タグ:妊娠中絶 ( 19 ) タグの人気記事

c0166264_23204224.jpg

今日、月曜日、ポーランドの女たちは、「女のゼネスト」を決行した。

ポーランドの右派政権が、妊娠中絶を完全に禁止をしようとしているニュースを前に知らせたが、この法案への怒りを、女たちはストライキで示した。

産む産まない権利の圧殺に弔いの意を表すため、女たちは、黒い衣服を身につけて、町を行進した。いっせいに職場や学校を休み、家事を拒否した。そう、あの1975年のアイスランドの女のストライキからヒントを得たという。

BBCによると、ワルシャワの女性たちは、大通りで行進したが、他の市でもいっせいに行われ、全国でどのくらいの女たちがストをしたかは不明だ。

好きで妊娠中絶をする人はいない。女たちは、強姦やDVで妊娠することもある。もうこれ以上、経済的に無理だということもある。中絶せざるをえないから、するのだ。

保守派の見積もりでも、違法な妊娠中絶がずっと合法的中絶のほうがはるかに多い。合法1000から2000件に対して、非合法1万から15万件だ、という。

国際調査でも、妊娠中絶が禁止されると、合法になっている外国まででかけていける金持ちと異なり、貧しい人たちは闇中絶に走らざるを得ない。非合法の妊娠中絶ーー非衛生で危険ーーが増えるだけなのだ。

「あなたの自由に私は連帯する」「あなたの自由に私は闘う」のスローガンを掲げ、抗議の声を集めている。あなたもホームページからどうぞ! こちらTheir Freedom, our fight!

Black Monday: Polish women strike against abortion ban
[PR]
by bekokuma321 | 2016-10-03 23:28 | ヨーロッパ

c0166264_055927.jpg 6月27日、アメリカ連邦最高裁判所は、妊娠中絶施術をきわめて難しくしていたテキサスの法律は「違憲である」として退けた。5対3(1人空席)。

最高裁判決は、妊娠中絶の権利を求めてきた女性運動家たちに勝利をもたらした。よかった、よかった!

テキサス州は知事も州議会の多数派も共和党。2013年、「女性の健康を保護するため」という理由で成立した。同法施行後、テキサス州内のクリニックは49から19に激減していた。

Supreme Court strikes down restrictive Texas abortion law
How restrictive are abortion regulations in your state?
Whole Womans Health
TRAP Laws
ポーランド妊娠中絶禁止の新法上程

【写真:Sisterhood is powerful and international の絵葉書。ふじみつこ作】
[PR]
by bekokuma321 | 2016-06-28 00:08 | USA

c0166264_16581527.jpgポーランドは、世界でもっとも妊娠中絶に厳しい国になるかもしれない。

メディアによると、カソリックの国ポーランドは、いまでも妊娠中絶に十分厳しいといわれている。妊娠中絶は原則的に禁止されており、例外的に母体が重篤な場合、強姦や親との性交による妊娠の場合、胎児が極端な奇形状態である場合のみ認められるという。

このたび、母体に危険が及ぶ場合以外のすべての妊娠中絶を禁止するという新法が国会に上程された。これでは、海外に行って中絶するか、違法中絶が増えるばかり。海外に行ける富裕層は限られており、とりわけ若い女性たちの悲劇につながるのは目に見えている。

ヨーロッパからのネットニュースは、新法に抗議するポーランド市民のデモを伝えている。手に手にハンガーを持っている。ハンガーは、女たちが命の危険を顧みずハンガーを使って中絶をした暗黒の歴史を象徴する。

現在ポーランドは、首相が右派の「法と正義 (PiS)」のベアタ・シドゥウォ(女性)。権力の座の女性が、幾多の女性たちの自己決定権を奪おうとしているかのようだ。

彼女は、ポーランドで3人目の女性首相。前首相も女性で、中道左派「市民プラットフォーム」のエヴァ・ボジェナ・コパチ。医師の彼女は、カソリック教会からの破門覚悟で、強姦によって妊娠した14歳の少女の中絶にかかわったという。当たり前だが、女性にもタカ派もいればハト派もいるということだ。

ポーランドのこのニュースは、政治権力の姿勢しだいで、女たちの一生が激変することを教えている。

Moves to ban abortion in Poland is dividing opinion
Poland abortion ban would 'aggravate women’s tragedy' say former first ladies
Street protests over abortion law are latest skirmish in battle for Poland’s soul
Thousands React in Outrage Over Poland's Proposed Abortion Ban
[PR]
by bekokuma321 | 2016-04-22 17:07 | ヨーロッパ

c0166264_13341627.jpg妊娠中絶するかしないかは女性が決める、というノルウェーの制度が守られそうだ。

ノルウェー保健・ケアサービス省ベント・ホイエ大臣は、金曜日、総合診療医(GP 注)は病院に照会しない権利を持つ、とする新政策を変更する、と発表した。

GPの照会なしには病院にかかれない。すると、女性は中絶できなくなってしまいかねない。この新政策は、女性たちの怒りをかった。

保守党のホイエ大臣は、この中絶問題に関して、そもそもGPが拒否できるという新解釈に、前は反対だったと報道されている。彼は同性と既婚しており、ゲイの権利の積極的擁護者でもある。

