タグ:男女平等 ( 30 ) タグの人気記事

大阪府豊中市に集まった友人たちは、こう思っています。すてっぷにて開かれたセミナー「北欧の選挙、日本の選挙」の後で、おしゃべりしました。

c0166264_2352445.jpg

c0166264_10173274.jpg


男女平等先進国ノルウェーでは、こんな感じです。
◆「あなたにとって男女平等って?」
http://frihet.exblog.jp/18033946/
私にとって、男女平等とはーーー「賃金を全部、権力を半分」。ノルウェーの平等・反差別オンブッド事務所の事務所所長が言ってます。
[PR]
by bekokuma321 | 2013-02-22 23:52 | その他

大阪府豊中市に集まった友人たちは、こう思っています。すてっぷにて開かれたセミナー「北欧の選挙、日本の選挙」の後で、おしゃべりしました。
c0166264_20121255.jpg

c0166264_20135786.jpg

[PR]
by bekokuma321 | 2013-02-21 20:14 | その他

大阪府豊中市に集まった友人たちは、こう思っています。すてっぷにて開かれたセミナー「北欧の選挙、日本の選挙」の後で、おしゃべりしました。
c0166264_207193.jpg

c0166264_2082537.jpg

[PR]
by bekokuma321 | 2013-02-21 20:08 | その他

大阪府豊中市に集まった友人たちは、こう思っています。すてっぷにて開かれたセミナー「北欧の選挙、日本の選挙」の後で、おしゃべりしました。
c0166264_19514793.jpg

c0166264_19521965.jpg

[PR]
by bekokuma321 | 2013-02-21 19:53 | その他

大阪府豊中市に集まった友人たちは、こう思っています。すてっぷにて開かれたセミナー「北欧の選挙、日本の選挙」の後で、おしゃべりしました。

c0166264_19441374.jpg

c0166264_19482244.jpg

c0166264_10192487.jpg

[PR]
by bekokuma321 | 2013-02-21 19:51 | その他

町田で、「バックラッシュの動きと男女平等のゆくえ」について話をした。企画は、男女平等フェスティバルの実行委員会。50人近い市民が参加した。

(クリックすると大きくなります)

私は、男女共同参画推進センター・すてっぷの館長職を首にされた。その背景には、豊中市の男女共同参画推進条例に反対していたバックラッシュがあった。バックラッシュとは、男女平等推進に反対する動きをさすが、その勢力の議員や議員の支援仲間らによる豊中市やすてっぷ財団への圧力があった。

豊中市はこの条例制定過程で、すてっぷ館長排斥の密約を交わし、隠蔽工作を図り、情報操作、虚偽情報の流布、悪質なデマの放置等を行った末に首切りをした。

法廷での真相解明を願った私は大阪地裁に提訴した。1審は敗訴だったが、2審は逆転勝訴。最高裁まで行き、2011年、勝利が確定した。

大阪高裁の塩月秀平裁判長は、判決で、バックラッシュ勢力の横暴で悪質な言動を驚くほど詳細に認めた。

「反対の勢力による組織的な攻撃が行われており、その方法は、直接的に反抗することのできない被控訴人らの職員に畏怖感を与えるような行動に出たり、嫌がらせを行ったり、虚偽に満ちた情報を流布して市民を不安に陥れたりするなど陰湿かつ執拗であった……」(判決文p34)など、など。

暴力的威嚇的言動で、市民をまどわせたり、人の職場を奪ったり、事業企画を邪魔したりなど、嫌がらせを続けるバックラッシュ勢力。ターゲットを定め、根を上げるまで執拗に嫌がらせをする。その陰に国粋主義的、性差別主義的、全体主義的な右翼政治勢力がある。司令塔は、「日本会議」という政治組織だ(浅倉むつ子『意見書』)。

バックラッシュ勢力の言うことは、町田市の、「生きよう! 一人ひとりが、その人らしく」に反すること、この上ない。

フロアから、「はじめて聞いた」「似たような怖れを感じていて、その背景がわかった」「男女平等の条例がなぜ制定されないか、わかってきた」というような発言があった。

会の終了後、男性の皆さんの作ったカレーライス、おでん、バナナの春巻きデザートなどをいただいた。おいしかった。

◆館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会(判決文など全情報が読める)
http://fightback.fem.jp/index.html
◆『バックラッシュの生贄』http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4845112612/junposha-22
◆バックラッシュの生贄から生還して
http://frihet.exblog.jp/18218281/

【写真は、裁判所で採用された証拠書類。バックラッシュ勢力がつくって頒布した新聞号外。男女平等社会とは恐ろしい社会だという、とんでもないデマでいっぱいだ】
[PR]
by bekokuma321 | 2013-02-08 15:03 | その他

c0166264_1855673.jpg「男女平等達成は、簡単ではない」――こう嘆くのは、ノルウェーの文化大臣アニケン・ヴィットフェルトだ。

先ごろ、彼女は、「男女平等の構造」(2011.18報告書)の実現に向けて、報道機関が開いた夏季研修会に招かれて、こう言ったという。

この報告書は、総合的でかつ具体的な男女平等政策をどう実行していくかを示したものだ。

ノルウェーの国ならびに地方のすべての行政に加えて、すべての雇用主は、男女平等推進に向けて、目標を設定し、組織的に、継続的に努力をする法的義務がある。そこで、報告書作成委員会は調査した。

誰が責任者か? 誰が実行をさせているか? どのように実行させているか? どのような結果が出ているのか? 

