c0166264_16463291.jpg

宮城県加美町は、福島原発から出た放射性廃棄物の最終処分場の候補に指定された。住民は、今から2年半前の2014年1月、新聞を開いて初めて知った。根耳に水だった。

住民の声を聞いて進めるという民主主義の基本のキが、踏みにじられた。加美町の住民は、このやりかたに黙っていなかった。

指定された場所は、加美町箕ノ輪山の田代岳国有地。地形が少しずつ変わるため、地元のひとたちは「山の動くところ」と呼んでいるとか。

かつて近くの二ツ石ダム建設時に、採石場とされたものの、その岩質は透水性があり、もろく、一部しか使えなかったとの報告も残されている。放射性廃棄物の最終処分場には、向かない地質のところなのである。

その上、この場所を、宮城県は、2010年に「水道水源特定保全地域」の第1号に指定している。その保全地域を、今度は、核のゴミ捨て場にしようというのだ。

近くに2つダムがあり、この場所に最終処分場が建設されれば、下流域のいくつかの市町まで甚大な影響が及びかねない。

7月31日、全国フェミニスト議員連盟は、この地に足を運んだ。参加した岡田ふさ子同連盟会員は、「大勢の町民が現地に集まり、調査そのものをさせない抵抗運動を続けてきたと聞いた。加美町の力強い市民運動は、沖縄をほうふつさせる」と感想を述べている。

伊藤由子議員は、加美町の紅一点議員だ。反対する町民たち、とりわけ女たちの声を聞きながら、体をはって反対運動をする。

「対等でない大きな相手に向かうのはたいへんなこと。県や国を相手に、この小さな片田舎の人間が、やったこともないことをしているんです。でもね、将来、あのとき反対してよかったね、断ってくれてよかったと言えるようにしようね、今があるのは、あのとき、私たちが声をあげたから、町長が矢面にたってくれたからなのよね、と言えるようにしよう、と闘っています」

【写真:加美町の反対派住民たちがよく集まる商店「手づくり十字路」。店と住民をつなぐ伊藤幹子さん(左)と伊藤由子議員】

女性の約7割、原発NO!
指定廃棄物最終処分場候補地選定について(加美町箕ノ輪山の田代岳国有地)
[PR]
by bekokuma321 | 2016-08-04 17:00 | 紛争・大災害