「妊娠中絶を必要とする女性をGPは病院へ照会することを拒む権利がある」との主張は、政権と閣外協力を組むキリスト教民主党から出された。保守政権の担当大臣として、ベント・ホイエは、賛成の立場をとった。しかし昨日、再び以前の考えに戻したといえる。NRKは、記事に「反対ー賛成ー反対 Mot – for – mot」という見出しをつけた。

妊娠中絶を決めるのは、女性自身ではなく医師になってしまう、これは、歴史を前に戻すバックラッシュだ、内閣にバックラッシュ政策を強行させたら大変だ――こう考えるノルウェー人は女性に限らず非常に多かった。

3月8日の国際女性デーには、オスロをはじめノルウェー各地で、何十万人というデモ行進が組織された。「新政策に反対である」という意思が全土をおおいつくした。私の友人たちは、70年代の女性運動を思い出させたとメールをくれた。

全国の自治体からも、党派を超えて反対ののろしがあがった。ノルウェーは、国会に限らず地方の首長・議員も所属政党を旗幟鮮明にして選挙を闘うので「A市は労働党、B市は保守党」と色分けできるのだが、保守党首長の53人が公然と反対に回った。政権をゆさぶる勢いだった。

今回の保健・ケアサービス大臣の変更は、女性たちの運動の盛り上がりがなければ、ありえなかっただろう。

ノルウェーは政治にコミットする市民が男女問わず多い。それは、このように市民の声が確実に政権に影響を与えられるからだろう。日本は、多くの市民がいくら声をあげても(時には死を賭して反対しても)、こうした政策変更はきわめてまれだ。それが、政治への無関心層を増やす。ったく、いたちごっこだ。

Ble kuppet av KrF, snudde Høyre om
En seier for det folkelige engasjementet!(3月8日国際女性デーのデモに集まった人、ひと、ヒト)
妊娠中絶の権利、大論争に
ノルウェー国際女性デ―、例年にない高まり

[注 General practitionerは総合診療医。日本には制度がない。イギリスをはじめヨーロッパの国々にある制度。救急を除いて、すべての人がまず地域にいるGPにかけつけ診療を受ける。この一次的医療を受けなければ、総合病院にはかかれない。GPは必要に応じて病院で受診できるようは紹介をする義務を負う。妊娠中絶も同じで、まずGPに行く。ノルウェーの医療は無料で歯科を除きすべて公費で賄われる]

[写真は、ノルウェーの友人から贈られた妊娠中絶の権利獲得運動の缶バッジ。70年代のもの。これと同じものが、2014年3月8日にも使われた]
[PR]
by bekokuma321 | 2014-04-26 13:48 | ノルウェー

c0166264_021020.jpg国際女性デ―3月8日3時、オスロの広場Youngstorgetに集合した人、人、人。

さすが闘う女の国ノルウェーだ。寒空の下、厚手のコートやジャケットに身を包んだ女性たち男性たちが立錐の余地もないほど集まった。

今年は、保守政権が出す反女性的政策に批判が高まり、例年にないほどの動員数だという。とくに、妊娠中絶をしにくくしようとする提案には、党派を超えて反対意見が多い。

国の進路をつかさどる4大ポスト――首相、財務大臣、経営者連盟会長、労働者連合代表――ノルウェーは、現在そのすべてが女性だ。世界で最も男女平等が進んだ国のひとつといわれている。

しかし、国際女性デ―のデモの写真を見ると、日ごろのファイトバックと連帯があってはじめて、こうした社会を築けるのだと思う。

左上写真では表情やバナーが見えない。大きいサイズで見たい方は下をクリック。

http://www.osloby.no/nyheter/Vi-vil-ha-dine-8-mars-bilder-7495716.html#.Uxsl11JWHGg
http://www.nrk.no/ytring/kampdag-uten-kamp_-1.11590001
Kvinnesaksforkjempere erstattet Dagbladets forside med en kritisk parodi.(国際女性デーに合わせて、女性団体がパロディ版日刊紙を発行してスタンドで販売した。目に余る”女性の性の商品化”を批判して)
オスロ副市長「私は強姦されました」
妊娠中絶の権利、大論争に

[PR]
by bekokuma321 | 2014-03-09 00:13 | ノルウェー

中絶で年47000人が死亡

c0166264_9135653.jpgGuttmacher Instituteの発表によると、今年、4000万件の妊娠中絶が行われると予測される。

同研究所によると、毎年47000人の女性が、妊娠中絶によって死に至る。さらに何百万人が、深刻かつ生涯に至る障害を被る。なぜか? 妊娠中絶の多くは、女性の身体が危険にさらされることの多い、非認可の不衛生なところで行われているからだ。

Guttmacher Instituteは、1960年代から女性の性と生の権利向上の活動を続けているアメリカの民間団体。同HPによると、研究、調査、広報、啓発などにより、性と出産の健康と権利sexual and reproductive health and rightsの発展に寄与する目的を持つ。

