c0166264_18421527.jpgテレーザ・メイがイギリス保守党党首となり、首相に就任した。イギリス史上2番目の女性の首相だ。1番目のサッチャーとは違って、リベラル派のようだ。

党首選や、党首就任での彼女の演説には、保守党とは思えないような表現がいくつかあった。ほんの少し和訳して紹介する。

「もしも、あなたが、貧困家庭に生まれたら、そうでない人たちより9歳若く死亡し、
もしも、あなたが、黒人なら、白人よりも、きつい刑事司法手続きに苦しめられ、
もしも、あなたが、白人男性なら、誰よりも大学に進学する可能性は高く、
もしも、あなたが、公立校卒なら、私立校卒よりも高いポストにつくことは少なく、
もしも、あなたが、女に生まれたら、男より賃金が低く抑えられ、
もしも、あなたが、精神病なら、十分な手助けは得られず、
もしも、あなたが、若者なら、自分の家を持つことは、かつてなく困難です」

「社会は、すべての人たちのためにあります。私たちは、人々を再びとりもどさなくてはいけません。金持ちと貧しい人、北部の人と南部の人、都会の人田舎の人、若い人と年老いた人、男性と女性、黒人と白人、病気の人と健康な人、公務員と民間会社人、技能のある人とない人」

「保守党はすべての人たちのためにあります。我々、保守党員は、すべての人のために働く政党の党員であってはじめて、すべての人たちのための社会をつくりあげることができるのです」

過去の報道を読むと、かねてから、彼女は、同一価値労働同一賃金の推進し、同性婚を認め、DVへの警察対応の強化をせよ、などと公言してきた。男女平等大臣としても活躍した。

選択的夫婦別姓さえ目の敵にし、憲法24条を骨抜きにする勢いの、日本の、自民党女性大臣・女性国会議員とは、ずいぶん違う。

ちなみに、テレーザ・メイは、20代のとき、ディスコで出会ったフィリップ・メイ(夫)の家が靴の卸売業だったことから靴に関心を持ち、以来、靴にこっているという。どうでもいいことだけど・・・。

This is what Theresa May said about the kind of Prime Minister she'll be – and what she really meant
Theresa May’s economic medicine
Britain’s Theresa May says to narrow pay gap if appointed PM
Can Theresa May get the wheels of British business turning again?
イギリス次期首相への侮蔑発言
イギリス、同一価値労働同一賃金へ
[PR]
by bekokuma321 | 2016-07-17 18:44 | ヨーロッパ

フィンランド中央党は、6月12日、党首にマリ・キヴィニエミを選び、同国2番目の女性首相誕生となる。

中央党の前党首マッティ・バンハネン首相率いる第2次連立内閣は、2007年、世界最高の60%の女性入閣率を誇っていた。彼女はその内閣の内務大臣に就任していた。1968年生まれ。ヘルシンキ大学政治学部卒。27歳から国会議員となり、9歳、12歳の子どもがいる。

閣僚の任命にあたるのは大統領だが、大統領はこれまた女性のタルヤ・ハロネン。同国では大統領と首相が女性となる。

http://www.nrk.no/nyheter/verden/1.7165277
http://www.marikiviniemi.net/

フィンランドの女性の地位については『ママは大臣パパ育児~ヨーロッパをゆさぶる男女平等の政治』参照
[PR]
by bekokuma321 | 2010-06-14 01:49 | 北欧

4月25日、北欧アイスランドの総選挙で、レズビアンを公表している女性が首相に選出された。ヨハンナ・ジグルザルドッティルさん。この1月、世界金融危機の影響で国家経済が破綻し、連立政権が崩壊。前首相が病気で辞任した後、暫定政権の首相をつとめていた。

ヨハンナ・ジグルザルドッティルさんは、連立政権の社会民主同盟所属。政治家の前は、元客室乗務員で労組役員だった。シビル・ユニオンによるパートナーとの間に、2人の子どもを持つ。

BBCによると、社会民主同盟の書記長は、「このたびの内閣が歴史的なのは、ゲイの首相が誕生したことではなく、アイスランド初の男女同数内閣が誕生したことです。同性愛であろうとなかろうと、有権者は気にしていません」という。

アイスランドは、1980年、選挙で世界初の女性の大統領フィンボガドッティルさんを選出した。その背景のひとつに、1975年、アイスランド全土のほとんどの女性が「女性のストライキ」に参加し、国家をマヒ状態にまでもっていったというニュースがある。他の北欧諸国と同様に男女平等と福祉政策が充実している。

また、家の中では靴を脱ぐ習慣や、あちこちにある温泉が社交場となっている点など、日本と似ている点がある。

http://news.bbc.co.uk/2/hi/europe/7862804.stm
http://www.advocate.com/news_detail_ektid80744.asp
http://www.geographia.com/iceland/cultureshe.htm

■アイスランドの男女平等についての日本語の本は
http://www.kanshin.jp/iceland/index.php3?mode=keyword&id=197335
[PR]
by bekokuma321 | 2009-04-30 12:33 | 北欧