3月8日は国際女性デ―

c0166264_21551152.jpg


「今年も新しいカードをつくりました。
メッセージを添えて、友人、知人に 
女たちよ! あなたの主張をアピールしてください。
――ふじみつこ

今日、Mitsuartの国際女性デ―・カードが郵便受けに届いた。
国際女性デ―は3月8日。今年は来週の火曜日だ。

3月8日は、世界中で、女性であることをともに祝い、
女性を抑圧するすべてのことにともに怒る日だ。
3月8日を含む週は、国際女性ウィーク。

日本で、3月8日は、2011年から新たな意味が加わった。
3.11の東日本大震災によって愛する人を家を故郷を奪われた人たちと
原発・核のない日本のための闘いを誓う、週になった

国際女性デ―の歴史は、女性の闘う歴史。
世界のサイトからふりかえってみると―――。

1910年、コペンハーゲンで第2回働く女性の国際会議が開かれた。17カ国から100人の女たちが集まった。そこでドイツ社会民主党女性局代表クララ・ゼトキンが、「世界の女たちよ、同じ日にいっせいに女性の権利を要求しよう」という女性デーを提案。

1911年、3月19日、世界で初めて国際女性デーが、オーストリア、デンマーク、ドイツ、スイスで行われた。女性の労働権、女性参政権、政治参加、性差別撤廃を求めて100万人以上が集まった。この1週間後、3月25日、ニューヨークで火災が発生。140人の働く女性が犠牲に。この事件をきっかけに女性労働者の働く環境の改善が大きなテーマとなった。

1917年2月末のロシア。100万人を超す犠牲者を出した戦争に反対して、女性たちがストを決行。官憲に阻止されつつも、ストは続いた。4日後、皇帝の退位、女性参政権の認可につながった。スト終結の2月28日(当時のロシア暦で)は、グレゴリー歴にすると3月8日にあたった。

1975年、世界中の国際女性デーのイベントに連帯して、国連も会議を開くようになり、国連主催の国際女性デーがスタート。世界中で、3月8日、女性団体や政府によって大イベントが開催され、女性の権利獲得を祝い、女性の未来を話し合う日として定着していった。民間の、しかも社会主義国から始った女たちのイニシアティブが、国連や西側政府を動かすことになった。

1980年代、アイスランドでは、女性党の力によって女性大統領が誕生した。女性大統領は、3月8日の女性デーになると、女性たちに連帯して執務をやめた、という。ノルウェーでは、毎年、この日に新しい女性政策が披露される。中国、アルメニア、ロシア、マケドニアなどでは、この日は国民の休日。働く女たちに感謝する日となっている。

そして、わが日本。

2010年、国際女性デ―100年を記念して麻鳥澄江さんがパレードを企画。
小雨の渋谷を練り歩きながら「セクハラやめろ、暴力やめろ・・・」

2012年、四国は徳島「3.8国際女性デ―徳島県集会」にて、
「3.11以来、非常時なのだからと女性の人権を後回しにされてきた」
「避難所で、仮設住宅で、女たちの声をないがしろにするな」

2015年、女たちが渋谷ハチ公前に集まって
女性議員を増やそう!とフラッシュ・モブのパフォーマンスをした。
今年の1枚(上)は、その一瞬をメスマークとピースマークが囲む。

2016年、女たちの働き、暮らす環境は憤激ものだが
わたしは闘う気概を捨ててはいない、あなたとともに。
おめでとう! 国際女性デ―!

女たちよ!女の連帯で平和を

c0166264_2303351.jpg
     ▲2010年国際女性デ―@渋谷。子どもや女たちへ暴力をなくそう、とアピール
[PR]
by bekokuma321 | 2016-03-04 22:49 | その他

京都に田澤稲舟あらわる

MitsuArt 主宰ふじみつこが友人たちに出したお知らせを許可を得て転載する。文章の下にある2013年6月16日京都新聞pdf化もMitsuArt。

100年以上前の東北の女性作家が、京都で息を吹き返したなんて素敵だーー京都新聞記者の力に感謝したい。

京都新聞に掲載された「田沢稲舟」、明治の小説家、の記事を送ります。

田澤稲舟より2歳年上の作家に樋口一葉がいます。同時代に文人として活躍したそうです。記事は、「銅像/歴史さんぽ」シリーズです。稲舟の銅像は山形県のJR鶴岡駅の近くにある、と書いています。

