がしのぎを削ることになる。女性に至っては、250倍である。


日本には無投票当選すらある。なぜノルウェーではこんなにも多くの人が立候補するのだろう。ノルウェーの選挙が、比例代表制であることが最大の理由だ。また「政党は立候補者を選挙区の定数プラス6人まで擁立してもいい」とする選挙法の影響もある。


たとえば、首都オスロ


東京都議会にあたるオスロ市議会には59人が座る。それをめがけて21もの政党が候補者を擁立。1政党から最大65人を出せるが、主要政党はほぼ65人めいっぱい出している。 候補者リストに大勢の人を載せることによって「多彩な人がわが党員です」とアピールできるからだ、とオスロ大学の政治学者から聞いた。それにしても、よくこんなに多くの候補者を擁立できたものだ。


感心したのは、候補者が多いばかりではない。移民難民系候補者の多いこと! 


オスロ労働党の場合、候補者リストの名前と写真や略歴などから判断すると、少なくとも14人は移民難民系だ。つまり、候補者の約20%がマイノリティ出身なのである。1番こそ白人男性だが、2番はスリランカ人の女性だ。


労働党とオスロの連立政権を担っている緑の党は、ベトナムの女性がリストの1番だ。


かたやオスロ市の政権奪還を狙う保守党はどうか。1番は白人男性だが、2番はパキスタン人の女性法律家だ。当選圏内には、モロッコ人、トルコ人もいる。しかも2番の女性は市長候補だという。もし9月の選挙で右派リーグが勝利すると、彼女がオスロ市長(都知事)となる。パキスタン女性の市長は、オスロ史上初だ。


9月9日の選挙結果が楽しみだ。


c0166264_20540653.jpg
▲ノルウェー国会議事堂前のライオン像で遊ぶ小学生。4人のうち2人はイスラム教徒のようだ。

【更新 20190814】


by bekokuma321 | 2019-08-13 21:15 | ノルウェー

アメリカから、スーパーでの買い物客を襲撃したテロのニュースがはいってきた。何時間かして、週末の夜を楽しむバーの客を襲撃したテロのニュース。暑さのせいで自分の頭がおかしくなったのかと思った。でも、事実だった。


8月3日から4日にかけて、テキサス州とオハイオ州で銃撃事件が起き、合わせて29人が死亡、53人がけがをしたとされている。襲撃犯はどちらも白人男性だった。さらに、テキサス州の容疑者が書いたのではないかとされる移民への敵意や犯行の計画を記した文書がネット上に発見されたという。


とっさに思い出したのは8年前の夏、ノルウェーで起きた銃乱射事件だ。襲撃犯ブレイビクは白人男性。彼は膨大な声明文をネット上にアップしていた。犯行は、ヘイト・クライムだった。


襲撃犯は、「単一民族の日本のようになるべきだ、麻生太郎元首相に会いたい」と言っていた。さらに彼の弁護士によると、彼は、ヨーロッパ人より日本人が彼をより理解してくれるので日本の法精神科医を要求していた。日本に心酔していたとは、衝撃的だった。


これまでも、ノルウェー襲撃犯の影響を受けたとされるテロ事件が起きているが、今回はどうだろう。ノルウェーテロ事件のときに書いた記事を再読してみた。現地取材はかなわなかったので、ノルウェーをはじめ世界各国の報道やノルウェー在住の友人からの報告をまとめた…。以下は、そのリンク先。ずい分あるが、これでも一部だ。「なぜだ?!」ととりつかれたように情報をあさった日々を思い出す。


ブレイビク事件は名誉殺人

禁固21年判決とノルウェーの犯罪制度

「襲撃は防げたはずだ」――ノルウェーテロ事件報告

「彼は負け、私たちは勝った」--ブレイビク裁判

24歳の女性生存者の証言

虹の民 MY RAINBOW RACE

4万人の歌で暴力行為に逆襲

ブレイビクの弁明は、戦争美化の弁明

ブレイビク被告とノルウェー人の価値

ヨーロッパの排外主義と日本のバックラッシュ

ブレイビク被告のファシスト的証言

襲撃犯は精神病である――報告書

美と温もりを愛でし時まで

若者たちへ

自由は恐怖よりも強い

オスロ市議会議員カムシ

悲劇を乗り越えるために現場視察

極右の攻撃―ノルウェーと日本

生きて、選挙に突入する20歳の県会議員候補

襲撃犯が嫌悪するフェミニズム

テロリストの理想は日本

地方議会で活躍していたはずの女性たち

ノルウェー首相「魔女狩りはやめよう」

ノルウェー:首相「価値を守り続ける」

テロ容疑者のターゲットはブルントラント元首相か

ノルウェーの若者の政治参加いっそう高まる

ルウェーからの報告:追悼デモに参加して

「彼はガンで、私たちは愛で」

テロ事件は人々の団結に

テロ事件から2日

テロ事件の背後に

ノルウェー労働党青年部の夏合宿

ノルウェー襲撃犯と民主主義

ノルウェー襲撃される


c0166264_11313103.jpg
▲シリア難民の子どもたちなど、ホームレスとなった子どもたちを集めてのワールドカップ、開催中。写真は受付(2017年夏、オスロ市庁舎前)


