富山県氷見市は、女性議員が誰もいない「女性ゼロ議会」だ。市議会の17議席すべてに男性が座る。

氷見市だけではない。日本列島には、「女性ゼロ議会」が約370もある。でも、氷見市はその昔、女たちが米よこせデモをしたと言われている地だ。「女性ゼロ議会」には似つかわしくない。

そこで、富山に向かった。駅前の喫茶店で、全国フェミニスト議員連盟の山下清子さんの紹介する、ジャーナリストの向井嘉之さん(写真右)に会った。向井さんは『米騒動とジャーナリズム:大正の米騒動から百年』(梧桐書院、2016)の著者のひとりだ。

c0166264_12563637.jpg
       ▲米騒動の著書を持つ山下清子さんと向井嘉之さん。富山市内で。

向井さんは、「そうですよ、氷見市の女性たちは、安政の大一揆といわれる暴動を起こしたんです。江戸時代の話で、それが明治、大正の一揆につながっているんです」

1858年(安政5年)、高岡、氷見、魚津など富山県のあちこちで、貧しい庶民たちは地主や役人の家を打ち壊す暴動を起こした。『米騒動とジャーナリズム:大正の米騒動から百年』には、こうある。

「氷見の小高い丘である朝日山に大勢の女たちが集まり、ほら貝を吹き立て『ひだるいじゃー』と叫びながら餓死寸前を訴えた」

「ひだるいじゃー」は、ひもじいよーという意味だという。氷見の女たちは、子どもたちを寝かせた後だろう、夜9時過ぎ、朝日山に登って、ほら貝をブオーツ、ブオーッと鳴らした。その音を聞いて、女たちはどんどん集まった。米が高騰して食べる米がない。これでは死ぬしかない。「ひだるいじゃー」と大勢で泣き叫んだというのだ。すさまじい光景ではないか。

c0166264_137349.jpgその後も富山の女たちの抗議行動は続き、明治維新後は米騒動のない年はなかったらしい。氷見に関しては、「貧民2000余人は、深夜、地主宅や氷見分署を襲った」(1890年)との記録もある。また富山日報は、「(今の黒部市で)200人の細民婦女が汽船への米の積み出しを阻止しようと、米俵にすがりつき離れなかった」と生々しい。江戸、明治と、連綿と受け継がれた富山の女たちの闘いは、「越中の女一揆」で知られる大正の米騒動に続いていく。

この「越中の女一揆」は、1918年(大正7年)、富山で起きた。またたくまに全国の都市や鉱山をまきこむ大暴動へと発展し、内閣崩壊とつながっていった。民の声による政府崩壊のさきがけとなったのが、富山の女たちの抗議の声だったのである。何とまあ。

それだけではない。『米騒動とジャーナリズム:大正の米騒動から百年』によると、米騒動は、10円以上を納税する特権階級(男性)にしか選挙権がないのはおかしい、民の声を代弁するためには選挙権を広げなくては、という社会運動を後押しすることになった。

こうして「越中の女一揆」から7年後の1925年、普通選挙が実現した。とは言っても男のみで、女たちはさらに20年待たなくてならなかったが・・・。

江戸、明治、大正を通じて体をはって命を守る闘いをした富山の女たち。この力は、かならずや、「女性ゼロ議会」撤廃へと続くだろう、そして富山県の議会改革につながるに違いない。こう思いつつ、今にも雪になりそうな富山を後にした。


●●追記●●『米騒動とジャーナリズム』は、第22回平和・協同ジャーナリスト基金賞の奨励賞を受賞した。受賞を記念する講演会「それは米と新聞から始まった」が2017年1月21日(土)1330から、富山市のサンフォルテで開催される。


底なしの政治腐敗と女性議員
女性ゼロ議会「栗原市」を訪問して
女性議員増とメディアの関心
女性ゼロ議会、5議会にひとつ
[PR]
by bekokuma321 | 2016-12-13 13:38 | その他

富山が全国から注目されています。

10月31日、政務活動費不正が発覚した議員12人(自民10、民進2)の辞職にともなう市議会議員補欠選挙が告示されました。

富山では、政党交付金の不正取得についても、ほぼ同時に報道されていて、こちらは、不正をした民進党富山県連を「党本部」が調査し、その額は「少なくとも計4525万3468円」です。

