アイスランド首相を出した政党の前身は「女性党」

2017年秋、北欧アイスランドで国政選挙があった。

アイスランドを含む北欧はすべて比例代表制選挙なので、いくつかの政党が交渉を重ねて連立政権をつくるのが普通だ。

今回は、第二党となった「左派緑の党」党首であるフェミニストのカトリーン・ヤコブスドッティルが首相に選ばれた。

首相は、「男女賃金格差禁止法」を今年2018年1月1日から施行した。なんと素早いこと! しかも男女同一賃金であることを証明できない25人以上の会社・公共機関には1日6万円近くの罰金が科されるのだという。

罰則のない理念法しか作れない日本とは大違いだ。「2022年に男女同一賃金の完成」が目標らしい。

この「左派緑の党」の前身は「女性党」だ。女性党があったころ、首都レイキャビクまで飛んで、女性党事務所を訪問した。そのとき私の目を射抜いたのが、このポスター。

ポスターのアイスランド語は何と言っているのだろう。「叫ぶ芸術:ポスターに見る世界の女たち」(I 女のしんぶん)をどうぞ。

c0166264_1803640.jpg


2017世界平和指数トップはアイスランド
アイスランド女性がいっせいに休んだ日
百田氏よ、恥を知れ! 

[PR]
by bekokuma321 | 2018-04-18 19:00 | 北欧