人気ブログランキング | 話題のタグを見る

案内:6/6 夜「男女平等は国際基準で行こう!」_国際女性デーかながわの集い

お待たせしました! 明日6月6日は「.8国際女性デーかながわの集い」。202035日の予定だったので、2年越しになる。


これまで蒐集してきた世界のポスターには、国際女性デーの呼びかけに使われたものが多い。その中から、選りすぐりのポスターをパワポで紹介し、その背景にあるスリリングな話を提供する。


案内:6/6 夜「男女平等は国際基準で行こう!」_国際女性デーかながわの集い_c0166264_18032078.jpg

国際女性デーは、1910年、デンマークのコペンハーゲンで開かれた国際社会主義女性会議で決議された。コペンハーゲン会議には17カ国から100人が参加。最大の目標は女性参政権を獲得しよう、だった。そのために、ドイツ代表クララ・ツェトキンが、メーデーにならって決まった日に世界中の女性たちが集まって闘い続けようと唱えた、と伝えられている。


クララ・ツェトキンは、ドイツ社会民主党婦人部長で、社会民主党の女性向け新聞『平等』を創刊し発行を続けていた。彼女は、第1回国際社会主義女性会議(1907)で、新設された事務局「国際社会主義女性協議会・労働組合」代表に任命されていた。


1910年は明治時代。日本でも先駆的女性解放運家たちが活躍した頃だ。労働者のための『平民新聞』に関わった後、『世界婦人』を創刊した福田英子もその一人。官憲からの弾圧、逮捕の連続だったらしい。そんな日本から1907年、第1回に参加した日本女性がいたという。誰だろう? 知っているかた、ぜひ教えてほしい。こちらにお願いします➔mariko-m(a)qa2.so-net.ne.jp [( )をアットに直してください]


なお、明日は、I(アイ)女性会議神奈川県本部、連合神奈川女性委員会、神奈川県母と女性教職員の会、神奈川県退職女性教職員の会、平和憲法を守り行動する神奈川女性の会によって準備されてきた。連帯のたまものだ。かつて国境を越えてたくさんの女性団体が準備し集ってきた会議の精神に似ている。


Sisterhood is international and powerful. and full of solidarity!


明日午後6時、横浜市教育会館にて。お近くの方ぜひどうぞ。PDFはこちら


by bekokuma321 | 2022-06-05 18:39 | ヨーロッパ