東京都議選と女性

東京都議会議員選挙で、小池都知事率いる「都民ファースト」が大躍進し、自民党は大敗した。女性は、127議席中36人、割合にして28.3%と過去最高となった。

政党別の女性議員数と割合は、自民党23人中1人4.3%、公明党23人中3人13%、共産党19人中13人68.4%、民進党5人中ゼロ、都民ファースト55人中18人32.7%、生活者ネット1人中1人100%、維新の党1人中ゼロ。共産党の女性議員の多さが目立つ。

東京都の女性には、致命的政治課題が山積している。最も深刻なのは、女性の多くが非正規労働者であることだと思う。身分が不安定なうえ、賃金や休日など労働条件が極めて厳しい。この、職場における女性の地位の低さは、セクハラ・パワハラを生む温床であるうえ、さらに家事・育児と仕事の両立という、ごく当たり前の暮らしを続けることを著しく困難にする。

しかし人口の半分以上を占める女性が生きて行く上での、この基本のキは、都議選のテーマにはならなかった。「女性の正規雇用の拡大を」(ネット)、「同一価値労働・同一賃金原則の均等待遇の実現」(社民)を公約に掲げた政党・政治団体はあったが、票にはむすびつかなかった。

今回、当選した女性には子育て中の働く女性も多い。女性議員は都民の代表だが、都民女性の代表でもある。東京都の職場を女性に優しい職場に変えるため、「東京都雇用平等条例」を成立させる先頭に立ってほしい。東京の企業が変われば日本の企業は変わる。


c0166264_10455366.jpg


c0166264_116727.jpg
c0166264_1123392.jpg



小池ゆり子候補と日本会議
女性議員増法案、成立ならず
6月15日「女性議員増やそう法案を成立させよう集会」へ
政界への女性進出を促す法案、国会へ
地方議会に女性議員を (NHKニュース2017.4.15)
意見書あいつぐ「増やせ女性議員、なくせ女性ゼロ議会」
フランス県議会、男女半々に
フランスの政党交付金は男女平等化資金に
[PR]
by bekokuma321 | 2017-07-03 11:28 | その他

ヒラリー・クリントンの大統領選ホームページには、彼女を大統領にしたい133の理由が載っている。そんなに多くはないが、FEM-NEWSも、ヒラリー・クリントンのしてきたことを思い出してみたい。女性政治家は増えてきた。しかしフェミニストの彼女でなければ、これほどのことをできなかっただろう。

チャールストン黒人襲撃とヒラリー・クリントン
慰安婦ではなく性的奴隷である
オバマ大統領、国際女性問題大使創設
クリントン長官「日本で女性差別減るとGDP16%増える」
宗教新聞、クリントン長官写真を削除
クリーン台所コンロ作戦で女の命を救え
世界人身売買レポート
クリントン国務長官による女性デーの演説
クリントン、オバマを上回る人気
米政府、「人身売買報告書」を発表
ミッシェル・オバマ、女子校を訪問し激励
クリントン国務長官、韓国の女たちを鼓舞
クリントン国務長官 女性の人権を強調
ヒラリー・クリントン上院議員のスピーチ

c0166264_22593022.jpg

[PR]
by bekokuma321 | 2016-11-08 23:03 | USA

c0166264_231118.jpgイギリス労働党党首にジェレミー・コ―ビンが選ばれた。60%の票をかっさらっての圧勝だった。

さきほど勝利演説が流れてきた。ジェレミー・コービンは、「正義、民主主義、人権、女性の権利の闘いの勝利」だと言った。そして、「不平等はあってはならない。不平等は根絶できる」とも。

コービンは労働内の最左派。反戦運動家で女性解放運動家だ。労働党党首選でのコービンの合言葉は「率直な対話、正直な政治」。

労働党党首選には女性2人、男性2人の4人が立候補していた。ネットで届く報道を見た限り、2人の女性候補よりも、男性コービンのほうが明快な女性政策を掲げていた。おそらく、差別されていることを身をもって感じている労働者階級の女性たちが、コービンの政策づくりに入っていたに違いない(*)。

c0166264_850256.jpg
 彼の公約を、女性政策パンフレット「Working With Women」(2015年7月28日発行)から、私流にかいつまんで紹介する。

