統一地方選挙がもうじきだ。

女性議員がいかに少ないかを主要メディアも報道するようになった。毎日新聞によると、女性議員が全体の3割を超えている自治体議会はわずか3%。5分の1がまだ女性ゼロ議会だ。

さて、所変わってフランス。

今、地方選挙の真っ最中のフランスでは、世界で類を見ない新しい方式で行われている。当落結果はまだにもかかわらず、どの議会も男女半々議会になることが決まっているのだ(パリとリヨンを除く)。

投票日は3月22日、29日。小選挙区の2回投票制で行われる。現在、女性議員は平均17.8%とさほど多くない。選挙制度は女性が当選しにくい小選挙区制である。うーん、それが、なぜ一気に女性議員が50%に増えるのか。

そのわけは、昨年、選挙制度が改正されて、男1と女1のペア(フランス語でbinômes ビノム)で立候補しなければならなくなったからだ。

ダンスを踊るときのように、男性は一緒にペアを組む女性を探してはじめて選挙に立候補できる。フランスからの報道写真によると、選挙運動も2人のペアでやっていた。そして各選挙区から最高得票をとった「男女ペア候補」が1組だけ当選する。つまり、すべての選挙区で、当選者は、男女1人ずつとなる。

ペア候補制度の誕生によって、選挙区は4055から2074に半減された。

男女半々の政治をフランスではパリテと呼ぶ。パリテは民主主義の要請だ。そうなるように実行した、鮮やかなフランス式手法。脱帽、いや、ブラボー!

c0166264_9491553.jpg
▲男女ペア候補に投票する「新選挙法」を知らせるフランス政府イラスト

Nouvelles élections départementales #OuiJeVote
Annexe 11 - Les statistiques (au 1er décembre 2014)
Departmentals 2015
Elections départementales: OLF 91 demande aux candidat-e-s de s'engager pour l'égalité femmes-hommes
政治は男のものではない
フランス、新しい男女平等法へ
仏、「歴史上の偉人に女性を増やせ」
フランス、性差別賃金会社に罰金刑
フランス「パリテ内閣」、「女性の権利省」誕生
21世紀のフランス革命
フランス議会は男女半々(パリテ)へ-イヴェット・ルーディさんに聞く-
[PR]
by bekokuma321 | 2015-03-26 10:01 | ヨーロッパ