アメリカのトランプ大統領は、疑惑解明に司法省が特別検察官を任命したと聞くと、「すべては魔女狩りだ」と怒った。彼は、「ロシア関係の捜査をやめるよう」FBI長官に指示していた疑惑がもたれている。

魔女狩りとは、いつもながらド派手な言いがかりだ。ロシア介入などなかったのなら、証拠をもとに徹底調査をさせて、疑惑を晴らせばいいだけのことだ。

ところで、今日、国会議事堂の一室で、自・公・維新の3党によって共謀罪が強行採決された。この際、ほんものの魔女狩りとはどういうものか思い出してみたい。

アメリカでは、セーレムの魔女裁判が有名だ。17世紀、ニューイングランド地方のセーレム村で、100人を超す村人たちが次々に「魔女である」と告発され、何の証拠もなく、裁判で有罪とされ、絞首刑となった。

ことの発端は、牧師の娘たちが、ある会合で奇妙な行動をとったことだ。牧師は、娘たちの行動の原因は、使用人である黒人女性によって妖術をかけられたからだと断じた。「自白すれば減刑される」と言われた使用人は、妖術をかけたと”自白“した。さらに、関係者であると密告された村人たちが次から次に告発されていった。

『魔女狩り』(森島恒雄、岩波新書)によると、魔女狩りはアメリカより先にヨーロッパで起きた。「1600年を中心の1世紀はまさしく『魔女旋風』の期間だった」。一説には数十万の女性たち(男性も)が、「迷信と残虐の魔女旋風」の犠牲となって、絞殺されたり、絞殺された上で焼かれたり、生きながら焼き殺されていった。

ノルウェーでも魔女狩りがあったと聞いて取材にでかけたことがある。フィンマルクのヴァルドゥーだ。17世紀、魔女の烙印を押されて逮捕された女たちは、城内の「魔女の穴」に監禁され、拷問で自白を強いられて、その拷問に耐えたとしても、城塞跡から500メートルほど先の火刑場に引っ立てられて灰と煙にされた。

ありえない罪を有罪と断定する決めては何だったか。強いられた「自白」だった。魔女とされた人たちは、審問官が誘導するままにすべてを肯定し、「自白」をしていった。

なにやら、今日、衆院の法務委員会で強行採決した共謀罪に似ているではないか。ある場所に集まって話し合っただけで処罰しようというしろものだ。計画するのは頭の中でのことだから、物証があるはずはない。だから自白と密告しかない。

20世紀のイギリスの最高法院長マクドネル氏の言葉は、警告的だ。

「魔女裁判は『自白』というものが不十分であり頼りにならぬものであることを、他のどんな裁判よりも強力に証明している」(同上『魔女狩り』)

c0166264_1183578.jpg
 ▲裁判で死刑となり焼き殺された"魔女狩りの犠牲者"を記憶にとどめるモニュメント(ヴァルドゥーに2011年創設)


小林多喜二から共謀罪を思う
「むかし魔女、いま大臣」(連載「衆院秋田3区の政党交付金」) 
ノルウェーの魔女裁判から思うこと
魔女モニュメント、オープン
[PR]
by bekokuma321 | 2017-05-20 01:40 | USA

魔女狩り撲滅に資金

c0166264_15194457.jpgノルウェー政府が、魔女狩り撲滅に公費拠出をしたという。

自国内のことではなく、アフリカのマラウィでの話だ。マラウィは、最貧国のひとつ。この国には、今も魔女狩りが残る。1911年に違法とされたものの、魔女の呪術を追い払うとなどとして、医師が、女性や女の子を強姦したという事実が報告されている。

その一方で、マラウィには、根強い伝統に抗って魔女狩りを撲滅するために闘う人たちがいる。世俗ヒューマニズム協会だ。このたび、その協会に、ノルウェー政府が60万ドルを寄付した。協会は、このお金で、3年かけて魔女狩りの危険性を広める啓発教育に励むという。

マラウィ駐在ノルウェー大使は言った。

「女性が、魔女の名のもとに暴力的に逮捕されているという魔女狩りに、多くの人は気づいているようです。ところが、政治経済社会問題を話すときには、この問題は無視されてしまっているのです」