同研究所は、新ビデオで妊娠中絶の合法化をすすめている。
http://www.youtube.com/watch?v=YVJu61BKpkI&feature=player_embedded

http://www.guttmacher.org/media/inthenews/2012/10/04/index.html
[PR]
by bekokuma321 | 2012-10-13 09:03 | USA

c0166264_10453276.jpg今日、届いた「フェミニスト・デイリー・ニュース」によると、ウルグアイの下院が、妊娠初期の中絶を合法化することを可決した。すでに上院では可決している。

しかし、この制度には欠陥がある。それは、胎児の父親の同意を得ることと、3人以上の医学専門家の認可を得ることが条件とされている点だ。

よって、妊娠中絶賛成派も反対派も、現法案に反対だという。

反対派は、中絶そのものへの反対だ(写真)。賛成派は中絶を希望する女性が認可を得なければならないとされている点への反対だ。

妊娠するのは女性だが、男性がいなければ妊娠にはいたらない。しかし、その当の男性が逃げたり、「オレではない」と否認したりする。父親の同意が条件とされると、彼を探したり説得したりに時間がかかり、母体がもたない。妊娠中絶は、できればしないほうがいいに決まっているが、せざるをえない女性がごまんといることも事実だ。その選択は、女性の意思が基本だと思う。

ウルグアイといえば、赤松良子さんが大使となって赴任した南米の国だ。男女雇用機会均等法が日本で成立した後の1980年代だった。

http://translate.google.com/translate?sl=es&tl=en&js=n&prev=_t&hl=en&ie=UTF-8&layout=2&eotf=1&u=http%3A%2F%2Fwww.eluniversal.com.co%2Fcartagena%2Finternacional%2Furuguay-marchas-preceden-votacion-de-despenalizacion-del-aborto-91988&act=url
[PR]
by bekokuma321 | 2012-09-29 10:54 | 中南米

c0166264_1512967.jpg8月20日のBBCによると、米ミズ―リ―州選出の下院議員トッド・エイキンの「合法的強姦Legitimate rape」発言に非難ごうごう。

人口妊娠中絶に対して絶対反対であるとする自分の政治姿勢を説明するため、エイキン議員は、「合法的強姦の場合、女性の身体は、望まない妊娠を防ごうという力が働く」と発言した。テレビインタビューでのことだ。

彼は、共和党員で、テ―パーティ(茶会)に推薦され次期上院選に立候補を予定している。

エイキン議員の表現そのものに対して、また、彼の非科学性に対して激高ともいえる非難が起こっている。アメリカで、強姦被害者の5%、すなわち年に32000人が妊娠するという研究が明らかになっている。

◆US row over Congressman Todd Akin's rape remark
http://www.bbc.co.uk/news/world-us-canada-19319240
◆'Legitimate rape' rarely leads to pregnancy, claims US Senate candidate
http://www.guardian.co.uk/world/2012/aug/19/republican-todd-akin-rape-pregnancy?newsfeed=true
◆'Legitimate rape' – a medieval medical concept
http://www.guardian.co.uk/science/the-h-word/2012/aug/20/legitimate-rape-medieval-medical-concept
[PR]
by bekokuma321 | 2012-08-21 01:53 | USA

メキシコで、女性の権利をはく奪するようなバックラッシュ判決が出た。

9月29日付けBBCによると、メキシコシティーで妊娠中絶権を認めるなどの法律ができ、カソリック教の国の流れが変わり始めた。しかし、このたび、メキシコの最高裁は、その流れを逆流させる判決を下した。

判決は、バジャ・カリフォルニア州の中絶法改悪を支持した。それは、生命は妊娠時から始まるとし、事実上、妊娠中絶を禁止するものだった。

メキシコ市行政の人権委員会は、「最高裁決定は違法な闇中絶を増やし、深刻な健康障害を増やすことにつながる」と懸念を発表した。

http://www.bbc.co.uk/news/world-latin-america-15104022
[PR]
by bekokuma321 | 2011-10-03 13:35 | 中南米

12月16日、欧州人権裁判所は、アイルランド中絶禁止法は、中絶を求めている女性3人の1人のケースにおいて欧州人権条約違反となる、と断じた。

欧州人権条約8条の「プライベートな家庭生活を送る権利(right to private and family life)」に対する違反であるとされた。

カソリックの国アイルランドの妊娠中絶のハードルの高さを感じさせるニュースだ。

しかし、かくいう日本には、刑法に堕胎罪がある。妊娠は男女の行為によるものであるにも関わらず、妊娠中絶をした場合、その女性のみを処罰する規定していることに、女性団体は「女性に対する差別的刑罰法規である」として改正を求めている。

◆BBChttp://www.bbc.co.uk/news/world-europe-11342247
◆欧州人権裁判所http://www.echr.coe.int/echr/homepage_EN
◆Convention for the Protection of Human Rights and Fundamental Freedoms
http://www.echr.coe.int/NR/rdonlyres/D5CC24A7-DC13-4318-B457-5C9014916D7A/0/ENG_CONV.pdf
◆堕胎罪撤廃100万人署名http://www.shomei.tv/project-1442.html
[PR]
by bekokuma321 | 2010-12-16 23:43 | ヨーロッパ