人気ブログランキング | 話題のタグを見る

612日 小金井市萌え木ホールで、第15回都政カフェ「ジェンダー平等な都政へ」が開かれました。三井マリ子さんの講演の後、司会進行の漢人あきこさん(元小金井市議)と対談しました。


速報「ジェンダー平等と都政」@小金井市萌え木ホール_c0166264_00110512.jpg

現在、東京都民は女性710万人、男性685万人で、女性は51%を占めます。ところが、都議会の女性は28%。全国都道府県議会となると、女性議員は11%にすぎません。「議会は社会を写す鏡であると言われる。そのためには女性議員がもっと増えなくては」と、マリ子さんは熱く語りました。


そして、マリ子さん自身が都議時代に頑張ったこと、今後の課題として残ったことなどを、懐かしそうに話しました。東京都男女平等雇用条例案、都立高校入学定員の男女格差、家庭内暴力を受けた女性のシェルターを作る、職場のセクシャルハラスメント、女性副知事登用、都のミスコン廃止など、など。


高校入学定員の女性差別は撤廃され、女性副知事が日本で初めて誕生しましたが、「多くはまだまだこれからです。漢人さんのような女性が都議会議員になって改革してほしい」と言いました。


中でも印象に残ったのは都の労働相談の項目に「セクシャルハラスメント」を新しく付け加えたことです。まだ「セクシャルハラスメント」という言葉が一般に認知されていなかった頃でしたが、マリ子さんと同じ思いを持つ都の職員がいて、その職員とのコラボで、日本初のセクハラ相談窓口ができたという話です。同じヴィジョンの職員と共に行動できれば改革は可能となるというのは新しい発見でした。


また、入管で死亡したスリランカ人のウィシュマ・サンダマリさんの悲しい出来事が紹介されました。男女平等が進むノルウェーの首都オスロの副知事は、ウィシュマさんと同じスリランカからの移民で、同年齢の女性だそうです。


スリランカで、同じ頃に生まれた2人の女性がたどった全く異なった道。そこには政治の違いがある。30年前、マリ子さんたちが頑張ったけどダメだった「外国人人権条例」を成立させて欲しい、と語りました。


フロアから「どうして日本では女性議員が増えないのですか? 女性議員を増やすにはどうすればいいですか?」という質問がありました。


速報「ジェンダー平等と都政」@小金井市萌え木ホール_c0166264_00144163.jpg

マリ子さんの答えは、「日本の選挙制度が小選挙区制中心だからです」。ずっと昔から比例代表制で女性議員が多い北欧に加えて、小選挙区制から比例代表制に変えたニュージーランドの例をあげました。比例代表制に変えたニュージーランドは、女性議員が増えただけでなく、緑の党などミニ政党の議員も多い多様な議会に変わり、首相はジャシンダ・アーダーンという若い女性であるとの話でした。


すぐには変わらないけれど、何気ない日常生活の中で、おかしいと気づいたら、言いにくいことを、言いにくい時に、言いにくい人に向かって言うことが大事、というマリ子さんの言葉が重みを持って響きました。


山城 和代(小金井市民)


# by bekokuma321 | 2021-06-14 00:36 | 日本

案内 明日1830@小金井の萌え木ホール_c0166264_08505695.jpg

リアル&オンラインのダブルで行います。
リアルは小金井市市民会館萌え木ホール。
オンラインは(20+) チェンジ東京!小金井の会 | Facebook に問合せを。


# by bekokuma321 | 2021-06-11 08:57 | 日本

案内6.16(水)夜9時「あのとき日本が変わった」_c0166264_11525578.png

1990年、1993年の衆院選。無所属で連続当選した岡崎ひろみさん。待ち受けていたのは、1994年の“政治改革法案”国会。彼女は、「女性のため、少数派のためにならない選挙制度」に反対してくれるよう、国会内で説得に奔走した。


しかしながら、ともに小選挙区制反対に動いた仲間と思っていた議員にまで、こんなふうに言われた。


「あなたの言う通りだ。でもあなたは無所属で、当選できたけど・・・。私の後援会や組合が応援してくれなくなる。すると次はない。だから今回はできない。当選した暁にはあなたのいうようにする。今回は勘弁してほしい」


1994年小選挙区比例代表並立制の法律は、成立した。そして1996年、初の小選挙区制選挙。彼女の選挙区・神戸は4つ選挙区に分けられた。それぞれの選挙区から1人しか当選できない厳しい選挙となった。岡崎ひろみ候補は惜敗に終わった。


GPR 第2回のゲストは、この、岡崎ひろみさん。

2人のトーク(20分)の後、参加者との質疑応答、意見交換『さよなら!一強政治』第Ⅰ部第二章がテーマです。P48「小選挙区制誕生秘話」の生き証人が語る1994年あの日あの時、国会で・・・。 できましたら『さよなら!一強政治』第Ⅰ部第二章を読んでご参加下さい

■場所: あなたのお部屋、茶の間、台所など
■参加方法: Facebookルームでのオンライン会合。リンクはこちら➡https://msngr.com/bzyhfisvhbqh
■無料、しかも出入り自由。お気軽にどうぞ!


