70年後の謝罪(ノルウェー)


c0166264_00101753.jpg

ノルウェの首相エルナソルベルグは、1017日、水曜日、戦後、「ドイツの女の子」と汚名をきせられて復讐された女性たちに、として正式に謝罪をした。


70年前の、女性に対する国ぐるみの蛮行に、正式謝罪をしたのだ。男女平等の先進国にしては遅いと思うが、 It is never too late to mend.


首相は、連人宣言70周年を記念する行事において、文化大臣、防衛移民副大臣とともに、政府として、謝罪のスピをした。


ノルウェは、1940年から5年間、ナチスドイツに占領されて、何十万人ものドイツ兵がノルウェーに駐留した。当然ながら彼らと親密な関係を結んだノルウェー女性が多数いた。後の19454月、何万人もの女性が、法的根も裁判もなく、「ドイツの女の子」と呼ばれて、仕事を奪われ、逮捕され、何カ月間にわたる獄中生活を余儀なくされた。また、追放にあった。19458月には、ノルウェは市民法を改正して、19404月以降にドイツ男性と結婚した女性を外追放できるとした。


ノルウェ公共放送NRKによると、第二次世界大時、ドイツ兵の父とノルウェ人の母の間に生まれたライダー・ガブレルReidar Gablerは、NRK(ノルウェー放送協会)にこう語っている。


「謝罪は大きな意味を持っています。すぎましたが」

「ドイツに渡っても、自分の過去を思い辛い日々を送りました。なのは、ドイツからノルウェに移住した私の幼い息子にまで及んだのです。彼はナチスドイツといじめられたのです」

「罰せられたのは、『ドイツの女の子』である母だけではありません。家族やそのまた子どもたちも、なのです」


イダー・ガブレル母親は22のとき、仕事に就くためにテレマクに引っ越してきた。その地で、知人を通じて25のエリッヒガブラを紹介されて、彼とに落ちた。問題は彼がドイツ兵だったことだ。2人にラが生まれた。


ホロコストマイノリティセンタグリイエルトネス(Guri Hjeltnes)は、政府の正式謝罪を、こう語る。


「謝罪は大きな力となりえます。現政が、時起きたことに責任があったとはいえなくても、しかるべき正な謝罪は、名とアイデンティティを取りすことを可能にします

「ドイツ兵と結婚したノルウェ女性が、ナチス・ドイツに協力したという証はありません。しかしながら、女性たちは、戦争でぼろ儲けをした人たちよりもずっとしく罰せられたのです」

「ドイツ女性と結婚したノルウェ男性は28人いましたが、誰ひとり、追放されたり、市民をはく奪されたりしていません」


いかにジェンダーによって対応が歪められてきたか。彼女の指摘は鋭い。


首相は「ノルウェー当は、法の支配という基本原則を破ったのです。裁判によって以外、何人たりとも罰せられないとする原則です」と語った。文化大臣は「史を書き直すことはできませんし、女性たちにして行った不正をないことにはできません。しかし、再びこのようなことを犯さないようにすることは可能です」と語った。


政府の公式謝罪のきっかけとなったのは、アフテンポステンの記者ヘッレ・オネス(Helle Aarnesの手になる著書『ドイツの女の子(Tyskerjentene):知られざる』のようだ。彼女2008年に「ベルゲンティデネBergens Tidende」に連載し、それをもとに2009年に出版。それまで知られてなかった史的事を暴いた。上の写真は、その本の表紙。


彼女によると、「ドイツの女の子」はをそぎ落とされた。路上で、衣服をはがされ裸にされて、屈辱をられた。は、ナチス・ドイツにする報復として行われた。女性への虐待を、警官、察、判事、新聞は、見逃しただけでなく、後押しする側に回った。ノルウェは、「ドイツの女の子」に対して国ぐるみで組織的に報復措置を行った、とされる。


あらゆる歴史は、女たちの目による徹底した見直しを必要としている。



Jeg er takknemlig for unnskyldningen (NRK)

NHK、慰安婦問題への言及禁止か

国連、「慰安婦」に関して日本に勧告

米政府、橋下市長「慰安婦必要」は言語道断

大阪市長、慰安婦問題を矮小・歪曲




[PR]
by bekokuma321 | 2018-10-19 00:43 | ノルウェー