カテゴリ:その他( 593 )

c0166264_21031092.jpg


38日は国際女性デー。世界中で、女たちが女たちであることを喜びあい、女性差別NOと声をあげる日


日本でも各地で国際女性デーの行事がある。


全国フェミニスト議員連盟は、10日、今春の統一地方選に女性の当選を願って、「女性議員を増やそうよ!」と訴える。どなたも一緒にどうぞ!


310日(日)13:0015:00

●渋谷ハチ公前広場

フラッシュモブとリレートーク:フラッシュモブは、ネットなどで呼びかけたたくさんの人が、雑踏を自然に歩き、前触れなくダンスや演奏を行うパフォーマンス。


渋谷まで行けないあなた。あなたの町で村で、大空に向かって声を出しませんか:「女性ゼロ議会をなくせ!」「セクハラなくせ!」「DVやめろ!」「男女同一労働同一賃金を!」「女性差別入試No!」「女性のからだの商品化はうんざり!」「父ちゃん家事やれ!」


c0166264_21083928.jpg


【写真上:ふじみつこ作「国際女性デーを祝うカード:ミモザの花」、写真下:4年前の201539日の東京新聞に掲載された、同年国際女性デーのフラッシュモブ。新聞写真は村松真佐美元小平市議提供



花を贈られて喜んでいる場合か!(ポーランド)

2018国際女性デー/ニュース

うじき2018年国際女性デー

祝!国際女性デー2017

2011国際女性デーチラシ_表

2011国際女性デーチラシ_裏









More
by bekokuma321 | 2019-02-23 21:20 | その他

c0166264_17420394.jpg


2019129日、Qの会(クオータ制を推進する会)主催の集会「議席の半分に女性を!!」に参加した。会場は衆議院第2議員会館。


1部では、昨年5月の「候補者男女均等法」の施行を受けて、各党がどのように取り組むのかについて、具体策、姿勢を語った。自民党を除く8つの政党が参加し、主に今年の統一地方選挙に焦点を当てて発言した。


女性候補発掘に苦戦している党、立候補希望者がどんどん集まっていると発言する党など、党内事情は違えど、どの党も、女性候補者を増やす必要性があるという法の趣旨を共有していると感じられた。また、女性を政治分野に増やすことは時代の要請であり、それなしには日本全体の経済活動にも支障をきたす、と語った。


220名以上の参加者の前では、こう言わざるを得ないという面もあったのだろうが、各政党が本気になっているらしいことが私には伝わってきた。今後も随時、このように、女性団体から政党に対して要請行動を行うことにより、政党側の意識も上がっていくのではないだろうか。


2部では、4月の統一地方選に立候補予定の女性が20人ほど、ずらり登場。立候補に至る動機、きっかけ、議員となってこういうことをしたいという抱負を語った。


夫の病気をきっかけに「行政支援」の必要性を実感した埼玉県羽生市の主婦、NPO活動から貧困問題を考え出した人、セクハラ行為に関心を寄せない議会への疑念から自らその場に立つことを決断した人、LGBT(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの頭文字をとった言葉でセクシュアルマイノリティのこと)の当事者として政治に向き合おうとする人、町弁から政治家を志す人など、など。


発言を聞いていて、ほとんどの女性は、目的意識が明確であり、日本の将来に希望を与える人材が多いように感じられた。この女性たちが当選し、議会で発言をするさまを想像して、ワクワクしてきた。


さらに「女性議員を増やそう」という活動を続けきた各地のネットワークも複数紹介された。「候補者男女均等法」が成立・施行されたが、それを生かすのはこれからの努力しだい、と主催者が言っていたが、私も強く同意する。                   


岡田ふさ子(全国フェミニスト議員連盟「政党に男女平等を要請するプロジェクト」)(写真も)


【写真:4月の統一地方選に立候補予定女性たちと、Qの会のみなさん。衆院議員会館】



議会を男女半々に:政党へ候補者均等法遵守要望

本旨を生かして男女同数候補者を!

