バトンを受け継ぎ走ろう(怒れる女子会@越谷)

c0166264_09275736.jpg


ドキュメンタリ映画『たたかいつづける女たち~均等法前夜から明日へのバトンをつなぐ』の上映会&三井マリ子さんトークライブが、「怒れる女子会@越谷」主催で開催された。


映画は、1985年男女雇用機会均等法が作られた時のお話。政府が出した案では本当の意味での女性の労働権の確立につながらないと、自分たちで男女平等法をつくり労働省へ提出する女性たちの戦い。歴史の教科書に載らない物語を山上千恵子監督が21世紀に蘇らせてくれた。


三井さんは、映画のハイライトである抗議デモ「イブ・リブ・リレー」の発案者である。リレーの萌芽は北欧にあった。北欧のデモに参加したイギリス人が帰国後、英国で似たような抗議をした。その英国のデモに参加したアメリカの友人が、留学中だった三井さんに話してくれた。その体を張った表現方法に心打たれた三井さんは、帰国後、仲間に紹介したら、「いいじゃない!」と。バトンの中にみんなで作った「男女平等法」を丸めて入れ、想いをリレーでつなぎ、労働省に提出した。


結局は国会の勢力図により平等法は実現しなかった。法案の立役者赤松良子さんの「ホントはもっといいものが作りたかった」「国会の場に女性がたくさんいたら判断は変わっていたかも」から悔しい思いが伝わってきた。


では、女性議員がたくさんいたら変わるのだろうか。わが吉川市を見ると疑問も残る。吉川市の議会は、20人中735%が女性だ。選挙後はかなり注目をあびた。

昨年、文部科学省の男女共同参画学習課が男女共同参画室に格下げ案が出された。当時、私は議会で「存続と拡充、組織的位置づけの強化を求める意見書」を出した。男女平等を訴え続けた歴史の重み、しかも男女平等はまだまだ道半ばであり、課から男女共同参画という言葉を無くすことはできない、と力説した。意見書は可決され、吉川市議会より文科省に提出された。


実は、この意見書に女性議員3人が反対したのである。“女性の敵は女性”という常とう句をぬぐい去れなかった一幕であった。


一方、114日の「怒れる女子会@越谷」には多くの男性の参加があった。理解と応援の姿勢を示す男性は今も昔もいる。問題は男であるか女であるかよりも、ジェンダーバイアス(性による偏見)がかかった考え方にあるのではないか。女性議員の比率を半分にすることは当然だが、偏見をいかに取り除いていくかの努力が必要だと私は思う。


闘ってきた女性たちがいたからこそ今がある。荒野を切り開いてきた先輩女性たちから受け継いだバトンを、私たちはブルドーザーで地ならしをし、次に渡していかなくてはならない。


岩田 京子(埼玉県吉川市議会議員)


我慢から交渉へ 臨時職員の闘い(怒れる女子会@越谷)

女たちのバトンは続いてる(怒れる女子会@越谷)


c0166264_13283920.jpg

   ▲三井講師(左)と、「バトンを受け取って走ります」とランニング姿の松田典子議員



c0166264_09442057.jpg

▲司会の檜垣貴津子さん(左)と「怒れる女子会@越谷」で奮闘する山田裕子議員




[PR]
by bekokuma321 | 2018-11-08 09:56 | その他