タグ:性暴力 ( 23 ) タグの人気記事

先日、北欧とくにノルウェーのDV政策を多摩市で紹介した。

DVシェルターで働く人たちは両国ともボランティアだ。しかし、ただ同然で働く日本と、報酬を受けて働くノルウェーとの違いに驚いたという感想を多くいただいた。

中でもDV被害を受け続けてきた女性でなければ絶対に書けない感想に接し、日本の受け皿の貧弱さにあらためて悪寒が走った。

しかし、ノルウェーの性暴力撤廃運動にかかわる人たちは、ノルウェーの現状に決して満足してはいない。彼女たちは鋭く政府を批判し、改善策を求めて果敢に頑張っている。だからこそ問題の所在も明らかになる。また、DVシェルターに身を寄せる女性の半数以上がマイノリティだと言われている。イスラム世界からやってきてノルウェーで家庭を持った人には「強制結婚」「名誉殺人」さえある。事態は深刻化している。

そんななか、今秋ノルウェー総選挙があった。続投に決まった保守中道政権が、来年度からDV関係予算を削減するというニュースが届いた。

DV運動関係者はただちに予算削減を非難して、復活を求めてロビー活動を続けていた。どうなるのかと心配していたが、数日前「万歳! ありがとう」というDVシェルター連合代表Tove Smaadahlの声がネットに舞った。政府の予算削減案が退けられ、逆に増額されたというのだ。

日本なら考えられないDV関係予算増。その背景にあると考えられることを3つほど簡単にまとめる。

第一に、ハリウッド映画プロデューサー・ワインスタインのセクハラ報道をきっかけに、性暴力を告発する「MeToo(私も)運動」が世界をかけめぐった。ノルウェーでは、ワインスタインによる強姦被害を早い時点で公にした女優ナターシャ・マルタ(Natassia Malthe)がノルウェー人であることもあり大々的に報道された。ノルウェーのMeToo反応は高く、性暴力を許さないムードが一気に広がった。

第二に、11月、ジュネーブで国連女性差別撤廃委員会CEDAWがあった。そこでノルウェー政府レポートの審査があった。性暴力対策への補助金がCEDAWから評価されていることを持ち帰って、ロビー活動や女性運動に拍車をかけた。

第三に、保守中道政権は少数政権で、予算通過は予断を許さない。ボランティアでDV被害相談をしている大学法学部生たちや、閣外協力をしている自由党国会議員らは、DV関係予算削減への反対に熱心だった。

c0166264_22591226.jpg
 ▲赤ちゃんを連れて駆け込んだ女性がいたのだろう。DVシェルター相談受付前にはベビーカーが置いてあった。ノルウェーのハーマル市

krisesenter
Vold mot kvinner:Vi bør lytte mer til sinte feminister
1040 kvinner snakker i dette oppropet ut mot overgrep i norsk musikkbransje(「世界で最も男女平等の国」でさえこのありさまだとMeTooを報道するアフテンポステン紙)
北欧DVシェルターは24時間365日オープン
[PR]
by bekokuma321 | 2017-11-23 23:10 | ノルウェー

今、ハリウッド女優たちは映画制作者を性暴力で訴えている。彼は「仕事の打ち合わせがある」と駆け出しの女優を呼び出しては、卑劣な行為をしたらしい。断ったら仕事を干されるという恐怖から、我慢していた人も多いという。

詩織さんの件を思い出した。詩織さんは、TBSのワシントン支局長だった山口敬之氏から、支局での仕事や正式採用も可能といわれていた。ある日、山口氏から「(仕事の関係から)ビザの件で話しがある」と誘いを受けて、それに応じた。そして性暴力を受けたという。

人を雇ったり首にしたりできる地位にいるのは、依然男性が多い。一方、必死に仕事を求めている女性の多いこと。その女性の弱みにつけこんで性的要求に及ぶ。なんて卑劣だ。

今日のポスターは、1979年、ニュージーランドの「女たちに夜をとりもどせ」に使われた1枚。女たちは夜、ひとり歩きする権利がある、性暴力なんか受けずに、と訴える。この「夜をとりもどせ」キャンペーンは世界的な反暴力撲滅運動となって、今に続く。