祝!「政治分野における男女共同参画法」成立







More
by bekokuma321 | 2019-02-01 17:50 | その他

c0166264_19505185.jpg

今春、地方議会選挙がやってくる。候補者男女均等法ができて初めての統一地方選だ。わずか10%しかいない衆議院は知られるようになったが、地方議会も似たり寄ったりだ。なにしろ都道府県議会10%、市区町村12%。全自治体の20%は、男性議員のみの「女性ゼロ議会」だ。


男性に偏った政治は、没福祉に陥る。昨日、ミルク代を買うお金がなくて赤ちゃん殺しに問われた母親のニュースがはいった。没福祉社会の地獄を見る思いだ。「保育園落ちた、日本死ね!」 の母親の叫びも耳から離れない。要介護の老親の世話のために、泣く泣く仕事をやめる人が年間何万人もいる。気の遠くなるほど長い特養入所待ち、まったくもって足りない訪問介護やホームヘルプーーーケアサービスの手薄な社会ではそれしかないのだ。


そのうえ、セクハラ、DV・・・女たちを苦しめる性暴力は後を絶たない。女性記者たちの努力でセクハラ被害はまともに報道されるようになったが、実はセクハラを日本の法律は明快に禁止していない。だから、告発は氷山の一角だろう。どれだけ女たちが悔し涙を流せば、セクハラ禁止法ができるのか。暗澹たる思いだ。


こんなおかしな社会を変えるのは政治だ。女性や社会的に不利な立場にいる人たちの視点にたって発言する人を増やさなくては、変わるはずがない。


そんななか、埼玉県川越市で、「川越市の議員を半数にするために、政治団体『私たちのための市議会をめざそう!!』」が立ち上がったという。朝日新聞埼玉版(2018.12.13)によると、メンバーは50人、代表は山口陽子さん。(追記:東京新聞はWebで読める


きっかけは、川越市役所職員が勇気をふるって自らのセクハラ被害を告発したことだった(写真上)。加害者は8期もの多選をむさぼる新井喜一市議。被害者は30代の女性職員。これを受けて、新井市議は辞職。川越市は全職員にセクハラ被害調査実施を決め、議会は第三者委員会設置と全議員へのハラスメント研修実施を決めた。


行政や議会の動きに次いで、女性市民が動いた。本来なら、加害者の所属する自民党をはじめ、これまでセクハラを見て見ぬふりをしてきたらしき他党が対応をとるべきだろう。しかし、残念ながら政党が動いたという形跡はない。


川越市議会の女性議員はわずか20%だ。クリティカルマス30%には程遠い。クリティカルマスとは、女性の声が影響力を持つようになる最低数のことだ(ロザベス・モス・カンター)。女性議員を川越市に増やして、全国初のセクハラ禁止条例をつくってほしい! 



c0166264_20402283.jpg


【写真 朝日新聞埼玉東部版2018.9.15、 東京新聞2018.11.30  ともに矢澤江美子八潮市議提供】



2019年にあたって選挙制度を考える

女性ゼロ議会、5議会にひとつ

日本の5自治体に1つは「女性ゼロ議会」

狛江市長のセクハラと市長選

福田淳一事務次官は辞職すべきだ




by bekokuma321 | 2019-01-20 20:36 | その他

2019年1月9日、全国フェミニスト議員連盟(代表小磯妙子、まきけいこ)は、全政党に以下の要望書を提出した。



c0166264_13073253.jpg

2019年統一地方選挙で女性候補を増やす具体策の策定と実行の要望



議会がどれだけ男女均等に近づいているかは、男女平等と民主主義のバロメーターといえます。日本の著しい立ち遅れは国際的に広く知られており、最近も「国会における女性議員数が世界193カ国のうち160位1)」「政治分野のジェンダーギャップ(男女格差)指数が世界149カ国のうち125位2)」という数字が、国内外の耳目を集めました。


全国フェミニスト議員連盟は、男女平等社会の実現をめざして活動する市民と議員の団体です。1992年の結成以来、女性議員増とそのためのクオータ制制定などを目的にかかげ、政府、地方自治体、政党などに、制度改善や啓発実行を求めてきました。2018年、その一助となる「政治分野における男女共同参画推進に関する法律」が施行されたことを機に、議会での男女均等をめざして私たちはさらに努力をする覚悟です。


