反対71%を振り切ってカジノ法案採決へ

71%――カジノ法案に反対する最新世論調査の結果だ。

性別統計が公表されていないが、反対したのは、女性のほうが男性より圧倒的に多いはずだ。女性たちがほしいのは、安全安心の保育施設であり、介護サービス施設だ。家族のギャンブル中毒に泣く大勢の母親や妻が、今も、町の消費者相談やDV相談にかけつけているだろう。

とにかく、こうした反対の声を無視して、カジノ法案が、昨日(6月15日)、衆院の内閣委員会で強行採決された。賛成したのは、自民、公明、日本維新の会の3党の国会議員たち。

「数の力」だと新聞は書いている。数とは言っても、国会議員の数だ。圧倒的国民の反対ー71%ーも重要な数だが、無視される。

では、この議員数を決めた選挙が、民意を反映したものではなく、民意を捻じ曲げるものだったとしたらどうだろう。

日本の選挙制度は、小選挙区制中心の並立制選挙だ。ほんのちょっとおできのようについている比例区を除き、選挙区で1票でも多く票をとった1人が当選する。

2017年の衆院選小選挙区で、自民党は全体の48%しか得票を得ていなかった。しかるに、議席率は全体の74%にはねあがっている。投票したひとりひとりの貴重な1票が、議席にきちんと比例していないのである。

比例区を見ると、さらに民意が捻じ曲げられていることがはっきりする。自民党支持は18.3%、公明党6.68%。自公あわせて4人に1人しか現政権を支持していない。

こんなバカな話はない。これほどまでに歪んだ選挙で選ばれた議員が、カジノ法案を成立させたのだ。怒髪天をつく!


c0166264_12122797.png
 ▲カジノ法案を今の国会で成立させることに賛成か反対かという調査結果。数字は朝日新聞2018年4月15日

「原発と民意」
死に票2661万票(2017衆院選)
絶望の小選挙区制選挙(2017衆院選)
[PR]
by bekokuma321 | 2018-06-16 12:32 | その他