「保育園料の無料化」

「公務員の削減は女性の雇用の削減につながり、福祉の低下につながるから緊縮財政反対」

「会社に男女平等賃金監査レポートを発表させ、女性の低賃金終結を優先課題にする」

「性暴力とセクシャルハラスメント根絶する法律の確実な実行」

「国会議員の半数を女性に。まずは影の内閣の半数は女性に」

『日々の性差別』運動』を評価し、日常的に感じる性的嫌がらせなど文化、慣習の性差別を撤廃」

次の国政選挙で労働党が勝つと、彼が首相に就任する。すると、こうした目をみはるような女性政策が国の制度となる。

日本の野党党首の政策担当者よ、コービンの女性政策を熟読して、貧困と差別に苦しむ女性たちの政策を明快に打ち出してほしい。

Watch highlights of Jeremy Corbyn’s victory speech
Jeremy for labour
Working With Women
Leftist Jeremy Corbyn elected leader of Britain’s Labour Party
Labour leadership race: Contenders ask for YOUR votes as registration deadline looms


(注*)労働者階級の代表が議員になれる背景には、お金のかからない選挙がある。イギリスの国政選挙は、日本と同じ小選挙区制だが、信じられないほどお金がかからないという。阪上順夫学芸大名誉教授の著書によると、「イギリスでは200万円程度の法廷選挙費用で十分に選挙を行える」。日本はウン千万が普通だ。カネがかからない理由のひとつは、「無報酬の運動員が戸別訪問をで選挙運動を展開するからだ」。さらに、「選挙違反に対しては特例的に厳しい処置がとられている」からだ。もうひとつの理由は、北欧と同様に「地方議員は原則として無報酬である」こともあり、政治家は公共の奉仕家という意識が強い、という。政党交付金もイギリスは驚くほど少額で、年に約3億円。日本の320億円の100分の1にすぎない。ちなみに世界最高額という日本の政党交付金は、毎年政党本部に分配され、それが各地の支部に渡り選挙に使われる
[PR]
by bekokuma321 | 2015-09-12 23:14 | ヨーロッパ

c0166264_13105771.jpg映画『山川菊栄の思想と活動ーーまずかく疑うことを習え』を見た。3月24日、ウィメンズプラザ。

山上千恵子監督、山川菊栄記念会(代表井上輝子)企画。2011年の作品。映画紹介を兼ねて、印象的な場面を書いてみる。

タイトルは、山川菊栄が1918年に書いた短文「男が決める女の問題」のなかにあることばだ。

当時、文部省の女子教育会議に、女性がひとりもはいっておらず、男性だけだった。それを、彼女はこう怒る。

「私たちはいかなる理由によって、私たち自身の意思を無視して審議し決定せられた彼らのいわゆる教育的方針なるものに従って、生ける傀儡となって果つべき義務を認めねばならぬのか」

そして、こう断じる。

「私たちの姉妹よ、まずかく疑うことを習え。かく疑うことを知った時、そしてこの疑いをあくまで熱心に、あくまで執拗に追及することを学んだ時、そこには私たち婦人の救いの道が開かれることを・・・」

今、私は全国フェミニスト議員連盟の同志たちと、女性議員がひとりもいない地方議会は、地方自治にも民主主義にも背く、として運動をしている。「女性ゼロ議会」を足で歩いて、説得しているが、道は遠い。21世紀なお、この日本に、山川菊栄のこの言葉があてはまる。

山川は、女性の働く権利を学ぶ場「赤瀾会」結成に参加し、運動を続ける。しかし、1900年以来、治安維持法によって女性は政治的無権利となり、活動は困難を極める。

彼女は、べーべル『婦人論』を完訳し、日本の女性解放の思想の発展に貢献する。私が30代のころ読んだ、べーベルの『婦人論』は、山川菊栄が30代のころ、彼女の手で翻訳されて世に出されたのだった。あらためて驚愕した。

1930年代以降、軍国化、言論統制が強まる。彼女には、論文の発表の場すらほとんどなくなってしまう。そんなとき、夫山川均と、藤沢市に300坪の土地を借りて、うずら飼育をし、うずら卵を売って生計をたてた。

そして敗戦。社会党内閣が誕生し、労働省が新設された。山川菊栄は初代労働省婦人少年局長となる。戦前からアメリカの関係資料を研究していた、山川は、希望に燃え、まず人事に着手。それが実にふるっている。

国の婦人少年局の政策を日本全土に広めるため、各県に地方職員室を設置することになっていた。しかし、その主任として、地方から上がってきたのは、男、男、男。男性だけだった。さもありなんと、思う。

山川菊栄は、地方から上がってきた男性だけのリストを無視した。無視しただけに終わらなかった。彼女は主任として働く女性を見つけ出すため、自分の足で全国を歩き回った。そしたら、適任者は、全国にいたのである。そして、全国の「婦人少年局地方職員主任」を、ことごとくすべて女性にした!