さて、来る4月「政治分野における男女共同参画推進に関する法律」施行後初の統一地方選挙が行われます。同法は、国会や地方議会の選挙候補者ができる限り男女均等となることを目指しています。現行選挙制度の下で候補者を男女均等に近づけるには、女性の意志はもとより、政党や政治団体が、候補者を探し選定していく過程において女性を増やしていくことが必要です。しかしながらその過程において政党が同法を遵守して女性候補者増員策をとっている様子は、私たちが把握する限り(3)ほとんど見えません。


そこで、統一地方選挙にあたって貴政党(4)に以下を要望します。


1) 党内に女性候補者を増やすことに専念して推進する部署(たとえば「候補者男女均等法部」)をただちに創設すること。既にあるならば、活動の充実と可視化の促進をはかること。


2)「政治分野における男女共同参画推進に関する法律」の目的とそれを実行する貴政党独自の具体策を策定すること。さらに党の全体会議や地方代表を集めての党会議においてこれを書面で配布するとともに口頭による周知徹底をすること。


3女性ゼロ議会をなくすために、「女性ゼロ議会」の自治体に女性候補がいない場合、そこに少なくとも一人、女性候補を擁立して「女性ゼロ議会」脱出を図ること。


4)引退議員や亡くなった議員が出た選挙区においては、その自治体の議会の半数が女性議員になるまで、その議員のあとに女性候補を擁立すること。


5)日本の候補者は、現役議員、議員だった親類縁者を持つ人、国会議員の秘書や関係者などから内々に決まっていく傾向にある。候補者選定段階でクオータ制など暫定的特別策が実行されている諸外国(5にならって、少なくとも、当該議会に女性が少ない場合、候補者確定前の検討段階で女性候補を増やすこと。

注釈はMoreを参照のこと。


More
by bekokuma321 | 2019-01-13 13:11 | その他

朝日デジタル2018.11.18に「女性ゼロ議会」の最新数字が出ていた。その記事を消えないうちに貼りつけておく。


◆全国の地方議会、「女性議員ゼロ」が約2割 青森は5割」◆


「1788ある全国の地方議会のうち、約2割にあたる349の市町村議会は女性議員が1人もいないゼロ議会だ。全議会の男女別議員数(2017年12月31日現在)に関する総務省のデータをもとに、朝日新聞が集計した。


前回の統一地方選(15年)を前に、朝日新聞が全議会から回答を得たアンケートでは、ゼロ議会は37921.2%)あり、女性議員の割合は11.7%だった(15年1月1日現在)。その後の3年間でゼロ議会は30減り、全体の19.5%に。女性議員の割合も12.9%に微増したが、依然として女性議員は少数にとどまっている。


ゼロ議会の割合が最も高く(48.8%)、女性議員の割合が最も低い(6.6%)のは青森県。ゼロ議会が一つもなかったのは大阪府だけだが、府内の44議会のうち6議会では女性議員が1人しかいない。都道府県議会でもゼロ議会はないが、山梨、香川、佐賀の3県では女性議員が1人となっている。


女性議員の割合を都道府県別にみると、18県で1割に満たず、2割を超えたのは東京都神奈川県だけ。最も高い東京都でも26.9%だ。男女がほぼ半数ずつの人口比とは隔たりが大きい。


5月に施行された「候補者男女均等法」は、国と地方の議会選挙で男女の候補者数をできる限り均等にするよう、政党に努力を求めている。来春の統一地方選で、女性議員の割合やゼロ議会の数がどう変わるか、注目される。」


c0166264_16025650.jpg

  埼玉県羽生市を昨年訪ねた。5万5千人が住むが、男性ばかりの「女性ゼロ議会」。ここで政策が決まる。


by bekokuma321 | 2018-12-29 15:43 | その他

明日、英語でフェミニズムです。お気軽にどうぞ。

c0166264_08300275.jpg

70年~80年代、若者は反戦・反権力を叫び、世界を動かしました。心を震わせる歌がたくさん生まれました。ビートルズ、ボブディランだけではなく、女性シンガーもそれまでとまったく異なった「女のための歌」を生み出しました。

