イブ・リブ・リレーの延長線に立つ私:映画「たたかいつづける女たち」

5月27日、ドキュメンタリー映画「たたかいつづける女たち」を観賞した。山上千恵子監督による「男女雇用機会均等法」成立前夜の女たちのたたかいを記録した映画だ。

同法の成立は1985年、翌86年より施行となる。当時35才前後だった私は、体調を崩し、長いトンネル生活を送っていた。社会への関心も失ないかけ、社会運動に懐疑的となっていた。この「男女雇用機会均等法」制定に至る動きも、どこか遠くの世界のことのように感じて過ごしていた。 

だから、私にとってこの映画は、当時の女性運動を、一から”お勉強する“教材となった。その頃抱いていた社会運動への負の感情を抱くことなく、素直に当時の社会運動を知ることができた。

私がトンネル生活をしていた間も、女性運動は連綿と続き、働く場の女性差別を撤廃するため、法制定運動に真正面から取り組んでいた女性たちがいたのだという感慨を抱いた。

「イブ・リブ・リレー」とは、なんとステキな命名であろうか。映画で山上監督が見せてくれたリレーが行われたのは1984年の12月、クリスマスの前。つまりクリスマス・イブだ。

世界的な潮流のウーマンリブ運動の思想を生かした「男女雇用平等法」(均等法ではなく)を、バトンに入れて、多くの女たちが、その手から次の手へと渡していく。まさに「女から女へ」だ。バトンを次の女に手渡すために、自分が担当した区間を責任を持って走り切る女たちの姿は、感動ものだ。

映画を見終えて、女性運動への信頼がさらにわいてきた。イブ・リブ・リレーで走った女たちの延長線上に今の私が立っているのだ、という誇りを感じることができた。いい教材だった。  

              
岡田 夫佐子(さみどりの会

c0166264_13134293.jpg
 ▲イブ・リブ・リレー。政府の雇用機会均等法案に反対してつくった男女雇用平等法案をバトンに入れて、女たちは走り続けた。映画「たたかいつづける女たち」より

かっこいい、鳥肌立った、背中を押された:映画「たたかいつづける女たち」
5.27上映会「たたかいつづける女たち」
ドキュメンタリ映画「たたかいつづけるおんなたち」上映活動をしたいかたへのノウハウ
映画『たたかいつづける女たち~均等法前夜から明日へ』
試写会『たたかいつづける女たち』
姉妹よ、まずかく疑うことを習え
ビデオ工房AKAME DVDリスト「生き方」
Sister wave_山上千恵子監督の3作品
日本はどんなに早くても世界98番目
[PR]
by bekokuma321 | 2018-06-07 13:23 | その他