国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」に参加して③

4月20日、国際シンポジウム「選挙を変えれば暮らしが変わる」に参加した。

会場に入った時、開会時刻前だったにもかかわらずほぼ満席で、人々の熱気が満ちていたのにまず驚いた。予想以上に詰めかけたようで、慌てて補助いすを設置していた。

「選挙」とか「政治」をテーマにすると、来場者は年配男性が目立つイメージがあるが、このシンポジウムでは参加者の7割を女性が占めていた。それだけ今の日本の現状を「変えたい!」という想いが女性たちにあるのだろう。

c0166264_1132848.jpg男女共同参画先進国である北欧の中でも、内閣の半数が女性だという、比例代表制選挙の国ノルウェー。

世界で最初に女性の参政権を認め、3人の女性の首相を出しており、現在37歳で6週間の出産育児休業を取得予定の女性が首相のニュージーランド。

ジェンダーギャップ指数ではいつも“似たもの同士”だが、2000年には比例区にクオータ制を導入し、女性の大統領も誕生させている韓国。

この3カ国のスピーカーから現状に至るまでのプロセスをお話しいただいた。

3カ国それぞれが、「人間が人間らしく生きるために」より良い策を求めて制度改革を重ねてきたことが共通点であると感じた。日本の政治は、経済の平均値を上げることにのみやっきになっていて、国民一人ひとりの人生はよく考えておらず、人間らしい暮らしは個人の“がんばり”に課しているのではないか。

c0166264_11342843.jpg会場質問の時間では、議会に乳児を連れて行ったことで話題となった熊本市議の緒方さんが質問した。それに対してニュージーランドのテサ・バースティーグ大使館一等書記官が「初めに何かする時には非常に勇気がいる。隔離され、疎外されると感じられることもあると思う。一番目の人になる、ということは、その後に続く人が増える、ということ。ニュージーランドでの変化も、劇的ではなく、少しずつであった。決してあきらめないで」と語った。この言葉は、私にとってのエールにもなった。

c0166264_11412853.jpgキム・デイル大韓民国大使館参事官は、「女性は“配慮された立場”にあったが、これからは“自分たちで考え、つくっていく立場”へ」と提言した。

日本で女性が政治に参加できるようになって72年間。参政権を得るまでも、また、それからも先人達は苦労しながら道を切り開いてきた。その道が再び通行止めにならないよう、私はブルドーザーになって拡張し、誰もが通りやすいよう踏み固めて行きたいと強く思った。

松田 典子(埼玉県越谷市議会議員)

c0166264_1030745.jpg
 ▲左から、瀬野きよ、大塚恵美子、仙波亜美、トム・クナップスクーグ、テサ・バスティーグ、ロイド久美子、キム・デ・イル、オ・ヨンテ、小枝すみ子、三井マリ子(敬称略。4月20日、東京ボランティア・市民活動センター。撮影富山達夫)

国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」に参加して②
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」に参加して①
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」序
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」ノルウェー
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」韓国
国際シンポ「選挙を変えれば暮らしが変わる」ニュージーランド
[PR]
by bekokuma321 | 2018-05-03 11:42 | その他