c0166264_17112827.jpg
▲オスロ中央駅の壁一面に貼られていたTrond Hugo Haugen作「現在のノルウェー」。憲法制定200年記念アート。白人男性だけだった200年前の議会を描いた絵画をもじって、性や民族など多様性あふれる今のノルウェーの縮図を表現している(2014年夏、オスロ中央駅にて接写)


by bekokuma321 | 2019-08-05 11:44 | ノルウェー

七夕の日の午後3時半から、飯塚市で、こんな集いがあります。お気軽にご参加ください。託児つき、手話通訳つきです。


c0166264_07362761.jpg

by bekokuma321 | 2019-07-07 07:40 | ノルウェー

今日71日から、ノルウェーでは事前投票が始まる。地方選挙の投票日は99日だから、2か月以上も先だ。


日本の場合、「期日前投票」は、議員の種類によって異なっていてややこしいが、ほんの数日間からせいぜい2週間程度と短い。だからノルウェーの、この長さを聞いた時には、「ウソだろう」と信じられなかった。


ノルウェーは、国会議員選挙と地方議会選挙のどちらにも「事前投票」と呼ばれる制度があり、基本的には8月から1か月間だ。しかし、前々から北極近くのスヴァールバル諸島およびヤンマイエン島で働いている人たちや、海外で暮らす人たちは、71日から投票ができるようになっていたらしい。


それが、ある時から国内の人も、「特別な必要性」を申し出ることによって、71日からの投票が可能になったのだという。


だいたいの人は、従来通り8月からが多いのだという。とはいえ、有権者が特に必要ならば、2か月前から投票できるようなサービスを整えていることに、この国の民主主義にかける強い意志を感じる。



c0166264_23104269.jpg



c0166264_22452175.jpg

【写真:いずれも、オスロ市内に設けられた2017年国政選挙における事前投票所】



by bekokuma321 | 2019-07-02 23:03 | ノルウェー

c0166264_14344020.jpg


ノルウェーは、この9月、地方選挙だ。先ごろ、その立候補者の全体像が明らかになった。

全体で55,254人。そのうち女性は23,258人、43%。30歳以下の若者は6,684 人、12%である(注)。

ノルウェー大使館から今朝届いた「MSNニュース」によると、全候補者数は、4年前の全候補者58,093人に比べて3800人減った。これは、大幅な合併によって地方自治体の数が減ったことが主な要因だ。

しかし、女性も若者もまったく減っていないのは驚くべきことだ。女性の候補数は微増。一方、若者の候補数は史上最高だと、ニュースは言う。

若者候補が増えた背景には、スクール・エレクション などによる子ども選挙キャンペーンの成果があがってきていること、地球温暖化など環境問題に子どもたちの関心が高まっていること、しかも政治によって解決されねばならないとする子どもたちが多いことが考えられる。

そもそも大前提として、比例代表制選挙なので、立候補者個人は選挙に1円もお金をかけなくていいことや、地方議員は職業・学業を続けながらのボランティアだということも忘れてはならない。

最も若者が多い政党は、赤党(最も左派)で29.5%、次に緑の党、中央党と続く。3党とも30%を少し下回る。

最も女性が多い政党は、左派社会党で55%、引き続く赤党、緑の党、労働党は50%を少し下回る程度だ。

ノルウェーでは、合併によって、議会数そのものが減り、議員数も減った。しかし、政党のほとんどは、クオータ制を守っているため、女性候補の割合は増えこそすれ減っていない。

これは、日本の合併後の選挙とずいぶん異なると思われる。日本の統計は、地方選における女性候補者数の変遷を公表していないのでわかりにくいが、「平成の大合併で女性候補が少なくなった」という話をずいぶん耳にした。

と、ここまで書いて、日本の地方選の致命的問題は、女性や若者が少ないことはもちろんだが、だいたい候補者がいないため選挙にならない選挙区が多いことだと思い出した。


c0166264_14342291.jpg


【写真】上はスクール・エレクションで、高校で開かれた政党討論会に参加している高校生たち。下は地球温暖化を減らそうと国会議員選挙に立候補した高校生(緑の党)。いずれも2017年ノルウェー国政選挙で。

Rekordmangeunge kandidater til kommunevalget

【速報】心が晴れやかになった「ノルウェーの楽しい選挙」

ノルウェー地方選、始まる(2015年)

NHK選挙データベース「地方議会の姿」 (2019年)

