人気ブログランキング |

大好きな日本だからこそ比例代表制をーーー書評『さよなら!一強政治』(王貞月)

大好きな日本だからこそ比例代表制をーーー書評『さよなら!一強政治』(王貞月)_c0166264_10583031.jpg

『さよなら! 一強政治――徹底ルポ 小選挙区制の日本と比例代表制のノルウェー』 (三井マリ子、旬報社、2020)


選挙活動は、他国と比較しなければ、当たり前だと思って気がつかないことが多い。選挙カーがうるさく町を回っていること、誰も相手にしない候補者の駅前演説、候補者同士の議論なしの政見発表、実行可否さえ判明できない政見公約…などは、日本ではよく見受けられる。


それに対して、ノルウェーでは、政党党首のテレビ討論が選挙運動の中心活動となっていること、若者は学校選挙(スクール・エレクション)で鍛えられていること、多数派だけでなく少数派の意見も大事にされていること…などが当たり前だ。


もっと言えば、ノルウェーでは、老若男女が自然体で政治に関わり、気軽に選挙活動に参加する。大政党から小政党まで支持者数に応じて議会に議席を持っており、人口数に関わらず少数先住民族のサーミ族は「サーミ議会」(サーミ族の国会)を持っている。


今日の日本は「死票」、「一票の格差」、「一党優位」、「低い投票率」、「無投票当選」、「女性議員過少」などの課題を抱えている。しかし、これらの問題はノルウェーでは存在しない。


なぜか?


さまざま理由はあるだろう。だが、最も肝心な点は「選挙制度」にあると思われる。著者は「小選挙区比例代表並立制」の日本と単純「比例代表制」のノルウェーを比較しながら、異なる選挙制度がもたらした結果の違いをまとめ、さらにいかに改善すればよいかを示している。


本書のあとがきで、筆者は、京都帝国大学教授の森口繁治の『比例代表法の研究』(1925)にある一文を現代風に訳して紹介する。


「選挙は重要だが、もっと重要なのは選挙方法である。この不合理極まる多数代表制のもとでは、少数である限り、その投票は反故にされ、実質的には無効票となる。すなわち少数者は選挙をしないのと同様であり、参政権を有しないのと同様である。」(p234)。


森口がこの大著を出版したのは、ノルウェーが「比例代表制」になった1920年とほぼ同じ時代であった。日本でも100年も前に先見の明を持つ学者がいたことに嬉しく思った反面、それが実践されていたら、「死票」や「無投票当選」などに直面しなくてもよかったに違いない、と思う。


「ゆえに比例代表制にしなくてはならない」(p234)と力強く呼びかけていた森口と著者と同じように、一刻も早くみんなが「一人一人の意見を尊重する比例代表制選挙」を理解し、推進すべきだと思う。


日本が大好きな私は日本を故郷と思うからこそ、将来の日本が、優れている面を守りながら、真の民主主義国家に発展することを期待している。皆さんと一緒に「比例代表制」を学び、「女性議員の増加」および「議会の多様性」などに尽くしたい。


王 貞月(大学非常勤講師)


by bekokuma321 | 2021-03-31 22:46 | ノルウェー