今、女性差別の権化のようなトランプ大統領への怒りがわきおこるなかで、一世を風靡したヘレン・レディ、ドナ・サマー、シンディ・ローパーの歌が再び女たちのハートをとらえています。そんな歌を聞いて英語を学びます。


by bekokuma321 | 2018-12-15 09:00 | その他

128日、「今どき男だけを歌う市民の歌でいいの?」という集会があった。富山県高岡と東京都八王子の市民たちが、抗議の経緯を報告しあい、問題点を話し合った。その場で、2市とは別に、千葉県市川市の「市川讃歌」が話題になった。歌詞には「少女の乳首の尖きに富士とがり」と、あった。一同、驚きあきれ、そして怒った。


1211日、三井マリ子のフェイスブックで、「市川市の讃歌は少女のからだの一部を富士山にだぶらせています。議会、教員組合、市民団体などから抗議はなかったか」と問合せたところ、多くの反応やコメントが寄せられた。とりわけ、河野美代子さん(産婦人科医)の意見は示唆に富んでいた。河野さんの了解を得て、紹介する。


市川市の文化課は、この歌をテープにして、学校や公民館に配布したということです。学校で、子どもたちにも歌えというのでしょうか?


三井さんは1番だけを問題にしていますが、23番も深刻です。2番「雲の崖に身を投げる少女の足の裏」、3番「とがりはじめる少女の乳首の富士」(最下参照)。


市川の地に伝わる「手児奈伝説」がモチーフらしいです。海に身を投げて自殺した少女のなきがらに村の人たちが後悔したという悲話です。


自殺した少女のことを美しく悲しく描く話は、よくありがちな昔話です。手児奈伝説は、市川市のホームページにあります。見ればわかりますが、ここには美しい少女は出てきますが、どうしてこれから乳首に、足の裏になるのでしょう。どうして子どもまで歌う市民の歌になるのでしょう?エロオヤジの妄想ではありませんか! 偉い人が作った詩だからと持ち上げる役人たちや周りの人たちも同罪です。


私は、性被害ワンストップセンターの活動に関わっています。その中で、少女が性的な対象とされる事件があまりに多いのに愕然としています。殺された場合だけ公に報道されますが、そうでないところで、どれだけ多くの被害があるか。少女の裸体が、乳首が、美しい、と思うのは自由であっても、どうしてそれが市の歌なのか、私たちの娘たちが、そんな目で見られることに、私は心から嫌悪しているのです。


市川市は、この「市川讃歌」はあまり市民に知られていないからと、1999年に改めて作って歌を録音し、学校や公民館にCDを配布したということです。大昔のことではなく、つい最近の話なのです。ーー河野美代子】

    


c0166264_18591033.jpg


■市川市の歌 (男女の混声合唱でうたわれている)

河野美代子のいろいろダイアリー





by bekokuma321 | 2018-12-14 19:07 | その他


2018年11月1日づけのIPU調査によると、国会(第1院)における女性議員数で、日本は、世界193カ国のうち160位だった。


この数年、日本はいつも世界160番目あたりをウロウロしていて、変わり映えしない。


今回、世界の国会(第1院)の女性議員割合の平均は、24%。日本は10.1%。

決定機関への男女平等参加を促進するため、IPU(列国議会同盟)が、各国の国会にどれだけ女性が占めているかを、定期的に調査公表している。 


c0166264_22354227.jpg


ずっとずっと下、もっと下(世界女性議員ランキング)

日本の女性国会議員率、世界162番目(IPU)





by bekokuma321 | 2018-12-11 22:43 | その他

128日、「今どき男だけをうたう市民の歌でいいの?」 が、富山県高岡市から山下清子さんを迎えて催された。八王子市の男女共同参画センターにて。


山下さんは、「シャキット富山35」の世話人。同会は、8月、女性がうたわれていない高岡市民の歌について、男女平等の観点から問題だと市の男女平等問題苦情処理委員会に申し出た