なぜ、ノルウェー政府が他国の魔女狩り撲滅に公費拠出を決めたのか。取材から類推すると…。

ノルウェーは、女性の人権侵害に敏感な政策をとる国だ。17世紀に魔女狩りが行われた国でもある。近年、魔女審判の原典の解読が進み、子どもを含む罪もない男女が、村の病気や不漁の元凶とされて殺された事実が立証された。

2011年には、フィンマルク県ヴァルドゥーに、その記録を顕彰するモニュメントが建設された。その前後に、ヴァルドーに世界中から魔女の研究者が集まり国際会議が開かれ始めた。その過程で、現代にも通じる魔女審判の非科学性、非人道性がノルウェーであらためて注目されはじめた。

■Norway, Malawi battle witchcraft
http://www.news24.com/Africa/News/Norway-Malawi-battle-witchcraft-20130212

c0166264_1523879.jpg


◆ガーナの魔女キャンプ:亡命する寡婦たち
http://frihet.exblog.jp/18413775/
◆魔女モニュメント、オープン
http://frihet.exblog.jp/16517286/
ルポ・世界で最も住みやすい町


写真上:焼き殺された魔女をイメージさせるモニュメント
写真下:魔女と刻印を押され殺害された実在の人物の名前と略歴が1枚1枚に書かれている(ともにノルウェー・ヴァルドゥ―の魔女モニュメントで撮影)
[PR]
by bekokuma321 | 2013-02-15 15:34 | ノルウェー

c0166264_10421714.jpg8月1日(月)、7.22テロ事件の犠牲者、ギーサム・ドーガム(17)の埋葬がトロンハイム市で行われた。

彼女はトルコ系ノルウェー人。1カ月前にトロンハイム労働党青年部の幹部に選出されたばかりだった。政治活動に非常に熱心だったという。「政治のロールモデル」となる女性だったという。息子がおり、「ネルソン・マンデラ」と名づけていた。

副首相、貿易産業大臣、トルコ外務大臣を含め親類縁者大ぜいが参加し、モスクに入りきれないため急きょスポーツ・アリーナに移して行われた。トロンハイム市長(女性)は、参列希望者は諸外国からもあり、すべての人を受け入れたいとした。

ノルウェーでは、テロ事件の後、警察による検死などが済んだ先週ぐらいから、亡くなった人の住んでいた地方で葬儀が行われている。襲撃された労働党青年部の夏合宿は、秋の地方選挙に向けて、各地から若者が約700人、政治研修と仲間づくりのため参加していた。ギゼム・ドーガン(17)もその1人。

また、8月1日、テロ事件後初のノルウェー国会が開かれた。ストルテンベルグ首相(労働党)は、「魔女狩りはやめようと訴えたい。我々は、衝撃、恐怖、絶望に包まれた土地でそれぞれが自らの道を見つけ出さなければなりませんでした。しかし、ノルウェー人は再び祖国への道を見つけたのです」。ストルベルグ法務大臣(労働党)は、「結論を急がず、お互いに耳を傾け、話あわなければなりません」と言った。

こうした国会発言の背景には、ノルウェーの法令や移民政策に関して、疑問が出ていることがある。VG紙の世論調査によると、「ノルウェーの刑罰はゆるすぎる」と回答した人が65%にのぼった。

自由と平等を掲げる平和な国を襲った7.22テロ事件。労働党が進めてきた、多様性に満ちた多文化社会を毛嫌いする1人の極右の仕業だった。10代の男女を中心に77人が亡くなった。死刑が廃止されたノルウェーでは、彼の刑期は最長30年。32歳のテロ実行犯容疑者は62歳で社会に出てくる。

政府は、テロを民主主義に対する挑戦とし、「暴力には絶対屈してはならない。さらにオープンに、さらに多様な政治参加を」と国民によびかけていた。

テロ容疑者がモデルとする国は日本だという。日本社会は、移民が人口のわずか1%、女性ゼロ内閣、女性国会議員率世界126位だ。日本人としてただただ恥じいるばかりだ。

■Norway PM Jens Stoltenberg warns against 'witch-hunt' http://www.bbc.co.uk/news/world-europe-14365695
■Ville kalle opp sønnen etter Nelson Mandela
http://www.nrk.no/nyheter/distrikt/nrk_trondelag/1.7734132
■Meiner Noreg må bli som Japan
http://www.nrk.no/nyheter/norge/1.7727883
■世界の埋葬事情:ノルウェー
http://www.shizensou.net/section/kaigai/norway.html
[PR]
by bekokuma321 | 2011-08-02 10:31 | ノルウェー