女性はわずか13%(道府県議会議員候補)


【注】「明るい選挙推進協会」の数字をもとに、参考までに、日本とノルウェーの全体像を比べてみる。4年前の統一地方選における市区町村議員選挙の候補者は、14350人。うち女性は2022人で14%。若者の統計は出されていない。日本はノルウェーの人口の30倍として、日本の地方選にノルウェー並に候補者が出たとすると、166万人となる。うち女性の立候補は約70万人になる。


【更新 20190628】




by bekokuma321 | 2019-06-27 14:48 | ノルウェー


c0166264_11263620.jpg

フィヨルドで知られるノルウェー西部のソグン・オ・フィヨラーネ県。入り組んだ湾とそそりたつ山々。人口は極端に少ない。


その県内ソグン地区ラスター市の市長は、レインボー・プライドにあわせて、ソグン地区の市長たちにレインボーソックスをはくアイデアを出した。レインボーとは虹色。LGBTレズビアンゲイバイセクシャルトランスジェンダーに誇りを持とういうシンボルに使われる。


全市長が彼に賛同。いつもの黒いソックスを脱ぎ捨ててカラフルなソックスにはきかえた。イヴァー・クヴァールン市長はその写真をフェイスブックに載せたところ、ウン百人のフォロワー。なかには、感動のあまり泣いてしまったというコメントも。


オスロなど都会では、LGBTへの理解や共感は進み、例年、大々的にパレードが行われてきた。しかし、地方の小さな町村の歩みは遅かった。ソグン・オ・フィヨラーネ県でも、やっと今年からパレードが行われることとなった。レインボーの旗を掲げる家も出てきたという。


ソグン地区の市長会開催にあわせて粋な提案をした、イヴァー・クヴァールン市長は、メディアにこう語っている。


私たちは市民の代表なのだから、レインボー・プライドに市民以上により深くコミットして、少女少年たちが愛し合うのとまったく変わりないのだと示せれば、うれしい」


ニューヨークで行われた初のゲイ・プライド・マーチから50年。ノルウェーでは、小さな地方の村にもレインボー革命の花が開いた。


写真を見て、「この地区の市長は全員男性なの? 多様性がない」というコメントも載ったというから、さすがノルウェーだ。とはいうものの、ノルウェー全自治体の30%近くは女性市長である。



Socks got people to take to their tears

LGBTが最も幸せに働けるのはノルウェー




by bekokuma321 | 2019-06-17 11:39 | ノルウェー

c0166264_08150838.jpg

614日、三井マリ子さんの講演会「投票率80% ノルウェーの楽しい選挙」に行ってきました(注)。立ち見の人も出る盛況ぶりでした。演題を意識してか、いつものちょっと早口の語り口調にジョークを頻繁に交えながらの楽しい三井講演でした。


首相が女性、国会議員の4割が女性という憧れの国ノルウェーの選挙の様子を20年以上視察してきたマリ子さん。その実際の選挙の様子を写真で見ていると、国全体が選挙をお祭りのように取り組んでいると感じました。

なにより羨ましいと感じたことは、そのお祭りに、小学生から加わっていることです。授業で政党の選挙公約調査をするとか、「子ども選挙ソング」もあって、子どもの時から政治をタブー視しない、むしろ馴れ親しむ環境が作られているのです。こうして民主主義が育つ土台が作られているのだなあと思いました。

次にお店で売られているお菓子。お菓子の包装にも選挙ムードを盛りあげる工夫がされています。人気のお菓子の包装に「あなたはどちらに投票する?」「赤?」「青?」とお祭り気分です。ノルウェーでは政権がいくつかの政党でつくられていて、赤は左派連合、青は右派連合だというのです。

そして学校内で選挙運動をしたり、模擬投票をする高校生のスクールエレクションも楽しそうでした。

ノルウェーは選挙制度が比例代表制です。民意が反映されやすく、死に票が出ない選挙です。政党が選挙候補者名簿をつくって、それが投票用紙になります。

参加者から「比例代表では候補者リストの上位に気に入らない候補者がいるときはどういう対処法がありますか?」と質問。候補者リストの候補者名の横に空欄があって、当選してほしい議員には「1」と書くとか、気に入らない議員には「×」を書くことができる、と回答がありました。

実際、先日、ソマリアからの難民マリアン・フセインという女性が国会議員になったというのです。ノルウェーでは、国会議員にも育休や病休があって、その間、同じ政党の同じ選挙区の次点候補(代理議員)が国会議員を務めます。彼女は、政党の候補者リストでは5番目でしたが、選挙の結果3番目に上がったと推測されるとのことです。党が決めた候補者の順番を、投票によって変えることができるのも素晴らしいと思いました。

