連日  「政治とカネ」 について、報道されています。今日は、小渕優子前大臣の経理担当の家に、強制捜査がはいったそうです。

どうしてこうも、政治家はいいかげんなのか。私など普通のおばちゃんは、家計簿をつけていて1円合わなくても計算し直すものを。

3000万円、5000万円…と、私たちの財布とは桁違いのお金が行方不明とは、あきれかえってしまいます。

政治家の政治資金は、必死になって稼いだお金でないからでしょうね。

でも、「政党交付金」は、私たちが必死で稼いで納めた税金です。こんないい加減な使いかたをするなら、私たちの税金から「政党交付金」を出すのをやめてほしいと思います。

先日、松浦大悟元議員秘書の「有印私文書偽造・同行使・詐欺罪」の刑事事件が不起訴になったと知りました。これも「政党交付金」に関係しています。

c0166264_13451134.jpg
2012年の衆院選後、三井マリ子代表の支部に送金された「政党交付金」の一部が使途不明になっていることに気づいた三井さんが、警察に捜査を依頼していました。

不起訴は証拠不十分だからということですが、これまたおかしいと、普通のおばちゃんの私は思いました。だって、三井さんの全く知らない通帳が出てきたじゃないですか。

起訴されて、政党交付金のしくみがいかにいい加減かをはっきりさせてほしかったです。

もう一つ、民主党秋田2陣営の選挙運動費用の「収支報告書」を虚偽記載したとされる「公選法違反事件」があります。これについて、民主党秋田県連(松浦大悟代表)は調査すると言っていましたが、いまだにちゃんとした説明はありません。

c0166264_134705.jpgこちらは、ポスターを貼ってもいない人に、ポスターを貼りのお金を支払ったことにして領収書をもらっていたという事件です。領収書に書かれた名前の人は、ポスター貼りをしてない人だったのです。つまり、領収書はニセ物だったのです。

そのニセ物の領収書をつけて、「収支報告書」を選挙管理委員会に出したのですから、公職選挙法違反です。

新聞によれば、まだ捜査中ということで、起訴か不起訴か決まってないようです。

HEROの「久利生公平」よ、現実の社会にも表れてほしい。普通のおばちゃんの切なる願いです。

秋田市 佐々木厚子 さみどりの会(*)

【写真:秋田3区の選挙ポスター。積雪のためポスターは男だけ(上)。三井候補知人が雪かきをしたら下段に貼ったポスターが表れた(下)】

(注)衆院選で落選した三井候補は、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴した。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津英の歌がある。女性は子どもだけでなく、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」の由来だ。裁判報道は下を。
c0166264_15134969.jpg
「政治とカネ」、秋田衆院選から考える
小渕優子事件と三井マリ子事件の類似点‏
きわめて日本的
私は納得いきません
許せない!幕引き図った検察
裁判と人格攻撃
私も悔しい
改ざんしたかのように言ってきた
青天の霹靂
「政治とカネ」にメスを入れる三井裁判
政党交付金の残金を国庫に返還
今朝の読売を読んで 「解散・返還は当たり前」
澤藤弁護士ブログを読んで
決定的証拠が裁判長に提出された
供託金は秋田おばこのデモクラシーに
秋田おばこのデモクラシーに大賛成
マラッカ海峡より
裁判をしなかったら供託金はどこに?
「供託金もどって一安心」_5.21読売新聞
女は使い捨ての駒か
5月10日のNHK、11日の朝日、読売、魁
供託金、もどった
秋田おばこのデモクラシー
4月15日の毎日新聞
裁判長提案「供託金戻したら」は当然
お金の流れがよくわかった
NHK 「選挙資金裁判 争点絞られる」
供託金は戻したらどうか、と裁判長提言
ワーキング・ウーマン、三井裁判を女性の視点で見る
今朝の毎日新聞
女性記者の目
秋田衆参両選挙で4人書類送検
秋田衆参両選挙で関係者送検
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 3
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 2
三井候補秋田追放事件を究明する裁判
[PR]
by bekokuma321 | 2014-10-30 13:56 | 秋田

新聞やTVを賑わしている「政治とカネ」問題。

女性大臣辞任後、望月環境大臣、宮沢経産大臣、有村治子女性活躍担当大臣…。こうも次から次ぎに現れると、政治とカネ問題は、閣僚だから暴露されるのであって、これは氷山の一角にすぎないとわかります。

小渕元経産大臣が、カレンダーを配っていたことが暴露された後、秋田県内でもカレンダーを配布した衆議院議員が出ました。最初は、御法川信英財務副大臣(衆院秋田3区)だけでしたが、冨樫博之衆院議員(秋田1区)、金田勝年衆院議員(同2区)も同様に配布していたことが新聞に出ました。