I 女のしんぶん「叫ぶ芸術ーーポスターで見る世界の女たち:夜、一人で歩く権利を」もどうぞ。

c0166264_2234163.jpg


c0166264_22103596.jpg



Aggressive Overtures to Sexual Assault: Harvey Weinstein’s Accusers Tell Their Stories(New Yorker)
Harvey Weinstein Paid Off Sexual Harassment Accusers for Decades(New York Times)
Take Back the Night Organizaition
'Reclaim the night' poster(New Zealand)
Take Back the Night 2016
[PR]
by bekokuma321 | 2017-10-11 22:22 | アジア・アフリカ

詩織さんを応援します

ちょうど1カ月前、詩織さんは、山口敬之氏を告発する記者会見を開いた。全国フェミニスト議員連盟は、6月21日付で、詩織さんを応援する声明文を、東京検察審査会、東京地方検察庁、東京地方裁判所に届けた。

◆◆◆◆ 詩織さんを応援し、性暴力犯罪を起訴・処罰することを求めます ◆◆◆◆

東京検察審査会 担当審査会会長様
東京地方検察庁 検事正 堺徹様
東京地方裁判所長 奥田正昭様

5月29日、東京・霞が関の司法クラブで詩織さんが記者会見を行いました。詩織さんと面識のあるジャーナリスト山口敬之氏を準強姦の容疑で訴え、東京地方検察庁により不起訴となったことに対して、検察審査会に不服申し立てするものでした。

私たちは、詩織さんの勇気に心からの拍手を送り、不起訴処分に強く抗議するとともに、検察審査会での公正な審査を求めます。

強姦は面識のある相手が加害者であることが多いというデ―タがあります。しかし、知り合いからの性暴力被害について、実名を明らかにして訴えることは、日本社会では極めて困難です。視聴した会見報道によると、詩織さんは実名を出し大勢の記者団をまっすぐに見つめて、こう訴えていました。

「本当に変わるべきは一般的な考え方。こういう事件に遭ったら恥ずかしい、黙っていた方がいい、君が傷つくだけ、と言われる」「取り調べ中も被害者らしく振る舞いなさいと言われたが、被害者が悲しい、弱い、隠れなきゃいけないという状態にあることに疑問を感じた」「性犯罪の被害者が隠れていなければならない現状を変えたい」。

詩織さんの力強さに、性暴力にあって声を上げられないでいる多くの人々が励まされていると私たちは考えます。

私たち全国フェミニスト議員連盟は、1992年以来、女性の政治参画を推進し、女性の声を政治に反映することで、誰もが尊重される多様で平等な社会の形成をめざし活動をする、市民と議員の団体です。これまでも、メディア等で繰り返される「性暴力表現」「性の商品化」などを問題にし、“性暴力許容文化”を許さない姿勢を示してきました。また、政府や自治体に対し、性犯罪防止につながるまちづくり、法制度の改善、性犯罪にあった当事者や家族への支援体制を求める活動をしてきました。

女性向けインターネットサイト「ウートピ」の調査では、回答者の1/3が性暴力を受けたことがあると答えています。一方で、内閣府調査によると、女性で、異性から無理やり性交された経験を「あった」と回答した6.5%のうち、「相談しなかった」人は67.5%。「相談した」31.6%のうち「警察」に相談したのは、わずか4.3%だけです(2014年度)。性暴力犯罪にあった人に対する法的な権利保障や支援体制が不十分であるうえ、被害者にも非があったなどの偏見による“二次被害”が多いからだと考えられます。

多くの「詩織さん」を孤立させず、被害から回復に至るまで当事者中心の支援体制の充実を政府、自治体に求めていくことを、私たちは誓います。加えて、このたびの改正刑法は、告訴しなくても起訴できるようになったこと、厳罰化されたことなど画期的ですが、暴行・脅迫要件が残ったため被害者の抵抗が要求されることや、時効制度も手つかずであるなど課題が指摘されています。3年後の見直しを待たず一刻も早い更なる改正を求めます。

なによりも詩織さんの被害を「なかったこと」にさせてはなりません。私たちは、詩織さんに対する性暴力が犯罪として認められ、加害者が厳正に処罰されることを、関係三機関の皆さまに強く訴えます。

