Cruel Japanの本

c0166264_13113581.jpgかゆい所に手の届くオモテナシ文化、美しさと健康を兼ね備えた和食、お尻の面倒まで見てくれるウォシュレット……ああ、なんて日本は Cool なんだと外国人が礼賛するTV番組が人気を呼んでいる。

しかし、この国は Cool Japan どころか Cruel Japan(残酷な日本)なのだと思い知らせてくれる本が出た。新刊本『雇用差別禁止法制の展望』(浅倉むつ子著、有斐閣)だ。

第1子出産を機に退職する女性は依然6割もいる。平均賃金は男性100としたら女性70.6。しかもこれは正規のみであって、働く女性の54.7%を占める非正規は、調査もしてもらえない。

正社員であっても出発点で男を「総合コース」女を「一般コース」と分別して、女性を低賃金でこき使う。性による賃金差別禁止を明記した労基法4条など、実はザル法なのだ。

「ポジティブ・アクション」も「間接差別」も、日本に上陸したとたん企業に都合のよい「日本的特色を持った中身」に変えられる。

しかし、泣き寝入りしない女性たちは、裁判や国際機関に訴えて闘ってきた。「昇格・昇進に係る男女差別に関する判例」だけで、22件にのぼる。

そのなかで「男女別コース制度が認定された」裁判は4件。本書が真っ先にあげるのは、1980年代の「日本鉄鋼連盟事件」で、女性7人が日本鉄鋼連盟を訴えた。判決は、仕事を「男性コ―ス」「女性コース」と分けるのは憲法違反であるとした。画期的だった。支援団に加わっていた私は、飛びあがって喜びたかった。が、しかしながら、7人が採用された当時にさかのぼれば「公序良俗には違反しない」と、続いていた。私は、この判決にひどい脱力感を覚えた。

2000年にはいり、性別役割分業意識が少しゆらぎはじめたその矢先、ゆりもどしの動きが日本列島をおおった。いわゆるバックラッシュだ。その例として、大阪府豊中市で起きた「すてっぷ館長雇い止め事件」がp284、p334~360に紹介されている。

「日本会議」系の議員らよって、男女共同参画推進センター館長に「威圧的で精神的な暴力が駆使された」。こう述べた判決は、館長が受けた侮蔑的な仕打ちを「人格権侵害」と断じた。館長とは不肖私のことだが、最高裁の勝訴確定まで7年もかかった。

本書は言う。「日本のジェンダー格差の第一の要因は、日本社会に根強い性別役割分業にある」「第二の要因は、企業社会に根強く定着している制度や慣行」。だから、あらゆる領域を網羅する「包括的な差別禁止法」が必要だと、筆者は強調する。

膨大な資料を駆使して、日本の労働界にまんえんする性差別を鋭く衝く大変な労作だ。

館長雇い止め・バックラッシュ裁判
浅倉むつ子「男女共同参画社会実現のための訴訟でした」
読者は二つの怒りを体験する:『バックラッシュの生贄』を読んで
浅倉むつ子意見書を読んで
三井さんの館長雇止め事件の「意見書」を書いて(浅倉むつ子)


[PR]
by bekokuma321 | 2017-01-12 13:55 | その他

c0166264_1739115.jpg『バックラッシュの生贄ーーフェミニスト館長解雇事件』、一気に読みました。神保町の東京堂書店で購入しました。読み終えた後、同僚の岩佐りょう子(千代田区議)に貸したところ、読んでいて、悔しくて、とため息を漏らしていました。

男女平等の流れを逆流させようとする勢力――バックラッシューーの圧力で解雇されて、裁判で勝った三井さんの闘いぶりがよくわかりました。

通常は、こういう仕打ちにあっても、声も出せずに泣き寝入りです。司法に訴えても勝てない、があたりまえの世の中です。でも、三井さんは、弁護団や浅倉先生と共に、しっかり打ち返した。本当にアッパレです。奇跡と言ってはまずいかもしれませんが、奇跡に近いです。

本を読んで、手段を選ばないバックラッシュ勢力のすさまじい陰湿さ、横暴さ・・・・を勉強させられました。そして、あらためて三井さんの裁判はすごいことだったんだと思いました。浅倉先生の意見書にあるように、三井さんがバックラッシュ攻撃を受けていたのですから、雇い主である市は、職場環境を保持すする義務者として、三井さんを攻撃から守るべきでした。議員と職員という関係の中でも、環境保持義務が首長にあるということを首長側は知るべきだと思います。

