c0166264_2313580.jpg「この賞は、虐待から逃れてきた人たちためのシェルターと、そこで働く人たち――少女のころ闘うことを選び、今、シェルターの職員をしている――それに貧しい家庭に育った子どもたちと分かちあいたい」

今年の「男女平等賞」に輝いたカードラ・ユースフ(36)のことばだ。 さきほどノルウェーから入ってきた報道から要約して紹介する。

男女平等賞は、ノルウェー労働組合連合LOが、困難な道を勇敢に切り開いた女性に対して、4年に1度授与する賞だ。1997年に始まって、今年は20年目。これまで、初の女性首相グロ・ハーレム・ブルントラント、ジェンダーにとらわれない子どもの本作家アンネ・カット・ヴェストリ、女性で初めてノルウェー国教会最高位である監督に就任したローズマリー・クーンなどが受賞した栄えある賞だ。

カードラ・ユースフの名がノルウェーに知れ渡ったのは、2000年のこと。

ノルウェーのイスラム・コミュニティでは、少女たちに性器切除が行われていた。実は、イスラム教のイマム(指導者)が、少女たちに性器切除をするよう指導していたのだ。彼女は、その事実を隠しカメラとレコーダーで録画に成功。それがテレビのドキュメンタリー番組で放映された。大反響を呼んだ。

彼女の調査報道によって、イスラム文化・宗教か人権か、人種差別か女性差別か、家庭のしつけか個人の尊厳か、伝統か自己決定権か・・・・などのテーマで議論が広がっていった。そして、議論はノルウェーの女性器切除禁止法の制定にまで進んだ。

その後、彼女はいくつかのメディアで社会評論を担当するようになり、現在は、ノルウェー主要紙の専属コラムニストだ。 女性運動家であり、3人の母親でもある。

カードラ・ユースフ自身の話も壮絶だ。8歳で戦火のソマリアからノルウェーに逃れてきた。ノルウェーで育ち、ノルウェーの学校で学び・・・やがて「反逆児」に!

カードラ・ユースフは、養親が彼女に女性器切除をさせ、すでに決められていた相手と結婚させると察した。15歳になったとき、彼女は親を捨てる決意をし、家出を決行。ノルウェーの全土にはりめぐらされているシェルターのひとつに飛び込んだ。新しい人生のはじまりだった。

連合LOの会長ゲル・クリスチャンセンは、カードラ・ユースフに「男女平等賞」を授与した理由をこう述べる。

「彼女は現代におけるもっとも重要な意見の持ち主のひとりです。彼女は、多様性と自由への扉を開けて、私たちに再びそれを考えるように促しました。それだけではない。彼女は、抑圧された女たちに光をあて、正義のために立ち上がろうとするひとたちすべてに感銘をあたえています。これこそ、世界が求める、男女平等そのものなのです」

c0166264_23132448.jpg
     ▲アムネスティの女性器切除廃止キャンペーン・ポスタ―

LOs likestillingspris 2017 går til Kadra Yusuf
Kadra fikk LOs likestillingspris
Dagsavisen_Nye Meninger:Kadra Yusuf
女性性器切除被害者は2億人
ソマリア女性にナンセン難民賞
ノルウェーの「ベスト清掃員賞」
映画『パパ、ママをぶたないで』が生まれた国ノルウェー
イラク移民の少女が国会議員有力候補になれる国
ノルウェーの難民と“児童婚”
難民問題
イスラム教と女性(リングダール裕子「ノルウェーの女たち」より)


【写真上:facebook Kadra Yusufより。 写真下:I 女のしんぶん連載「叫ぶ芸術―ポスターに見る世界の女たち 34 『赤いバラの闘い』
[PR]
by bekokuma321 | 2017-05-11 23:22 | ノルウェー