c0166264_22232562.jpg今から92年前の今日、1924年(大正13年)12月13日は、日本女性にとって記念すべき日だ。

それまでいくつかあった女性運動が、女性参政権獲得をめざそうという一点で大同団結したのだ。

会の名は「婦人参政権獲得期成同盟」。その立役者は、日本キリスト教婦人矯風会の久布白落実(1882-1972)だった。

久布白落実は、廃娼運動(公娼制廃止の運動)の挫折から、日本の女性に参政権がない理不尽さを痛いほど感じて、「法治国家において参政権は唯一の弾丸であり、武器である」と考えていた。欧米諸国に旅して、参政権運動を実際に見てもきた(注)。とはいえ、矯風会の重責や、家庭の事情もあり(幼い息子、夫、幼い娘が次々に死亡)、組織を創設して代表となって運動を牽引することになかなか踏み切れないでいた。

しかし、機は熟した。久布白落実は、同志ガントレット恒子と話し合って、女性参政権をとなえてきた女性たち全員に、新しい会を設立する集会を呼びかける手紙を出すことにした。準備に次ぐ準備を経て、1ヵ月後の12月13日、丸の内保険協会で、その集会は開かれた。

「婦人参政権獲得期成同盟会」の誕生である。久布白落実は総務理事に就任。そのとき生まれた宣言文が以下である。

c0166264_21322481.jpg


いわく「我等は2600年来の因習を破り、男女ともに天賦の義務権利に即して新日本建設の責務を負うべきことを信ず」。いわく「普通選挙の実施にあたり女子を除外するは不当のことと言わざるを得ず、我等はこれを要求す」。いわく「我が国の職業婦人はすでに400万に達せリ、その利益擁護のために参政権を要求するは当然のことと信ず」。

東京の3分の2を破壊しつくした関東大震災から1年しか過ぎていなかった。『廃娼ひとすじ』(久布白落実著、1973年)には、焼け跡で準備を続けた様子が生き生きと描かれている。

「日本婦人参政権協会の代表としてのガントレット夫人と私が呼びかけ人として、案内状を都下有力の婦人、新聞記者など約350名に出し、11月13日、大隈会館に集まった60名ほどのひとびとと協議した。結局『婦人参政権獲得という唯一の共通目的の貫徹のために連合委員会を組織すること』が満場一致で可決された、日ならずして準備会がたびたびもたれた。

従来あるところの既成団体の存在及びその仕事にはいっさい触れず、それらの団体に属している人々も個人として新たに組織される団体に加入することができる、ただ婦人参政権獲得を唯一の共通目的として一般婦人の個人としての自由な参加を求めることができることに話がまとまり、大隈会館の集合に参加した人から賛否をとって発起人とした。

c0166264_2291381.jpg準備会は前後十数回ひらいたが、若い人たちが多く、しかも昼間は働いているので、夜の6時から大久保の婦人ホームに集まった。そこが遠いというので、しまいには赤坂の矯風会本部の寒いバラックに火鉢で暖をとりながら、遅くまで準備に、今後の運動方針に、はげんだものである。厩ではないが、日本の婦選も、焼け跡のバラックから呱々の声をあげたといってもよい。

12月13日、丸の内保険協会で、婦人参政権獲得期成同盟会設立総会を開いた。矯風会からは小崎千代会頭をはじめ大勢出席し、大阪から林歌子女史もかけつけ、またガントレット、守屋、私などそれぞれ集会の中の役目を果たした。(後略)」

女性参政権は敗戦後、ポツダム宣言によって得られたが、先人たちの運動を決して忘れてはならない、と今日、あらためて思った。

【写真上:『廃娼ひとすじ』を手に久布白落実の思い出を筆者に語る高橋喜久江さん。久布白を師とあおぎキリスト教婦人矯風会で仕事を続けた。現在は矯風会が設立した慈愛寮の理事長。性的搾取根絶運動に今も熱心にとりくむ】
【写真中:高橋喜久江さんを通じて借用した『日本キリスト教婦人矯風会百年史』より接写】
【写真下:久布白落実の書。日本キリスト教婦人矯風会の慈愛寮に掲げられている】

【注】久布白落実は、イギリスに渡りSuffragette(女性参政権運動家)を見聞きした。彼女はその激しい闘いぶりには否定的だったようだ。その逮捕・投獄をもいとわなかったイギリスの女性参政権運動をもとにした映画が新年早々日本でも上映される。原語タイトルは「サフラジェット」。女性参政権運動家、女性参政権論者という意味だが、日本に上陸したとたん、タイトルは「未来を花束にして」。陳腐なタイトルだ。予告映画は、子どもの将来のために母親が闘ったという流れにしたてあげられている。ま、こうすると多くの観客を動員できると思ったのだろう。本家イギリスでは、映画のプレミアの場が「まだ女たちの闘いは終わっていない」と叫ぶ女性運動の場となったという。

日本の女性解放運動とノルウェー
ノルウェーの芸術から思う日本の女性運動
女性解放運動の先駆者早川カイ
オスロの絵と日本の廃娼運動
ロンドンのレッド・カーペットに女たち横たわる
[PR]
by bekokuma321 | 2016-12-13 23:01 | その他