人気ブログランキング |

「女性議員が少ないのは日本の選挙制度の差別が原因」とわかった

北欧5カ国のひとつノルウェーの選挙制度の話が聞けるというので、2月22日、知多半田まで行きました。


というのも、20数年前、講演したスウェーデン男性のことを覚えていたからです。その男性は車いすでした。階段を見て、「階段は差別です!」と言いました。階段しかなければ、彼は参加できないのですから、差別だと言うのはあたりまえなのです。


同じ北欧ということで、ノルウェーではどうやって男女平等を実現してきたかに関心がありました。今回、三井マリ子さんの講演「ノルウェーの楽しい選挙 ――これぞ主権者国民の政治参加への道」 で、その理由がよくわかりました。やはり、政治です、制度です! 水1滴からゴミの回収、教育、病院まで社会生活には政治が大きく影響します。


「女性議員が少ないのは日本の選挙制度の差別が原因」とわかった_c0166264_21145135.jpg


性別の違いを超えて一人の人間として尊重されていいはずなのに、女性であるということで差別されることのなんと多いこと。とくに「政治は男性のものだ」という意識。


三井さんのお話を聞いて、「なんだ、日本の選挙制度は差別なんだ。女性を差別している選挙制度だから女性の議員が少ないんだ」とわかったのです。三井さんが100人いても、日本社会は変わりそうもないですよね。なぜなら、制度、システムが差別しているからです。一人一人の頑張りでは変わりません。


それに、ノルウェーの地方議会の写真を見て、私は思いました。


自分の住む地域を切り取ると、電気屋さん、八百屋さん、会社員、先生、学生さん、年金生活者、いろいろなひとで構成されています。だけど、そういう人は、日本の地方議会に選ばれていないのです。だいたい、どこでも議員といえば、金持ちおじさんが幅を利かせています。


ノルウェーの地方議会は違いました。とても多様な人びとが選ばれていました。それは、そういう多様な人を活かす選挙制度があるからです。それに、ノルウェーの地方議会の議員は、ボランティアだということにも驚きました。給料をもらわず、仕事や授業を終えてから夜に議会に出て仕事をしているというのです。どちらが人間らしい社会をつくれるか、もう一度ちゃんと考えてみたいです。


私は、20数年前のスウェーデン男性の話からも、今回の三井さんの話からも、日本の女性たちは、「女性の適性」という言葉の差別で縛られていると感じました。女性だけが、人の世話をする仕事に従事したり、家事をこなしているのは、差別だと思えるのです。私は、若い女の子たちに向かって、ノルウェーのように、あなたは将来総理大臣をやれるのよと言いたい気持でいっぱいです。


三井さんの名前は友人から聞いていて会いたいと思っていましたが、やっとの実現で嬉しかったです。次は、ノルウェーがどうやってあの選挙制度に行き着いたかを聞きたいです。


いわきみちこ(愛知県在住、新聞配達員、マッサージ師)


【写真:坂井淳一国民救援会知多中央支部長提供】


小選挙区制の日本、比例代表制のノルウェー

あざやかな歴史

クオータ制発祥の国ノルウェー (国際女性 No. 27、2013)



by bekokuma321 | 2020-02-27 21:38 | ノルウェー