参考
王貞月「大好きな日本だからこそ」(GPRオンライン・トーク) : FEM-NEWS (exblog.jp)


# by bekokuma321 | 2021-06-10 12:17 | 日本

6月5日(土)、荒川区役所にて「買春社会を考える会」学習会がありました。会場とオンラインあわせて約20人の参加でした。


斎藤恵子さんの「矯風会の歴史と目ざすもの」、三井マリ子さんの「日本の女性参政権運動・性搾取撤廃運動を後押ししたノルウェーの1枚の絵」の2本立てでした。


知った、驚いた、感動した「女性の人権拡充と女性参政権確立の長い運動」_c0166264_22235879.jpg


斎藤さんは、日本キリスト教婦人矯風会の女性人権・女性福祉事業幹事。矯風会は「日本最古の女性運動団体」で、1886年(明治19)創設ですから135年の歴史です。売春制度に反対し、女性の人権を守るための活動を長い間行ってきました。


昔の日本では、貧しい「家」を救うために娘が娼婦となることは「親孝行」とされる風潮がありました。そんな時代の中、一夫一婦制(重婚禁止)を求めて請願運動や「廃娼運動」を行い、1956年売春防止法成立にこぎつけました。


さらに衆議院傍聴規則から女性の傍聴禁止を削除させたり、女性参政権獲得のために先頭に立って運動してきたそうです。昔の国会は、女性が傍聴できなかったことを知って、私はとても驚きました。


現在、矯風会は3本の「女性人権事業」を柱に行っているそうです。特に国籍・在留資格を問わずに、あら

ゆる女性とその子どもたちのための緊急一時保護施設(シェルター)「女性の家HELP」は、年々重要に

ています。斎藤さん自身、社会福祉士の資格を持って仕事をこなしていらっしゃいます。


「性被害者を責めるのではなく、責任は加害者にある!」と女性を守ることを基本に運営しており、プライバ

シーを守れる個室が用意されているそうです。今後は包括的に女性を支援できる法律「女性支援法」の制

定をめざしているとのことでした。


「矯風会」の初代会長・矢嶋楫子(やじまかじこ)は、なんと1833年生まれ! こんなに古くから女性の人権獲得のために活動してきた会が日本に存在していたことを知らなかった私は、驚きの連続でした。


知った、驚いた、感動した「女性の人権拡充と女性参政権確立の長い運動」_c0166264_22242022.jpg


「日本の女性参政権運動・性搾取撤廃運動を後押ししたノルウェーの1枚の絵」は、とても感動的なお話でした。


ノルウェーの1人の画家が描いた絵が、ノルウェーを公娼制廃止に導き、後に1人の日本人女性を女性参政権運動の闘士に導いていったという話でした。


女性の名は久布白落実(くぶしろおちみ)。矯風会総幹事として、廃娼運動をけん引しました。彼女がいなければ「日本女性の参政権はなかった」と言われる程の活動家でした。


彼女は、父親も夫も牧師。1928年、エルサレムで開催された世界宣教会議に日本代表8人中女性1人で参加し、そのまま、欧州各国を回りました。ノルウェー滞在中に出会った一枚の絵が、彼女にとても大きな影響を与えました。


その絵は、1887年に描かれた「警察医務室前のアルバ―ティーナ」。クリスチャン・クローグ(18521925)の作品です。


知った、驚いた、感動した「女性の人権拡充と女性参政権確立の長い運動」_c0166264_22482292.jpg

三井さんがオスロの国立美術館で撮影したその絵は、華やかな何人もの女性たちが描かれ、一見「パーティ会場か、お茶会か」という様な印象です。


しかし、奥のほうに警官に手を引かれた少女が描かれています。「性病検査のため、医務室に連れていかれる」少女を表現したものでした。華やかに見える女性たちも皆、娼婦として「生きるため」、定期的に検査に来ているのでした。


アルバ―ティーナとは少女の名前。作家でもあったクローグは、同じテーマで本も出版しました。彼女は弟の薬代のため、お針子として必死に働く中、警官に酒を飲まされ、強姦され、娼婦として生きることを余儀なくされる・・・。


しかし、本は「道徳心を損なう」と発刊翌日に「発禁」となり、怒ったジャーナリストが、街頭で抗議活動を行い、その問題が広く市民の耳に届くことになりました。当時は字が読めない人も多く、街頭での演説がより効果的だったのか、公娼廃止の声が高まり、1887年公娼制が廃止されます。


40年も前に公娼制が廃止されたノルウェーのことを知った久布白は、廃娼後の女性たちの生き方に目を向けます。久布白は、ノルウェーでは「女性のかけこみ」施設は国庫や地方政府からの公費で運営され、個室には鍵が付けられ、職員の給与も公費で賄われ年金も出ていることを知ります。


「矯風会」がいまだに寄付金中心で運営されていることを考えると、日本がいかに遅れているか憤りを感じます。


久布白落実は、帰国後すぐ『女は歩く』(1928年)を自費出版します。それには「北欧の訪問に使命を感じた。この地における廃娼後の情況を視察することであった」と書いています。


彼女の視野は、公娼制を廃止するだけでは不十分であり、その後の女性たちの暮らしや将来を含めた支援活動が必要だと、ノルウェーの社会福祉、公的施策に及んでいました。


ノルウェーには、久布白が滞在したときすでに女性参政権がありました。「女性が幸せになるには女性議員が必要」と久布白の参政権運動に拍車がかかります。


女性参政権が認められると、久布白は衆院選に立候補します。「落実」(おちみ)という名前は、日本の選挙に不利だったことでしょう。3度立候補し、3度落選しています。その不屈の精神!


