案内「候補者男女均等法ができた!さあどうする?」

樽川通子さんのお話を聞く会にどうぞ!

樽川さんは下諏訪町議を長年務め、そのあと、女性議員を増やすため獅子奮迅の働きをした女性だ。

日本の都道府県議会のなかで、長野県がもっとも女性議員が多かったときがある。2007年(平成19)で、長野県議会58人中11人が女性だった。その背景のひとつに、樽川さんの頑張りがあったのではないか。

現在、その長野県議会は見る影もない。女性議員はわずか5人。半減してしまった。さらに男性議員だらけの「女性ゼロ議会」が12町村もある。そんななか「候補者男女均等法」が施行された。法律を、激減した女性議員を増やす梃子(てこ)にするために私たちは何をしたらいいのだろう。

c0166264_155328.jpg


候補者男女均等法の正式名は「政治分野における男女共同参画の推進に関する法律」
政治分野における男女共同参画の推進に関する法律 概要
政治分野における男女共同参画の推進に関する法律 全文
政治分野における男女共同参画の推進に関する法律 付帯決議
[PR]
by bekokuma321 | 2018-06-20 15:11 | その他