新書「男女平等はどこまで進んだか」を読もう

c0166264_13021836.jpg

男女平等はどこまで進んだかーー女性差別撤廃条約から考える』(岩波ジュニア新書)を読んだ。


女性差別撤廃条約は、「女性の権利章典」とも「世界女性の憲法」とも言われる。日本は1985年に批准した。


この条約が完全に実行されたら・・・


女性受験生の点数を減らして男性入学者を増やす医学部入試も、

結婚する女性の90%以上が夫の氏に変える慣行も、

働く女性の半分以上が出産時に辞職する働き方も、

男性だけが集まって決める村の「寄合」も

男性と同じ仕事をしてるのに女性の賃金が低い職場も、

男性議員だけの「女性ゼロ議会」も

DV・セクハラ・強姦で嗚咽する女性も・・・存在しないはずだ。


しかし、条約が批准されて30余年経つ今も、性差別は社会の隅々に存在する。この本は、そんな日本社会に生きる若い人たち、忙しい人たちに向けて、身近なテーマにそって条約の条文をやさしく解説している。通勤・通学電車のなかや職場の昼休みに、簡単に読める。


読み進むうちに、女性差別撤廃条約を、「国内外を問わず力強く生きていくための『21世紀のパスポート』」にしたいと願う編集者たちの熱気が伝わってくる。日本中の図書館、全国の中高の図書室に置いてほしい。


山下泰子・矢澤澄子監修 国際女性の地位協会編

 


[PR]
by bekokuma321 | 2018-10-03 13:17 | その他