島根県松江市議会選挙は議員定数48を34に減らす中で行われた。女性議員数は改選前の6から3に半減した。当選者は田中明子(公明・現)、貴谷まい(保守系無所属・新)、飯塚悌子(共産・現)さん。新人では、貴谷さんが当選したが、渡部みちえさんが落選した。

当選にはまずは立候補しなくてはならないが、そもそも女性候補は46人中5人で、わずか1割。

c0166264_2322744.jpg
 (男性ばかりと言ってもいいポスターに、ため息をつく勝又みずえさん。勝又さんは女性ゼロ議会をなくそうキャンペーン責任者)。

定数削減の動きが進められている中、新人には厳しい選挙が続く。しかし、子育て、介護、DV、食の安全など緊急かつ重要な政治課題は、女性のパワーを絶対に必要としている。女性議員を増やすための新しい戦略が必要だ。

c0166264_2364541.jpg
            団地の前に立って公約を訴える新人の貴谷候補


c0166264_2364887.jpg
            手づくり選挙で2度目の挑戦をした渡部候補

■現地報告や関係者コメントはこちら
「定数減改選の松江市議会で女性議員が半減」(三井マリ子)
http://janjan.voicejapan.org/election/0904/0904201835/1.php

■参考サイト
女性ゼロ議会をなくそうキャンペーン
http://www.afer.jp/report/campaign/index.html
[PR]
by bekokuma321 | 2009-04-25 01:59 | アジア・アフリカ