人気ブログランキング | 話題のタグを見る

412日、楽しく比例制をめざす会は、さねふじ政子さんをゲストに迎えた。さねふじさんは、昨年、人口27万人の東京の下町、墨田区の区長選に初めて出た。パワポをまじえた体験談は、具体的でおもしろくわかりやすかった。


さねふじさんの本業は物流センターのコンサル。物流センターは200300人規模で、9割以上が非正規雇用・不安定労働。ほとんど女性、しかもシングルマザーが多い。月17万円以下の収入で子育てして暮らす現実に、「日本はおかしくなっている」気がした、という。


速報「墨田区長選に出た 負けた わかった by さねふじ政子」_c0166264_23320911.png
   ▲スカイツリーで知られる墨田区。だが子どもがボール投げできる公園はほとんどない


墨田区内でフードバンクを支援するようになったある日、「墨田区は23区で唯一給食費を値上げした」ことが大騒ぎになった。その現区長は、祖父の時代から代々政治家という家柄の人。対抗馬が出ないと不戦勝になってしまう。それは避けたいと、怒りの勢いで立候補へ。


日本の選挙運動は、候補者が宣伝カーの助手席に乗って連呼する。道交法で禁じられている車から顔や体を出す「箱乗り」の勢いで、と助言されたさねふじさんはビックリ。また、髪型やスーツの色、スカート丈などルッキングが強調された。パワポで見せてくれた写真に、参加者の笑いがとまらなかった。


「選挙からわかったことを共有して、次の女性に少しでも役立てたい」と5つ上げた。

100万円という高額の供託金(世界一高い)

複雑怪奇な公職選挙法

どこにあるかわからない区長候補ポスター掲示板

嫌がらせとしか言えない一部新聞社の記者による質問攻め

ニコニコ生放送での理不尽な対応


さねふじさんの公約は、小中校の給食費ゼロ、子どもの国保ゼロ、特養待機者ゼロなどだった。ところが、東京都の権限が絶大すぎ、23区の権限は小さく、独自施策を実行できない政治の現状を知ることになった。たとえば社会保障費は都区で折半となっていて、子どもの国保ゼロにするには困難が伴う。地方自治を弱体化する「都区制」は深刻な問題である、と強調した。


関連して、『さよなら!一強政治』(三井マリ子著、旬報社)に、比例代表制に真っ先に変えたのは、ある地方だと書かれていたことが印象に残っている、と言った。そして、選挙制度のような重要なことも地方独自で決められる国があるのに、日本の地方自治は「空っぽ」だ、とさねふじさんは、静かに憤った。


速報「墨田区長選に出た 負けた わかった by さねふじ政子」_c0166264_23381412.png
         ▲さねふじ区長候補の演説には子どもたちでいつもいっぱい


しかし選挙中、よかったこともある。どこに行っても子どもたちが集まってきて演説を聞いてくれた。給食費無償化に賛成の声や、「学童の(対象)学年を上げてほしい」「ボール投げのできる公園がほしい」という貴重な声ももらった。ノルウェーのスクール・エレクションのような光景と化した、とさねふじさん。


また選挙で、全得票の24%を獲得したことは、「無名の革新系新人」対「3期目の現職」を考えると、負けたとはいえ捨てたものではない、と語った。さらに選挙後、墨田区も含め23区すべて小中学校給食費が無償化に進んだ。さねふじさんは、ことのほか、うれしそうだった。


選挙を終えて、さねふじさんは、フェミブリッジ(フェミニズム+かけ橋)に加わって女性と政治をつないでいく活動を続けている。また本業に戻って、女性目線に立った物流センターの効率化に取り組んでいる。さねふじさんの著書『WMS導入と運用のための99の極意』(秀和システム)が第3版になったことが報告されると、さねふじさんの実力に驚嘆の声があがった。


その後、参加者との話しあいが行われた。問題の多さにためいきも出たが、女性や新人が参加できる政治にするには、選挙制度を変えることが急務だと言う声が、夜10時半まで続いた。司会は金子加代飯塚市議。 次回は6月21日、ゲストは多原良子さん。


三井 マリ子(楽しく比例制をめざす会)


【写真:さねふじ政子講師作成のパワポより】

【更新:2024/4/15 誤解を招くかもしれない表現の一部を訂正した】


# by bekokuma321 | 2024-04-14 23:53 | 日本

楽しく比例制をめざす会のオンライン会合URLをお知らせします。ご参加をお待ちしています。無料


時刻: 2024412 08:30 PM

参加 Zoom ミーティング

https://us06web.zoom.us/j/87507631702...