こうして、足で全国を回るトップがどこにいようか。そうして決めた「オール女性人事」もまた、当時の現実を超えているどころか、21世紀の現実すら超えている。

私自身の経験を話そう。2000年、私は、全国公募で大阪府豊中市の男女共同参画推進センターすてっぷ初代館長に選ばれ、着任した。その後、「ヌエック」で開かれた全国女性関連施設の代表などの研修会に参加した。受付に向かった。その前まで歩いていったら、係りの人が私に、「あなたは、あっちです」と言うではないか。そこには「館長」(事務局長だったか?)と「職員」と書いた2種類の用紙が貼られてあって、私は、館長のほうに歩いていったからだった。「私は館長です」と言ったら、恐縮していた。

しかし、ホール内の、館長という用紙のある場所に座ったのは、私を除いて全員男性だった。受付の人が、「あなたは、あっちです」と私に言ったのは、ごく自然な反応だったのだ。豊中市のすてっぷも、今は男性を館長にすえた。

さて、映画に戻る。

山川菊栄が、リーフレットやポスター制作に知恵と工夫をこらしたかを、元婦人少年局職員の方々が証言する。「イロハからわかりやすく書いてある・・・折り方ひとつにしても関心をひくように・・・」と。山川がいかに、多くの国民に、女性問題をわかってもらうために心血を注いだかが、わかる。

しかし、数年後、山川菊栄局長は解雇される。

ある日突然、人事院の管理職試験に「受からなかったから辞めていただきます」と言われ、山川菊栄は局長職を追われることになった。山川局長の秘書を2年間していた原田冴子さんは、こう証言する。

「それを口実にしてお引き取り願った、と。政策の変更で、切りたくなったのでしょうね、はっきり言えば。他の幹部にしてみれば、ホッとしたんじゃないかと思いますけど。首に鈴をつけるつけ方が大変巧妙だったなと、思ってます」

見事な分析である。この場面で、私は、「私とまったく同じだ」と心の中で叫んだ。

館長をしていた私は、「すてっぷ体制を強化するためだ」という名目で、突如、やめさせられた。同時に、設けられた次期館長試験を受験したところ、「不合格です」とされ、完全に豊中から放逐されてしまった。

時代は違い、私は大阪地裁に提訴した。そして、最高裁で勝利した。変な試験に不合格だったからと、「退職」させられた局長山川菊栄は、どれだけ無念だったことだろう。察するにあまりある。

この映画を見て、山川菊栄の闘いをさらに大きくしなければならない、と私は新たに決意した。

社会主義思想家、女性解放理論家として仰ぎ見ていた、山川菊栄。その山川の、働く女性の苦悩、窮乏生活の苦労、そんな一女性の側面を描いてくれた山上千恵子監督に心から感謝する。
[PR]
by bekokuma321 | 2012-03-26 12:57 | その他

社会学者キャリン・ハキム(ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス)の出版した報告書「フェミニストの神話と魔法の薬」が、イギリスでちょっと話題になっている。

刊行は、マーガレット・サッチャーが設立に加わった保守派シンクタンク「政策研究センタCenter for Policy Studies」。

日本の保守中道政治家は、専業主婦を極端に持ちあげる一方で、働く女性たちの政策をたなざらしにしたり葬り去ったりしてきた。彼・彼女らが、「わが意を得たり」と膝を叩きそうな報告書である。

ハキムは、女性は男性とは異なる働き方を自ら選んでいると主張する。男性が作り上げてきた社会・教育・雇用に、女性は「合わせて」生きることを余儀なくされ、そういう生き方を「選ばざるをえない」実態を、まったく無視している。

彼女はざっとこんなふうに言う。

●これまでの男女平等政策は成果をあげた。しかし、これからさらに男女の賃金格差是正や、企業の取締役会への女性重役増などを進めようとする施策は無駄だからやめたほうがいい。

●男女平等のチャンピオンとされる北欧諸国を見よ。男女で職種が異なっている。その割合は先進諸国の中で最も高い。男女平等ではないのだ。

●女性と男性では仕事に対する期待が違うのだ。女性は家庭と仕事をミックスした働きかたを選びたがる。

さっそく「男性の権利:男性に対する性差別をとりあげる機関」が礼賛している。

http://www.cps.org.uk/cps_catalog/Feminist_Myths_and_Magic_Medicine.html
[PR]
by bekokuma321 | 2011-01-17 19:35 | ヨーロッパ

ヨーロッパ女性ロビーEWLから, FEM-NEWSに届いたクリスマスカード。EWLは、欧州連合EUのすべての政策にジェンダーの視点を盛り込もうと活動を続ける団体で、創設20年。



画像にマウスをあててクリックすると大きくなります。あれッ大きくならないと思ったら2度クリックを。

EWL http://www.womenlobby.org/?lang=en
[PR]
by bekokuma321 | 2010-12-23 00:23 | ヨーロッパ