サーメと魔女狩り

ノルウェーで、魔女狩りにあった多くはサーメ人だったにも関わらず、サーメ人の姿は、「魔女モニュメント」のオープニングに見られなかった。

6月24日のNRKによれば、フィンマルク県ヴァルドゥー市でオープニングを祝った6月23日は、サーメ議員の出席できない日だったという。

ノルウェーには、国会と別に39人の議員からなるサーメ議会があり、フィンマルクのカラショ―クにある。

サーメ語でNoaidiは呪術者(シャーマン)を表す。キリスト教以前のサーメにとって、人間と神(多神教)とをつなぐ役目を持った、きわめて重要な人物とされていたという。そのNoaidiが、魔女として殺戮された。

極めて人口の少ないフィンマルクで、ノルウェーの魔女狩りの3分の1が執行された。モニュメント設立を機に、この土地特有の風土や歴史の研究だけでなく、ヨーロッパ全土を襲った魔女狩り史という共通項の研究など、今後の発展が期待される。

http://www.nrk.no/kanal/nrk_sapmi/1.7687388
[PR]
by bekokuma321 | 2011-06-25 20:30 | ノルウェー

c0166264_2333798.jpg
▲6月23日(木)、フィンマルク県ヴァルドゥー市で、「魔女モニュメント」がオープンした。写真は4月前の2月に訪問したもの。

魔女の烙印を押されて焼き殺された無実の女性たちを記録にとどめるために作られた。ソニア王妃、制作者、研究者などが招待された。

ヴァルドゥー市は、北緯70度、東経31度。北極点に近い。冬は何か月も太陽のない極夜の地だ。

17世紀、この地で、罪のない女性たちが、魔女だという噂をたてられ、逮捕、監禁された。拷問によって自白を強要させられた女性たち、死刑を言い渡され火あぶりにさせられた女性たち。記録によると、約140人が裁判にかけられ、90人以上が焼き殺されたという。わずか12歳の少女もいた。

魔女狩りはヨーロッパを席巻していた。しかし、ヴァルドゥー市にモニュメント設置が決まったのは、理由がある。ノルウェー人口の0.8%しか住んでなかった過疎の地フィンマルクで、全ての魔女火あぶりの3分の1が行われた。しかも、火あぶりのほとんが、ヴァルドゥー市の城塞跡から500メートルばかり離れた地で行われた。

ノルウェー運輸省、ノルウェー道路公団、フィンマルク県、ヴァルドゥー市などによる巨大プロジェクトが組まれ、何年間にわたって進められてきた。過酷な天候の影響で制作は大幅に遅れた。当初は昨年夏にオープンしていた。予算は膨れ、7000万クローネ、約11億円にのぼるとされる。

背景には、ノルウェーの魔女裁判の記録がほぼ完全な形で残されていたことがある。その結果、23日オープンしたモニュメントには、焼き殺された女性たちの墓標をつくることができた。氏名、どこに住んでいたか、どのように自白したかなどが、刻まれている。

報道によると、読みにくい昔の裁判記録が、学者の手で解読され、デジタル化されて、だれもがアクセスしやすくされた。世界で初めてだという。

もちろん、ノルウェーの国家政策である極北地方の経済発展と、女性政策の振興が土台にあるだろう。ヨーロッパの暗黒史である魔女狩りについては、不明なことが多い。今後の研究に大いに役立つに違いない。観光客を呼びこみたいとする市の意図を超える大きな意義があることを願う。

http://www.nrk.no/nyheter/distrikt/troms_og_finnmark/1.7686021
http://www.forskning.no/artikler/2009/mars/215213
http://www.forskning.no/artikler/2011/juni/292002

【写真 2011年2月末、ヴァルドゥー市城塞跡の付近から見た「魔女モニュメント」。未完成だった。市役所の職員は「夏にまた来てください」と軽く言った。立っていられないほどの烈風。カメラを取り出すのも難しかった。手袋をするとシャッターが押せないので、素手で撮影したが、かじかんで大変だった】
[PR]
by bekokuma321 | 2011-06-25 19:43 | ノルウェー