人気ブログランキング | 話題のタグを見る

虹色の靴下をはいた市長さんたち(ノルウェー)


虹色の靴下をはいた市長さんたち(ノルウェー)_c0166264_11263620.jpg

フィヨルドで知られるノルウェー西部のソグン・オ・フィヨラーネ県。入り組んだ湾とそそりたつ山々。人口は極端に少ない。


その県内ソグン地区ラスター市の市長は、レインボー・プライドにあわせて、ソグン地区の市長たちにレインボーソックスをはくアイデアを出した。レインボーとは虹色。LGBTレズビアンゲイバイセクシャルトランスジェンダーに誇りを持とういうシンボルに使われる。


全市長が彼に賛同。いつもの黒いソックスを脱ぎ捨ててカラフルなソックスにはきかえた。イヴァー・クヴァールン市長はその写真をフェイスブックに載せたところ、ウン百人のフォロワー。なかには、感動のあまり泣いてしまったというコメントも。


オスロなど都会では、LGBTへの理解や共感は進み、例年、大々的にパレードが行われてきた。しかし、地方の小さな町村の歩みは遅かった。ソグン・オ・フィヨラーネ県でも、やっと今年からパレードが行われることとなった。レインボーの旗を掲げる家も出てきたという。


ソグン地区の市長会開催にあわせて粋な提案をした、イヴァー・クヴァールン市長は、メディアにこう語っている。


私たちは市民の代表なのだから、レインボー・プライドに市民以上により深くコミットして、少女少年たちが愛し合うのとまったく変わりないのだと示せれば、うれしい」


ニューヨークで行われた初のゲイ・プライド・マーチから50年。ノルウェーでは、小さな地方の村にもレインボー革命の花が開いた。


写真を見て、「この地区の市長は全員男性なの? 多様性がない」というコメントも載ったというから、さすがノルウェーだ。とはいうものの、ノルウェー全自治体の30%近くは女性市長である。



Socks got people to take to their tears

LGBTが最も幸せに働けるのはノルウェー




by bekokuma321 | 2019-06-17 11:39 | ノルウェー