「恋貫いた明治の女性作家」というタイトルで、女性作家と紹介されているのが嬉しいです。現代の作家にも不用意に「女流作家」と、いまだに使われることに、私は昔から差別発言と怒っています。

田澤稲舟については、Fem-News で読んでいたのでお知らせします。以下のfem-news記事です。田澤稲舟のことがもっと分かります。

■2013年の田澤稲舟
http://frihet.exblog.jp/19640195/
■「鶴岡市 2013 国際女性デー」
http://frihet.exblog.jp/19631405/

MitsuArt 主宰ふじみつこ

c0166264_959933.jpg

c0166264_10164036.jpg

ふじみつこ文中にあるFEM-NEWS記事は、今年3月8日、国際女性デ―に鶴岡市で田澤稲舟の銅像を見た後で書いた(上の写真)。

鶴岡在住の小泉信三さん、冨樫千恵子さんから稲舟についていろいろ教えていただいた。田澤稲舟は、「いなふね」ではなく「いなぶね」なのだ。「いなぶ」は、抗う(あらがう)なのだと稲舟研究者が言っているそうだ。研究者とは、「山形高教組の委員長だった細矢昌武さんです」と富樫さんが言った。

稲舟、すなわち「流れに抗う舟」。彼女のペンネームに、彼女の生き方そのものが表れている。時は明治。その時代に抗う覚悟を決めた20歳そこそこの若い女性。享年21歳。死後も、長くその作品も生涯も知られることはなかったという。

細矢昌武は、その編著『田澤稲舟全集』(1988、東北出版企画)のあとがきに、こう稲舟を評している。

「対決と叛逆の精神こそ稲舟文学の最大の魅力であり、既成の価値観に対するに自らの感覚と知性と思索力の全てを動員して自我を主張したところに、稲舟文学が現代に生き続ける力がある。こうした稲舟の気迫と姿勢は同時代のどの女性作家よりも激しく徹底していた」

「シャリンガ・ムート・ストレムン(世の流れに抗する女)」
[PR]
by bekokuma321 | 2013-06-30 11:51 | その他

3月8日は国際女性デー

国際女性デーに歌おう! 言おう! 語ろう!

c0166264_15563466.jpg3月8日は、「国際女性デー」です。1910年に宣言された国際女性デーは今年101年目です。地球のあちこちで女たちが、女性であることを祝い、女性差別をなくすことを宣言します。言いたいことのあるあなた、どうぞ!

私は、土佐の高知の国際女性デーに参加します。今夜の集会「第101回国際女性デー高知県集会」です。会場は高知県平和運動センター(高知市本町4ー1ー32)。時間は午後6時から。

今日の集会終了は夜8時過ぎになるため、女性デー・デモは翌朝3月9日になりました。高知県庁前集合です。2011年は統一地方選のため、今年の女性デーは、「2011女性と政治キャンペーン さらば黒い議会」をスローガンにして行います。高知にお住まいのあなた、ぜひご参加ください。

かつて、女性の貧困からの解放と参政権を求めて、世界のあちこちで「女性の日」の行動が起きました。この行動はその後も絶えずに続きました。1975年、3月8日を「国際女性デー」として広く呼びかけられました。日本でもデモ、集会、コンサート、パレードなどが行われてきました。

2000年にはアイルランド初の女性代大統領メアリー・ロビンソンさんが、「女性が権利の獲得に向けたこれまでの歩みを祝うと同時に、女性被害者は、いまだにあとを絶たないことを想起する日」と呼びました。イタリアでは集会に来る女たちは互いの肩にミモザの黄色い花小枝をつけあうそうです。国連でも記念行事があります。

100周年となった昨年2010年には、日本の女たちが渋谷界隈でミモザパレードと名づけたパレードをしました。よびかけたのは「ミモザ パレードの会」。千葉県市川市にオフィスを置く「すぺーすアライズ」が事務局をしてくださいました。

c0166264_1559312.jpg毎年、この日にミモザの黄色い花をあしらった国際女性デーのカーをデザインして、「お使いください」と言っている女性がいます。使用は無料! その、きっぷのいい女性デザーナーはふじみつこさん。左は見本です。原寸大のカードこちらからどうぞ。
http://mitsuart.exblog.jp/



■2011女性と政治キャンペーン
http://jyoseitoseiji.jugem.jp/

国際女性デーFEM-NEWS記事アーカイブ
[PR]
by bekokuma321 | 2011-03-08 14:47 | その他