国会議員の休暇を支える代理議員(ノルウェー)

c0166264_0395776.jpg12月11日から、ノルウェーの国会議員アウドゥン・リースバッケンが、3か月の病気休暇にはいると、報道された。彼は、野党の左派社会党党首であり、元子ども・平等・社会大臣。

ノルウェーでは、他の労働者同様、国会議員が休暇を取ることは珍しくない。

でも、3か月も休暇をとって、国民の代表としての職務は? ただちに代理議員がバトンタッチするので、まったく心配ない。

最近、日本でも議員の育児休業をめぐって代理議員の話題がメディアに出た。そこで、あらためてノルウェーの代理議員制度をふりかえってみたい。

ノルウェーは比例代表制で、選挙区(=県)から複数の議員が選ばれる。代理議員制度の土台には比例代表制があるので、ここはしっかりおさえたい。

アウドゥン・リースバッケンは、ベルゲン選出の国会議員だ。彼の選挙区は、ベルゲンを含むホルダラン県(Hordaland)で、定数16人の大選挙区。首相もここの出であり、保守党支持者が多いところだ。

2017年9月、総選挙があったばかりだ。有権者は、候補者にではなく、支持する政党に1票を入れる。政党の獲得票に比例して、ホルダラン県16人の政党の議席はこう分けられた:保守党5、労働党4、進歩党2、中央党2、左派社会党1、キリスト教民主党1、自由党1。

左派社会党は1人だけで、当選したのは、候補者リスト1番のリュースバッケンだった。

c0166264_0543189.jpg今回、病気休暇をとる彼の議員職を埋める代理議員は、彼と同じ選挙区の左派社会党候補者リスト2番目のジーナ・バースタッド(Gina Barstad)だ。彼女は、選挙で次点の候補だった。

若さあふれる31歳。とはいえ彼女は、以前もリュースバッケンの代理議員として国会議員をつとめた経験と実績がある。彼が大臣に就任したためだった。ノルウェーでは、権力の集中を防ぐため、大臣と国会議員は兼務できないのだ。

ノルウェーの国会議員は、育児休暇や病気休暇をよくとるが、国会議員の休暇は、働く者の権利として保証されているうえ、職務は選挙時の次点候補がカバーするので、休暇をとったからと議員を批判する有権者はいない。その一方、代理議員制度は、次点候補ーー若い人のことが多いーーの国会への登竜門ともなる。

c0166264_0551332.jpgアウドゥン・リースバッケンは左派社会党党首なので党首代行も必要となる。党首の代行は副党首カースティ・バーグストゥー(Kirsti Bergst)が就任する。彼女はフィンマルク選出の国会議員で、サーミ出身の1981年生まれの30代だ。

NRKによるとアウドゥン・リースバッケンは、こう語っている。

「もうじき戻ってきます。ラッキーなことに僕の周りには党のすばらしいチームがいて、僕のいない間を支えてくれるでしょう」

ちなみに地方議員は、北欧ではそもそも仕事や学業をもっていて、余暇に働くボランティア(無給)だ。職場や大学から免職されれば、国会議員よりも休暇をとるケースが多いようだ。私自身よく見聞きした。中には1年間の教育休暇をとった地方議員の話を聞いたことがある。

【写真:上は党の公式HP、中と下はFace Bookより借用】

Audun Lysbakken i sykepermisjon
パパにもっと時間ができた! 
男性大臣2人の育休 
[PR]
by bekokuma321 | 2017-12-19 11:29 | ノルウェー