素人の私は、なんで問題になるのかと思った「うちわとカレンダー」です。でも、よく考えると、選挙区内の有権者に自分の顔写真と名前を書いたカレンダーを配ったのですから、選挙運動とみなされかねません。カレンダーでもうちわでも、作成や配布にはお金がかかりますから、選挙区の大勢の有権者にタダであげたとしたら、買収になりかねません。

c0166264_11432464.jpg


しかも、作成費は、国民の税金「政党交付金」からですから、深刻です。

選挙となると、候補者や回りはあらゆる努力をします。違法ぎりぎり、というより違法だとわかっても、候補者の名前と顔を知らせるいい方法があれば、飛びつくのが選挙のようです。

それにつけても思い出すのは、2012年、秋田で立候補した三井マリ子さんの選挙です。

他の候補者はみな、田んぼや空き地にかかしのように立つ看板に、ポスター(いわゆる事前ポスター)を一定間隔置きに貼っていました。が、三井さんのはありませんでした。「三井さんのポスターがほしい」と私は、どれだけ思ったことでしょう。

選挙後に提訴した三井さんの裁判書面によると、いわゆる事前ポスターは、わずか900枚だったそうです。そのうち3分の2は松浦参議院議員、小原県会議員と一緒のもので、三井さんだけ写ったポスターはたった300枚でした。

御法川副大臣のカレンダーは3000枚だったそうですが、そのわずか1割です。

もっと驚いた、というか、悔しいのは、公費で作成できる選挙ポスター――町の候補者掲示板にはるもの――ですら、三井さんの場合、なんと公費の半分以下しかお金を使わなかったのです。めちゃめちゃです。

三井さんは、秋田に引越したことすら知られないうちに解散総選挙になってしまいました。本当に気の毒でした。ですから、固辞した三井さんに立候補をせまって翻意させて秋田に連れてきたのは松浦議員なのですから、松浦事務所は、三井さんの顔と名前を知らせる努力を精いっぱいしなければならかったのです。

それなのに、なぜ、これほどまでにケチケチだったのか。

松浦事務所側は、供託金が没収されるとポスターにかかった公費も候補者側が支払うことになることを知っていて、公費分よりも少なく作ったのではないか、と三井さんの書面は言います。話題の「政党交付金」をためこもうとしたのでは、ということなのです。

今は閣僚が攻撃の矢面ですが、「政治とカネ」問題は、役職についていない議員も、過去に政権与党であった政党の議員すべてにあてはまります。

とくに「政党交付金」は税金です。三井マリ子候補の政治活動のために出た資金です。その政治資金を、候補者のための必要最低限のことにすら使わなかったなんて、考えられません。三井候補の政治資金を、次に残そうという魂胆がなければ、こんなめちゃめちゃはありえません。

思えば、行ってもいない旅行に政務活動費を使ったように報告したことが判明し、号泣した元兵庫県議の野々村氏は、反面教師として優れものでしたね。

大倉 由紀子 さみどりの会(*)

【写真:秋田3区の選挙ポスター。掲示板の高さは豪雪地方には低すぎて、雪をかきわけなければ下段の候補者は見えなかった。室内に貼るカレンダーがいかに有効かは一目瞭然】

(注)衆院選で落選した三井候補は、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴した。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津英の歌がある。女性は子どもだけでなく、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」の由来だ。裁判報道は下を。
c0166264_15134969.jpg
小渕優子事件と三井マリ子事件の類似点‏
きわめて日本的
私は納得いきません
許せない!幕引き図った検察
裁判と人格攻撃
私も悔しい
改ざんしたかのように言ってきた
青天の霹靂
「政治とカネ」にメスを入れる三井裁判
政党交付金の残金を国庫に返還
今朝の読売を読んで 「解散・返還は当たり前」
澤藤弁護士ブログを読んで
決定的証拠が裁判長に提出された
供託金は秋田おばこのデモクラシーに
秋田おばこのデモクラシーに大賛成
マラッカ海峡より
裁判をしなかったら供託金はどこに?
「供託金もどって一安心」_5.21読売新聞
女は使い捨ての駒か
5月10日のNHK、11日の朝日、読売、魁
供託金、もどった
秋田おばこのデモクラシー
4月15日の毎日新聞
裁判長提案「供託金戻したら」は当然
お金の流れがよくわかった
NHK 「選挙資金裁判 争点絞られる」
供託金は戻したらどうか、と裁判長提言
ワーキング・ウーマン、三井裁判を女性の視点で見る
今朝の毎日新聞
女性記者の目
秋田衆参両選挙で4人書類送検
秋田衆参両選挙で関係者送検
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 3
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 2
三井候補秋田追放事件を究明する裁判
[PR]
by bekokuma321 | 2014-10-29 11:48 | 秋田