さらに、私たちは、このバックラッシュに、どうしたら、効果的な闘いができるのか、を考えさせられました。次の10年では、私たちの側の効果的闘いが見えてきたらいいなと思っています。

c0166264_21455295.jpg6月1日の国会集会があって、目を覚まさせられました。その後、駒場東大での黒岩さん主催の会があり、日独文化研究所のフェーベさんから『民主党政権と男女平等政策』に関する取材を受けたりと、男女平等というテーマに向き合った6月でした。


小枝すみ子(千代田区議)
http://www.koeda-sumiko.net/index.html

(FEM-NEWSより:小枝さんは、6月1日の「バックラッシュを跳ね返して新しい政治を」の企画運営に奔走してくださいました。写真は6月1日を報道したふぇみん記事より)
[PR]
by bekokuma321 | 2012-07-08 17:40 | その他

c0166264_843273.jpg

夏井香織さん(写真中央)の控訴審判決が、2月16日13:15 東京高裁424号法廷で開かれる。傍聴をお願いします。

“営業マン”ということばがある。その男の牙城といえるリコープロダクトプリントソリューションズ・ジャパンの営業職で、たった一人女性としてがんばっていた夏井さん。

夏井さんの陳述書によると、深夜残業を連日強要され、「女は体で仕事をとっている」などという女性蔑視の下劣な誹謗・中傷・業務妨害をされ、情報秘匿の嫌がらせ、休日にはゴルフや宴会に強要されるなど数々のセクシュアルハラスメントを受けた。

しかし夏井さんの必死の訴えは認められず、1審では負け。夏井さんは控訴した。

控訴審では、早稲田大学の浅倉むつ子教授が「意見書」を提出し、1審判決を徹底批判した。浅倉教授は、バックラッシュ勢力に屈して女性センター館長の首を切った大阪府豊中市を、敗訴に導いた。こちらは最高裁で確定。館長雇止め・バックラッシュ裁判

夏井さん裁判は↓
■セクハラ、パワハラ、不当解雇裁判傍聴記
http://frihet.exblog.jp/17238187/
■セクハラ・パワハラ裁判を傍聴しようhttp://frihet.exblog.jp/16967315/
■セクハラ、パワハラ、不当解雇裁判http://frihet.exblog.jp/17225194/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-02-15 11:36 | その他

5月21日、館長雇止め・バックラッシュ裁判・最高裁勝訴の集いが、豊中市男女共同参画推進センターすてっぷであった。

高裁に「意見書」を提出した浅倉むつ子教授。強力な弁護団を組んで逆転勝訴判決を勝ち取った寺沢勝子弁護士、宮地光子弁護士、川西渥子弁護士、島尾恵理弁護士。裁判を取材報道した斉加尚代MBSディレクター。豊中市民として市に抗議を続けた和田明子元フリーク店主。原告の三井マリ子(筆者)が講演をした。原告に訴訟費用を援助した「働く女性の裁判基金」は感謝状を授与された。2部は、オペラ・アリアとピアノ演奏。

YouTube ■三井マリ子さん最高裁で勝訴 http://bit.ly/iznvjK

c0166264_2231689.jpg

浅倉むつ子「この訴訟は男女共同参画社会実現のための訴訟だった」


c0166264_2234971.jpg

寺沢勝子「地裁で敗訴後、山梨県昭和町の人格権侵害判決を参考にした」


c0166264_224677.jpg

宮地光子「このホールで開いた住友裁判勝利和解パーティで三井さんと会って…」


c0166264_2241999.jpg

川西渥子「第1審敗訴の時、三井さんは悔しさのあまり号泣してしまいました」


c0166264_2243446.jpg

島尾恵理「素晴らしい判決を書いた塩月秀平裁判長をネットで検索したら…」


c0166264_2245318.jpg

斉加尚代「私は、最初からこの裁判は勝てるような気がしていました」


c0166264_225776.jpg

和田明子「三井さんが追い出されそうだとピンときて『女性ニューズ』に投稿したら」


c0166264_2252439.jpg

三井マリ子「男女平等社会は、バックラッシュ勢力のいいなりにならない社会」


c0166264_2283552.jpg

大熊一夫「モーツアルト『フィガロの結婚』より もう飛ぶまいぞこの蝶々」


c0166264_230898.jpg

司会は木村民子(右、支援する会副代表)、望月奈緒(支援する会、豊中市民)

