イタリア黒人女性議員への差別と横暴

c0166264_18494182.jpg
セシル・キィェンジェ(Cecile Kyenge)を名誉棄損で訴えた裁判がイタリアで開かれようとしている。そのことに、イギリス、ドイツなどの国会議員や団体リーダーたち約40人が、非常に困惑していると、意見表明をした。

さきほど届いた10月12日ガーディアン紙が報道している。

セシル・キィェンジェへの差別は、FEM-NEWSで何度か紹介した。リンク先を本記事の下に掲げる。

セシルは、コンゴ生まれの眼科医。イタリア人と結婚し、その後、イタリア初の黒人の女性大臣に就任した。現在はEU議会の議員である。

数年前、彼女は、演説中にバナナを投げられたり、「コンゴに帰って働くべきだ。彼女は、オランウータンのようだ」という卑劣な言葉をぶつけられた。こうしたヘイト表現は、ソーシャルメディアでまたたくまに拡散した。ソーシャルメディアに流した人物は、イタリア同盟(かつての北部同盟。極右政党と言われる)の書記長だった。セシルは、「レイシスト(人種差別主義者)」と言い返した。

彼女の正当なファイトバックを、イタリア同盟の政治家や支持者たちは、逆に、「名誉棄損だ」と非難した。そのあげく、同党の現内務大臣 マッテオ・サルヴィーニは、あろうことか彼女を名誉棄損の̚̚罪で提訴したという。そして今、その裁判が開かれる。

こうしたイタリアでの理不尽な行為に国を越えてリーダーたちは立ち上がった。約40人は、こう宣言する。ガーディアン紙記事のポイントを要約する。

「レイシズム、外国人嫌悪主義、狭量主義に対して闘おうとしているセシル・キィェンジェの決意を全面的に支持する」

セシル・キィェンジェの事件は、ヨーロッパを覆う問題を代表しているといえる。台頭するポピュリストや極右政党が、その国粋主義的政策を突き進め、マイノリティに対する恐怖と嫌悪をあおっている」

日本の国会を席巻する「日本会議」議員の発言を思い出して、虫唾が走る。いや、国会だけではない。地方議会では、多数派重鎮議員(多くは男性)が、少数派女性議員に対して理不尽な対応をこれでもかと続けている。


Labourfiguresunite in support of Italian MEP Cécile Kyenge

MatteoSalvini sues black MEP for defamation in racism row


猿に変えられた黒人女性大臣の顔――イタリア

イタリア黒人大臣攻撃に対する国際的ファイトバック

イタリア黒人女性大臣、バナナを投げつけられる

「彼女は、オランウータンのよう」―イタリア右派政治家

タリア ボニノ大臣のシスターフッド

イタリア黒人大臣、差別にさらされる

のど飴なめての議会発言で出席停止処分に

まるで魔女狩り――徳島県藍住町の紅一点議員追放事件






[PR]
by bekokuma321 | 2018-10-12 20:36 | ヨーロッパ