2017年6月21日

全国フェミニスト議員連盟
共同代表 ひぐちのりこ(宮城県仙台市議)
同 上  日向美砂子(東京都小平市議)
事務局   小磯妙子(神奈川県茅ケ崎市議)

c0166264_22434278.jpg
 ▲検察庁のパンフレット「犯罪被害者の方々へ」。イメージは被害者寄りのようだが。


詩織さんの告発
[PR]
by bekokuma321 | 2017-06-29 22:50 | その他

詩織さんの告発

c0166264_1231939.jpg「性暴力を許さない女の会」が、今日、詩織さんを支援する声明文を出した。

ホ―ムページ によると、同会は、1988年の「地下鉄御堂筋事件」をきっかけに結成された、性暴力根絶をめざす女性運動団体だという。

詩織さんについて、私は2017年5月29日、Facebookで知った。ジャーナリスト・山口敬之氏にレイプされたと主張する女性・詩織さん(28)が5月29日、山口氏が不起訴となったことを受け、検察審査会に不服申立をしたと発表した。詩織さんは記者会見したーーーと書いてあった。

同日ただちに私は、次のメッセージをつけて、このニュースを拡散した。

「強姦された側は悪くない。悪いのは強姦した側。やっと日本でも昂然と顔を上げて、公の場で訴える女性が現れた。彼女の勇気で、歴史が確実に一歩前に進んだ」

性暴力被害にあったときの怒りと悔しさ。加害者は何のお咎めもないと知ったときの絶望感。こんな思いの女性は、おびただしい数にのぼるだろう。その声を代弁するような声明文(↓)を、まずは読んでほしい。


私たちは女性の人権を軽視する準強姦事件不起訴に強く抗議し、 検察審査会に不服申し立てをした詩織さんを応援します!

私たち「性暴力を許さない女の会」は、ジャーナリスト・山口敬之氏からの準強姦被害を訴え、不起訴となったことを検察審査会に不服申し立てをした詩織さんを応援するとともに、今回の不起訴処分について強く抗議します。

詩織さん本人が会見で言っていたように、山口氏には準強姦罪容疑で逮捕状まで出ていたのに、直前に「警察のトップの方からストップがかか」って逮捕は取りやめになりました。

こうしたことは、弁護士も警察OBも大手新聞社社会部記者も「異例中の異例」「聞いたことがない」と言っています。

『週刊新潮』の取材によると、捜査打ち切りを指揮したのは『菅官房長官の片腕』として有名な警察官僚の中村格氏であると判明しています。官邸が、自分たちに近しいジャーナリストだからという理由で、山口氏の逮捕を握りつぶした可能性が非常に高いと思われます。

これは、森友、加計学園問題に連なる、法や行政の恣意的運用というだけではありません。女性の人権(強姦は、フランス刑法では「生命に対する侵害」の次に重い「人の身体的・精神的完全性に対する侵害」に位置付けられる)に関する重大な不正義という点では、よりいっそう深刻な問題だと考えます。政権と親密な関係にあるジャーナリストの「下半身スキャンダル」を、便宜を図って握りつぶしたのがけしからんという話ではありません。女性を卑劣な手口で騙し強姦した人間を、逮捕状まで出るようなあらゆる証拠固めにもかかわらず「嫌疑不十分」として無罪放免にした、驚くべき法の無視、女性の人権軽視ぶりに私たちは強く抗議の意を表明するものです。

警察に届ける性暴力被害は氷山の一角に過ぎない上に、諸外国に遅れをとる刑法のもとで、起訴にまで至る性暴力事件はごくごくわずかなのが実情です。

詩織さんの被害は、顔見知りからのものであり、アルコールや薬物使用の可能性が絡んでいます。残念ながら、多くの被害者がこのような被害に遭い、警察や周囲の人に取り合ってもらえず、「被害者にも責任がある」と責められることもあります。しかし、私たち支援や相談の現場にいる者にとって、他の多くの被害にも共通する部分がある典型的な被害だといえます。

このような多くの被害と共通する今回の被害が起訴されないこと自体、日本の法や司法制度が性暴力被害の実態に合っていないことの表れだと考えます。

過去に横山ノック元知事のセクハラ裁判の支援を経験した私たちには、このような政治や権力が色濃く絡む被害では、「陰謀説」や「権力争いの道具」として被害者が置き去りにされてしまうこと、そして、マスコミの過熱報道などにも危惧の念を抱きます。

声を上げた詩織さんの意思が尊重されること、二次被害や当事者が置き去りにされないことを切に望みます。

私たちは、詩織さんを応援するとともに、今後は検察審査会で正当な審議がなされること、また、「法律や捜査システムの改善につなげたい」という彼女の言葉にもある通り、今国会で審議が予定されている「刑法性犯罪」改正早期実現を要望したいと思います。