高岡市民の歌(作詞林真理子)には、「御車山を曳いてくる 男たちのりりしさ あなたの父も兄もいる」とうたわれている。一方、「女たち」も「母」も「姉」もいない。合併10周年を記念して2015年に制定された。記念行事にはウン千万円、歌には500万円の公費が支払われたという。


c0166264_13084941.jpg


1031日、高岡市の男女平等問題苦情処理委員会はーー 「『ふるさと高岡』の歌詞に偏った表現が多いとか、男性だけを強調・賛美しているとは認められない」として、申し出を退けた。その結論に対して、「シャキット富山35」は、1114日、再調査・再回答を求めたものの、門前払いに


当の高岡市の男女平等問題苦情処理委員会だが、なぜか委員名はホームページに公開されていない。「シャッキット富山35」によれば、男女平等問題苦情処理委員会委員は、入江祐典弁護士、神川康子富山大副学長、吉川佳子人権擁護委員の3人。


講師の山下清子さんは、10代で母親を亡くし、実姉も若くして死亡した。「我慢の人生だった母や姉のような女たちの苦労を後世に残したくない」と、「個人的なことは政治的なこと、という言葉があるが、私たちの異議申し立ては、それです」と強調した。


今回、八王子市に山下さんを迎えたのは理由がある。「八王子市歌を考える会」の秋山映子代表や、井上睦子元市議、遠藤真子さん(八王子手をつなぐ女の会)、陣内泰子市議らから報告があった。


八王子市歌(1936年制定)には、1番から3番まで「奮え 多摩のますらを」とうたわれている。その一方、女性はどこにもうたわれていない。八王子手をつなぐ女の会は、かねてから批判してきた。2016年、同会らは、当局が、小中学校に市歌を歌うようにと促したり、CD化の動きがあるらしいと察知した。そこで小中学校長や音楽担当に、問題点を指摘した。また、八王子市歌を考える会は、石森孝志市長に「市や学校の行事などで歌わせないでほしい」「歴史的資料とすべきだ」などと要望書を提出した。


こうした市民運動もあってか、現在、八王子市内の学校で子どもたちに広めることはなくなった。しかし、成人式や市の記念行事などの式典では歌い続けられている。市長は「大切に守っていくべきもの」などとして、女たちの要望を尊重する意向は見せていない。


高岡市の場合、男女平等問題苦情処理委員会は第3者機関として存在しているものの、行政側の追認機関となっているようだ。頼みの綱と訴えたのだが、その期待は無残にも打ち砕かれた。しかし、それでも「私ら市民が、あきらめずに物を言い続けなくは変わらない。とくに若い人たちに男女平等に関心のない人が多く、伝えていかなくては」と山下さんは力説した。


山下さんの報告によるとーー「申し出をして1か月経って、シャキット富山35の代表が高岡市民でなかったことから、出し直しを要求されて、山下名で再提出した」「男女平等問題苦情処理委員会への申し出は過去、書類上は一件もなかった」「市民から申し出があっても、窓口で書類には書ないようにと指導されていたようだ」「今回、申し出を退けられた後、男女平等問題苦情処理委員会の話し合いを知るため会議録を情報公開したが、要旨だけだった」「その要旨によると、会議は10189時半から1010分まで40分の1回のみ」「男女平等苦情処理委員会の結論はおかしいと考えて、再調査と再回答を求めたが、行政から『少数派の意見は認めない』などと言われた」


FEM-NEWSの三井マリ子(元八王子市民)は、福井県武生市(現越前市)の男女平等オンブッド(男女平等苦情処理委員会のこと)だった経験から、日本の行政の第3者機関の実態と問題点を話した。また、女性の体の一部を富士山にダブらせた千葉県市川市の市歌には、一同のけぞった。ほかにもとんでもない市歌があるだろうが、子どもたちのためにも改善していかねば、と話し合いは続いた。



c0166264_11010000.jpg

c0166264_14312994.jpg

c0166264_16472216.jpg
     ▲市川市讃歌  (作詞 宋左近)


【2018.12.13 更新】


by bekokuma321 | 2018-12-09 14:16 | その他

急なお知らせですが、ご参加ください。

市の歌は、市がオーソライズした市民のための歌です。子どもからお年寄りまで歌います。教育的効果をねらった重要な道具です。税金も投じています。

ことは高岡市と八王子市だけの問題ではありません、日本の多くの自治体にあてはまる大きなテーマです。


by bekokuma321 | 2018-12-06 00:00 | その他