講演が終わって会場を出る方々の顔が明るく、「楽しかった」という声が聞こえてきました。他国の話でも楽しい話を聞くと、心が晴れやかになります。

山城 和代(東京都小金井市民)


c0166264_08151785.jpg


c0166264_08242592.jpg

【注】日本国民救援会東京都本部主催、ノルウェー大使館後援で開催された
【写真】1枚目は高橋三栄子撮影、他は匿名希望者撮影

by bekokuma321 | 2019-06-16 08:44 | ノルウェー

c0166264_17113270.jpg


ノルウェーの政治に新しい歴史がつくられた。つくったのは、マリアン・フセイン(32)。上の写真の右側に写っている女性だ。


彼女は先週、ノルウェー憲政史上初のソマリア系ノルウェー人国会議員として、国会で演説をした(写真は、国会ビデオよりキャプチャー)。


マリアン・フセインは、先週、休暇をとった左派社会党の国会議員の代わりに国会議員となった。ノルウェーでは、国会議員が大臣に就任すると、その国会議員の代わりに、同じ政党の同じ選挙区の代理議員が国会議員となる。権力の集中を避けるため、大臣と国会議員は兼務できないとされているからだ。そのほか病気休暇、育児休暇などをとる国会議員も珍しくないため、代理議員の登場は少なくない。


それにしても、マリアン・フセインとは何者なのか。いくつかのノルウェー報道からかいつまんで紹介すると、マリアンは、内戦と干ばつが続くソマリアからの難民だ。母親に連れられて兄弟7人は、すでにノルウェーに移住していた父親と再会。家族で住み始めたのもつかの間、父親は癌で死亡。


しかし、マリアンはノルウェーの公立校の普通のクラスにはいって普通の授業を受けることができた。ノルウェーの子と違っていたのは、ノルウェー語の特別補修だけだった。「とてもラッキーなスタートでした」と彼女は言う。その後、彼女は看護師資格を取得。オスロの児童福祉センターに勤務しながら、県会議員としても活躍する。


2017年の国会議員候補者リストを見ると、マリアンは、オスロ選挙区の左派社会党リストの5番目に載っている(写真下)。ノルウェーは比例代表制の選挙だ。投票の結果は、オスロ選挙区の左派社会党から国会議員に当選したのは2人。加算票(注)を多くとったためだろうが、マリアンは上から3番目だったと報道されている。つまり、彼女は代理議員第一番目だ。党内のだれかが免職になると、ただちに出番が回ってくるというわけだ。


初の国会演説をしているマリアンは、ダーク・ピンクのヒジャブで頭部をおおっている。イスラム女性がよくかぶるスカーフだ。「フェミニスト党である左派社会党の代表が、女性差別の象徴とも言われるヒジャブをかぶることをどう思いますか」と聞いてきたジャーナリストへの彼女の答えはこうだ。


「ヒジャブは小さいころから身に着けていて、私そのものです。私のフェミニスト観点から言えば、私の政治的考えを政治についてではなく、こんなふうにヒジャブに使わなければならないのは、実にうんざり、しますね。ノルウェーでは、どう考えどう行動するかで人を判断すべきであって、どんな服装をしているかではないのではありませんか。とはいえ、男性にもドレスコードがあるでしょ。職場で、スカート、いえ短パンをはく男性はいませんね(笑)」


す・ば・ら・し・い!


c0166264_17302642.jpg

【注】ノルウェーの比例代表制選挙では、票を投じる人が順番を変える権利を持っている。上の候補者リストを見てほしい。当選してほしい候補者の左端にある空欄に「1」と書いたり、気にいらない候補者には右端の空欄にバッテン(x)をつけることができる。国会議員選挙で党の決めた順番が変わることはほとんどないと言われている。いま調査中だが、2017年選挙で5番目マリアン・フセインの左の空欄に「1」と書いた人が多かったと思われる。

Marian (SV) er første på Stortinget med hijab

Første norsksomalier på Stortingets talerstol – kritiserteregjeringen for

All adults in Norway have the right to free education—includingrefugees

Norway'best in Scandinavia' at integration

ノルウェーの移民政策

ヒジャブ着用をめぐる論争

ノルウェーのブルキニ論争

ヒジャブとオンブッド

難民体験学習をするノルウェーの若者

難民、ノルウェーと日本

ノルウェーの難民と“児童婚”

ソマリア移民女性「男女平等賞」受賞(ノルウェー)

子どもたちがはぐくむ平等と包括教育

ノルウェー国王のスピーチ録画、277万回再生される

難民受け入れと政治

難民問題

イスラム風刺漫画を擁護する女性作家


【更新 20190613 22:57】

by bekokuma321 | 2019-06-12 17:50 | ノルウェー

6月14日(金)午後6時半、御茶ノ水駅近くです。どなたでも、お気軽にご参加を。

c0166264_10171524.jpg

by bekokuma321 | 2019-05-26 10:21 | ノルウェー