こんな凄い日本人女性がいたとは、思いもよりませんでした。クリスチャン・クローグは、日本では知られていない画家ですが、あの、ムンクが師事した画家だそうです。


一枚の絵の驚くべき力。女性運動家たちの情熱。あらためて、女性議員がもっと必要だ!!と思える勉強会でした。とても面白かったです。有難うございました。


新井祥子(群馬県草津町 前町会議員)


「日本の女性参政権運動・性搾取撤廃運動を後押ししたノルウェーの1枚の絵」(三井マリ子パワポ資料)

オスロの絵と日本の廃娼運動 : FEM-NEWS (exblog.jp)


# by bekokuma321 | 2021-06-07 22:52 | 日本


全国フェミニスト議員連盟、女性議員増の必要性を強調_c0166264_22280743.jpg
▲山梨日日新聞 2021.5.31

全国フェミニスト議員連盟の増田かおる代表(千葉県松戸市議)が、女性議員を増やすことの重要性とその障壁の数々を述べている。具体的には、選挙制度を比例代表制中心に変えることや、政党が候補者決定にクオータ制を取り入れることが必要だと。

全国フェミニスト議員連盟は、1992年に創設された市民と議員の運動体。市民運動団体としては日本で初めてクオータ制(割り当て制)を目標にかかげて、政党や行政に要請を続けてきた。


[クオータ制記事の一部]

選挙制を改革するなら候補者男女均等法を生かせ : FEM-NEWS (exblog.jp)

女性議員増めざして制度改善を : FEM-NEWS (exblog.jp)

日弁連クオータ制からベリット・オースを思う: FEM-NEWS (exblog.jp)

女性議員増「比例代表制&多数定数選挙区で」: FEM-NEWS (exblog.jp)

赤松良子賞と女性差別撤廃条約: FEM-NEWS (exblog.jp)

クオータ制を日本にも: FEM-NEWS (exblog.jp)

連載● クオータ制は平等社会への一里塚 第2回 : FEM-NEWS (exblog.jp)

連載● クオータ制は平等社会への一里塚 第1回 : FEM-NEWS (exblog.jp)

自主的クオータはうまくいかない: FEM-NEWS (exblog.jp)

日本の政党にクオータを実行する気は見えない: FEM-NEWS (exblog.jp)


[女性ゼロ議会訪問記の一部]

速報「女性ゼロ議会をなくそう@杵築市」 : FEM-NEWS (exblog.jp)

埼玉唯一の「女性ゼロ議会」羽生市に女性議員を : FEM-NEWS (exblog.jp)

千葉県の女性議員17.5%、女性ゼロ議会2つ: FEM-NEWS (exblog.jp)

「女性ゼロ議会」のみよし市に女性議員を! : FEM-NEWS (exblog.jp)

速報「女性ゼロ議会」長野県川上村訪問記 : FEM-NEWS (exblog.jp)

長野県の女性ゼロ議会撲滅&女性議員増を求めて : FEM-NEWS (exblog.jp)

4月7日(土)「女性ゼロ議会」の多い奈良に行こう!: FEM-NEWS (exblog.jp)

女性ゼロ議会をなくそう!(岐阜県関市) : FEM-NEWS (exblog.jp)

「安政の大一揆」から「越中の女一揆」へ : FEM-NEWS(exblog.jp)(富山県)
女性ゼロ議会「栗原市」を訪問して : FEM-NEWS(exblog.jp) (宮城県)
埼玉県女性ゼロ議会「羽生市」を訪問 :FEM-NEWS (exblog.jp) (埼玉県)
女性ゼロ議会の背後に夫の嫉妬・理解のなさ : FEM-NEWS (exblog.jp)(秋田県)
女性ゼロ議会訪問記:長野県筑北村 : FEM-NEWS (exblog.jp) (長野県)
女性ゼロ議会の阿波市・吉野川市を訪ねて : FEM-NEWS (exblog.jp) (徳島県)
女性ゼロ議会の直方市訪問 : FEM-NEWS (exblog.jp) (福岡県)
女性ゼロ議会の今治市に申し入れ : FEM-NEWS (exblog.jp) (愛媛県)
女性ゼロ議会の愛知県阿久比町、飛島村を訪ねて : FEM-NEWS (exblog.jp) (愛知県)



# by bekokuma321 | 2021-05-31 22:36 | 日本