ミーティング ID: 875 0763 1702

パスコード: 225487


楽しく比例制をめざす会GPR 金子加代(飯塚市議会議員)


4/12(金)夜8時半「墨田区長選に出た 負けた わかった by さねふじ政子」参加方法_c0166264_11410946.jpg



案内4/12(金)「墨田区長選に出た 負けた わかった」byさねふじ政子 : FEM-NEWS (exblog.jp)

衆議院選挙における“重複立候補”の廃止を求めます(楽しく比例制をめざす会) : FEM-NEWS (exblog.jp)

「ノルウェーと日本、同じ民主主義ではない」(『さよなら!一強政治』を読んで by さねふじ政子) : FEM-NEWS (exblog.jp)

速報:王貞月「女性議員41% 台湾の総選挙には何がある?」 : FEM-NEWS (exblog.jp)





# by bekokuma321 | 2024-04-10 11:45

「なぜ日本では性差別がまかりとおるのか――日本の小選挙区制がはばんでいるもの」(雑誌『望星』2024/4)を読みました。


クオータ制導入に立ちはだかる小選挙区制度の壁 by 古怒田悦子_c0166264_11320773.jpg

今の日本では、何よりも女性たちの声を政治にもっと発信することが急務だと強く思いました。「おっさん政治」。家父長制がいまだに闊歩している日本の政治の世界。そんなのいいことなし。悪いことずくめ、です。その前提でものごとを考えることがまず大事ではないか、と考えます。


重要な政策に質疑をさく時間さえないような、ひどい体たらく。それが、まず日本の政治の根底にある、と思います。


ノルウェーでは、100年以上前から段階的に時を経て、日本からみたら理想ともいえる選挙制度が、いま、実践されているのだとわかりました。


日本では、小選挙区制という悪しき選挙制度がこれまた闊歩していて、その制度変革に取り組まねばと強く感じます。小選挙区制では、最も得票数が多かった候補者ひとりしか当選できません。 言い換えれば、その他の候補に入れた一票は、まったく結果に反映されず、捨てられるのですね。「死に票」とは言い得て妙。


日本で、おなじみの選挙運動は、「名前連呼と握手、行事や夜の会合にまめに顔を出す」といったもの。顔なじみを増やし情に訴えることによって支持者を増やしていく。日本のこれからに実現させたい政策や施策に言及することなど、とんとありません。


一方、ノルウェーなど北欧諸国の比例代表制では、自分が共感できる「考え方、姿勢」を持つ政党(候補者個人ではなく)に一票が投じられます。選挙で、その政党が獲得した票数によって、政党ごとの議席数が決まります。有権者の思い、こうしたい、という政治に対する期待値が、そのまま議席数に現れるんですね。


さらにノルウェーでは、候補者も多彩なのですね。子育て中のシングルマザーや外国人までが立候補し、当選するとは!日本では考えられません。


なんとなんと驚いたのは、日本では選挙期間中、候補者同士の討論が禁じられているそうです。こんな状況で、政治に携わるひとたちを選ぶなんて?! 恥ずかしながら三井さんのインタビュー記事を読んで初めて知りました。


そこで「クォータ制」に希望を見出したいところです。ところが、クオータ制を導入している国の多くは比例代表制なのに対し、日本では小選挙区制です。一人しか当選できない小選挙区制では、候補者も政党から1人です。クオータ制によって仮に半分は女性にと決めたところで、候補者を選挙ごとに男女交代にするか、候補者の半分を女性、半分を男性にするといった、現実的でない方法しかないのですね。選挙制度の大きな壁がクオータ制実行に立ちはだかっているんですね。


とはいえ、声を上げ続けていくことで少しずつ変化していく、と確信します。だってひと昔前までは、女性は「劣っているから」選挙権がなかった。それが変わった。


ドキュメンタリー映画「立つ女たち~女性議員15%の国で~」を少し前に見ました。 彼女たちの選挙運動は、気持がすっとするような、いさぎよいものでした。 自分と家族を大切にしながらの選挙運動を貫いて当選した女性候補に、できることから着実に実施していく姿勢が見て取れました。