その手口は、現職の県会議員らが、知り合いの会社の白紙領収書を悪用したり、架空の事務所を借りたことにしたり、雇っていない人を雇っていたことにしたりして支出額を増やし、政党交付金を自分の懐にいれていたというもの(毎日新聞2016年10月12日)。その結果、民進党は、先ごろの富山県議補欠選挙での候補者擁立を断念しました(編集者注:今の選挙は市議で、県議は終わっている)。

似たような事件を私はこの目で見てきました。

民進党(旧民主党)秋田県連代表の秘書が、政党交付金を「選挙に使えない」などと嘘をついて、「基金口座」に貯めこんでいたのです。秋田県連の代表は松浦大悟参議院議員(当時)でした。

2012年当時、民主党は離党者があいついでいました。松浦さんは、三井マリ子さんに秋田から衆議院議員に立候補するよう要請。固辞していた三井さんですが、「盤石の体制で支援する」との2か月にわたる要請を受け、秋田の男女平等につながるならと、ついに落選覚悟で立候補を決意して秋田に移住しました。

落選後5日目の夜、秋田の自宅に1人でいた三井さんは、松浦さんら5人の急襲を受け、「あなたがいると票が減る、出ていくように」と言われます。やむなく秋田を去った三井さんは、その後、衆院選の会計を開示するよう、松浦さんに繰り返し手紙を書きます。しかし、返事がないため、不審がつのった三井さんは秋田に調査に出かけます。そして不正やおかしな点を発見していきます(下は不正の一部)。

c0166264_1275573.jpg
秋田県連幹部はポスター貼りをしていないのにしたとして架空の領収書を作成し、そのカネを横領した。その虚偽領収書に基づいた選挙収支報告書が選管に提出されていた

ここで強調したいのは、衆議院議員候補になった三井さん名の銀行口座に、党本部から選挙資金2000万円が振り込まれたのですが、その事務や出し入れを、松浦参議院議員事務所が一手に握っていたことです。

三井さんは松浦議員秘書を告発します。さらに三井さんは心身ともに著しい損害を受けたと民事訴訟を起こします。私は、その裁判を3年余に渡り秋田通いをして支援しました。長くなりますので、詳しくは「和解が成立しました」をごらんください。

さきの7月参院選では、東北6県のうち、秋田(松浦大悟候補)を除く東北5県で、野党統一候補が勝利しました。この選挙で、民進党は秋田の松浦候補に政党交付金をウン千万円も注ぎ、党幹部を入れかわり立ちかわり秋田入りさせて応援しました。秋田県民はそれでも、彼を”通さなかった”。 これは、民進党が有権者側を見ず、臭いものにフタをして、松浦代表を「野党統一候補」に仕立てた結果の”敗北”ではないかと、私は考えます。

c0166264_16374657.jpgこの選挙に関しては、「民進党代表選と『参院選東北5県の野党勝利』」をご覧ください。

その参院選後、松浦大悟さんは「政界引退を表明」しました。(「民進党県連・松浦代表が辞任、政界引退を表明」)。

この秋田県での”敗北”が関係したかどうかは不明ですが、民進党本部は、民進党富山県連の調査に入りました。結果は、各紙報道のとおり、民進党富山県連あげての組織ぐるみの政党交付金の不正使用が判明しました。

私は、富山だけでなく秋田でも組織ぐるみだったのではないかと思っています。松浦大悟さんは、当時何年間も民進党秋田県連の代表でしたから。

政党交付金は国民の税金です。1円に泣く庶民はたくさんいます。それに、「政界引退」を表明した松浦さんをはじめ秋田県連は、マスコミで「政党交付金使途について調査をする」と繰り返してきたものの調査した様子はありません。民進党秋田の再生は、三井裁判で浮かび上がった政党交付金の闇を明らかにせずにはありえず、今からでも「党本部の秋田県連調査」に入ってもらいたい、と強く思います。 

岡田 ふさ子(さみどりの会* 事務局)

c0166264_15134969.jpg
(*)2012年暮れ、2カ月にわたる立候補要請を受けて、三井マリ子さんは秋田移住して衆院選に。落選後、松浦大悟議員らに不明朗な会計処理をされ心身ともに損害を受けたと提訴。さみどりの会は三井裁判を支援する会の愛称。さみどりの会ホームページは選挙・裁判をきっかけにできた、女性と選挙・政治を考えるサイト。裁判は2015年11月和解で終わった
[PR]
by bekokuma321 | 2016-11-01 12:21 | 秋田