2017年6月1日
性暴力を許さない女の会
https://no-seiboryoku.jimdo.com/
asa198811@hotmail.co.jp


「私はレイプされた」。著名ジャーナリストからの被害を、女性が実名で告白
元TBS支局長からのレイプ被害を女性が実名・顔出しで公表した意義 専門家はこう見る
RC-NETレイプクライシス・ネットワーク
強姦事件を「ニュース・イベント情報」に載せた千葉大
怒! 米軍属による強姦殺害事件
アカデミー賞と性暴力からの生還者
強姦罪、厳罰化か
オスロ副市長「私は強姦されました」
裁判官・裁判員の「強姦神話」
琉球新報:橋下市長に足りないのは人権感覚
オバマ大統領、「強姦は強姦である」
4月6日 営業ウーマンの逆襲
今晩深夜3時 テレビ朝日 強姦被害を公表した里美さん
強姦被害者自身が訴え出よう
夜を取りもどせ「不安から行動へ」
京都教育大強姦事件
[PR]
by bekokuma321 | 2017-06-02 01:46 | その他

橋下徹大阪市長の暴言はやまない。

「・・・どこかで休息をさせてあげようと思ったら慰安婦制度が必要なのはこれは誰だってわかる」
「日本だけじゃなくていろんな軍で慰安婦制度を活用していた」
「日本国が、韓国とかいろんなところの宣伝の効果があて、レイプ国家だと見られてしまっている」

橋下徹大阪市長への抗議の声を、届けよう。以下の大阪市をクリック。
https://sc.city.osaka.lg.jp/mail/opinion.cgi

私は、こんな短文を送った。

「橋下市長の慰安婦制度が必要だなどといった発言に、吐き気をもよおし、強い憤りを抑えきれません。橋下市長、ただちに発言を撤回し、謝罪してください。
 橋下市長、“慰安婦”への性暴力は、人道に対する罪、奴隷制、ジェノサイド、拷問、戦争犯罪という大罪です。国際法違反なのです。戦時下であろうとなかろうと、性暴力をしてもいい制度が必要である、などという暴言は絶対許されません。あなたの発言自体、とてつもない暴力であることを認めなさい。」


◆橋下徹市長の「慰安婦」発言に抗議を
http://frihet.exblog.jp/18414770/
◆慰安婦ではなく性的奴隷である
http://frihet.exblog.jp/18216918/
◆国連から日本政府への勧告
http://frihet.exblog.jp/10059355/
◆Japan WWII 'comfort women' were 'necessary' - Hashimoto
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-22519384

(橋下発言は、2013年5月14日付朝日新聞より引用)
[PR]
by bekokuma321 | 2013-05-14 14:46 | その他

9月20日、性差別をなくす重要な裁判が大阪で行われる。「里美さんの裁判」だ。その傍聴のお願いが来た。

(クリックすると大きくなります)

(クリックすると大きくなります)

■性暴力=女性差別を告発したら解雇、という今回の雇止めを覆すには、女性差別を許さないという民衆の中からの叫びを大きくするほかありません。

性暴力を許さないという民衆の叫びに依拠して、性暴力をあいまいにし、責任を取らないばかりか、告発者を解雇するというJR西日本に責任を取らせましょう。この解雇を許せば、女性差別を告発したら解雇という流れを作ってしまいます。そんなことがあっていいはずがありません。(支援の会の案内文より)■

◆里美さんの性暴力裁判
http://frihet.exblog.jp/15409105/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-09-18 09:43 | その他

BBCによると、子どもへ性犯罪の罪で有罪が下ったジェリー・サンダスキー(Jerry Sandusky、有名なアメフト監督)に関して、米ペンシルバニア州ペン大学側の責任が厳しく指弾された。

前FBI長官は、「ペン大学の学長、副学長、故ジョー・パターノ監督など最高権力の座にある人たちは、サンダスキーの犠牲になった子どもたちを守るため、何らの対策もとらなかった」と強く非難した。(Louis Freeh's report)

ジェリー・サンダスキーは、6月の公判で、立件されただけでも45件の子どもへの性的虐待で、有罪となった。

彼は、1998年、性犯罪被害者からの証言が出、1999年大学を引退した。しかし大学側は、彼を名誉教授にし、実質的には、引退後も大学に出はいり自由の身だった。

彼は、ロッカールームやシャワールーム、自宅の地下室などで、子どもたちに性暴力を繰り返したとされる。養子にした子どもたちや、自分が運営する恵まれない家庭の少年のための慈善団体(The Second Mile)の子どもたちまで、虐待していたとされている。その慈善団体は、ブッシュ大統領が賛美していた。