女性閣僚辞任と政治資金

10月18日、山谷えり子、有村治子、高市早苗の3閣僚は、そろって靖国を参拝した。その2日後の20日、小渕優子と松島みどりの2閣僚は、そろって辞任した。

女性5閣僚のうち、辞任した2人は、日本最大の右翼組織「日本会議」に所属していない。ごぞんじ「日本会議」は、選択的夫婦別姓を目の敵にするなど、「女性差別撤廃条約」を否定してきた。

これで、女性閣僚といえば右翼3人となった感がある。ちなみに新法務大臣に任命された上川陽子議員も日本会議とかかわりのある神道政治連盟(安倍晋三代表)所属だ。

首相安倍晋三が、閣僚に女性をある程度入れたのは、2つ理由が考えられる。

ひとつは国際的圧力。国連から勧告を繰り返し出されるなど、日本政府は男女平等の国際潮流を受け続けてきた。アベノミクスをぶちあげた経済大国の首相なのに、女性差別大国と言われては国際舞台でいい格好したくてもできっこない。潮時だった。

もうひとつは、彼の悲願である改憲と原発推進を実行に移すためだろう。改憲と原発推進のこの2課題、ともに男性より女性に受けが悪い。女性向けの陽動作戦が必要だった。

しかしながら、大臣の母集団となる国会議員に女性は余りに少ない。見渡せば、自分と同じ日本会議や神道政治連盟のお仲間だらけ。いくらなんでも、お友だちだけではまずい。そこで白羽の矢が立ったのが小渕と松島。急ぐ余り、ちゃんとした身体検査をしてなかったのだろう。

今回、注目すべきは、松島より小渕のほうだ。

小渕は、「小渕優子後援会女性部大会」という集いを、毎年、1000人規模で開いている。(続きはMore)

c0166264_22514919.jpg


More
[PR]
by bekokuma321 | 2014-10-21 23:27 | その他

「徳洲会、猪瀬氏に5000万円」は朝日新聞のスクープだった。

その一連の調査報道が新聞協会賞を受賞した。私は、そのニュースを9月4日の朝日新聞記事で知った。結びの文章が印象的だ。

「政治家は大切な税金の使い道を委ねられている。そのため、政治家には『政治とカネ』について特に潔癖さが求められる。メディアには、権力を常に監視し、不正があれば取材をして国民の前に事実を明らかにしていく役割がある。・・・」

三井マリ子さんが今、裁判で闘っているのも「政治とカネ」である。

三顧の礼をもって衆議院選候補者として秋田に迎えられた三井さんが、落選が決まったとたん、迎え入れた当人から石もて追われるごとく追い出されたことは、ほぼ全紙が報道している。

c0166264_12512570.jpg
民主党公認の三井さんは、当時の政治情勢からして落選は覚悟の上だった。とはいえ、選挙直後の理不尽な扱いは、三井さんを奈落の底に陥れただろう。

でも、しばらくして三井さんは持ち前の不屈の精神を発揮し、「選挙の会計報告を見せてほしい」と選挙を仕切った松浦大悟参議院議員(当時)に手紙やメールで要求する。返事がなかったため、不審がどんどん募っていったという。そこで秋田に通って選挙資金の出し入れを調べあげ、違法行為ではないかと疑われる事実をいくつか発見した。

朝日の記事にあるように「政治家には政治とカネについて特に潔癖さが求められる」。野党の政治家にはさらなる潔癖さが求められる。その政治家が、三井代表の政党支部の政治・選挙資金に使うべき政党助成金を三井選挙には余り使わず、自分の選挙にプールしていたふしがあるのだ。

どうやったか。報道などによると、政党助成金は三井さん名の銀行口座(Aとする)に振り込まれることになっていた。松浦側は、Aの開設を三井さんの承諾を得ずに開設して、三井さんにAを隠し続けた。三井さんにはAとは別の口座(Bとする)を知らせた。

当然三井さんはBしか知らなかった。Bに入金されていた金額が政党助成金総額より少ないという事実をつかんだのは、選挙後の独自調査によってだった。松浦側はAに振り込まれた政党助成金の一部しかBに移さなかったのだ。