以上、初めて知ったことの多い記事でしたが、その中で、高校教員の頃、男女雇用機会均等法案に危機感を覚えて注力しすぎるあまり、マリ子さんも体調をくずして入院した時期があった、ということに驚きました。パワフルなマリ子さんも!と共感をおぼえました。


このマガジンを読む機会をくださってありがとうございました。


古怒田 悦子(AlllianceYouToo共同代表    


# by bekokuma321 | 2024-04-08 20:04 | 日本

政治には前から関心がありました。なぜなら、私たち先住民族アイヌは、日本国の政治や政策によって、土地、言語、生活様式など全てを奪われ、強制同化政策を強いられてきたからです。

長年の差別と抑圧の結果、アイヌ民族は社会的な弱者にさせられてきました。その結果、現在も構造的な問題に直面しています。

アイヌ女性の複合差別と選挙制度(多原良子)_c0166264_10033536.jpg

「北海道旧土人保護法」が1899年に制定され、1997年まで存在していたことを知っている人がどのくらいいるでしょうか? 実は、私自身も大人になるまで、まさか自分が旧土人であると知りませんでした。その法律を知った時、愕然としました。

強調したいのは、この「北海道旧土人保護法」は、当事者であるアイヌ不在でつくられた法律であることです。

政治は私たちの生活に関わることを決めます。ですから、政治は何よりも弱者の声、当事者の声を聴いて進めるべきだと考えます。

中選挙区制の時代(1994年以前)、私の支持する政党は、なかなか政権与党になりませんでした。そこで小選挙区制であればアメリカやイギリスのように政権交代がなされて、緊張感のある政治ができると考えました。そのようにマスコミも喧伝していました。

ところが、小選挙区制中心に変わって、与党か最大野党の候補しか当選しないこと、小政党や無所属で立候補しても殆ど議席が取れないことがわかり、とんでもない制度だと気づきました。気づいた時は遅かった。この最大政党に甘い制度を政権与党が手放すわけはないのです。

慣れというものは恐ろしい。私は日本の選挙制度や選挙運動を当たり前のように受け入れてきました。

このたび『さよなら!一強政治ーー小選挙区制の日本と比例代表制のノルウェー』(三井マリ子、旬報社)を読んで、ノルウェーの人は日本の選挙が理解できないと言っています。そう言うノルウェーの選挙制度を読み比べて、わかりました。「日本の選挙は喜劇だ!」と笑いさえこぼれてきました。

力ある知り合いが国会へ行き、自分たちの思いや声を届けてくれるだろうと期待し、私は一票を投じてきました。それが自分たちの状況を変える近道かもしれないという希望を抱いていましたが、妄想だったのです。大政党に属する議員は、私たちアイヌ民族やマイノリティの問題など歯牙にもかけないのが現実だと思います。

今、私が力を入れているのは、アイヌ女性の複合差別からの脱却です。民族とジェンダーの差別が複合して厳しい状況に置かれているからです。長年の悪しき慣習である家父長制度や男尊女卑の考えがアイヌ家庭にも浸透し、アイヌ女性に更なる苦しみをもたらしてきました。

私は、これまでも、国連の女性差別撤廃委員会日本政府審査会に直接ロビーイングし、勧告を引き出してきました。政府交渉でもアイヌ女性の政治的・公的活動への平等な参画を強く要求してきました。しかし、長年の努力にもかかわらず、残念ですが、何も前に進んでいません。

同著には、先住民族サーミの女性たちが国会議員や、市長や地方議員になって活躍しているノルウェーの政治が、詳述されています。もしも、日本がノルウェーのように比例代表制選挙であれば、少数派の民意も議席に反映しますので、国の政策の場にアイヌ女性が行きつくことができるかもしれません。  

多原良子(一般社団法人メノコモシモシ代表)


2月6日はサーミ国民の日(2020年) : FEM-NEWS (exblog.jp)

2月6日はサーミ国民の日(2018年) : FEM-NEWS (exblog.jp)

ノルウェー地方選レポート4:北部ノルウェーを支えるサーメ女性たち : FEM-NEWS (exblog.jp)


# by bekokuma321 | 2024-04-08 12:11 | 日本

「小選挙区制が間違いだったとその時からずっと思っています。党内の競争をなくして世襲の増加につながっている。当面は少なくとも『小選挙区制に負けても勝つ』という比例区重複制度を廃止し、日本政治風土に合う比例代表制を考えるべきだと思う」


