人気ブログランキング |

首都決戦 選挙キャンペーン(ノルウェー)

ノルウェーの統一地方選は9月9日。選挙期間の定めはなく、「年から年中選挙」なのだという。

とはいえ、実際は夏休みが過ぎたころが本番。各地の市民が行き交う場所に、選挙小屋や選挙テントが誕生する。メディアにも政党や政党党首を扱う番組が目立つようになり、「選挙の季節到来」を告げる。

下は、オスロの目ぬき通りをカラフルに染める政党の選挙小屋だ。

日本の選挙事務所にあたり、政党のポスターや政策チラシが飾られている。ただし、ノルウェーは比例代表制で、1票は、候補者にではなく支持する政党に入れる。だから日本のような候補者個人の選挙小屋や選挙ポスターはない。あのうっとうしい選挙宣伝カーもない。あるのは、こうした政党ごとの選挙小屋。小屋の前では、市民との質疑応答が繰り広げられる。


c0166264_08422946.jpg
▲現在、オスロ市政の中核を担う労働党の選挙小屋。人気はいまいちだが、左派系の他党と連立を組んで、今回もオスロ市政を任されそうだ。

c0166264_08425890.jpg
▲オスロ議員を出せない中央党(元農業党)の選挙小屋。しかし人気上昇中で、今回は数人当選の予想。左側の子どもたちは「9年生(日本の中学生)です。学校の授業で政党の選挙公約を調査に来ました」と。


c0166264_08470763.jpg
▲保守党の選挙小屋。ここにも、足をとめて話を聞いている子どもたちや市がいる。保守党は国会は与党で首相も出しているがオスロは野党。市長候補にパキスタン系の女性弁護士を立ててオスロ奪還を狙う。でも、世論調査によると難しそうだ。



c0166264_08414138.jpg
▲今朝(2019.8.20)の新聞の表紙を飾った「緑の党」。前回8.1%だったが、今回は15.2%」と世論調査で判明した躍進を伝える。緑の党は、最大党の労働党と連立を組んでオスロ市政を担っている。笑顔の女性は現在の副市長(ベトナム系ノルウェー人)。発言力がさらに増すだろう。






by bekokuma321 | 2019-08-21 09:54 | ノルウェー