何に使われたのかはまだはっきりしない。たとえ違法的使途でなかったとしても、道義的責任は重い。何より本人の承諾なしに銀行口座Aを開設したことが事実なら、有印私文書偽造同行使・詐欺罪に問われるのではないか。三井さんの告発を受け、警察は捜査を開始し、4人が検察庁に書類送検された。この刑事事件はまだ解決していない。

さらに三井さんは損害賠償の民事訴訟に踏み切った。

猪瀬事件に加え、地方議員の政治活動費の使途の問題も然り、「政治とカネ」事件は尽きることがない。元凶は男性政治家ばかりである。女性は男性より不正が少ないなどと言うつもりはない。しかし、男女不平等雇用をなくそう、女性蔑視社会を変えようという使命感から立候補した女性議員の多くは、男性よりはるかに「政治とカネ」に潔癖だろう。

そうした女性が議会に増えれば「政治とカネ」事件はかくまで多発しないはずだ。女性議員が増えれば政治が変わる、社会が変わる、北欧の例を見ればこれは紛れもない真実である。

秋田の選挙で当選こそ出来なかった三井さんだが、裁判という公器で男性政治家の「政治とカネ」を暴き、女性政治家台頭の必要性を世に示してくれるだろう。

木村 昭子  さみどりの会(注)、秋田出身


c0166264_15134969.jpg(注)衆院選で落選した三井候補は、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴した。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」という阿木津英の歌がある。女性は子どもだけでなく、世界を産み出すのだという意味だ。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいた。「さみどりの会」の由来だ。上は「さみどりの会」のロゴ(ふじみつこ作)。裁判の報道は下のリンク先を。

政党交付金の残金を国庫に返還
今朝の読売を読んで 「解散・返還は当たり前」
澤藤弁護士ブログを読んで
決定的証拠が裁判長に提出された
供託金は秋田おばこのデモクラシーに
秋田おばこのデモクラシーに大賛成
マラッカ海峡より
裁判をしなかったら供託金はどこに?
「供託金もどって一安心」_5.21読売新聞
女は使い捨ての駒か
5月10日のNHK、11日の朝日、読売、魁
供託金、もどった
秋田おばこのデモクラシー
4月15日の毎日新聞
裁判長提案「供託金戻したら」は当然
お金の流れがよくわかった
NHK 「選挙資金裁判 争点絞られる」
供託金は戻したらどうか、と裁判長提言
ワーキング・ウーマン、三井裁判を女性の視点で見る
今朝の毎日新聞
女性記者の目
秋田衆参両選挙で4人書類送検
秋田衆参両選挙で関係者送検
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 3
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 2
三井候補秋田追放事件を究明する裁判

【写真:秋田市の地方裁判所で裁判を終えて、秋田銀行前を通る三井原告】
[PR]
by bekokuma321 | 2014-09-08 13:11 | 秋田

女性記者の目

 
▲毎日新聞 2013.12.17(クリックすると拡大されます)

この「支局の目」は、政治とカネについて、「昨年12月の衆議院選秋田3区に民主党から立候補した三井マリ子氏陣営の選挙運動費用問題」から書いたコラムだ。

「民主党の政治資金の収入は政党交付金に依存し」ているので、「公金の色合いが強い」と書く。そして三井さん側と松浦大悟元参議院議員側が、その政党交付金の取り扱いで対立していると続く。

ここで注目すべきは、「(三井さんの)選挙を実質的に仕切った民主党県連側」と書き、民主党秋田県連代表も務める松浦側が、三井選挙を支配していたことを明言している点だ。

全体を通して、小林洋子記者の、政党交付金の名で国民の税金を勝手に使われてはならないという意志と見識がひしと伝わってくる。 これこそ女性記者の目だ、と応援したくなる。

この記事の後、秋田県警は、松浦陣営の女性秘書1名と、男性運動員3名を書類送検した。今、事件は秋田検察局の手にある。

                      岡田ふさこ さみどりの会(注)事務局

(注) 「産むならば 世界を産めよ ものの芽の 燃え立つ森の さみどりのなか」。女性は子どもを産むだけではない、世界を産み出すのだという阿木津 英の短歌です。三井さんは、選挙演説に引用しては「私は新しい秋田を産み出したいのです」と結んでいました。三井さんを支援する会の愛称「さみどりの会」の由来です。

秋田衆参両選挙で4人書類送検
秋田衆参両選挙で関係者送検
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 3
三井候補秋田追放事件を究明する裁判 2
三井候補秋田追放事件を究明する裁判
アンナ・ポリトコフスカヤ賞
勇気あるジャーナリズム賞
[PR]
by bekokuma321 | 2014-02-27 13:45 | 秋田