人気ブログランキング |

本の紹介『デンマークの女性が輝いているわけ』

『デンマークの女性が輝いているわけ――幸福先進国の社会づくり』(大月書店、2020)を手にした。

本の紹介『デンマークの女性が輝いているわけ』_c0166264_11595704.jpg


デンマークの女性たちの多くは、仕事と家庭を肩ひじ張らずに両立させて自分らしい人生をイキイキと生きている。
こんなハッピーな人生を送ることのできる国を生み出したのは何だろう。著者は、社会制度、働き方、意識改革であり、なかでも子どもたちへの教育だという。


保育園の園児たちが声をあげて自分たちのことを決めるミィーティングに参加する。国政選挙となると、保育園児たちは自分を立候補者と見立てたポスターを描いて選挙に一役買う(もちろん模擬選挙)。中学生になると、「学校生徒連盟」に組織化されたメンバーとして、テストの変更について一斉に抗議デモを行う。


著者は澤渡夏代ブラントと小島ブンゴード孝子。2人はデンマーク男性と結婚して、デンマークに住んでいる。多くのデンマーク女性と同様に、家事、育児、そして仕事を続けてきた。長年デンマークに住み暮らした2人だからこそ見えてきた、日常生活を支える豊かな公的サービスの数々に、私は思わずマーカーを手にとっていくつも印をつけた。


マーカーでデンマークを支える社会制度の充実ぶりに印をつけながら、大好きな推理小説『ミス・マープル』(アガサ・クリスティ)が思い出された。


ミス・マープルは素人探偵。イギリスの村に住み、村人の暮らしや性格を観察する。殺人事件に遭遇すると、警察の捜査とは全く別の推理で事件解決の糸口を見つけていく。彼女の抜群の観察力と推理力は、近所の人たちとのつきあい、ちょっとしたおしゃべり、村の人たちがとる行動パターンから培われたものだった。


『デンマークの女性が輝いているわけ――幸福先進国の社会づくり』の著者たちは、ミス・マープルのように、デンマーク社会・政治学者顔負けの仕事を成し遂げたように思う。



デンマークの女性が輝いているわけーー幸福先進国の社会づくり


by bekokuma321 | 2020-08-23 12:16 | 北欧