回答は、喜ぶべきものではなかった。現在の公務職場や会社の機構において、根本的な弱点があることがわかった。さらに、地方自治体、県レベルも市レベルも、男女平等推進目標に向かって具体的な実行にはほど遠いことも判明した。

こうした報告に基づき、国会は、全国すべてにわたる広範囲で実践的な男女平等推進策をとることを決定した。委員会は、「法律の条文に雇用主の責務を明示するべきだ、そうしてはじめて国民が何をすべきかを理解できるようになる」と提案している。

文化大臣アニケン・ヴィットフェルトは、この夏、労働省とともに責務を話し合いたいと語った。

男女平等先進国は、やることが違う。ちなみに、ノルウェーの閣僚大臣は、半数が女性。

この報告書は、昨秋、FEM-NEWSがすでに紹介済み。
◆さらなる男女平等を進める提言
http://frihet.exblog.jp/17098922/

◆Ikke så enkelt, Huitfeldt
http://www.dagbladet.no/2012/07/10/kultur/debatt/anniken_huitfeldt/likestilling/politikk/22487864/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-07-12 18:56 | ノルウェー

福祉は経済を発展させる

3 月1 日の北欧ニュースから。

2 月29日、ニューヨークで開かれている北欧会議に出席したUNWomen代表のミシェル・バチェレは、北欧諸国の男女平等推進政策を称賛した。この北欧会議は、国連女性の地位向上委員会CSWにあわせて、北欧諸国が主催して開かれた。

北欧諸国の政策は、日本の未来をともす光となる。たとえば、今回の代表スピーチにある次の言葉に、私はとても勇気づけられた。

「私たちは、福祉国家を作り上げたので豊かな国々になりました。福祉とは、親休暇、保育園、保健・介護サービスなどの政策をさします。それらは、私たちの働く場の機会を広げるために、そして、自由な労働力となるために、なくてはならない政策なのです」

つまり、福祉は経済を繁栄させるといっているのだ。

ついで、北欧会議に出席したノルウェー子ども・平等・社会省の事務局長アルニ・ホールは、北欧の男性たちは、社会的プログラム、教育、保育などをずっと支援してきたと告げ、こう答えた。

「なぜ、男性政治家が男女平等を支援するか? そうですね、両性の権利は守られてほしいと、男性も考えているからです」

経済危機の中、男女平等では世界でナンバーワンのアイスランド。この国の男女平等センター長は、「UNDPの結果を誇りに思う。世界一ではあるが、まだまだやらなければならないジェンダーの課題が山積している」と語った。

日本の男性議員よ、政党関係者よ、耳の穴をほじくって聞け、と言いたい。

■Gender Equality – The Nordic Way" Nordic ministers' fringe event with UN Women
http://www.norden.org/en/news-and-events/news/nordic-region-praised-by-un-chief
[PR]
by bekokuma321 | 2012-03-02 11:14 | 北欧

c0166264_9473121.jpg11月15日、ノルウェー政府の平等委員会から男女平等に向けての新しいレポートが子ども・平等・社会相に提出された。

平等・反差別オンブッド(政府とは独立した国家の推進機関)をとくに喜ばせたのは、男女平等推進への予算の拡大、とりわけ、財政的余裕のない人が簡単に差別から逃れたり、法廷に提訴できたりするようにするための財源確保の提案だ。

また、ノルウェーを5地域にわけ、それぞれの地域ににおいて男女平等推進をするという提案も新鮮味がある。それに、1年間2億クローネ、10年間かけるよう提案している。

委員長は、オスロ大学教授のHege Skjeie。

■Struktur for likestilling
http://www.regjeringen.no/pages/35855059/PDFS/NOU201120110018000DDDPDFS.pdf
http://www.ldo.no/no/Aktuelt/Nyheter/Arkiv/Featured-news/--Gode-og-naudsynte-likestillingsgrep/
http://kvinner.hegnar.no/nyheter/article9312.ece

More
[PR]
by bekokuma321 | 2011-11-16 00:54 | ノルウェー

ノルウェー北部トロムソのボルツン学校は、イスラム教徒の生徒たちのために、水泳と体操を男女別々にしている。

学校側は、全校生徒に水泳や体操を学んでもらいたいが、男女別にしないと、生徒が参加しないからやむをえない選択をせまられたためだ、という。

一方、ノルウェーの法律は、学校教育において、性によって差別したり区別したり差を設けることを厳しく禁止している。ノルウェー学校教育の最も基本的な土台だ。例外は認められない。

トロムソ県知事は、ボルツン学校が男女別の水泳と体操をする際、前もって知らせるべきだった、と述べる。

イスラム教の移民家庭が増える中、男女平等をめぐって、新たな問題が浮上した形だ。討論が続けられている。

http://www.nordlys.no/nyheter/article5348629.ece
http://www.nrk.no/nyheter/distrikt/troms_og_finnmark/1.7338580
http://www.nrk.no/nyheter/distrikt/troms_og_finnmark/1.7421043
[PR]
by bekokuma321 | 2010-12-12 01:47 | ノルウェー