2月14日、徳島県藍住町議選があり、女性が1人当選し、女性ゼロ議会から脱した。投票率は41.39%。過去最低だった。

徳島県で女性議員増にとりくんでいる諏訪公子さんによると、14日前まで、徳島県内の市区町村議会の女性議員は全体のわずか9.5%。女性ゼロ議会は、三好市、佐那河内村、北島町、板野町、藍住町の5自治体だった。今回、藍住町議会選に、西岡恵子さんが当選したことによって、徳島県の女性ゼロ議会が1つ減って4つになった。

議席は立候補しなければ得られないが、25歳以上なら男女にかかわらず誰でも立候補できる。人口は男女半々なのだから、候補者の半分は女性のはずだろう。しかし、日本で女性が立候補することは、きわめて困難だ。女性候補の少なさが、はっきりと証明する。藍住町も、19人立候補したが、女性は西岡さんただ1人だった。

見えない女性蔑視、「女はひっこんでろ」的慣習、「女の私にはできない」的自己規制・・・。

今回当選した西岡恵子さんの場合は、立候補のハードルはさらに高かった。

もともと西岡さんは町民によって選ばれた議員だった。ところが、ある日、差出人名も、差出日付けもない一通の手紙が、彼女の議員人生を狂わせることになった。町に住んでいる実態がないようだという噂が書かれていた。それがきっかけになって、被選挙権がないとされて、議席を剥奪されてしまったのだ。

西岡さんは、処分の取り消しを求めて提訴。今も、法廷で闘っている。そんな逆境の中、迎えた選挙。西岡さんは再び挑戦した。そして、彼女を支持する町民の応援で313票を獲得して当選を果たした。

この313票を投じた藍住町の有権者、ただものではないぞ。

c0166264_91392.jpg
▲国際女性デー徳島。女性の地位向上、女性議員増、DV根絶を訴える。写真提供:連合徳島女性委員会 板東喜代子】


女性ゼロ議会、5議会にひとつ
まるで魔女狩り――徳島県藍住町の紅一点議員追放事件
I love aizumi.com
★輝くひと★ 徳島県女性協議会会長 諏訪公子さん
ストップDV・サポートの会
[PR]
by bekokuma321 | 2016-02-15 12:13 | その他

c0166264_11593521.jpg
徳島県の行政担当部署を示す看板に、「男女共同参画担当」がよみがえった▲。5月2日、徳島県庁にて高開千代子撮影。

c0166264_11595586.jpg
4月末の徳島県の行政担当部署の看板▲。これまであった、男女共同参画が消え、「人権推進課」に変わり果てていた。

カッコつきとはいえ、よみがえった8文字の「男女共同参画担当」。この輝く8文字の陰には、徳島県内の女性たちの連帯とタイムリーな運動があった。

怒りをまとめていった「男女共同参画課」再設置を求める会」(代表 諏訪公子)、お疲れさま、とりあえずおめでとう!

徳島県の今回の動きは、国連の「行動綱領」に共鳴したローカルな実践だったと高く評価できる。以下、国連の政策から、その理由を述べる。

今から17年前、1995年、国連の世界女性会議が北京で開催された。「女性の人権は、人権である」と宣言したのが、アメリカのヒラリー・クリントンだ。北京会議で採択された、行動綱領は、全世界の政府に、女性の人権の確保にまい進するよう義務つけた。日本政府も留保なしに賛成した。

以下は、「行動綱領 203条」各国政府への提言文の政府を地方政府に置きかえたものである。徳島の女性たちは、北京行動綱領にそった、まっとうな主張をしたことが明白である。

【203.地方政府により:
(a)女性の地位向上に対する責任は,地方政府の可能な限り最高のレベルに与えるよう保障すること。多くの場合,部長レベルになるかもしれない。

(b)強力な政治的公約に基づいて,女性の地位向上のために,地方政府の可能な限り最高レベルに、県本部機構がまだない場合には,これを創設し,適当な場合,既存のものを強化すること。この機構は,明確に規定された権限と権威を有すべきである。政策に影響を与え,条例を策定し見直すための十分な資源,能力及び力量が,決定的な要素であろう。なかでも,この機構は政策分析を行い,啓発,連絡,調整及び実施の監視を引き受けるべきである。

