人気ブログランキング |

オスロ議会は半数女性、25%マイノリティ

「ノルウェーのオスロは、市長も副市長も女性です。副市長はスリランカの移民です。環境大臣にあたる環境問題のトップもベトナム系ノルウェー人です」

オスロ議会は半数女性、25%マイノリティ_c0166264_16035985.png

八潮市浦和市の講演でこう話したら、会場からホーッというため息がもれた。関連して、オスロ市議会(都議会にあたる)の25%はマイノリティ出身になったと私は付け加えた。外国人なら何十年住んでいても地方参政権がない日本だからだろうか、これにはあまり反応はなかったようだ。

とはいえオスロ市議会議員に移民または移民家庭出身が増えてきたのは、最近のことだ。人口の半分を占める女性が、クオータ制によって、候補者に女性を増やしていった政治の影響もあると考えられる。6070年代、女性党員たちは、選挙候補者リスト作成の際、女性を当選圏内(上位)に載せるべきだと要求していった。社会の鏡であるべき議会に、人口の半分の女性の代表が少ないのはおかしいーーこれが理屈だった。


初めてクオータ制を実行した民主社会党にならって、他党にも広がった。今ではノルウェーのほとんどの政党が候補者リストを男女半々にするようになった。比例代表制選挙の場合、小政党は小政党なりに、大政党は大政党なりに、票に比例して代表を出せるため、各政党のリストの上位に女性が載ると女性当選者が増える。その結果、多くの議会で、女性議員が増えていった。

ノルウェーは現在、国会は41%、オスロ市議会は49%が女性議員である。国会の女性議員10%(衆院)、東京都議会28%の日本は、いつになることやら。


ノルウェーでは70
年代、在住外国人の参政権運動がおこって、80年代に地方議会への参政権が認められた。オスロのように在住外国人の多い都市では、当然ながら候補者リストに外国人が増えていった。政治ジャーナリストの第一人者であるNRKのリーラ・スルフスヴークは、私にこうまとめてくれた。


「市議会の議員は、その市の全人口を代表する人でなければならない、ということが基本にあります。それには、男女それぞれ半々必要だ、若い人から年齢の高い人まで必要だ、市内の全域からまんべんなく必要だ、となります。政党が候補者リストを作成する際、多くの政党は、その市の人口の全体を代表するような候補者を選ぶのです。たとえば市内の南地区に候補者にふさわしい人が多くいても、南地区から候補者を多く出すことはしません。そんなことをする政党は北地区の人からそっぽを向かれるでしょう」


その通りだ。しかし、選挙制度が問題だ。日本のような多数決選挙(小選挙区制、中選挙区制など)では余りにも難しい。

オスロ議会は半数女性、25%マイノリティ_c0166264_16100414.png


オスロ議会は半数女性、25%マイノリティ_c0166264_12141205.png


「市民の代表は市民より上にあってはいけない」(ノルウェー)

無報酬でも地方議員候補が多い理由(ノルウェー)

地方議員に宿るダーグナードdugnad精神(ノルウェー)


【2020年2月8日更新】


by bekokuma321 | 2020-01-31 16:27 | ノルウェー