「ゴルフコースを女性に開放しないならば、オリンピックのゴルフはやれません」


国際オリンピック委員会IOCの副委員長ジョン・コーツが明快に言った。


「霞ケ関カンツリー倶楽部」のことだ。埼玉県川越市にある。85年を超える歴史を背景とする女性差別の伝統にこだわってきた。


221日付ガーディアン紙によると、コ―ツ副委員長は、「霞ケ関ゴルフコースが、性差別的会員規約を続けるならば、別のゴルフコースを探すまでです」「はっきりしていることは、男女平等でなければならないということです」


オリンピックを開くよりも別のことに予算を使うべきだと考える私は、オリンピック開催に反対だが、ゴルフコースの女人禁制を解くIOCの動きにはもろ手をあげて賛成したい。

Tokyo Olympic golf course must give female members equal rights or lose event, says IOC



c0166264_23020436.jpg
▲「開かれた倶楽部」と書かれた霞ヶ関カンツリー倶楽部のHP表紙。実態は「男性にのみ開かれた倶楽部」


[PR]
by bekokuma321 | 2017-02-21 23:06 | その他

「やっと望みがかなえられました」

女性もオリンピックでスキージャンプをと長年主張してきた
ノルウェーのジャンプ選手アネット・サーガンは、”女人
禁制”が解かれ、安堵と喜びでいっぱいだ。

今日、IOCは、女性も次期オリンピックからスキージャンプに
出場できると発表したのだ。

女性が男性と同等にスキージャンプ台で立てるようにと、何年も、
強く運動を続けてきた。今日の結果は、彼女やその仲間たちの勝利
であり、彼女はそれほど驚いてはないという。

ゲルド・フォン・デル・リッぺはこう語る。
「おそるべき時代でした。やっと機が熟したのです。すでに2003
年、2004年に、スキージャンプをした女性たちはいました。しか
し、男らしさと男のタフさがシンボルである古いスポーツには、
強い抵抗がありました」

ゲルド・フォン・デル・リッぺは、1972年、女性の参加が禁止
されていたホルメンコーレン・リレー・レースに男性名で申し
込んで参加した。1975年、この競技は女性に解禁された。

女性がジャンプ競技に参加できる前に超えなければならなかった
女性排除というジャンプ台。それを超えるには、多くの女性たち
の長い闘いがあった。


http://www.nrk.no/sport/hopp/1.7583254
http://www.msnbc.msn.com/id/42455744/ns/local_news-tampa_fl/

関連記事
女子スキージャンプとホルメンコーレンhttp://frihet.exblog.jp/15976780/
女子スキージャンプhttp://frihet.exblog.jp/15975294/
まだ残るオリンピックの女性差別http://frihet.exblog.jp/13741366
[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-07 22:30 | ノルウェー