(c)ジェンダーの視点から計画し,データを分析する訓練をスタッフに与えること。

(d)この機構が地方政府全体の政策問題に関する情報を初期段階に収集し,それを地方政府内部の政策開発及び見直しの過程に,絶えず利用することを可能にするための手続きを確立すること。

(e)行動綱領の実施を考慮してジェンダーの問題を主流にするために,適当な場合,議会に対して,取組みの進捗状況に関し定期的に報告を行うこと。

(f)女性及び男性の平等を目指して働くために組織化した,公共・民間及びボランティア部門における広範かつ多様な範囲にわたる機関行為者の積極的な関与を奨励し,促進すること。】
――第4回世界女性会議 行動綱領(総理府仮訳。当該部分は筆者訳)

草の根女性たちの声に耳を傾け、名前の復活をした徳島県行政。予算をともなった男女平等推進によって、日本のモデルになるよう、期待する。


■36女性団体、104人連名で名称復活求めて動く
http://frihet.exblog.jp/17838799/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-05-03 12:09

c0166264_23204626.jpg
3月9日は雨だった。そのせいもあってか、男女共同参画交流センターに、利用者の姿はまったく見当たらなかった。

諏訪公子(徳島女性協議会会長。左)は、「この場所は、女性たちの要望から出たものではなかった。県の観光推進のための施設に空きがあったため、いわば空き地利用で、はいったのです。遠くて、ちょっと立ち寄れるという利便性がないため、もともと女性には使い勝手がよくないんです」と言った。

c0166264_23193485.jpg
 男女共同参画交流センターは、徳島県の男女共同参画行政を推進するための拠点施設。田中満館長(中央男性)は、県の職員。「市民の主体的企画をサポートするという形で、センターの活用をはかっている」と説明があった。センター独自の推進事業は、なさそうだった。

田中館長(中央)、佐藤明子課長補佐と懇談をした。諏訪公子(右)は、徳島県の女性議員の少なさを説明し、「女性ゼロ議会」をなくし、女性議員を増やさなくてはと、県や2市を回ったことを報告した。しかし、その報告に対して共感を見せる姿勢はまったく感じられなかった。それどころか、吉野川市課長と同様、新聞に載ったという「審議会に専業主婦を入れろ」と主張した自民党議員の発言を、諏訪や私に対して紹介した。

その徳島県自民党議員のバックラッシュ発言は、3月8日徳島新聞に目立つ記事で載った(↓)

[PR]
by bekokuma321 | 2012-03-13 23:44 | その他

c0166264_21514398.jpg
 3月9日、徳島県の男女共同参画推進を担当する部屋を訪問した。その部屋はフロアの奥の奥の“大奥”・・・一番端にあった。すぐ横は、「避難器具置場」だった。その前に立つ、諏訪公子(右)と高開千代子は、「これが、徳島県の男女平等に対する態度を表わしています」と、怒った。名前は「男女参画青少年課」。

c0166264_2159517.jpg
 3.8 国際女性デ―集会での特別決議を読み上げる、高開千代子(手前)。右側に座る県の担当者たちは、「審議会への女性登用にがんばっている」を強調した。が、最重要政策決定機関である議会に女性が1割以下しかいない、そのことに対して、男女参画青少年課からのコメントは出なかった。女性議員を増やそうという姿勢もみられなかった。女性議員が誰もいない「女性ゼロ議会」をなくすための創意工夫についても聞いたが、課としての回答はなかった。

「2020年まで30%」という政府の目標は、ここに、まったく届いていないようだった。


■3.8 国際女性デ―集会での特別決議は、↓の文中のMoreを
http://frihet.exblog.jp/17642299/
■阿波市の議会に女性枠誕生か--徳島県女性ゼロ議会
http://frihet.exblog.jp/17642299/
[PR]
by bekokuma321 | 2012-03-13 22:11 | その他