c0166264_23453030.jpgなんということだ! 33歳の女性市長が暗殺された。

1月2日土曜日、ギゼラ・モタは、自宅で襲撃されて死亡した。メキシコの首都メキシコシティーの南にあるテメキシコの市長に就任したばかりだったという。

テメキシコ初の女性市長だった。犯罪とドラッグに荒れたテメキシコの改革に情熱を持っていた。

ガーディアン紙によると、彼女は12歳で、民主革命党Party of the Democratic Revolution活動家の母といっしょに政治的抗議行動に参加した。

その後、大学で法律を専攻し、政治家のキャリアをめざした。母親は、メキシコでは犯罪組織とむすびついた政治家の暗殺事件が多く、巻き込まれることを心配して反対していた。しかし、彼女はものともせず、男女平等と環境保護などを掲げて、政治家の道を着実に歩んでいた。市長の前には、国会議員に当選している。

若さに加え、たぐいまれな勇気と行動力を携えた女性のようだ。

テメキシコの市民とともに、腹からの怒りと、心からのお悔やみを表します。

Young, idealistic – and dead: the Mexican mayor gunned down on her second day 
500年の抑圧と闘ったメキシコ女性
メキシコ最高裁、バックラッシュ判決

【写真:facebookより】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-01-13 23:51 | 中南米