相手の意志に反した性的接触・性交は性暴力である。性暴力は個人の尊厳をずたずたにし、癒えることのない精神的傷を与えることが多い。ましてや、被害者は子どもたちである。

なぜもっと早く被害者を守るすべをとれなかったのか。10年以上にわたって性暴力が続けられていた背後には、“大物”に対する当局の甘やかしがあったことは否定できない。

◆Penn State blamed over Jerry Sandusky sex abuse
http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-18817095
[PR]
by bekokuma321 | 2012-07-13 11:17 | USA

日本の外交官、DVで逮捕

サンフランシスコに住む日本人外交官が妻に対する暴力で逮捕された。外交官は、32歳の長屋嘉明副領事官。

英語の現地記事から、既報の日本の記事に追加すると。

夫婦は、18カ月前に結婚したばかり。妻への暴力は2011年1月から始まり、2012年3月まで続いた。彼は今年3月に、自宅のある駐車場の車から妻を突き落した。

記事によると、妻は彼よりずっと小柄だという。

我慢できなくなった妻は警察に訴えて、捜査の結果、彼が逮捕された。妻は暴行された傷跡を写真撮影して残していた(エライゾ!)。

彼は、無実を主張し、保釈金$350,000を支払って保釈された。彼女は、捜査に協力はするが、日本に帰国し離婚手続きをするつもりだという。今後公判が行われる。

http://www.sfexaminer.com/local/2012/05/japanese-consul-charged-domestic-violence-peninsula
[PR]
by bekokuma321 | 2012-05-17 13:12 | USA

強姦被害裁判を闘い、昨年11月に大阪高裁で一部を認める判決が出た里美さん。里美さんの被害について、テレビで報道されます。深夜3時です。

■誰も聞いてくれない~レイプ被害を告発した障がい者~2012年1月23日放送~

兵庫県に住む森崎里美さんは、両手両足に重い障害を抱えながら、2人の娘を育てるシングルマザー。

森崎さんは会社の上司から受けたレイプ被害を会社に告発したものの、会社は「事実なし」と認定。「なぜ、ありのままを話しているのに信じてもらえないのか」。

実名で被害を公表し、会社と上司を相手に裁判を続ける森崎さんの姿を通し、性暴力被害の実態、そして社会がこの問題にどう向き合うべきか、を問う。

制作:朝日放送

■里美さんの性暴力裁判
http://frihet.exblog.jp/15409105/
■里美ドットコム
http://satomi-heart.cocolog-nifty.com/blog/
■強姦被害者自身が訴え出よう
http://frihet.exblog.jp/17142617/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-01-22 21:28 | その他

セクシャルハラスメントは、女性の尊厳を粉々に打ち砕く。職場に、深刻
な悪影響を及ぼし、仕事の能率も落ちる。

しかし、セクシャルハラスメント被害は後を絶たない。労災認定にかかわる
厚労省報告書の一歩進んだ見解を歓迎したい。(2011年11月付け発行)

一部抜粋すると……。

■「本人の意思を抑圧して行われたわいせつ行為」には、被害者が
抵抗したにもかかわらず強制的にわいせつ行為がなされた場合はもとよ
り、被害者が抵抗しなかった(できなかった)場合であっても、行為者が
優越的立場を利用するなどして、物理的・精神的な手段によって被害者の
意思を抑圧してわいせつ行為が行われた場合が含まれることに留意すべ
きである。

■強姦等のセクシュアルハラスメントを受けて、その直後に無感覚、情動
鈍化、健忘など、心的まひや解離等に関連する重度ストレスによる心理的
反応が生じた事案では、医療機関への受診時期が当該出来事から6か月
よりも後になる場合もあることに留意すべきである。

■被害者は、勤務を継続したいとか、行為者からのセクシュアルハラスメ
ントの被害をできるだけ軽くしたいとの心理などから、やむを得ず行為
者に迎合するようなメール等を送ることや、行為者の誘いを受け入れる
ことがある。このため、これらの事実から被害者の同意があったと安易
に判断するべきではないこと。


厚労省の「精神障害の労災認定の基準に関する専門検討会」報告書。
その中の「セクシュアルハラスメント事案に係る分科会」
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001u5d4-att/2r9852000001u5gz.pdf
[PR]
by bekokuma321 | 2011-12-31 08:43 | その他