【写真撮影:下から2枚目は有我譲慶、他は大熊一夫。YouTube動画制作も有我譲慶
http://www.youtube.com/watch?v=LBkvy8Wzg-4&list=PL8D41001FFC6CE457

●2011年5月21日のチラシ
http://fightback.fem.jp/11521syoso-tirashi.pdf
●実りの秋にありがとう!「働く女性の裁判基金」
http://fightback.fem.jp/genkoku_FB_9.html
●館長雇止め・バックラッシュ裁判
http://fightback.fem.jp/index.html
[PR]
by bekokuma321 | 2011-05-23 03:00 | その他

5.21 最高裁勝利の集い

c0166264_2356951.jpg


館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会からのお誘いです。上図は
ふじみつこ作カードです。

地震、津波、原発事故、そして豊中市の最高裁判決へのひどい対応
……やり場のない怒りに震えつつ、明日への希望の光を描いてみました。
                   ――ふじみつこ(デザイナー)


☆☆☆☆☆ 5・21 祝!勝訴の集いへのお誘い ☆☆☆☆☆☆

三井マリ子さんと共に喜び労をねぎらい、
              さらなる女性の人権と働く権利の確立を

3.11東日本大地震・津波・原発に心の痛まない日はありません。
「館長雇止め・バックラッシュ裁判」の支援者は全国に800人以上、
東北地方にも多数おられます。皆さんのご無事と1日も早い復興を
祈りつつ、裁判勝利の集いのお知らせをいたします。提訴以来6
年余りの年月、この裁判を共に闘い、支えあってきた方々が一堂
に会して、次なるエンパワーにつなげる会です。

●2011年5月21日(土)午後2時~
●大阪府豊中市とよなか男女共同参画推進センター「すてっぷ」
●三井マリ子さん、弁護団、ゲストの浅倉むつ子さん(早大大学院教授)、
斉加尚代さん(MBSディレクター)のスピーチ、大熊一夫さんによる
オペラ歌唱、浅倉むつ子さんや島尾恵理さんによるピアノ演奏などの
アトラクションを予定しています。乞う!ご期待。

館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会世話人

参考 
◆三井マリ子さん最高裁で勝訴TVニュース
http://www.youtube.com/watch?v=LBkvy8Wzg-4
◆浅倉むつ子さん講演録「三井さんの館長雇止め事件の意見書を書いて」
http://fightback.fem.jp/asakuragijiroku-100424.html
[PR]
by bekokuma321 | 2011-04-05 12:17 | その他

c0166264_11575460.jpg3月30日、大阪高裁、男女共同参画行政のありかたが問われた日本初の司法判断。今日午後2時、文京区の男女平等センターで、その学習会があります。浅倉むつ子教授、紀藤正樹弁護士の講演。

千代田区議の小枝すみ子さんの案内をはりつけます。

分野の違うみなさまにご案内いたします。
男女平等分野で、先頭を走り続けてくれた、三井マリ子さんが、大阪豊中市の男女共同参画センターの館長として活躍していましたが、それに反対する勢力(当時市議)の働きかけによって雇止めをされたことに対して、市を相手取ってたたかってきました。

その結果、地裁では敗訴しましたが、3月30日大阪高裁で、逆転勝訴したのです。本当にこれは画期的なことです。

勝訴のシナリオとなった、意見書を書いて下さった浅倉むつ子さんを迎えての、報告集会が東京であります。どうぞ、分野の違う方もいらっしゃると思いますが、ふるってご参加ください。

         記

日時:2010年4月24日(土) 午後2時~5時

場所:文京区男女平等センター研修室A

講師:浅倉むつ子(早稲田大学大学院教授、三井裁判「意見書」作成)
    紀藤 正樹(弁護士、三井マリ子代理人)
    三井マリ子(原告、豊中市男女共同参画推進センターすてっぷ初代館長)

主催:館長雇止め・バックラッシュ裁判を支援する会@関東
チラシは、http://fightback.fem.jp/10-424kachinukukai-bunkyo.pdf

小枝すみ子(千代田区議)
[PR]
by bekokuma321 | 2010-04-24 12:00 | その他