人気ブログランキング | 話題のタグを見る

天と地ほども違う2人のスリランカ女性の境遇

ウィシュマとカムジ。

ウィシュマは、名古屋の入国管理局収容施設で亡くなった。カムジは、ノルウェーの国会議員に初当選した。私は、この2人の女性が気になってしかたなかった。

調べていくと、2人は同じスリランカという国に、同じころ生まれていた。どちらも、ゆえあって生まれ故郷を遠く離れた。ウィシュマは日本に。カムジはノルウェーに。

そして今年、ウィシュマは入管で一人寂しく非業の死を遂げた。一方、今年、カムジは、オスロ労働党から総選挙に出馬して念願の国会議員になった。天と地ほども違う33歳の女性の境遇。

そこには両国のシステムの違いがある。システムの違いのなかで、「平等推進と差別禁止」にかける政策の違いほど大きな違いはない、と私は思う。

ノルウェーは、1979年「男女平等オンブッド(現・平等と反差別オンブッド)」という機関を創設して、日夜、差別撤廃に目を光らせてきた。そればかりか、女性、障がい者、移民系の人たちなどが、政治の場に参加できるよう、選挙のたびにキャンペーンをはってきた。2007年の大キャンペーンが功を奏して、労働党はオスロ市議候補にカムジを推薦した。彼女は初当選して大学生兼議員になった。

詳しくは、「叫ぶ芸術 98回」をどうぞ。『I 女のしんぶん』2021年9月10日号。

天と地ほども違う2人のスリランカ女性の境遇_c0166264_10065345.jpg
【更新 20210926】

by bekokuma321 | 2021-09-26 10:34 | ノルウェー