イギリス新内閣と女性

イギリスは労働党から保守中道連立内閣に変わった。新首相は史上最も若いという。しかし、女性の見えない内閣だ。実際、内閣にわずか4人しか女性が入閣せず、これはわずか全体の14%だ。そもそも今回の選挙で女性の数は16人増えたにとどまり、全議員の22%だ。

ガーディアン紙のKira Cochraneは、選挙報道でもブラウン首相の妻の靴が、女性候補者の公約よりも注目を浴びていたと皮肉っている。

一国の政治の方向性や決定は、内閣構成員の一人一人の政治姿勢に大きく影響される。女性解放団体Fawcett Society の最新調査によると、男女賃金格差や強姦有罪件数の少なさは政治問題であると解答した候補者は、労働党23.1%、自由党19.9%、保守党2.6%だったという。保守党中心の政治が、今後、どの方向を向いているか予測がつく。

「問題はこれをどうするかだ」とKira Cochraneは言う。結論は、クオータ制の導入しかないという。しかも自由党は、連立を組むにあたって比例代表制の導入を議論のテーブルに乗せた。これを好機に、イギリス女性たちの怒りをクオータ制に集め、性のアンバランス解消に闘おうと結んでいる。

http://www.guardian.co.uk/lifeandstyle/2010/may/14/getting-women-top-political-jobs
[PR]
by bekokuma321 | 2010-05-16 18:43 | ヨーロッパ

子ども手当

子ども手当への所得制限はしない、と鳩山由紀夫首相が表明した。法案の趣旨からして当然だ。

子どもは社会の宝。子どものケアは未来社会への投資だ。鳩山由紀夫首相が強調する「子どもを社会全体が育てる発想。所得制限を考えないのが基本線」を堅持したことを評価したい。

ただし、注文がある。子育て政策は、女性政策と車の両輪で進めるべきだ。「保育所に入れない」「保育所を増設してほしい」「保育所の保母・保父さんを増やしてほしい」。こんな働く母親の悲鳴に答えるための政策を同時に実行すべきだ。

「結婚しても必ずしも子供を持つ必要はない」と考える人が42.8%にのぼる(内閣府「男女共同参画社会に関する世論調査」)。この驚くべき数字を減らしてゆくには、結婚出産しても無理なく働き続けられる環境つくりしかない。それに必要なもの、それは社会福祉サービスの充実と、男性の家事育児参加だ。

具体的には保育所の増設と中身を充実させ、希望者なら誰もがはいれるようにすべきだ。そして、夫やパートナーの家事育児参加の奨励策を、もっと大胆に情熱的にとりくむべきだ。

こうした家族政策は、すでに1990年代初頭からノルウェーが進めてきたものだ。萌芽は1980年代にあった。子ども手当自体、ノルウェーの子ども手当がモデルだという話もある。問題は、ノルウェーは、子育て環境を男女平等の理念から進めてきたが、その視点が日本には非常にぼやけているということだ。

ゆめゆめ「戦前のような子産み奨励策」に傾かないよう、女性の労働権確立と男性の生活参加という基本線の上に立って政策推進してほしい。
[PR]
by bekokuma321 | 2009-12-22 15:41 | その他

12月14日、堂本暁子前千葉県知事たちは、女性たちの要望書を携え、女性をもっと支援してほしい、と首相に要請した。 要望書全文はMoreをクリック

鳩山由紀夫首相は、堂本暁子前千葉県知事、民主党の円より子参院議員らと首相官邸で会談した。堂本さんたちは政府の事業仕分けで、女性研究者への支援など男女共同参画に関する予算が削減されたことについて見直しを求めた。首相は「何とかしたい」と述べたという。

時事ドットコム、
円より子HPなどより

More
[PR]
by bekokuma321 | 2009-12-14 17:30 | その他

UNDPの男女平等白書

やや旧聞に属するが、昨年の国際女性デーに、国連開発計画UNDPから自身の組織における男女平等についての報告書が公表された。UNDPといえば、世界の男女平等度を調査したGEM(ジェンダー・エンパワーメント指標)で余りにも有名だ。しかし、その本家本元はどうか? 少なくとも国連の機関の中でトップとはいえない現実がかいまみられる。

北欧諸国の女性政策は、まず、内閣や地方自治体など公共機関の男女平等推進をまっさきにターゲットにする。一方、日本の政府や地方は市民に啓発啓蒙するが、自身の内部改革はおざなりである。官僚の管理職に女性の少ないこと! 

というわけで、UNDP自身の内部における男女平等推進を期待したい。

http://www.jposc.dk/documents/Gender%20Parity%20Report%2017%20March%2008%5B1%5D.pdf 
[PR]
by bekokuma321 | 2009-05-02 15:20 | その他