202442日朝日新聞に掲載されたジェラルド・カーティスのことばだ。


「小選挙区制は間違いだった」by ジェラルド・カーティス(朝日新聞4・2)_c0166264_09412808.jpg

ジェラルド・カーティスは、米コロンビア大学名誉教授。日本政治を自民党の選挙運動や政治地盤から見続けながら、数々の著書を世に出してきた。


ジェラルド・カーティスは、同紙面で、日本社会の不平等の広がり、派閥解消も首相の謝罪も自民党の透明性を保つことにならない、日本政界は『半昏睡状態』、日本の変化はペースが遅すぎる・・・など、鋭い批判をぶつけている。そして、こうしたひどい政治への転機は、「1994年の政治改革」だったと断定。その政治改革から30年過ぎて、「小選挙区の悪い面ばかり目立っている」と嘆く。


彼のこの発言を読んで、大変失礼ながら、市民運動体「楽しく比例制をめざす会GPR」の主張を読んでいるのではないか、と思ったほどだ。GPRは比例代表制をめざして活動している。つい312日、GPRは、比例区の重複制度の廃止を求めて、要望書を提出した。これを機に要望書を再掲する。



    ●衆議院選挙における“重複立候補”の廃止を求める要望書●


衆議院選挙制度協議会(座長逢沢一郎)さま

                                               2023312


1994年改正された公職選挙法で、衆議院議員選挙は「小選挙区比例代表並立制」となりました。その第8624項において、衆議院議員選挙の比例代表では小選挙区と重複して立候補できるとされています。

私たちは、議会の男女平等の実現には比例代表制中心の選挙が望ましいと考えて学習を続ける超党派のNGO「楽しく比例制をめざす会」です。

日本政府は、2030年まで意思決定の場の女性を3割に、とうたってはいるものの、実現への具体策を示していません。「候補者男女均等法」に明記された男女候補者数の均等への実現策も手つかずです。このままでは衆議院の女性比率1割、すなわち世界163位という世界最下位レベル(IPU 20242月)から脱することはできません。

余りにも少ない女性衆議院議員、その一因は、衆議院比例代表における“重複立候補”にあり、それをなくすことが女性議員増に有効である、と私たちは考えて、ここに要望いたします。

なぜなら、現行の比例区候補の多くは小選挙区の候補であり、その比例区候補は、小選挙区で当選した候補者の票に最も肉薄した落選者から順に当選するからです。これは地盤・看板・カバンを持つ現職(多くは男性)に有利なのは明かです。

さらに、これでは比例代表選挙に採用されやすいクオータ制(男女交互の名簿順にするなどの方策)も効果がありません。例えば、衆議院の比例代表議席176の半数88議席を女性にすると、全465議席における女性割合は約18.9%です。それに、衆議院に占める現在の女性割合10.0%を加えると、女性議員は28.9%に上がります。政府のいう女性3割の目標に近づくのです。

実際、“重複立候補”のない参議院の女性比率は26.0%(2023年3月)です。さらに日本と同様「小選挙区比例代表並立制」選挙の台湾は、重複立候補がないため比例区にクオータ制の採用が進められています。その結果、台湾立法委員(衆院にあたる)に占める女性比率は41.6%(20241月)です。また、完全比例代表制選挙(小選挙区がない)の北欧諸国では、候補者においても当選者においても男女半々に近づいていることはご承知の通りです。

以上、比例代表における“重複立候補”の廃止は、衆議院における女性の政治参画促進に向けての具体的ステップと考えられます。実現を強く要望いたします。


楽しく比例制をめざす会 https://www.facebook.com/groups/185665746748543

世話人 石田まなみ(福岡県福津市議)、金子加代(福岡県飯塚市議)、王貞月(大学非常勤講師) 

      三井マリ子(女性政策研究家、元東京都議)

所 〒820-0052福岡県飯塚市相田18154 金子加代気付

問合せ・連絡先 09096542944(王)、09085956421(三井) 

「小選挙区制は間違いだった」by ジェラルド・カーティス(朝日新聞4・2)_c0166264_12014773.jpg        gprinjapan@gmail.com



♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀♀

案内4/12(金)「墨田区長選に出た 負けた わかった」byさねふじ政子 : FEM-NEWS (exblog.jp)

衆議院選挙における“重複立候補”の廃止を求めます(楽しく比例制をめざす会) : FEM-NEWS (exblog.jp)



# by bekokuma321 | 2024-04-04 10:09 | 日本